無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プリンス オブ ペルシャ 時間の砂】観てきた

 社会人だからといって映画鑑賞本数減るのも癪だからとせっかく映画の日だし観てきました。

 癪だからといってジェリー・ブラッカイマー製作の映画観るというのもなんだが、しかし、最近また趣向が変わってきたというか……公開当時は毛嫌いしてたドリュー・バリモア版【チャーリーズ・エンジェル】がなんだか妙に面白く感じられたり。そもそもなんで嫌ってたのかさえ思い出せない……。ほかにも【ピーターパン2】の二児のママになったウェンディーが妙に色っぽく見えたり、なにか変だ


 ジェリー・ブラッカイマー……ジョエル・シルバーともどもハリウッドの偏差値を下げるためあらゆる機会を逃さないユダヤ人職人である。DVD(まあBlu-rayでも結構ですが……)を買いたくなるような映画は滅多にこさえないが、ヒマな時2~3時間暇つぶすにはけっこう役に立つ、程度の映画は作っている。
 邦画の爆沈ぶりを見ると、その程度の出来でじゅうぶんじゃないですか。
 ようするに結論から言っちゃうけどジェリー・ブラッカイマーの映画は全部☆☆★★★なのだ(ごくたまに☆★★★★か☆☆☆☆★)。

 それにしてもデジタル技術が確立されて特撮に一切のチャチさや破綻がなくなり、表現力が素晴らしくなったのに、相反するように映画の内容が頭悪くなってゆくのはナゼなのだろう。
 ハリウッドのメインストリームは特に。
 【プリンス オブ ペルシャ】にしてみても、例えば時代の背景や風俗など、しっかり考証したにせよまるっきりそれっぽくデザインしたにせよ、多大な労力が費やされている。
 原作は古くからあるゲームで、今回のバージョンは数年前プレステ2で発売された同名3Dアクション版が直接のベースであろう。ほとんど無関係なくらい脚色されてるみたいですが。
 ファミ通でエッチなヒロインを見て以来プレイしようか迷ったが、わしゃあ無双シリーズより複雑なパズルアクションはプレイすんの無理や!! ということで興味はあったがそれで留まっていた。映画化はウェルカムなのであった。

 ゲーム同様、主人公のダスタン王子(ジェイク・ギレンホール)は跳んだり跳ねたり、道なき道を駆け回る。このパンクール的アクションとデジタル合成の掛け合いだけでも凄いもんです。
 ハリウッドの俳優ってよく身体動くよな~。
 【スターウォーズ】だってⅣのオビ・ワンくるくる剣道を自己正当化するために、わざわざくるくる回転を基調にした本格的な「ジェダイ剣術」みたいなもん作り出しちゃってるし。数千万ドルが動く世界とはいえホント、映画作りのためにそこまでするかね?

 でもそういう超優秀なスタッフと俳優が寄ってたかって【アルマゲドン】みたいなバカ映画ができちゃったりするもんだから、ハリウッドってなにか根本的な問題を抱えているというかなんとか。

 だがそれがいい。
 【ナショナルトレジャー リンカーンの暗殺日記】がけっこう楽しく観れてしまったので、チャンネルさえ合えばわりと心地よい(【パイレーツ オブ カリビアン】はぜんぜん受け付けなかったのだが……)。
 ジェリー・ブラッカイマー映画のいいところは、基本的にキャラの掛け合いだけで成り立っているため、キャラ立ちを成功させれば楽しい映画になるということか。とにかくクセのある登場人物のセリフの応酬による、中だるみストレス無しの軽妙な展開が真骨頂なのである。そのタッチは初期の【ビバリーヒルズ・コップ】からテレビの【CSI】シリーズまで変わらず。今回はエエ感じ。

 もうひとついいところを挙げると、ブスとばばあとエキゾチック系にほぼ制圧された現代ハリウッドにおいて、未だにベタなハリウッド美女を起用することか。
 今回のヒロインは【007 慰めの報酬】の正ボンドガールを演じたジェマ・アーダートンだが、「人間を描く」とやらに傾倒しすぎて硬直したボンドガールの時と違い、今回はおっぱいの谷間のどアップもまぶしいツンデレお姫様である。ブラッカイマーGJ!!
 日本語版だとCV真綾坂本なので、しももださんもぜひどうぞ。

 キャスティングの三番目にベン・キングスレーがクレジットされてしまっていては、2時間サスペンスドラマの出演者の覧に〈特別出演〉と書いてある俳優が犯人だと判っちゃうのと同様ネタバレもいいとこで、ヒネリもへったくれもないのだが、気にする程でもない。すべて予想通りのお約束展開にゆったり漬ってアタマを楽にして観るとよろし。


灼熱の大地での爽快なアクション、古代ペルシャのエキゾチックな雰囲気、恐ろしい黒魔術、タイムスリップ、お家騒動、複雑な家族愛、恋、運命、戦争と平和、さまざまな要素をてんこ盛りにしたファンタジー。夢のある明快なストーリーのお薦めエンタテインメント作品だ。

Comments

ドリュー・バリモアはETの子役からファンでした(ウソ)
子役出身者にありがちなアル中&ドラックetc..と一時は
すさんでいたみたいだけど、ややポッチャリさんな所はタイプとしてはストライクでつ。
ディックさんと好みかぶるな。。
エバーアフターは観た?わしはもう10回はみました。
おすすめです。
コメント返そうとしたらブログ主なのにスパムとしてはねられた……ナゼだ!?
 まさかドリュー版シンデレラなんでこの僕が

 観ましたけどなにか?
 なにがいけなかったのか今度は投稿できたし……なんなの?(笑)

 【ET】関係ではエリオットのクラスメートの女の子が【沈黙の戦艦】であんな立派な胸になってしまったことのほうがショックというか嬉しかったというか。
ブログつくったよ
時々みてね。

http://etigoyahiropon.blog130.fc2.com/

「模型の哲学」

制作中のものに加え、旧作もボチボチアップしていく予定です。
おめでとうございます!!
 取り急ぎリンクしてみました。のちほどゆっくり拝謁させていただきまっせ!!
私もリンクさせていただきました。これからもよしなに。
名前を出して戴きありがとうございます。
先土日は、事情があってインターネットが見れない状況でした。

タイトルを見た時「確か真綾さん枠の映画」だったのでは?と思っていたら、きちんと宣伝して頂きましてありがとうございます。
時間を作って見に行きたいと思います。

(でも「Fate」は2回も見に行きました。)
 ちゃんとよんでくれてありがとね(涙)

 しかし【Fate】二回とはがんばってますな~。ぶっちゃけ早春劇場オタアニメ合戦で一番評価低かったのに(一番はなのはさんだったみたいなので、ドングリの背比べとも言えますが)

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。