無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の合い言葉はおカネ☆【アイアンマン】ややネタバレあり

 映画の日。

 【ウォンテッド】か【イキガミ】か【ホットファズ】かネコ映画観るか…迷ったけど【アイアンマン】に決めた!しかも吹き替え版。

 〈ハンビーって後ろ姿カッコええな…〉
 〈つか、あの変な尾翼の旅客機ホンモノか?〉
 〈大画面だとグィネス・パルトロウ老けてんな~〉
 〈やっぱC-17かっこいいよな〉
 〈ジェフ・ブリッジス、スキンヘッドだとロビイストか悪徳刑事弁護士にしか見えへんな~〉
 とかなんとか。

 退屈になりがちなヒーロー誕生編を、面白い絵作りとノリで押し切っているので、結構楽しく見れました。
 テロリストの洞窟でアイアンマン初号機制作を手伝ってくれた外国人協力者のグリーン先生(声が井上倫宏だったもので…)がメイドインアメリカの穀物袋(?)を枕に息絶えるところなんか、ちょっと皮肉が効いてないかい?
 おかげで主人公イケイケCEOスタークが偽善に目覚めて世界平和に貢献しようと決意する姿も、「ケッ!」とか思わせず心地よく乗り切れるってもんじゃまいか(笑)元育ちの良いお坊ちゃんロバート・ダウニーJrのヨレたおっさんぷりもその辺、じゅうぶん貢献してて、キャスティングの妙なり。

 序盤にキャラ立たせておいて、あっさり敵味方に虐殺されまくっちゃうテロリストの皆さんの可哀相なことよ…。
 世界の縮図というか。
 トレヴェニアン著「シブミ」「アメリカは商人の国」と言ってたっけ。トンチンカンな小説だったけどそのくだりだけは印象的だったし、その通り、という事ばかり起こってるし…サブプライムだかなんだか、アメ公のおカネ遊びのつけを世界中が払ってる最中にこの内容の映画を公開するとは、いい根性しているではないか。だいたいこの映画、マーヴェルコミックによる世界制覇計画第二弾だから。つーかおもしれぇ映画じゃねえか畜生め(笑)!!



 …マークⅢパワードスーツの細かいラインに、ジャパニメーションの意匠が見て取れることが、ちょっとだけ一矢報いた感じ?


Comments

 帰りの飛行機で「ハンコック」観ました。くだらん映画だけど、鯨をぶん投げるところだけは好き。
 バットマンのフィギュアが欲しいなあー、と思いながら恵比寿のミスタークラフトに行ったら、つぶれていました。これで仕事帰りに寄れる模型店は全滅。模型はネットでしか買えない時代が来つつありますね・・・
 オカエリナサトまし~。

 「ハンコック」。けっこう映画批評サイトで評価高かったんですが、予告でシャーリーズ・セロンが出演してることにまったく触れさせないW.スミスの小物っぷりが泣かせますね。
 同胞の支持が下がると「幸せのちから」でアフロにヒゲ生やして親子の触れあいしたり。
 「ウイル・スミスしか見れない映画」作って「オレ様伝説」なんてタイトル付けたり(笑)
 聖林セレブの興ざめなトコを凝縮したようなヤな野郎ですな~!


 それにしても、ミスタークラフトが無くなってたとは…(汗)
 うちの近所のホビーショップも一件閉店セール始めちゃいました。
 隣町に出来た例のメガAEONにユザワヤとさくらやホビーコーナーとポストホビーが出店してしまったアオリか…そしてたった二駅離れた17号沿いと浦和美園AEONにジョーシンキッズランド二店と…

 おかげでタミヤ製品とガンプラだけには困りませんよ(泣)
鹿児島に行ってきましたディアスです

鹿児島なんぞなんの用もなかったんですが知覧の特攻隊記念館とやらになんと!疾風(本物)飛燕(おそらく本物)の展示が!ウヒョーウイヤッホーウ!
あと映画「ほたる」で使われた隼のハリボテ。零戦ともなんともつかず。

なので近所の模型店に飛燕求めてあちこち。すべて売り切れ。フンガー!

だれか次のあの時に用意してー
 ちぇーなんだよみんな外国(?)旅行いってんですかw

 知覧いいなぁ、つい最近【俺は君のためにこそ死にに行く】観たばっかしだし。おらも行きたいですよ。その疾風は昭和53年にはまだ飛行してたんよね…それが今じゃ放置プレイで立ち枯れっすよ(涙)

 飛燕はうちに1個あるからほぼ定価で売ってあげよう(笑)
 旦那、リドリー・スコットがホールドマンの「終わりなき戦い」の映画化権を獲得したそうですぜ。
 こいつぁ、ちょっと期待できそうじゃないっすか!?
 まさにゲゲゲっすね!

 期待が膨らむいっぽうで、あの【ブラックホークダウン】【グラジエーター】の監督…

 しかも今さらベトナム由来のネタ。

 でもって原作は表層的には【M☆A☆S☆H】的軽妙なお笑い満載となると…まじめすぎる作風の監督に料理できるやいなや…

 うーむ…超気になりますな!(笑)

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。