無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバクカンサルマッ

 アナライザーがうんたらかんたら書いたのは何故かというと、第三弾予告を見る限りロボットというのがキーワードになっているらしいからなんだけど。

 タイタン……あ、今回はエンケラドスだっけ?で古代クン(←ひおあきらのマンガ版表記)たちに襲いかかったのは、アンドロイド兵であった。たぶん【さらば~】でタランがチェス盤でコントロールしてたやつだね。旧作でガミラス語であったセリフ『ツバクカンサルマ』は、そのロボットが使う言語となっていた。
 予告ではヤマトに回収され分析されたロボットと真田さんの顔がオーバーラップする。つまりあの超絶設定……『真田さんの手足は取り外し可能な義肢でしかも爆弾』という設定がさらに一歩練り込まれると言うことであろうか……。ということは少なくとも真田さんの存在感がクローズアップされるあの名エピソード、『浮かぶ要塞島!!たったふたりの決死隊!!』はあるのだな。真田さんがアンチテクノロジーという意外な素性を吐露するこのエピソードはヒジョーに完成度が高く、特にセリフ回しが、青野武さんの名演ともども当時のテレビマンガのレベルを遥かに飛び越えている。だからリメイクは心配だのよ。
 あとロボットネタをひねりすぎて、古代守兄さんがキャプテンハーロックとして登場とか勘弁してよね(いろんな意味であり得ないとは思うけど……)

 そのロボット兵と、肌の色が人間と同じガミラス人の存在が、ガミラス世界のカースト制度を匂わせている。どうやら肌が青くないガミラス人は二等市民……おそらくかつて侵略され植民地化された惑星文明のヒューマノイド異星人、というのがシュルツの少ないセリフから伺える。……当時のいい加減な彩色をじつにうまく後付け設定に変えていて、これはナイスな仕事。だけどシュルツの幼い子供だが孫だか幼女登場でプラマイゼロに(笑)前回の徳川機関長のお孫さんもそうだが、ああいうキャラ登場させないといけないとか、なんか営業的な方針なのかいな。

 ああそういえば開始早々、その徳川機関長の「わしにゃさっぱりわからん」という超問題発言が飛び出したが、ナゼかちゃっかりヤマトに乗り込んでる山崎ともども、転がしようによっては今後、島の「バカ野郎!!」というセリフがまったくベクトルの違う破壊力を発揮してしまいそうで、ちょっと心配。


 難破したゆきかぜ、それに反射衛星砲が早々と画面に登場してしまうのも演出的にはちょっぴり不満だが、話のはこび的には無理がないところなので致し方なし。ただし反射衛星砲の射程範囲内に浮かぶアステロイドを遊星爆弾に変えていた、という新設定はうまいようでいてちょっと安易すぎな気もする。その設定のために反射衛星砲を早めに登場させているのだが、そうまでする価値があったかどうか……むしろ、大マゼラン星雲までの距離を16万8000光年に変えたりタイタンをエンケラドスにかえたり気を使ってるならば、準惑星に降格されてしまったちっぽけな石ころに過ぎない冥王星も切り捨て、架空の第11番惑星に舞台を移しても良かったかもね……。
 それよりもコスモタイガーのテーマをワンダバスタイルにアレンジしてしまう悪趣味というか無粋ぷりのほうがずっと気に障ったのだが。

 といっても、イスカンダルまでの距離を変更したわりには、次回、じつは大マゼラン雲とはぜんぜん違う方向にあるというアルデバランには行くらしい……ヤマトのケツを追いかけるガス生命体が映ってたから。それとも最新宇宙論に基づいて別の星に変更されるんかな?

 噂によれば、「デスラー機雷」のエピソードは削られ、ビーメラ星は生き残るらしい……。ガミラスが厳しいカーストを敷いているとすると、これも不穏なエピソードになってしまいそうだが、いっぽうで ヤマトの女の子がビーメラ星に大挙上陸して天然温泉で骨休め……と言う別の意味で振りきった話になるのじゃないかと、ちょっとだけ危惧してます。似たような話を『銀河鉄道物語』で見たからあり得ないと言い切れないのだよシュルツくん。結城信輝先生の才能の賜物か四話をつうじていちばん印象的だったのが女性キャラのおっぱいのサイズだったからね。あと声優のチョーさん。

 評価は今後の発展に期待して★★★としておこう。

 とりあえず予告チラッと見た限りでは、ヤマトに捕獲されるガミラス兵捕虜は女体化していたようです。もう慣れたからべつに良いけどな。

宇宙戦艦ヤマト2199 (1) (カドカワコミックス・エース)宇宙戦艦ヤマト2199 (1) (カドカワコミックス・エース)
(2012/07/07)
むらかわ みちお

商品詳細を見る
 

テーマ : 映画レビュー    ジャンル : 映画


Comments

 ほんとーに久々にブログアップしました。よかったら見てちょ
 どうも―!
 夏バテときつい仕事でPCほっぽり続け返信遅れました、すいません。
 ヤマト見ましたよ!さっそく完成とはさすが!
 ほんと暑いっすよねえ。
 あのあと、Vダッシュガンダムもつくったよ。
 パズルみたいなキットですねえ。
 デザインはガンダム史上最高かも、って思っているけど。
 暑すぎて絶賛無気力中なのでフェイスブックも登録したきり放り出してます。わはは。

 アサルトV2とかじゃなくあえてVダッシュですか。Vは丸みが好みの分かれ目ですよね~。しかもお話しがアレなので不遇の機体です。
 わたしゃ就職後すぐに玩具の設計に携わりましたが、あの当時の勤務状況(クライアントの縛り的なもの)に阻まれ滑らかなラインを活かせず……軽くトラウマなメカです(笑)

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。