無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


長年の疑問が解消した。

 欧米の科学専門チャンネル「ヒストリーチャンネル」「ディスカバリーチャンネル」「ナショナルジオグラフィックTV」……民放をほとんど観ないわたしは最近こればかりなのだが、けっこうぶっ飛んだトンデモネタも多い。とくに宇宙人とナチスネタが大好きだ

 そんななか最近気になったネタは聖書
 新約聖書はマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネによる福音書がベースになっているんだって。なんのことかよく知らんけど。ところがつい最近「ユダの福音書」が発見され、それによるとキリスト最大の裏切り者が実はそうではなく、むしろキリスト最大の理解者であったというトンデモな内容なのである。

 むかしから疑問だったのだが、ユダヤのみなさんはキリストの裏切り者の名前が「ユダ」という点を気にしていないのだろうか?と。
 たとえば【ベン・ハー】の主人公のフルネームはユダ・ベン・ハーだ。だから「ユダ」なんて言葉はごく普遍的で似てても「ユダヤ」とはニュアンスが異なるもの……なのか?。それともチャールトン・ヘストンはユダヤ人なのでハリウッドのユダヤコネクションであの超大作映画を作り、ユダヤ人のイメージを改善しようとしたのか……。そのわりにはユダヤ人は選ばれし民族万歳映画【十戒】も作っているけどね。教えてジューダスプリースト!

 ナショジオやヒストリーチャンネルにはノアの方舟やソドム崩壊、はたまた紅海が割れた話を当たり前の事実として真面目に検証する番組がたんとある(そりゃ我が国だって「古事記」を事実としてるかもしれないが)。キリスト教原理主義が娯楽番組の世界にまで着々と浸透してるのだと思うと、おたのしみ袋がキュキュッと縮み上がるというものだ。
 このユダはイイ奴だったというネタはそれらトンデモ番組の中でも異色である。なんせどう考えてもユダヤコネクションによる情報操作の魔の手を感じる(って俺もステマがどうとかほざいてる奴らを笑えませんが)。

 だがいっぽうでは研究者たちが番組内で、「昔からユダヤ人は嫌われていたため、新約聖書ではだんだんユダヤ人が悪者として描かれるようになった」と認めている。
 あ~、やっぱりそうだったんだ……。長年の疑問解消の瞬間である。
 そのうち古代イスラエルでイエス・キリストを寄ってたかって嬲り殺したのはユダヤ人じゃないよとか主張し出しそうだが、そのへんを危惧した聖林ナチスのメル・ギブソンが【パッション】を作ったのかと思うと、本当に複雑な問題ですね。

 バンパイヤ映画が流行りだした何年かまえだが、吸血鬼の正体は神に呪われたユダだった!という秀逸なオチの映画があって、結構面白かったのだが残念、タイトルは覚えてない。
 ハリウッドには少なくとも、ユダヤ人を悪し様に描くことは禁止という暗黙の了解はまだ無いようだが、そういう「空気」は作品を発表すれば伝わってしまう。そんなことをバロメーターとしてアメリカの中身を計ることもできるってことね。
 スピルバーグがこさえたアニメ版【十戒】(プリンス・オブ・エジプト)ではエジプトを脱出したユダヤの民がのちに神の怒りを買い、荒野を流離い続けたというくだりがバッサリ省略されている。それを観てなんかこわいと思ったのはわたしだけではないと思う。

 古きハリウッド製歴史超大作では【偉大な生涯の物語>】がいちばん好きでDVDも買ったわたしとしては、可哀相なユダはソッとしといてほしいのである。
偉大な生涯の物語 特別編 [DVD]偉大な生涯の物語 特別編 [DVD]
(2006/12/16)
マックス・フォン・シドー、チャールトン・ヘストン 他

商品詳細を見る

 マックス・ミン皇帝・フォン・シドーがジーザスというのも凄いが、チャールトン・ヘストンもちゃっかりヨハネ役で出てるよ。

テーマ : ドキュメンタリー    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

またなんで急にキリスト?ディアスです

ディアス的にはイエスも麻原(松本)も一緒。
最後はタヒ刑だ!!

…暴言?

宗教にドップリな叔母が物凄いイキオイで語る語る
勿論真っ向勝負だ!!

信じないディアスを変わり者呼ばわりさ!

すべてが科学的・論理的・経済的・効率的である必要はないが(模型なんて極み)来世だ極楽浄土だ言って今をないがしろにするなっつうーの!!
まだまだ続くがこのあたりでお開き

宗教なんぞ信じないって事で意見一致OK?ディアスでした
 松本=イエス……さすがに暴言か(汗)

 でもキリスト教徒だって古代ローマ人からカルト扱いされてた時期があったしねぇ。

 「死者の代弁者」を読んでこのかた信仰についても頭の隅で考えるようになったとかなんとか。まあ宗教に目覚めるほど追い詰められた経験もないのでおいらも不可知論者(無宗教のカッチョイイ呼び方)かな。けど追い詰められてから神様助けてってのも恥ずかしいのでただいま保留中。

 けどしかし知れば知るほど米国のみなさんのライフスタイルのアンチクライストなこと……。詐欺師と下品な人間の天国だもんね。ハインライン先生も墓の中で泣いておりますよ。

 とはいえ直接迷惑をかけられたこともないので恨みもないんだけど、ときどき地球からアメリカとイスラエルが無くなったら世界はずっと平和になるんじゃないかと思ってしまいます(あと中国も)。でも近寄られると本当にうざいよね。必要なときだけ頼れる浄土真宗あたりがいちばんイイよ。

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム