無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険な過去への旅 その一

 小松左京のベストとして関係各方面と石くん(←誰だ!?)が推す『果てしなき流れの果に(果てに、のまちがいではない)』を読了……ひさびさにこれぞSFという内容。思えばずいぶん遠回りしたもんだ。
果しなき流れの果に (ハルキ文庫)果しなき流れの果に (ハルキ文庫)
(1997/12)
小松 左京

商品詳細を見る

 1966年の作品だが、驚くほど古さを感じない。一部のレトロフューチャーな描写も瑞々しく(未来はエアカーがチューブの中を飛び回ると信じられていた頃だ)、そうしたガジェットに混じって軌道エレベーターなど、いまだ最新という装置も登場する。我が国、とくにアニメでは21世紀になっても鉄の塔が宇宙までまっちゅぐ伸びている誤った描写がなされ切なさ炸裂だが、クラーク御大の『楽園の泉』に先立つこと13年も前にこんなものを描写していたとは……すごいよね~!(関係ないけどアニメの軌道エレベーターで正しい描写をしていたのは【トップをねらえ!】第6話、ただ一本だけだとおもう・笑)

 内容についてはいまさら書くことも無かろうが、着想も、いまだ最新宇宙論で語られる平行宇宙についての物語で、それもパラレルワールドを行ったり来たりという平凡なレベルに留まらず、上に上にと拡大してゆく意識の広がりと神性との対話いう、1980年代あたりまではいろんな作家がアタックしていた(でもって『火の鳥』以外はほとんど失敗していた)大きな話が展開する。
 小松左京自身があとがきで語っているように、なにかに取り付かれたような勢いのある物語であった。こういうのは『女王陛下のユリシーズ号』とか『デビルマン』とか、ごく一部の作品でしか味わえないんだよね。もっと早く読んでいりゃよかった!必読!!


 スカパー!でアミノテツロー監督唯一の傑作、『銀河鉄道の夜』(え?アイアンリーガーとブレイク・ブレイドは?とか言わないで)がまた放送したので見てみる。いちおう劇場にも観に行った作品で、その後何度か放送するたびに見直している。
 そういえば中房の時か、ガッコの図書室で原作に手を出し、読みづらい文体に苦労しながらなんとか読み通してみたものの、きちんと理解が行き届いていないな~と釈然としない思いだけ残ったことを思い出した。……なんで読んだかというと、たしか松本零士の『ヤマビコ13号』っていうエロ短編集に『銀河鉄道の夜』を扱ったマンガが収録されてて、アニメの前からなんとなく知ってただけなんだ。『銀河鉄道999』から直に行ってないところがミソだ。ガキのくせになんでエロマンガ買ってるんだ?というのはまた別の話ナリよ。

 だが今はグーグル先生の時代。検索すると一発で青空文庫に行き着いた。
 お金払わず横書きでは情緒がないが、ちょっと読んでみたら……なんと、文庫で60ページしかない中編だったのね……あっという間に読めちゃった。『注文の多い料理店』が国語の教科書にまるまる掲載できるわけだ(←関係ない)。タダ読みしてしまったお礼はいずれ『宇宙の戦士』が電子書籍化されたら、タブレットを買うよってことで……。
 
 でも縦書きじゃないとダメだぞ。
銀河鉄道の夜 [DVD]銀河鉄道の夜 [DVD]
(2002/03/22)
田中真弓、坂本千夏 他

商品詳細を見る


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。