無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
04


【ダークナイト】はまじヤバス!!

 マスコミより伝わる評判通りパネェ出来でガンス。
 
 でも川口のシネコンで一回目の上映を観たのだが、チケット窓口で通常の三倍のスピードで席が埋まってゆく【崖の上のポニョ】に全俺が泣いた。おかげで【ダークナイト】はのびのび観れたけど…

 で、【ダークナイト】。
 娯楽映画という枠を超えて〈アメリカのモラル〉の話です。
 などと書くと、めんどくさい哲学的な話と勘違いされるかもしれないが、そんなことはない。
 ストーリーは極めてシンプル、仮に導入部を流し観しても、物語が転がり出す頃には自然に引き込まれるから心配ないぞ。そして気が付けば2時間半ずっと緊張しっぱなしであった。

 
 もったいないのでなるべくネタバレしないようにいくつか書いてみるけど、ジョーカーさんがテンパイすると、ずっとオフビートだったBGMが
♪ニュウウイイイイイイイイイイイ
 と、ボルテージアップする。
 これが再三繰り返され、最後はあの音が始まるだけでしっぽり虚脱感を覚える身体になってしもた…まじであの音もう一度聴くために劇場行きたいね(笑)!


 物語後半、ジョーカーさんの罠にはまったゴッサム市民の皆さんが、ある〈究極の選択〉を迫られる… 
 それまでの過程がブルーシーなだけに、この市民の皆さんの〈選択〉に、不覚にも目頭がちょっぴり潤んでしもうた…


 あまりにドシリアスなためかバートン版の作り込んだ「ゴッサムシティ」はすっかりナリを潜め(【ビギンズ】のパパのモノレールさえ、ファンタジックすぎてそぐわないためか消去)すっかりただのニューヨークと化していたが(といっても場所を特定できるような写し方でもないので、何らかのデジタル加工された街並みだと思うけど…)、もともと「ゴッサムシティ」=ニューヨークだっていうから、ある意味原点回帰なのか。
 ハードボイルドなラストに恍惚感を覚えつつ、米国映画業界の体力にほとほと感心するのであった。【X-メン】【スパイダーマン】【ダイハード4.0】の頃は「もう駄目だコレ」と思ってたけど、アメリカってすごいね…。


Comments

 わしも遅ればせながら昨日観てきましたぞ。映画というバーチャルリアリティが、私たちの住む世界との分厚い壁をぶちやぶってこっちにいるワシたちを引きずり込みそうになる・・・!、という映画体験の真の醍醐味を味わいました。
 これ以上のクライムムービーって、ちょっと考え付けない。こういう映画をつくってしまって、それがまた大ヒットするアメリカってのは、やっぱり日本などおよびもつかない超映画大国っすね!
 あー、引きずり込まれる感じ、まさにそうですねえ!
 「オレはダークナイト」って言い捨てて、追い立てられるように疾走するバットマンの渋いラスト…!まじ泣けますね。
 それなのにシネコンの上映回数は減るばかり…もういっぺん観ようと思ったけど日本語版はどこもやってないし。まあジョーカーさん登場時の「ア・ハ・ハ」ていう笑いは原語で良いか…

 ホントにこの映画がヒットするあちらの客層の豊かさは、今度ばかりは羨ましいッス。邦画なんてほぼ痴呆状態ですもんねえ…(涙)
 私が痺れたのは「バッドポッドは脱出装置!」という設定。ずぇったいコアファイターのぱくりやね、あれは。マジでフィギュアが欲しくなりますた。
映画の日だったのでおかわりして参りました(笑)

  >コア・ファイター
 ぎゃはは
 しかしあのバッドモービルはお役ご免ですかね?「ダークナイト」以上を期待するのは酷ですが、いろいろと行く末が気になる映画は久しぶり…。

  で、改訂・最後はゴードン警部補が「彼はダークナイト」と言ってるんでしたね。

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム