無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【キャプテンアメリカ シビルウォー】

 DCの【バットマンVSスーパーマン】と真っ向勝負の【シビルウォー】が世界に先駆けて日本で公開されるわけで、ありがてえこってす。
 だが奇しくもこの二作品、切り口が同じテーマなのでした。すなわち

 ヒーローがドタンバタン暴れ回って建物とか破壊するとそのガレキの下敷きになって死ぬ罪もない一般人が大量にいるんじゃね?それどうしてくれるの?

 という話。

 これは本来テキトーにぼかしとくのが正解なのだが、9.11以来の国民総鬱状態がまだ完治していないようで、【バットマン~】の冒頭なんかまさしく9.11の完コピだったです。トラウマなので無視できません。しかもブルーカラーの民草をヨイショしてあげないとそっぽ向かれてしまう風潮なのがいまのアメリカ。超セレブなスーパーヒーローも彼らを構ってあげなければなりません。
146123119808572078179_irlt1pt1j772wekty5tv.jpg

 ですが名も知らぬ一般人に眼を向けるのって、ガンダムで例えるなら「パイロット殺したくないからビームライフルで峰打ちするよ!」という某キラ・ヤマトさんに等しく、ジャンル的にやってはいけない下手なのね。ほかにもシロー・アマダさんというひとがただひとりの戦死者も出さない優秀な隊長だったくせに突然嫌戦意識に目覚めちゃうとかあり得ない行動に出ると、物語全体のリアリティを損ねてしまうわけです。それが物語り上のギミックとして働いた【るろうに剣心】ならともかく、ガンダムのは明らかに「キャラがひと殺すのヤダヨ~」という作り手の意志薄弱ぷりが反映されてしまった結果なので、始末に負えません(余談ながら最近のバトルアニメが軒並み得体の知れない怪獣と戦うのも同じ病)。

 大予算のハリウッド映画なのでそんな低レベルのスパイラルに陥ってしまったとは考えたくないですが、どうなのでしょう。
 そもそも【シビルウォー】の元ネタとなっているヒーロー登録法案というのが、1985年あたりのフランク・ミラー、アラン・ムーアがはじめた「アメコミをもっとリアルにしよう」というムーブメントから始まっているので、30年の総決算的内容なわけで、日本のうすらトンカチなアニメ脚本よりずっと根が深いのです。
 しかもリアリティーを求めるにはアメリカ社会に密着したストーリーにならざるをえないわけで……おかげで最新の『スーパーマン』では金融業界=『悪』でありレックス・ルーサーはウォール街のやり手で、大統領になっちゃった。スーパーマンは新聞社の仕事がばかばかしくなってデイリープラネットを辞め、ブロガーに転向……そこまで行くと陳腐すぎて笑うしかないですが、それが笑えないのがいまのアメリカの病巣なんでしょう、とかまとめると綺麗です(笑)


 まあ一部のキャラはくよくよ悩んでたりしてましたが、空港でヒーロー同士が対峙する場面は、絵が東映ヒーローと同じレベル過ぎて微笑ましかったり(その後のバトルは別次元だけど)エージェント13が前作より明らかに太ってる(おかげでペギーの葬式の壇上に現れたとき気付かなかった)のがなにより気になる映画でした。
 あとギャグがちょっと足らないのだけ不満。
Spider-Man-Civil-War-Team-Cap.jpg

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画


Comments

実はさぁ・・・大佐だ

大佐キャラ飽きてきた

もとい
実は[さからいようし@]作品のファンなんだよね
って事でガインとマリヲンの続編楽しみに待ってるゾナモシ

ガインはオソロシアのブタゴリラ相手にどうするのか楽しみにしてたが「そうきたか! って唸ったナリよケンイチ氏ニンニン


バイザウェイ
パチンコでスーパーマンがある
「助ける」「戦う」「チューする」が基本で都合が悪くなると「時間を戻す」
やっぱスーパーマンは現実離れ感がパネェ
現代には合わないヒーローだと思った次第モジャ

最近じゃなに食べてもおいしく感じない大佐であった
 きみはファン第1号だ!アリガトねー!書籍化したら一冊ただであげよう……って、あっ書いてて空しくなってきたにょろ(涙)


 「チューする」ってなんなのか……おれも生活費の足しにバチ…ああ!ダメ思考だ(涙)

 ていうか病院いってんの?

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。