無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『あなたの知らない作例…』唐突にⅣ突 その2

 前回より改訂。
 シュルツェンを楽しめる現在比較的入手しやすいキットを2点追加である。
 ドラゴン「JAGDPANZERⅣ H-0」とトランペッター「E-10」
 忘れててごめん(笑)そしてパンター系とヘッツァーは無視の方向で。
ヤクトパンサーⅣH-0
TSM385.jpg

 あと一点強いて挙げるならタミヤ4号突撃砲もある。
 現役キットなのね(笑)
 モーターライズによる車体寸法の不正確さをとやかく言われるⅣ号旧車体がベースであるが、車体が大柄なぶん姿勢が低く見えるため、メカ単体としては本物より格好よかったりするのだが。
 が、今回はその話ではナイ。

 やっぱシュルツェン装備車両って少ないナリね。
 現物が超薄々の鉄板であるからか。
 タミヤのプラ成形一枚板ではピューリタン気質のAFVモデラーを満足させられないようで、作例記事などでは当たり前のように、別売りのフォトエッチングパーツに差し替えられていたりする。上記キット2点に至っては、デフォでエッチング製シュルツェンが付属していたりする。なんと太っ腹なことよ。この辺国内メーカーはちょっとコスト的に真似できない。

 でもって制作中のⅣ号突撃砲はどうなっているかというと、型押ししてくり抜かれたプラ板を切り出すのである。ちょっと腰が引けたものの、手を動かし始めたら意外と簡単に作れますた。表面を400番のペーパーでコスって塗装に備えた。
CIMG0143.jpg

 ほぼすべてのパーツを組み付け終えた車体にシュルツェンをつるしたり取り外したり、しばし悦に入り浸る。
CIMG0141.jpg
CIMG0146.jpg
CIMG0142.jpg

 塗装作業にうつる前のつかの間の平穏のひとときであった(笑)
 去年発売されて、いち早く組んでしまったドラゴンのスーパーキット「Ⅳ号戦車F2」兄貴とツーショット。CIMG0155.jpg

 うー…塗んねえとイカンがな。そしてまた続く。
 


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。