無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シャーロックホームズ シャドウゲーム】観てきた

 相変わらずアカデミー賞の端にも引っかからないけど、ガイ・リッチー版ホームズはけっこう好きです。ブラピが『もしドラ』をパクッた【マネーボール】でさえノミネートされてたのにずるいじゃないかとは思うが仕方ない。むかしはアカデミー視覚効果賞を【エイリアン】と【スターウォーズ 帝国の逆襲】と【007 ムーンレイカー】が争ったこともあるのにね(しかもその授賞式が日本でゴールデンタイムに放映されていた)……。
 
 ホームズと言えばあのコートに帽子とパイプ、というイメージは挿絵がひとり歩きしたものなのだそうで、ロバート・ダウニーJrのホームズはあれでけっこう原作に忠実なのだという……あくまでホームズ個人のイメージはね。お話のほうは原作を知らないわたしでも「こりゃ違うよな」と分かるほどにぎやかなアクション映画だが、それ言ったら日本の犬のアニメ版だって人のことは言えないっしょ?

 そんなわけで、むさ苦しく猥雑なヴィクトリア期ロンドンにまたジャンプ。こっちのほうが美化されすぎた1960年代の三丁目より好きなんだよ。
 『エマ』もかなりイイ線までヴィクトリア時代のばっちいところを描いていたのだが、この映画とか【英国王のスピーチ】(時代はずれてるが)を観るとさ、イギリス人の独特な人柄とか細かいところが拾えてないのよね。たとえばローグの奥さんが「夕食をいかが?」とジョージ6世の奥さんを誘って、応じないのがルールらしいのでやんわり理由を言って断るところとか。面白いでしょ?え?こういうのがトミーヘブンリーってのかね(←たぶん違う)

 今回はスケールアップしてるので早々にドーヴァー海峡を越え舞台はパリからオーストリア、スイスと場所を変える。なんだかこのまえ観た【キャプテンアメリカ】とデジャブ。ドーヴァーの絶壁の白いこと!
 ギャグもさらに増してすっかりルパン三世と化している。ま、ちょっと悪のりし過ぎな気もする。
 もと奥さん(マドンナ)のくだらないPV映画撮ってるときはパッとしなかったけどガイ・リッチー、ひと皮向けたような。もちろんプロデューサーの娯楽映画業界の安打製造機ジョエル・シルバーの尽力が物を言ってるのだとしても。
 ロバート・ダウニーJrはフィルモグラフィーの初期にはすでに【チャーリー】でチャーリー・チャップリンを演じ、それはもう会心の演技だったのだが、脚本のピントが定まってなかったのかイマイチの映画だったり、その後の落ち目人生とか、ついてなかったヒトなのだが、むしろ手堅く脇役を演じていた【追跡者】や【ゴシカ】が良い味出していて、【アイアンマン】後の華々しいブレイクがなんとも見てて嬉しいのであった。その男が今度は「シャーロック・ホームズ」役で帰ってきたとなれば感慨深さもきわまるというもので。
 むかしは「全米一うざい俳優」と言われていたリチャード・ドレイファスが【張り込み】でちょっと髭を生やしてみたらぜんぜん印象が良くなったり、たった一本の映画で180度評価が変わってしまうのが面白いですね。

 肝心の物語は……まあ最近よくあるドタンバタン爆発アクションではあるが、前作から引き継いだタッチは健在。なんだかぜんぜん二年間のブランクを感じない。格闘の前に相手の出方を予測するホームズの「推理」も健在。しかもそれがモリアーティー教授との対決シーンにも生かされる。
 スローモーションを多用したアクションも前作同様で、最近みんな食傷気味アクションシーンでも、ワトソンとの掛け合い漫才と合わせて独特のリズムを付加している。
 思ったんだけど、デジタル全盛でどんなシーンでもでっち上げられてしまう現代、実写映像にどれだけ個性をもたせられるかが勝負所かね。ようするにアニメの作画やマンガ絵みたいな作家ごとの違いを、実写映像に持たせようと。そんなことを観ていて感じた今日この頃。
 評価は大英帝国満喫ぶんプラスで★★★★★、満点だ! 
【Amazon.co.jp限定】シャーロック・ホームズ ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】シャーロック・ホームズ ブルーレイ スチールブック仕様(完全数量限定) [Blu-ray]
(2012/03/09)
ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る



 予告編ではアイアンマンも登場する【アベンジャーズ】のほかになんと【タイタンの戦い】の続編(!)【タイタンの逆襲】とか【ジョン・カーター】が流れてますた。今更『火星のプリンセス』を映画化ってディズニーェ……。

テーマ : 映画館で観た映画    ジャンル : 映画


Comments

ホームズものでは、BBCの「シャーロック」がよいよね。
あと、関係ないけど「プロメテウス」の新しい予告編が公開されましたね。
結構ワクワクドキドキ。
10回繰り返して見たら、どんな筋かだいたい察しはつくね。

おそらく「予告編が一番おもしろかったです」といういつものパターンだろうけど、中二病ならぬ中三で「エイリアン」に直撃された私は、「税金」として見にいかざるを得ないのでしょうなあ。
 ホームズはやっぱりファンのみなさんにとってはBBC制作のNHK吹き替え版がマストなんでしょうね。ロバート・ダウニーJr版はもとより漫画版がベースらしいので、似て非なるもの扱いでしょうか。

 【プロメテウス】、宇宙船がゆっくり傾きながら惑星に降下したり、中途半端な下着のお姉ちゃんが写ってたり、原典に対する目配せはなかなかツボを押さえてるみたいですが、あとはリドリー・スコットの勘が鈍ってなければ……。うーむ。
「シャーロック」はこっちの方ね。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/SHERLOCK_(%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF)

すれっからしのファンも納得の、現代版ホームズであります。

去年、BSでやった時は3話のうちひとつしか見られる切歯扼腕。来年あたり、シーズン2をやるでしょうから必見ですな。
 おや、テレビのほうも新しく作ってたんですねえ。そういえば地上波は見ないから気付かなかった……。しかも現代版ですか。現代劇でシャーロック・ホームズが成立するのか、興味湧きますね。スカパー!でも放送してくれんものかしら。
ああ!また名前忘れた(泣)

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。