無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


毎月21日は「映画秘宝」

 このブログのタイトルは「モケーとエーガ」であるからして、映画ネタも充実させねばならぬのだが、いかんせんここ二~三年はホントに洋画が不作で困った、ネタがないったら。

 とくに愛読雑誌映画秘宝発売日は毎月ブルーシィな気分で迎えてまつ。だって注目作なんて今年いっぱい皆無なの分かってるし。
 がしかし、分かっててもなんか思いがけない新作が発表されてるかもしれんと、ついページをめくってしまうのだが…。
 ……。
 やっぱ無さそう。

 いや~このガッカリ感たるや、同じく毎月模型屋さんの壁に張り出されるタミヤの新製品案内を眺めたときに匹敵するわい!

 
 おかげで、なんか新作映画を観ねばならんという欲求が日々強迫観念化してゆく。
 先週日航機の機内で観た「ライラの冒険 黄金の羅針盤」途中で寝てしまった!と、なると残りは、えー「ゼアウィルビーブラッド」と「クローバーフィールド」と…あとなんだ?
 
 ところでウチはケーブルテレビ引いてるから、それこそ「ここ二~三年の不出来な映画」がいっぱい放送してる。
 ひと月10本観ないと元が取れない。
 仕方ないので張り切って観てみた…「不都合な真実」「幸せのちから」etc…

 ……。

 良かったのはスターチャンネルで「ミッドナイト・ラン」の日本語版が放送されたことくらいかな。DVDに日本語版収録されてないからこれはラッキー☆。

 それと「世界最速のインディアン」を観たっけか。デイビッド・リンチのお爺ちゃん映画「ストレイトストーリー」の時速325㎞版

 英国の俳優さんは義理堅いというか、自国映画産業隆盛のためならどんな○○映画(たとえば「メテオ」とか)にも出ちゃうショーン・コネリーとか、「ゴーストバスターズ2」にも出演したシガニー・ウィーバーだとか(ショウビズTVでビル・マーレーに「つきあってくれること無いのに…」とか言われてた)、好感度高いのであるが、レクター博士もハリウッドのくびきから解放されて(?)「世界最速のインディアン」でノビノビ演技している。爆走する改造インディアンのコクピットのクローズアップにも本人が収まっている。コケるシーンも挑戦していた。ガンダルフといい「役を選ばず」的なスタンスで英国のお爺ちゃん達は偉い!

 しっかし一昔前なら「イイ人」しか出ない映画って好きじゃなかったんだけど、最近はそういうのも心地よくて…監督が、ケヴィン・コスナーがJFKネタで二匹目のどじょうを狙った「13デイズ」と同じ人なのね…わたしは「13デイズ」は劇場に行っている。理由はF-8クルセーダーの飛行シーンが格好良かったから。こんなんオチにもならんね。


Comments

クローバーフィールド、オタクとしては見に行かなくてはいけない一作かもしれんですねえ。でもバイオ4でも酔ったオレは100%酔うでしょうなあ。
 年齢と共に好みが偏ってくる、というか新しいものを受け入れにくくなってくるのはしゃあないかもしれんすね。昔の好みをベースに、咀嚼し直している方が楽だし充実するんですよね。

 最近?よかった映画は「ヒストリー・オブ・バイオレンス」っすね。
 おばんでやす。
 「ヒストリー~」アラゴルンが良い味出してましたねえ!最後のしずかーな食卓のシーンがなんとも言えない後味でした。
 やっぱダークホースはクローバーフィールドですかね!?げんぞうさんもブログに観たって書いてあったし、先輩(←誰?)もグッド!と言っておりました。

 そして夏には「インディージョーンズ」と。面白いですかねえ…あと「ランボー」。虐殺の舞台はミャンマーだそうで、最近「ミャンマーの柳生一族」という本を読んで気に入ったのでちと悲しいです(笑)
こんばんはディアスです
1番最近劇場で見た映画はなんとMI-2!映画好きからすれば話にならんでしょうな。でもあえて語るチャレンジャー!第3位は暗殺者(アサシンだったか?)スタローンのやつ。若きバンテラスがいい味出しています。第2位はマスクオブゾロ。なんとレクター博士が初代ゾロじぁないですか!こんな役もやる(話が来る)のね。第1位はぶっちぎりでインタビューウイズバンパイア!クルーズの演技力にちょっと感心したりして。共通点・・・そう、みんなアントニオ・バンテラスが出てます。好きなんです。・・・変?
 おれなんかさいごに観た映画「ブリーチ劇場版」ですから(笑)
 ディアスだけにラテンアメリカつながりでバンデラスっすか(?)
 レクター博士は昔アリステア・マクリーン原作の「八点鐘が鳴るとき」で007ばりの主役を務めたこともあり…似合わないのなんの!
 バンデラスって言うとわたしゃ「デスペラード」ですが、なんで観たかというと、サルマ・ハエックのおっぱいを拝みたかったから…。
「世界最速のインディアン」は昨年観た作品の中で個人的に一番お気に入りです。
心に残る作品なのでもちろんDVDも購入済み。

「ストレイトストーリー」も周囲の人達にサポートされながら走り続ける?爺さんの旅物語ですが、
この作品は自分も爺さんになった頃にまた観てみたいなんて思っています(笑)

 >GENZOさん
 いっすねー、「世界最速のインディアン」。DVD購入する程思い入れが強い作品がこの頃見つからなくて、羨ましいです。わたしゃ「ハリウッド超大作」ばかりに期待しすぎで肩すかしばかり食らってました。
 「キングコング」も「硫黄島からの手紙」も「宇宙戦争」もなんか脚本の練りが足らなさすぎで、DVD買うて何度も見返す気になれないんですよ。
 今年はちょっと反省して、小作品に目を向けようかと考えております。「団塊ボーイズ」とか「ひょっとしたら面白いのかも」というやつ。
「団塊ボーイズ」
「団塊ボーイズ/ワイルドホッグス」はバイカー(ライダーか?)として観ておかなければと、しっかり鑑賞しました。 が、ライトに楽しむ分にはよいかなぁ、、、って程度のハーレー・ジャパン販売促進宣伝映画でした、、、^^;

 なるほど、最近の映画って予告で見極めるのが難しいので、タレコミ大歓迎です!
 特に最近ライトすぎる映画、多くて困ります。「Xメン2」なんて劇場で観たことさえ忘れてたし(笑)!
 そういえば「世界最速のインディアン」もGENZOさんのブログ見て覚えてたんです。

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム