無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


『ねじまき少女』読んだ。

 今月のエスエフ活動ほ~こ~く。

 早川文庫新刊『ねじ巻き少女』。ヒューゴー/ネビュラ/ローカス/キャンベル記念賞総ナメだっつうのでさっそく(でもなかったが)購入。著者パオロ・バチガルピって何国人!?と思ったらコロラド出身のアメ公だそうな。両親がヒッピーだったそうなので、『終わりなき戦い』の主人公マンデラと同じく、たぶん米国式DQNネームなのだろう。
ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)ねじまき少女 上 (ハヤカワ文庫SF)
(2011/05/20)
パオロ・バチガルピ

商品詳細を見る


 どんなに画期的な内容なのだろうとわくわくしながらページをめくり続けたが、やはり現代エスエフ事情は厳しい。
 石油が枯渇して久しい未来……遺伝子をいじくり回したあげく突然変異ウイルスやらなんたらで壊滅的な食糧危機をむかえ、世界人口は激減。辛くも危機を乗り越えたバンコクを舞台にした人間模様……ざっと書き出しただけでも、さして新鮮味がない。作品から滲み出る空気が微妙にデジャブなのであった。雰囲気……熱帯のバンコクの暑苦しさと日常的に配置されたハイテク(ローテクか?)なんて、ウィリアム・ギブスンぽくて懐かしいよね。

 ただむかしの作品……たとえば畳みかける劇的危機によって主人公たちがどんどん追い詰められるカタストロフ作品などと違い、もっと小さな日常的変化の積み重ねでじりじり破滅に近づいてゆく感じにはリアリティを感じられます。いまの日本と同じです。地震と原発事故でちょっと生活が不自由になったけど、じきに日常化してゆく……台風で百名もの犠牲者が出ても、「あの雨ではねぇ……」と自分を納得させてしまい、日常生活を続行する。以前は田んぼの様子を見に行ったおじいさんが流されたり釣り人が波にさらわれたり、せいぜい数人の犠牲者がニュースになるのが普通だったのに、ここ数年は大雨が振っただけですごい被害が発生している。にもかかわらず、変化がゆっくりしているので、だんだん悪くなっていることに気付かないまま生活を続ける。本当のディザスターってのはそういうもんかもしれませぬ。気がついたら氷河期を迎えてて、銀英伝ふうに言うと「2011年は決定的な変化の幕開けの年だった」と後世の歴史家が振り返るのかも……。

 だが『ねじまき少女』でほめられるとこったらそれだけや。エキゾチックな導入部と世界設定も生かされることなく、描かれるのは登場人物たちの群像劇ばかり……まるでドラマ化を狙っているようだ。四冠達成なんてウソでしょう……たぶん一時期J・ローやハリー・ベリーがチヤホヤされたり、太った黒人のお嬢さんを主人公に据えた映画【プレシャス】が絶賛されたように、アメリカではエキゾチック系がまだ受けるのだろう。
 そのへん、辛口の批評がAmazonのレビューに何件も寄せられているので、参考にどうぞ。早川の帯はセンスがなくてミスリードと嘘ばっかりだ!という意見にはわたしも同意。さすが『終わりなき索敵』を「現代版『火の鳥!』」と、身も蓋もない評しかたしただけはある。



 休日にはクリストファー・リーヴ版【スーパーマン】四作をイッキ見。というか四作もあったっけ!?【スーパーマン4/最強の敵(1987)】なんていままでぜんぜん記憶になかったよ!その頃ってもう落馬したあとじゃ?……とはいえその四作目の敵ニュークリアマンのお姿はなんとなく覚えがあるような……。

 1~3作は大予算のわりにはいろいろと雑な作りの映画であったが、一作目はすこしオープニングとかに手が入れられているようだ。四作目も相変わらずだけど、レックス・ルーサー(ジーン・ハックマン)が復帰してたのは驚きだ。ロイス・レーンもしっかり出てるしな……いろいろ発見があるもんだ。いやでもスーパーマンはやはりクリストファー・リーヴが決まっていますな!なんかむしょうに【スーパーガール】が見たいな。テレ東のドラマじゃないほう。
Helen_Slater_Supergirl09.png


Comments

まだまだ暑いねぇディアスです

ローカス/キャンベル賞はよくワカランが、ネビュラ賞作品はディアスと相性悪いコトが多い気がする。
細かいコトにグズグズして先に進まない感じ。
んで大局はほったらかし。
最後はうやむやのなあなあ。
TV版エヴァみたいなイメージ。

ヒューゴー賞はストレートな面白さの作品が多い気がする。

最近は[彷徨える艦隊]読んだ。
要約すると25文字くらいの内容なのに6巻あるから、進行遅い遅い。
暗くて淡々とした内容だから途中でブン投げた人多い気がする。
でも面白かったよ、お薦めはしないけど。

マジで1/500アンドロメダ出してくれないかなー、ドラゴンボール全部集めて神龍にお願いしなきゃ叶わないのか?ディアスでした
 読んでないのによくも的確な指摘でんな。あんたすげぇよ(笑)

 最近は同じ米国式ラノベの『グランド・セントラルアリーナ』が気になってますが二ヶ月後にはブックオフに並ぶでしょう。題名の通り少年ジャンプの格闘マンガ早川文庫版だそうです。読んだら貸してください(笑)

 今度放送するテレビ版ヤマトの艦載機はコスモファルコンだってさ。(はやぶさ)が流行ったから……。

 もうおれは何も期待しないことにした。
 やー、やっぱりおもしろくないのかあ。哀しいねえ。
 ところで最近、ホビーボスのメルカバ作っています。精神修養になるようなキット内容だが、金型にお金かかっていることはよく分かります。
 萌えの勢いでレジェンドのメルカバMK3ドル・ダレットも買ってしまいましたよ。ブログも再開するかも・・・。

 コスモファルコンって何や!!!!
 上巻の終わりあたりから一気に盛り上がってスラスラ読み切れるのですが、オチで壮大なビジョンの片鱗がほんのちょっぴり垣間見れたかな…?という程度でしたねえ。文章ばかり一般文芸書なみに達者になってもこれでは困ります。

 メルカバターレット?(泣)私も昔持ってたんですが、イベントで売りますた。

 

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム