無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


キックアス ジャスティスフォーエバー

 きこえるか きこえるだろう 手話が~な~く~ても~♪


 WOWOWで「伝説巨神イデオン」が全話放送するという事実に喜びながら昨今のニュースをなんとなく流した結果かような歌が浮かんだナリよ。
 イデオンは世界初HDリマスターだという。1980年のサンライズ製アニメをHDで見る価値について考えること3分30秒。意味ないよね~。でもなんであれ見れれば文句ありませんが。

 WOWOWではもう一本、【宇宙戦艦ヤマト2199】劇場公開版7作が放送されるという。
 先月までファミリー劇場で2199TBS放送版が全話放送したばかりである。
 今年は何回2199全話を見せられることになるのやら。
 見なきゃいいじゃんと言われても知らんがな。
 そんだけなんども見るのになのにDVD版の完璧な25話はいつになったら見れるやら。

 しかも洋画専門のスターチャンネルでは【実写版パトレイバー】が公開早々放送するんだって。
 有料放送はどこも貧乏で今年はついに売りだったワールドカップの放送権も買えなくなっちゃって、放送時間を埋めるために韓流ドラマやパブリックドメイン化した古い映画なんぞを垂れ流して延命を図っているみたい。オタク物件に手を出すのは最後の手段……金払いのいいオタにアピールして加入者が増えるといいけどね~(棒)。

 
 それはともかく【キックアス】。
 映画好きの諸兄ならば誰もが「続きなんか作らなくていいのに……」と思うであろう映画の続きです。危惧したとおりクロエ・グレース・モレッツちゃんはおっきくなり、しかも顔が小さいのかなんだか上半身のバランスが変。角度によって異常に肩が張って見える。どうやら鍛えすぎらしい。

 とはいえストーリーはなんとかがんばってひねり出した。
 1978年、クリストファー・リーヴの【スーパーマン】を観た全米アメコミオタクが「アレ?」と思って以来、アメリカマンガ業界最大の悩みとなった「スーパーヒーローって存在してていいの?」テーマである。
 とにかく、スーパーマンは現代世界に存在するにはリアリティーが無さすぎたのね。おかげでヒーローのアイデンティティーに悩んだアーティストによって様々な思考実験がなされた。それでできたのがアンチテーゼを問いかけた【ウォッチメン】。さらに当時根暗なオタクだったティム・バートンが、オタクが共感できる奥行きのある【バットマン】を生み出したり、もう一方の長であるサム・ライミが【ダークマン】をこさえたりした。
 キーワードは「悩めるヒーロー」。
 マーヴルは、【Mr.インクレディブル】で茶化されてもめげずに9.11以降の国家安全保障をヒーローに任せたり、ヒーロー同士がひたすら喧嘩する平成ガンダムと同じ路線の【Xメン】でなんとか存在感を示し、DCはバットマンだけなんとか成功させ続け……。【アベンジャーズ】に至ってついに考えるのをやめてセレブ化したヒーローを楽しむだけにした。

 そして21世紀も最初の10年紀が過ぎると、またしても【キックアス】や【スーパー】で同じ命題が問われたのである。テレビのリアリティーショーで警察官や消防士やER職員が連日連夜ヒーローでございというふうに手慣れたインタビューに答える病める国アメリカ、その国でコメディーのオブラートに包みながらも草の根ヒーローを描かざるをえないのはなんらかの警鐘か。
 前作【キックアス】でもいわゆるごく普通の高校生(笑)がヒーローになったらどうなるのか、かなり冷徹にシミュレートしていたのだが、当然今回もヒーローになった因果がすべて降りかかってくる。前作否定派は主人公が結末であっさり人殺ししておいて何らおとがめ無しなのが気に入らなかったらしいが、今回そのペナルティーもちゃんと描かれている。ただしクロエちゃんルートは途中から【キャリー】と同じになってるような……。
 あのジム・キャリーに「この映画は気分が悪くなるような暴力映画」とかなんとか酷評されただけあってショッカーシーンはさらにパワーアップ。お下劣さもアップして立派なウンゲロ映画と化していました。意味不明なR15指定の映画は何度も観たけど、ペアレンタル指定に納得した初めての例であった。なにか勘違いして観に来ていたカップルの皆さんはご愁傷様というほかない。
 とにかく
 残りカスをかき集めてよくここまで作ったものだ。スーパーヒーローは存在すべきかどうか?という問いかけにも一応答えを提示したが、いい加減悩めるヒーロー路線もそろそろ飽きてきたところではある。★★★というとこか。

テーマ : 映画★★★★★レビュー    ジャンル : 映画


Comments

Re:
そうでアスかぁ~大佐だ

ナガトカチョフ激映画批評で星3コってさぁ…観る価値なしの駄作認定だよね

ハヤカワならネビュラ賞作品てトコかな
気になるが止めとけって感じ

ナガトカチョ(略)で星3コ作品だとキムタクヤマトがそうだね

俺はヤマト関連作品でアレだけは許せん
なにが許せんって真田さんに
「解りません」
と言わせた事だ!!

ギバちゃんがほとんど物真似の域にまで役作りして挑んだのにクソな脚本(台本?)のせいでダイナシ

歯を食いしばれ2等兵!!

キックアスもビッグダディ抜きでどうなっちゃったのか気になるが…
買ったり借りたりしてまで確認したかねぇな


以上ご立腹の大佐だ
 いい機会なので採点基準をばらすと

 ★★★★★……DVD買いだ!

 ★★★★……何度か観れる。DVDは……どうしよう。

 ★★★……字幕版観たあと日本語版でもう一度観てもいいかな?

 ★★……もうちょいがんばれ!

 ★……駄作

 なのね。

 そんな大事なことをなんで表に書いておかないのかというと、必ずしも★五つの映画のDVDばかり買うてないからなのであるが(笑)
 
 ★四個と★三個が一番見極めが難しくて、時間が経つとたびたび評価がひっくり返る。今回も書きながら【マイティーソー】より低いのはおかしくね?と首をかしげたり。
キムタクヤマトは書いた当時心が優しかったのであんな評価だが、いまでは★一個半だな。
 世の中100点評価なんぞしている人もいるがわたしは頭悪いので51点の映画と49点の映画の差などとても説明できないので★五つで評価していますが、そんでも難しいですな~。
Re:
大佐だ

星3コは評価に困って付けてるのかと思ってたゼ

俺は吹き替え派だがスコット・ピルグリム観て字幕もいいなと思った
あの娘はやっぱチャーハンガールより中華炒めがいいね
 評価に悩んでるのはたしかだけど基本的に★三個は好評価です。一番いいのは字幕でも吹き替えでも楽しめる映画。ものによっては字幕無しで見ても日本語のセリフが脳内再生されたりします。スタートレックなんか80年代に字幕版しか見てなかったから、吹き替え版だと逆に違和感覚えたり。

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム