無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/32F-14Aトムキャットを組むぞ

 トランペッターモデルズの役員さんはきっと、1/16キングタイガー発売で世界の称賛を浴びるだろうと思っていたはず。
 ところがそんな声は期待したほど上がらず、いまでは首をひねっているに違いない。なぜなのか、我々ユーザーには明らかなのだが、しらぬは当事者ばかりか。
 もとより金型技術者中心の会社で、アイテム選考はビジネス視点のみ、実際に調べたわけじゃないのでなんの根拠もない話だが、テキトーそうな資料あさりによるお手軽設計、ツボが分かってないむやみな部品分割、無茶振りでちぐはぐなスケール選定(32でミグ23フロッガーとか)、モチベーションを上げる役にも立たないチープな箱絵等々……物的証拠を並べるだけでもいろいろと透けて見えるものだ。

 大学で教育を受けた金型のエキスパートとは言え、その技術力も中の上といったところで落ち着いたまま向上した様子もなく……タミヤやドラゴンの品質には及ぶべくもない。

 だから、そういうメーカーがなぜか元気いっぱい新製品をリリースし続けてると、ときどき迷惑なんだよね、大切なちょうど欲しかったもんを出してくれちゃったりするから。

 特にここ一年ほどあの会社のヤル気は低下しているようで、ときどき信じられないほど雑なことをする。例えばだい大だぁーい好きなF-8クルセイダー。トラペは1/32で発売してくれた。一生実現しないだろうと思われたアイテムである。
 この商品にセットされている武装パーツは、先に発売されていたA-7コルセアⅡと共通ランナーなのであった。
 ふつうありえねーんだよ馬鹿たれがクルセイダーがスマート爆弾装備するかっての(←激怒のあまり素に)。

 
 前置きが長くなったが、今回もまたトラペは大好物をモデル化してしまったのである。
 1/32トムキャット。
 エアモデル屈指の人気アイテムだが、それ故に発売されたアイテムは設計年次が古いものばかり。比較的近年発売されたのはハセガワとアカデミーの1/72とヨンパチ、フジミの1/72、レベルの1/32だけである。それらもすでに成人式を越えている。古さ以外にもいろいろと問題が多く、いまだベストキット出現は叶わず……。

 だからトラペが発売するって聞いた時は唯々ガッカリしたものだ。
 とはいえトラペはトラペで決定的に駄目出しされたのは1/24大戦機シリーズくらいで、あとはまあ、ワガママばかり言っても仕方ない……と納得する程度の出来ではあるのだが。
 運ぶのも面倒なので三割近く値引きしていたアマゾンポッチでゲット。それ以上は払いたくない。
 トラペはやる気を無くしていると言ったが、それはこのF-14Aにも如実に表れているのであった。ハッキリと、組み立て上の細部への気配りが前より雑になっている。定価二万円強。タミヤの最新型ボムキャットが12,800円だが、その値段差ぶんのアドバンテージがあるのか、ハッキリ言って微妙。
CIMG3938.jpgCIMG3945.jpg


 胴体関係をかたちになるまで組み上げるのがとにかく苦痛であった。だるい勘合のパーツを「たぶんこんな感じだろう」と見当を付けて、とにかく組み立てる。エアインテークからエンジンにいたるラインは段差が生じます。なるべくパテのお世話にならないように調整しながら接着なのだが、大サイズなので気が疲れる。
 写真の状態になってようやく、組んでいる実感が湧いてくるのであった。

 コクピットは可もなく不可もなく。でっかいヨンパチという印象。メーターがくり抜かれててフィルムをサンド、という大スケールならではのフォーマットはやめたらしい。ガンベイ内部にはM61バルカンが収まるが、ややあっさりしている。
CIMG3943.jpgCIMG3940.jpg

 だがマイナス要素ばかりではない。
 まずプロポーションは良好である。何を参考にしたかは知らない。考証的に正確かどうかも分からないけど、側面形の、機首がモッサリ下向きにうなだれている感に、トムキャットらしさがよく出ている。このラインはハセガワの48キットより断然カッコイイ。
CIMG3944.jpg

 大判のハイビジデカールが三飛行隊ぶん奢られ、パッケージからはよく分からないのだが、VF-84のデカールも(ちゃんと)セットされている。
 首脚柱は長短二種用意されている。等々……。
CIMG3942.jpg
 とくに胴体を一通り組んでから主翼を取り付ける構造になっているのはありがたい。ただ、見て分かるように可変翼の左右連動機構は豪快に切り捨てられているぞ(笑)

 現在はラインチゼルでモールドをしごき倒しているところです。三笠はどうしたんとか聞かれても知らんがな。


Comments

 おつかれさんでーす。
 喇叭がどんどんおいしいアイテムをぬるくキット化しちゃう弊害については100%賛成っす!
 使い古された表現ですが、愛がないんですよねよえ。オタク社員を1人雇う程度の余裕もないんかいな。
 でも32トムキャットクラスになると、ほかが手を出すあてもなし。しかもプロポーション良好となれば、まあ許容範囲では。

 私のスピットファイアと競争しよう!(たぶん、きっと負けそう・・・)
 どもども。
 同じチャイナ勢でもドラゴンはマニアの巣窟ですからね……アイテム愛がないのは社風なんでしょうか。アイテムのバッティングぶりを見ていると中国台湾メーカー間で人材と社外秘データがぐるぐる回ってる感じなんですけどねえ。

 まあ選択肢がほかに無いし作るしかないですね。競争の件了解ですがわたくしも未完成の大家ですので、果たして競技が成立するのかどうか(笑)

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。