無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トランスフォーマーリベンジ】ややネタバレ有り

 GM破綻のこのご時世に、アメ車が大活躍するムービーを見ようとは…ってこの文脈は二ヶ月前にも書いた気がする。

 
 それにスピ公最新お気に入りのユダヤ人小僧、シャイア・ラブーフ出演の映画を一年に三度も観ようとは…しかも三本目は マ イ ケ ル ・ ベ イ 監督作。
 そういえばこいつの監督作品も【ザ・ロック】前作【トランスフォーマー】に続いて劇場まで出掛けちゃったの三本目だよ!
 【オースティン・パワーズ】を劇場に観に行くのの次くらいに無益な行為なのではないか…。
 個人的な経験で言うと【ホーム・アローン】を劇場で観ちゃったことに匹敵する被虐プレイである(【シザーハンズ】と併映だから仕方なかったんだよ!・泣)。
 とにかく我が知性に対する挑戦と言えよう…。
 「観なきゃイイじゃん…」という指摘は無しの方向で。


 マイケル・ベイというお人は、たぶん映画を作る課程が大好きなのであろう。編集だって、長い映画ばかり作ってるが、わりとダレずに観れる。ここんとこ何本かは大バジェットで超一流の特殊効果満載の映画ばかり作っている。
 だがしかし。
 見終わっても、なんにも残らないのであった。
 まさに仏作って魂入れずとかなんとか。
 滋養にならない映画ばかりこさえ続けて10年…。しかもすっごいバカエーガばっかし。
 こいつに匹敵する共感できない映画屋さんというと、コーエン兄弟か世界になってからのクロサワくらいだ。

 3D立体映画を嫌ってたり、意外とライブ撮影が好きだったり(だからこいつの映画観て「CGでしょ?」とかしたり顔で言うと、メイキング観て恥ずかしい思いをすることになるので気をつけて)、典型的なセクシー女優を主演に据えたり(ただし扱いがいつもぞんざい…ゲイか!?)、やることはちゃんとやっているはずなのだが。

 ひとつだけ買える点を挙げると、マイケル・ベイの映画にはいつも社会の底辺というか、いかにも一癖ありそうな怪しげな連中が登場することか。一時期はスティーブ・ブシェミがそんな役ばかり引き受けていたが、前作でも黒人オタクハッカーとか、セクター7のオヤジとか。
 【アルマゲドン】も採掘チームの皆さんがワイワイやってた真ん中のシーンは楽しかったし、【パールハーバー】の壮大なお笑い真珠湾攻撃シーンでも黒人コック他多彩なモブが華を添えていましたっけ。

 今回もセクター7のオヤジが良い味出してました。あとそれから、ロボのアクションシーンは見やすくなっていたような。森の中の戦いとか、何をしているのか格段に分かりやすくなってますた。というか前作の何がなんだか分からないグチャグチャアクションに比べて、ジャパニメーションぽい動きになってました?
 これでプロダクションデザインがマシなら☆一個付け足しても良いのだが、マツモト14号以来そっち方面のアメリカ人のセンスは全く進歩していない。わたしはスタン・ウインストンとロン・コップ他、1984年以降のアメ公の映画デザインにも共感できたためしが無いのであった。

 あーあと、最近〈美少女型ターミーネーター〉という言葉をテレビで聞いて失笑したのであるが、〈ピッチ型トランスフォーマー〉にはちょっとわろた。

 今回のヨカッタ探しはこのくらい。


 前作のラスト、メガトロンを海底に捨てちゃったシーンを観て「あ~あ馬鹿だな~あれじゃ復活するに決まってるじゃん…」と突っ込み入れる気力さえ湧きませなんだが、今回も痴呆が進んだ脚本全開で…まあ却って楽に観れた気もする(笑)
 キューブのかけらを拾ってコンボイ司令に自己申告しない主人公に脳の動脈が詰まりそうになるのも束の間、まさかTVA『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』そのままのやっすい展開を何百億円も掛けた映画で観ることになろうとは…しかも二時間半。
 特に主人公が、コンボイ司令の死体の手前4㎞でバンプルビーから降りてからの展開が、くどすぎのタル過ぎで参った。コンボイのそばまで乗ってげばあんなに人が死なずに済んだのに、なんで降りた!?


Comments

私も見たのですが、画面がチカチカして、途中で気分が悪くなって、意識が飛んでしまう箇所がありました。
 だからかじりついて見ちゃダメってあれほど…

 というか、日本中の放送関係者がゲロ吐いて神経衰弱になりそうなことサラッと書かないでください(笑)そうでなくても例の「テレビから二メートル以上離れて…」の警告が夜中のアニメでテロップされるとウザイんだから。でも冒頭の上海だか香港以外のシーンてそんなに見づらかった?
ケロケロものでした。
上映時間、長とすぎ、トラランスホーマー!!
中番からの主人公がジェットファイヤーと遭遇して、キューブの欠片的な物を持って、恋人と二人でコンボイのところまで移動する、トランスフォーマーがあんまりでなかったあたりの記憶が朦朧としています。デバスターの合体あたりから最後まではきちんと記憶はあるのですが…

半年後?のDVDは購入予定なので、家でゆっくりまた鑑賞します。
 そだね。前作より長く感じますた。
 でもラジコンデストロンをヒロインが拷問するシーンとか笑えた。
 ゾイドも出たし。
 最近観た【ホット・ファズ/俺たちスーパーポリスメン】という映画に続いて、相棒の部屋に【バッドボーイズ2バッド】のポスターが貼ってあるのがなんかむかついたが、あれもマイケル・ベイの映画なんね。

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。