無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【モンスターVSエイリアン】

 ドリームワークスのアニメというと【プリンスオブエジプト】を思い出さざるを得ない。
 このアニメの主人公はモーゼである。
 ということはつまり【十戒】のアニメ化なワケだが、ユダヤ人に仕切られたハリウッド、しかも世界一有名なユダヤ人監督スティーブン・スピルバーグの映画制作会社の作品である。
 真面目な研究によって、エジプトのピラミッドその他はユダヤ人奴隷をこき使って建造されたのではない、と判明している(つまり【十戒】のストーリーそのものが成立しない)にもかかわらず、昔ながらの物語のままである。原作が『ザ・ブック』じゃ仕方ないとはいえ。

 しかも恐ろしきかな、このアニメの結末は紅海が真っ二つになってモーゼと選ばれた民の皆さんは無事逃げることができました。おしまいなのであった!!
 我々邪教徒の視点からすると【十戒】の紅海シーン以降の展開、信仰心が薄れて荒れ狂った民衆に腹を立てた神様に、「おまえら流浪の民になって頭冷やせ!」と命じられ荒野をさすらうラストは、自業自得、ざまあwwwと映るですが(わたしはナチスのコスプレを禁止せよというイスラエル大使館の要請にコミケット委員会が屈して以来、かの国に親近感を持っていない)、それをすっぱりカットって…それでイイのか!!?

 あまりにあっぱれな原作改変に怯えきったわたしは、今ではシオニスト陰謀論をすべて鵜呑みにするまでになりますた。アンネ・フランクなんて嘘だし落合信彦の『20世紀最後の真実(の六百万人虐殺にまわす程当時のドイツにエネルギー資源はなかったというくだり)』は真実に違いない!!それにスピ公無邪気すぎ。

 
 おかげでドリームワークスのアニメはしばらく楽しめなかったです。【シュレック】は単に下品だから嫌いなだけだが。けど今回は釣られちゃったねえ。

 今年になってタイ製のギャルゲー(人種的特性が反映されてない萌え絵!)が話題になり、ロシア製の萌えキャラアクションゲームが発売された。そのロシア製PS2ゲームの限定版には結構な出来のフィギュアまで付いておった。なんだ、萌ってもう日本のお家芸じゃないんだ。

 ところがさすがアメリカ人、そっち方面も我が道を行く。というかこの【モンスターVSエイリアン】の絵こそが奴らにとって萌える絵なのだと最近は納得した。
 「カートゥーンネットワーク」が視聴できるので、ここ10年間の米国製TVアニメの絵柄の推移はずっと見守ってきたが、一度は『トータリースパイズ』等、米国産セーラームーンを作ろうとした努力の跡が伺えたが、途中から、そんな事するより、伝統的なカートゥーンを萌えの対象として昇華したほうがいいやと軌道修正したらしい。所詮ステッチを可愛いと思うような連中には無理だよね…。

 とはいえわたしは大脳の活動領域の6/7がアメリカ人だから油断ならぬ。【アイアン・ジャイアント】のホーガスのママとか【Mrインクレデイブル】のママは正直ちょっと萌えた! だからといって二次創作物などイランがな。

 なんでこんな事をダラダラ書いているかというと、この映画が子供向けに作ってないからなのだが。【WALL・E】に続いてまたしても…。
 漢字に読み仮名振ってあるパンフとか完全に見当違いだから。それとも子供たちを将来、アメリカ製品で萌える立派なオタクに仕立てようという魂胆なのか!?
 上映中は最初から最後まで笑いを噛み殺し続けであった。カーティス・ルメイ将軍ベースのキャラがもうちょっと狂ってると爆笑だったのだが惜しい!
 アメ公恐るべし。


 と思ったら最近マーベルコミックでこういう絵が話題になっていた↓
heroes-for-hire-13.jpg
 フツーにヱろゐやんけ…。
 ますます恐るべし!(描いたのは日系アーティストらしいけど…しかも女)


Comments

話がさっぱりワカラネェ!ディアスです

なので最近読んだ小説の話。
イーガンの「万物理論」
だめだグレッグとは合わねえ。ホーガンの2番煎じみたい

ライスの「石油消滅」
読んでてデジャブ感じてなんだろと思ったら「揺籃の星」そっくりではないか!ではあるがトンデモ度は揺籃の星には及ばず

ウェーバーの「反逆者の月3」・・・そうきたか。楽しみにしてたのに。大きな物語にケリついてないけど興味(売り上げ)がオナー・ハリントンシリーズにいっちゃったので続編は執筆してないらしい。チェッ!

グールドの「ジャンパー」いきなり命狙われはじめるのは気の毒だけど、要人護衛などの防犯対策としてはしゃーないね。面白いんだけど女ガラミでウジウジ描写ウザイ

どれもこれもハッとしてグッとこない。こんな時は「銀河パトロール隊」読んでスカッと・・・1番繰り返し読んでるなぁ
 さすがにキムタク主演で『宇宙戦艦ヤマト』映画化決定とか【エイリアン】リメイクとか話題にし難くてねえ…。


 グレッグ・イーガンつまんないよね~。クラークとホーガン先生以外の英国SF作家とチャンネル合ったためし無いわ。


 『反逆者の月3』で完結じゃないんだ…。


 『ジャンパー』まで読んでるとは…ダースベイダーとメイス・ウィンドウ主演で映画化されてますので見比べられますね。

 最近は探偵スペンサーの新作をやっと読んだだけで読書サボってます…。
キムタクヤマト?ディアスです

え?ドユコト?実写?ハズレ当確じゃん。古代役なら怒るゾ。

小説の話その2
今回は表紙絵と内容のダメ関係をゴニョゴニョ。

「バーチャルガール」美少女型ロボットのマギー。外見の特長として左右の瞳の色が違うんだけど絵は横顔。外してるなぁ

「コラプシウム」スカウターを付けた女子高生が表紙。内容に全く関係なし!まあまあオモロ。ラストにやっぱりね!が待ってます

そしてなんといっても関係なさNo.1は「惑星カレスの魔女」理由はあえて語るまい

内容の面白さは別にして、ハイペリオンシリーズは絵描きがちゃんと読んでから描いてる感じある。上下巻並べると1枚の絵になって左から各クライマックスシーンになってる。
見習って欲しいトコだす
 実写。そしてキムタクは古代役。ドンパチより人間ドラマを、というキムタクの要望により宇宙戦艦ヤマト大好き監督を首にして、【ALWAYS/三丁目の夕日】の監督を据えますた…


 読んでんねぇ~。『バーチャルガール』っておしりからエネルギー補給するんだっけ?


 『惑星カレスの魔女』は表紙買いして三十ページで挫折…

 『ハイペリオン』さすが天下の生頼範義画伯です。『女王陛下のユリシーズ号』もユリシーズの艦首がぶっ飛んだ瞬間を描いてて、読んでから表紙見ると思わず嬉しくて笑っちゃうし。
 だがしかし。
 レイチェルがケバ過ぎてちょっと悲しいかな。カッサード大佐の前に現れたときはエロエロだったとは言え…『エンディミオンの覚醒』のはりつけアイネイアーはもっと悲しかった…。
キムタクもヤマト大好きだと思ってたけどディアスです

そのキムタクがファン感情無視してそんなモン作るの?・・・呆れるね。
人間ドラマ作りたけりゃそれこそ「all ways 3」で3丁目で夕日見てろっつーの!・・・ばかーー!

ヤマト作ってるけどうまくいかないんでイライラしてしまいました
 まあ駄作と決めつけるのもなんだけど…たぶん駄作になると想定していたほうが精神安定的にエエかな?
 ヤマト難航中みたいだけど、あと整形して組み立てるだけなんでねえの?

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。