無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破】ネタバレ有り

 一年に一度ダメな劇場アニメを観ないと力が湧かないわたしですが、小林誠&秋元康コラボの【エンジェルシックス】以来、豪快なダメアニメに恵まれていないのです。
 そういえば【ICE】の劇場版が作られていたことは気づかなんだ。そんな事『モデルアート』にも書いてなかったべ?
 …ちょっと悔しい。

 この劇場版『ダメアニメ』の定義がじつに微妙なところ。
 ただの駄作ならべつに用はないのである。具体的なタイトルを挙げると【劇場版ああ!女神さま】とか【ブレイブストーリー】、【ゲド戦記】に【劇場版カウボーイビバップ】【ファイナルファンタジー】とか。

 【銀色の髪のアギト】とか【劇場版ラーゼフォン】【ガンドレス】あたりになると「愛すべきダメアニメ映画」としてちょっと良いセン行っているが、まだなにか足りない…。

 【火の鳥2772/愛のコスモゾーン】や【雲の向こう 約束の場所】、【パーフェクトブルー】あたりになると、かなりイイ感じである。
 だが【エンジェルシックス】に比べるとまだまだかな。
 
 以上のように例を挙げてみると、自分でも「コレがそうだ!!」と、明確に認定する基準が分かっていないのである。

 分かっているのは見終わったあとに感じる、何とも形容しがたいやるせなさ…あるいは心地よい脱力感。「なんでこんなモノができちゃったのだろう???」という、作品の成り立ちに対する、ある意味知的好奇心の喚起…。
 80年代OVA全盛期には、そういった作品をわりとよく見かけた(ような気がする)んですが。
 つまり、身の丈に似合わない壮大なビジョンを込めようとしちゃった作品というか…。
 よく言えば、先入観や思い込みに囚われることなく、なにか大きなモノを作ろうとした姿勢を買うのである。
 他ジャンルではエロゲーの『YU-NO』がまさしくそれだ!!
 そんで、「メカと美少女とその他ゴニョゴニョ」作品になんでこんな重いエッセンス…?などと、むず痒い気分に浸って喜ぶわけですな。

 
 そんなわけで【新劇場版ヱヴァンゲリヲン】に何を期待したのか分かっていただけますでしょうか…?

 【序】の時にいろいろ不満点を挙げたものの、実のところ【新劇場版】で大いなる違和感を覚えたのはたった一カ所であった。
 それは対ラミエル戦で、作戦中止を唱える碇司令にミサトさんが食い下がる場面。あのセリフのやり取りだけ、何故か少年ジャンプ的熱血マンガのノリになってしまっていた。

 制作陣は前作より分かりやすいものを作ると言っていたが、そういうスタンスなのか…。
 
 だとすると、続く【】の展開がいささか心配なような…しかも前作とは全然違う展開とな。
 

 今回は前作でいうと7話から19話までを包括している。
 が、ストーリーはほぼ作り直し。アスカ初登場回、ユニゾンの回、ネルフ本部が機能停止する回など、愉快なエピソードがすべてチャラになっている
 ジェットアローンとマグマダイバーの話はいかにも浮いていたから無しでもエエけどな…。
 
 なんていうか…ここまで改変しちゃっていると、「旧7話から15話くらいまで重要なエピソードはなにひとつ無かったんですよ」と堂々カミングアウトしてるようなもんではないか。

 
 10年以上前、エヴァに影響を受けたクリエイターの皆さんがこぞって本歌取りにいそしんでいた頃。不思議なことに、エヴァ大好きな皆さんが真似するのは、後半部分、口当たりが悪くなり始めたほうのエヴァなのであった。
 もちろん、結局尻切れトンボで終わったエヴァの【結末】を自分なりに提示しようとすれば、そうなるのは仕方ない。けど誰ひとりとして、「まず、楽しかった頃のエヴァを真似しよう」とはしなかったのである…。
 おかげで物語早々変な思念空間で登場人物がウジウジするシーンを何百回見せられたことか。
 あの頃はなにか、皆さんの能力の限界を見せつけられているようで、辛かったです。

 
 で、結局新作【】は明るく分かりやすいエヴァになっていたのか?
 微妙です。
 トウジ君が乗るはずだった4号機はアスカが乗り…なにやら口当たりの悪いエピソードを軽減した感じ。なんか今的で嫌だのう。

 シンジ君も前向きに成長しているかといえば、前と同じなような。

 「翼をください」と「今日の日はさようなら」がかかるシーンはちょっと引いたです。
 【ウォッチメン】でネーナの「99ロックバルーン」がかかるシーンと同じくらい引いた。
 あまりにもナイーブというか、作り手の線の細さにビビッたというか…。

 前半の海洋研究所らしきところの遠足シーンは、前作エピソードを削ってまで入れるほどなのか?ひょっとして今どきのギャルゲシーンみたいのを入れたかっただけ??

 
 そんなわけで、それなりに楽しかったものの、上記で述べたような「本歌取り」を原作者自らがやってしまっている気もする。かといって前作をより攻撃的、スキャンダラスに底上げしているとも思えない。 いろいろと中途半端に終わった気もするので、結末まで断言は控えるが。
 少なくとも、前作ほどクリエイターに影響を及ぼすかと聞かれれば、それは無さそう。

 続きを待ちたいところですが…一年以内に公開されるなら、脚本はもうできているだろう。
 前と同じくらい時間がかかるなら、まだ出来ていないと判断して間違いあるまい。予告?予告なんて頭の中の妄想だけででっち上げられるって。


Comments

序・破・QQ
昨日ゲリヲン:はっ!を観てきましたが何か?さとやんです。

旧作と比較しながら観てましたが、かなり大胆な内容変更だったね。
アスカが死んだ?シーンでは思わず監督との確執があるから今回だけの出番で、その代わりがあの新キャラなのか?と一瞬思ってしまいますたわ。←予告見て払拭(生きてるじゃん~)
にしてもシンちゃん怒らすと怖いね。目赤く光っちゃうし(笑)
あと「裏コード、ザ・ビースト」 あれはねえわな。
もうエヴァじゃなくなってるし。。

でもまあ管理人さんほど細かく分析するつもりは無いけど、結構楽しめましたわ。
観る前は買う気なかったパンフも買ってしまったぜ。
もう一回観に行きたいかも。
 うん、文句言いつつ別に出来は悪くないんだけどね(笑)
 ただ新キャラとかやっぱ浮いてるかな?後輩のしももだ先生には悪いけど。
 あと山ちゃんとマーヤとトウジを除きほとんどすべての声優が開店休業中な人ばかりなのが時代を感じるぜ…。

 でもQで23話のゼーレの皆さんに裸でいたぶられるりっちゃんのシーンが無くなったら、おじさん切れちゃうぞ~!
 昨晩、観てきたヨ。
 まだ満席でしかもパンフはすでに売り切れ。
 エヴァはまだまだ儲かるねえ。
 終演後、劇場では拍手やどよめきが・・・。
 ふだんウ○コみたいな深夜アニメばっかり見ている客層を唸らせるのはちょろいのお、と思った次第。

 で、見終わって一番感じたのが「庵野監督は奥さんを本当に愛しているんだなあ」ということ。
 オレが妻だったら(どんな例えじゃ!)ボロボロ泣くよね。逆に言うと、あのシーンに監督のストリップがあるから何とか映画として「生きている」と思うわけです。


 作劇的にも「序」から通して観るとオヤジ、シンジ、綾波のエディプスコンプレックスもので、きっちり筋が通っている。前回は途中から何故か(笑)アスカに乗り換えちゃうので訳わかんなくなっちゃうんだよな。今回、やっとわかったよ。

 でも、この映画。本当にただの「リメーク」で新しいものはほとんど何もないね。こういうこと書くと怒る人もいるかもしれない。じゃあ逆に聞いてみたいんだけど、私が14年前、19話をたまたま会社のテレビでみて口をあんぐりさせてしまったほどのインパクトが、この作品のどこにあるのでしょうか?
 庵野監督に求める水準が高すぎるのは分かっているんだけど・・・
 な、なるほど!
 わたしも割とそうでしたが、オタクとは古来より斜に構えつつ、根っこは人一倍ウブなロマンチストばかり。

 特にスタジオぬえ~ゼネ・プロラインの皆さんの「オンナ(ヒロイン)」に対する認識ときたら、かんしゃくを起こした中学生のソレに近いと常々思っておりました。ミンメイとかナディアとかリイクニとか、「オンナなんて☆☆!!」と言わんばかりにひねたキャラばっかりで、個人的には不快でした(このへん世慣れた富野監督の描く女性キャラと比較すると如実な気がします)。

 ひどく乱暴にいうと、童貞率が高いスタッフで作ったのが旧エヴァ、結果は庵野監督のみやむーに対する恋心がこじれグチャグチャな結末。

 そして新劇場版はいろいろな意味で大人になった皆さんが作り直したヱヴァと…。落ち着いた人ばかりで作ってるので良くも悪くも破綻しようがない。
 …しかし綾波と純愛モードを選択したシンジ君、エディプスコンプレックスを乗り越えようとしても相手がママとはカワイソス。
 そんなこんなでわたくしも越後屋さんが言うようにインパクトは感じられなかったので、あとはハッッピーエンドだけ期待しときますかね。

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。