無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


【宇宙戦艦ヤマト2199】観てきた

 ヤマトの諸君……

 まずことわっておかねばならないが、オリジナルTVシリーズ『宇宙戦艦ヤマト』はあれで完全無欠に完結した作品である。ところどころ絵が荒いとか細かい突っ込みどころはあるにせよ、作品の本質はそんなところにはなく、みごとに完結した一個の作品なのである。

 それをリメイクしようという場合、ベストな方法は、スターウォーズと同様ひたすら絵と録音だけをアップデートするに限る。編集や改編など い っ さ い 要 ら な い の 。

 それを踏まえたうえで【2199】を語ることになるが、そうするとかなり酷評にならざるをえない。本編未見のかたはこれ以上読まないように。

 以前もここで書いたように【2199】にはまったく期待していなかった。超駄作のTV版【地球へ……】とスタッフが被っているらしいので、どんなものを見せられるのかある程度予想はついていた。
 だからいくつかチェックポイントを設けて、それがクリアできているかどうかでポイントを足す、という加算方式をとった。

 そんなわけでポイント1は冒頭、ガミラス艦隊初出現シーンだ……オリジナルでは贅沢な間を取って不気味な宇宙をじっくりと映してからようやく、画面の彼方からガミラス艦隊が押し寄せてくる。
 【2199】ではそんな間は無くなっており、さしたるメリハリもなく戦闘に突入してしまう。あのなが~い【間】は白色彗星出現シーンでも繰り返されていて、ヤマトを特徴づける重要な演出なのである。ぜんぜんわかってないじゃん!

 ポイント2 サーシャの宇宙船から脱出カプセルが切り離されて、高速回転しながら落下するシーンだが……あれっ?回転シーンじたい無い!!
 オリジナルでは恐らく芦田豊雄作監によるものだと思うが(ダイアポロンのEDでもおなじ『回転』してたから)あの当時は一段優れものの作画を印象づける大事なカットであった。そんな昔話はともかく……と言っても同じく昔の話であるが、【SW帝国の逆襲】でミレニアム・ファルコンが無駄にグリグリ横転しながら隕石やタイ・ファイターを振り切るシーン、あの一見無駄なグリグリマニューバーが良いんだよ!という絶賛意見をどこで読んだのだか。
 脱出カプセルの回転もそれと同じく、作品にちょっとした潤いをもたらす薬味なんだから。ああいうさりげない1カットをチャラにしてしまったら、作品じたいに余裕がなくなっちゃうじゃないか。まんずアニメなんだから眼で楽しませなけりゃだめじゃん。

 地球防衛軍艦隊の決戦は、事前に通じていたイスカンダルとの連携作戦だったことになり、それでヤマトをずいぶん前から開発していたという話に整合性を持たせたようだが、おかげで古代守はやや無理くり討ち死にとなった。作戦が成功した時点でさっさと逃げられたのになぜ残る……。沖田艦を逃がすために身を挺するならともかく余計な会話とシーンを付け足したために変な流れになってしまった。

 【2199】全体に言えることだが、オリジナルに足りなかったディティールを付け足し設定に整合性を与え時間軸的に登場しておかしくない人物を出すのは良い。
 だけどその後付け感がいかにもね、深夜のファミレスでヤマトオタク四~五人が熱っぽく語り合った内容そのものなんだよね……つまり二次創作の域なんですよ。マンがや小説でやるなら害もないけど本編となると……。
 山波や山崎やはたまたⅢの登場人物まで出したのはいいけど、結果的に地球防衛艦隊ってなんだかすごく狭い組織になってるし。
 最初に書いたように【ヤマト】はオリジナルですでに完成しているのだから、後付けはすべて、そういうのに凝るのはけっこうだけどあくまで作品の本質を見失わない限りね!と、言いたいのはそれなんだけどなぁ……。


 ポイント3 二話冒頭、オリジナルではさっそくアナライザーが雪ちゃんのスカートをめくる……。当然ながら(?)【2199】ではそのシーンも無い。
 べつにスカート云々はどうでもいいのだが、一話二話ともオリジナルとほぼ同じ話をなぞっているのだ。おなじ極めてシリアスな滅亡寸前の地球を描いてるのにも関わらず、新バージョンのほうが演出じたいにぜんぜん余裕がない証ではないか?

 でもって超大型ミサイル襲来がポイント4。と言うかその打ち上げシーン。あの印象的だったロケット点火時のピキーン!ていう真っ赤な透過光処理が無くなってるじゃないか!
 自分でもよく理由がわからないけど今回いちばん腹が立ったのがこれだ。あのピキーン!をアップデートできなくてどうする!!!
 でもって主砲でそのミサイルを迎撃するのだが、艦橋に猛烈な爆風が襲いかかるあのイカしたカットもないじゃん……
 しかも
 キノコ雲から悠然と姿を現すヤマトの名シーンも無いよ!!! ガッ!!!
 いまのがポイント5だ。

 というわけで
 
 上記評点により星0個でした。 
 
 【復活編DC】はあれだけ褒めといて極端だろうと思うだろうが、あちらは不器用でも新規脚本に果敢にアタックしてるぶん未来を感じさせるから自ずと視点も変わるナリよ。

 まあアマゾンレビューではおおむね高評価なので、こういうひねた意見もあっていいでしょう。異論はどしどし受け付けますが(笑)

宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]
(2012/05/25)
菅生隆之、小野大輔 他

商品詳細を見る

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト    ジャンル : アニメ・コミック


Comments

 昨日、ようやく見たよ。
 ながとさんの言うこと、いちいちもっともだねえ。
 ホント、丁寧につくった同人誌みたいなノリなんだよなあ。
 物語に整合性をもたせようとする試みがことごとく話の流れを逆に阻害してしまっている×××
 大事なのは整合性ではなく「ノリ」なのだよな。
 整合性を持たせるのは、ヒマなオタクユーザーに任せておけばよし!

 ヤマトで「一番大事なキモ」と言える発進シーンも、演出のタメがなくてしんどいしんどい。
 なんで2話で発進させたんだろう。
 やっぱり、「DVD1巻は2話収録がお約束で、それまでに発進させなきゃダメ」という縛りでもあったのかねえ。


 結局、1974年のオリジナルと2012年の今回、作り手の「人間としてのデカサ」の差がモロに出たとしか言いようがないよね。
 松本零士も西崎義展も、良しあしはともかく、超巨大なパワーとエゴの持ち主であったことは間違いない。

 まあ、10年後ぐらいに庵野監督がやるのを待ちましょう。
 ねちっこく批評してはみたけれどちょっとびびっていたので、納得いただきホッとしてます(笑)世間ではおおむね好評なのであまりうるさいマニア的意見で水を差したくはありませんが、やっぱどうにも抑えられず。

 作り手の「人間のデカさ」……その一言に尽きますね!哀しいです。民主的に和気あいあい作業してゆくうちに、みんなちょっとずつ納得いかない物が完成してゆく様子が眼に見えるようです。作り手のポテンシャルが透けて見えてしまうのは辛いッスね。「これ作ってるやつ狂ってる」って圧倒されたいのに、いまのところそういう尖った作家性も見えず。
 あれならいっそいままでのヤマトをぶち壊してくれたほうがすっとします。そういう意味でいま夜中に放送してる「ルパン」がすごかったので、かつての日テレドル箱アニメどうしきれいな対極になってしまいました……。
 それを感じ取ったか巻末の庵野監督のOPもやっつけ仕事ふうで(泣)やっぱり「あとでおれが的作り直すからいいや」と思ったのでしょか。

 いそいで展開してるのはいろいろ縛りもあるのでしょうが、あの波動エンジン点火!……ギュゥーン……をやらなくてどうするのか。あれをもっとカッコ良く作り直したいのじゃないの!?とおもいますよねふつう。沖縄特攻まで省略しちゃって(3話冒頭でやる可能性もありますが……)
 あ、また始まってしまった(笑)
 
 あとは結末にどう化けるか祈るしかありませんが、なにか決め手を隠してると信じたいですホントに。
枝葉末節なとこだけへのヤボな突っ込みなど読んでて疲れる。製作者インタビューなども読めば色々疑問も氷解すると思われるが。
 NEKさま

 稚拙な文に眼を通していただいたうえに不快な思いをさせてしまったことにはごめんなさいと言うほかありませんが、自分は一日四十ヒットあまりの当ブログを公共物と見なしておらず、それこそ好きに書き放題のチラ裏的内容となっております故、このような批評となりました。

 「2199」は枝葉末節と切り捨てるにはやや重大な省略が散見されたので、グチになってしまいました。さらに普段、制作者インタビューなどはいっさい眼を通さず作品だけ観て語るよう心がけています(正直に言うと、クリエイターの主張と出来上がった作品そのものの乖離がひどくて興を殺がれるためですが……)。その点はいまのところ是正するつもりはございません。
 なので見当違いな意見なども書いてしまうでしょうが、やはりファンのひとりとして個人的には自分のグチが的外れすぎて恥ずかしくなる程の名作として「2199」が大成することを切に願っている次第です。

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム