無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トイストーリー3】観てきた。

 夏休み映画作戦第3弾。
 ……というより夏休みマンガ祭り第三弾になってる気もするが。
 だいじょうぶ、次はたぶん【魔法使いの弟子】だから(それはそれでまたディズニー?なんだけどどうせ年末の【トロン・レガシー】までディズニーずくめだし)。

 五段階評価は★★★★★。
 今年の夏は豊作ってことで!十年語られるほど普遍性があるかどうかは分からないですが、【ヒックとドラゴン】と今回の【トイ・ストーリー3】は鉄板。だいたい【トイ・ストーリー】一作目二作目を観ていないわたしでさえ涙腺の筋肉を引き締めるのにだいぶ苦労してるんですからヤバイです。
 とくに【トイ・ストーリー】は基本フォーマットが【借りぐらしのアリエッティ】と近似値でしたので、余計に水をあけられた感あり。つまり、物語の舞台がおうちの中とその近隣、小さなキャラクターたちの冒険というトコが同じでしたので。おかげでゲストキャラクターにトトロを登場させるピクサーに勝者の余裕を見てしまうのは致し方なし。
 ただしやはり一作目に馴染んだ人でないと、ちからいっぱい絶賛できるほどではないのかな……全二作を見ていなくてもじゅうぶん楽しめるように作ってあるのは当たり前とはいえ、一作目から付き合っている皆さんはウッディたちに対する思い入れがひときわ高いでしょうからね。
 ここはめんどくさがって予習をしていなかった自分の不徳の致すところである。でも所ジョージのバズ・ライトイヤーが長いことダメだったんだもん。この苦手意識はバズ以前に【ベイビートーク】のブルース・ウィリス役からずっとだからなぁ……。

 その点割り引いてもやはり絶賛の嵐なのかというとちょっと「?」な気もするが、やっぱ自分が昭和気質の古いオタクなせいですかね。ピクサーとかハリウッド大資本映画というと、徹底したマーケティング、ほとんど科学的な脚本絵コンテその他の推敲に次ぐ推敲、という文脈が頭に浮かんでしまう。我が国のアニメオタの皆さんは恐らくそのへんをあざといと認識しているため苦手という人が大勢いるのでしょう。
 かくいう自分も個人技や作家性を大事に思う点は昔からで、米国式最大公約数方法論では真に作家性を発揮することなど叶うはずないし……だからジブリとかもっと底辺のアニメもいまだにこっそり期待してんだけど、そっちのほうはレベルが低下する一方なうえに、視聴者の審美眼までもが低下してるようで、しば~らく傑作が生まれる気配ねっすよね~。
 こういう時だからたとえ作り方があざとくても良い点は良いと認めないと、なんだか自分の感性もブレて終いにはクソつまんない作品を面白い!!と主張してしまいそうで、しっかりしなくては。    


 追伸
 本作は【ヒックとドラゴン】ほど3Dの必然性は無し。★五つながら歯切れが悪いのはそのせい。
 しかしあらためて思ったのだが、いざ字幕版で2Dの映画を観たくてもある種の作品はほとんど無理だったりする今日この頃……楽天とかが車内言語を英語にしたりといったグローバリズムにおもっくそ逆行してるのはどうなのよ!?


Comments

 トイストーリーとアリエッティ両方見て、ジブリの将来に暗澹となったのは自分だけではなかったのねん。

 で、トイストーリー、あざとさが鼻について泣けなかった昭和オタクとはオレのこと。
 いくら精緻につくってあっても予定調和に回収されていく世界はオヤジにはもーしんどいですわい。
 まー、オレのような奴はピクサーも相手にしていないしねえ。
 まあ、あの話、「ほとんどのおもちゃは捨てられ燃やされて終わり。実は人間もそう」っていうウラ主張が透けて見えるのが救い、って感じもするんですが。

 まあ、私は「グラントリノ」とか「レスラー」とかのオヤジワールドでひっそり生息し続けることにしますわい。
 アリエッティはとくにNHKの特番が追い打ちかけましたね~。現実に完成した作品の出来と番組の内容が乖離しててちょっと醜悪でした。ああいうのに羞恥心感じなくなったらもうダメでしょう。

 ピクサーは一度はディズニーと決別しようとしたこともあるので……といっても損得勘定によるものだったとはいえ……ヒット作の公式を押しつけられてもどっかに反骨心が残ってるんではないかな~と。それも過剰な期待かもしれませんが。

 とはいえヒット作の公式を持っていながら超駄作【TRON】の続編を作ってしまう、そんなお茶目な面もありますのでディズニーも捨てたもんでもないかもしれません。予告を見た限りシド・ミードとメビウスがガンガン美術を担当した前作より洗練されていても真新しさを感じない出来だし。

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。