無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトノベル原作ってどーよ?【図書館戦争】

 レイ・ブラッドベリのディストピア小説「華氏451」のユッルーいラノベ版、それが「図書館戦争」らしいです。未読なのでこんな書き方になります。
 だいたいアニメ第1話を観るまで「戦う司書」がアニメ化されるのだと思いこんでました。
 こちらもラノベです。
 「図書館戦争」とはまったくなんの関係もありません。
 どちらの著作も自分はまったく興味ありません。
 ただひとつ、「戦う司書」の方はイラストを前嶋重機が手がけていたのでした。

 前嶋重機はここ二年ほどお気に入りのイラストレーター/漫画家で、先日「ROBOT」に連載されたマンガをまとめ初の作品集を発売されたので、こちらは買いますた。
DRAGON FLY Vol1DRAGON FLY Vol1
(2008/02/29)
前嶋重機

商品詳細を見る

 嬉しいことにハインライン先生の新装版「人形つかい」「銀河市民」の表紙も手がけております。

人形つかい (ハヤカワ文庫SF)人形つかい (ハヤカワ文庫SF)
(2005/12)
ロバート・A. ハインライン

商品詳細を見る

 イラスト一枚のためにもう持っている本を…ということで未購入なんですが。
 でもって内容を知っているものに言わせると「この表紙の二人誰!?」なんですが、

 バックの女性がヒロインだとすると

 中盤のスト×ップシーンが

 …とにかく、釣られて買ってくれる人が増えれば結構なことです。
 わたしは前嶋重機のイラストに釣られて「リネージュⅡ」のノベルを買ってしまっているので、もうかんべんな(笑)

 
 前振りが異常に長かったですが、アニメ「図書館戦争」。
 マンガと同じくアニメも絵が好きというだけで観てます。
 昨日放送された回で原典「華氏451」が登場していたのは「パクリじゃん」という指摘を避けるための牽制というか目配せなのでしょうか。

 ネタだけ見ると焚書=言論統制=暗黒の近未来と言う図式が自動的に成立してしまいそうですが、アニメを見る限りそんな殺伐とした未来図の片鱗もなく…その割には登場人物の皆さん、本を守るために実銃で同国人どうしで殺し合いを展開しているという、珍妙な味わいのアニメです。
 作ってるのがプロダクションIGということもあり、ひょっとして今後胃もたれするような超展開があるのでは?と期待もあるが。
 たとえばケータイは使ってるのにインターネットは使ってなさそうだったり、パソコンで本の内容をいくらでもバックアップや配信できる時代にパルプ製の本にこだわる理由はなぜか、とか。いっけん単なる突っ込みどころのようだが、掘り下げるとモダンホラー的大どんでん返しに使えそうな素材はいくらでもあるのだが…。

 いやその辺しっかりしていないと、今でさえ読書=ケータイ小説ですからね。ますます読書人口が減っているはずの近未来が舞台ですから、物語にリアリティを持たせるための作業って必要だと思うんですが、今後の展開に期待ってことで。


Comments

携帯小説が受けているとかいうのはマスコミに踊らされすぎだと思うのだが。
たぶんあと五年もすれば、今は小説といえば携帯小説とか吹聴してたのが恥ずかしくなると思うよ。
 >とおりすぎさま
 カキコありがとうございます。

 携帯小説が受けている、とマスコミが伝えているかどうか、わたしはあまり覚えがないんですが…せいぜい本になるか映画になる際にチラッと言及される程度のような気もします。
 ただ慣用句てきに「今は小説といえば携帯~」と書き飛ばした点については、こちらに至らぬトコロがあったかも知れません。
 
 なんにせよ、「恋空」とか「リアル鬼ごっこ」が映画化される世の中ってなにかが間違ってるような気がします。
 わたし自身は活字離れに歯止めがかかり、読書人が増えてくれることを心より祈っておりますが、五年後ですか…携帯よりもっと変なメディア小説が流行っている可能性の方が高いような…

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。