無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【グラン・トリノ】

 【マディソン郡の橋】でイーストウッドと共演したメリル・ストリープが語るところによると

 「彼が動揺して泣く場面でカメラから背を背けてしまうの。
変わってると思うでしょ。そういうときは普通、誰だってアカデミー賞に向けて大演技するじゃない?

 あとで尋ねてみたら、「私が泣く姿なんか、皆、見たくないだろう」って…」

 
 大沢たかおに聞かせてやりたい名文句だとおもいませんか(笑)


 そんな渋いおっちゃんが役者人生引退宣言して臨んだ映画【グラン・トリノ】。目立ったおカネの使いどころも見あたらない低予算映画である。
 ズイム軍曹を主人公に据えた劇場版『宇宙の戦士』である【ハートブレイクリッジ 勝利の戦場】の後日談的内容ということで(は?【スターシップトゥルーパーズ】?ABBAの曲がどうかしたんですか?)、老兵ハイウェイ軍曹はその後どうなったのか…観に行かねばなるまい。

 映画の日。劇場はそこそこの入り。ラストでは鼻をすする音多数であったが、べつにパンデミックではありませんよ。

 思えば【許されざる者】で自身の西部劇総括を済ませ、ついでにアカデミー賞までかっさらったというのに、その後の勢いがむしろ凄すぎるイーストウッド。最近も【硫黄島からの手紙】という見事な邦画を作って、日本の映画マニアを絶望させたばかりでした。
 西暦2000年に宇宙SFまでこさえてるし。
 だいたいあのベタベタなメロドラマ【マディソン郡の橋】だって、企画に乗っかったわけじゃなくて、マルパソ・プロダクションで作ったガチ映画でした。
 9.11後には、ハリウッドが心にも思ってないブルーカラー称賛映画をこさえている最中に【ミスティック・リバー】【ミリオンダラーベイビー】という嫌がらせのような映画を作りますた。

 おっちゃんはやはりタダ者ではない。というか元気すぎる。

 そんなおっちゃんによるU.S.A版【おくりびと】なのである。
 クライスラー倒産の一報と前後してこの映画を見るのも、なにか感慨深いモノがあるのだが、あえて「古き良きアメリカ」がどうのこうの言うまい。いやメッセージはいろいろ込められていると思うけど、ハインライン先生同様、素朴な信念に心酔するかどうかでよろしいのではないか。
 

 低予算映画と書いたけど、恐るべしはこの映画の結末。クリント・イーストウッドのファンにとっては、ダーティハリー他イーストウッドのバイオレンス映画のすべてがある意味伏線として働いてます。予算ではどうにもならないプライスレス。泣けました。いろいろ語りたいけど我慢するから観てね。


※『スターシップトゥルーパー』はYESでABBAは『スーパートゥルーパー』だろって突っ込まないように


Comments

ずっとクイントだと思ってました、ディアスです

イーストウッドといえばダーティーハリーだけど見たことないんだよね。なんでだろ。イーストおじさんの映画だとあれが好き、題名はトゥルークライム?プライム?クリントが落ちぶれたアル中のブンヤ役のやつ。冤罪を晴らす、ただそれだけの地味ーな内容だけど、じわーっとくるね。ハッピーエンドだし。「黒人ならだれが死刑になろうがかまうか、検挙した実績が大事だ」みたいな意味もあるのかな、よくわからんけど。
あとあれ、おじいちゃん4人で宇宙に行くやつ。
引退は残念だけど、吹き替え版しか見ないディアスとしては「じゃあ誰が声あてるの?」ってなったら、やっぱり山田康雄さんしかいないし。

今思ったけどトムクルーズの「宇宙戦争」の声も違和感あったなぁ。
【バックトゥザフューチャー3】でマイケル・J・フォックスが「クリント…イーストウッド」と名乗ってるがな(直後に三人組に「マヌケな名前だな!」と笑われる)。だいたい空豆ピースケのお父ちゃんの名前知ってりゃ「イ」じゃなくて「リ」だとわかry


  あ、【トゥルークライム】ですね。どうもエド・ハリスが死刑囚演じた映画とごっちゃになってしまうのですが。あの頃は、あり得ないくらい世間知らずな泥棒の映画とか珍作を連発しておりましたが、【スペース・カウボーイ】は好きです。協調性ゼロのすっごいワガママジジイぶりだったけど。
 やっぱりながとさんも観に行ったんだね。
 オレ、10年以上ぶりに(映画+実生活)号泣しちゃったよ。
 ブッシュに見せてやりたい映画だねえ。
 で す よ ね ~!

 コメント欄なのでこっそりネタバレしちゃうけど、すごいことに日本で最近量産され映画館で「感動しました!」とかインタビューCM打ってる難病映画と同じフォーマット(結末、エンドタイトルを主演が歌ってる(!)等々)ですよ。それでガチ泣きさせられるとは思いもしませなんだ。日本映画関係者も全員観るべし(笑)

 映画秘宝に書いてありましたが、あの結末後にしれっと刑事役とかもうできないし、文字通り幕引きですね。ぁあまた泣けてきた…。
 ながとさんが本文でも書いていたけど、イーストウッド監督が役者イーストウッドを撮る時の目線って、本当に突き放しているというか、ナルシシズムがかけらも感じられない乾きっぷり、自分自身に対する思い入れのなさ(それでいてイーストウッドという役者の売りはよく分かっている)がたまらないんだよね。

 だから私はイーストウッドが出ていないイーストウッド監督作品は今ひとつ乗らない。ミスティックリバーとか。

 個人的には「ペイルライダー」が大好きなんですよね。
 70年代からだんだんガンマンのイメージを払拭しようとしていろいろやってましたよね。けど結局、役者としては演技派ではないと早くから自覚してて、最初のイメージのまま真っ向勝負した【許されざる者】と【グラン・トリノ】で見事総括して見せたところが痺れるあこがれるぅというか(笑)
 
 だから一本上げるなら山田康夫吹き替えの残ってる【許されざる者】ですかねぇ。

 二作ともメイドインUSAだけに銃の銃の使い方(誰がどう使って/どう使わなかったか)がとても印象的で、なんか後期イーストウッドの苦悩が伝わるんですよね~。


 関係ないけどダーティハリーボックス特典のイーストウッドヒストリー特番【アウトオブシャドウ】で唯一スルーされてた作品が【ファイアーフォックス】でした(笑)
 ファイアーフォックス、新宿の二番館(死語だねえ・・・)でブレードランナーを初めて観た時の兵営作品でした。ブレランのインパクトのおかげでまったく覚えていない!「ロシア語で考えろ」以外はね・・・。

 「許されざる者」山田康雄の吹き替えが想像できないんで、今度観てみますヨ。
 ブレランと同時上映ですか~!わたしは池袋文芸座の85年リバイバル組でしたから(併映は「バックトゥザフューチャー、だったかな?)ゴイス~!

 【ファイアーフォックス】は皆さん「ロシア語で考えろ!」しか憶えてませんね。あとは地味で暗い画面ばかりで地下鉄が綺麗だったことくらい(笑)?原作もたしか読んだけど、なんとなく映画のまんまだったような。続きはクドすぎて読了したかどうかも憶えてない…
バックトゥーザフューチャー見たことねぇディアスです

小説の話になったのでからんでみます。
原作読んだ映画見たってのランボーだけだったりするんだけど、ラストがえらく違うね。映画のほうが好き。

宇宙の戦士は小説7回以上読んだけど映画は開始15分あたりでへこたれた。違いすぎて。学園モノになってるし。

海底二万里。小さい頃に自発的に読んだ最初の「字ばっかり」の本。すごい潜水艦で冒険する内容だと思ってたけど大人になって読んだら復讐モノなのね。映画はチラッと見たけど艦内のセットとか甲板のシーンの合成とかちゃちくてがっくりした記憶がある。

好きな作品の映画化・アニメ化はスルーが心の健康に良さそうね
 あーオレも最初に読破した字ばっかりの本「海底二万里」でそよ。
 小学校の図書室で「海底二万リーグ」っていうパチモン臭いタイトル。同じ少年少女文学シリーズで「さまよう都市宇宙船」ていうのも読んだけど、後日それがハインライン先生の「宇宙の孤児」と判明…ていうか「ブルーサンダー」知らないとか「バックトゥザフューチャー」見たこと無いとか異星人?1985年までどこの星に住んでた(笑)!?


 原作ファンがガッカリしない映画…「羊たちの沈黙」以外思い浮かびませんね…原作通りなんだけど「アレ~?」というのは多々あるけど。映画版「人形つかい」の「ブレインスナッチャー」とか「パトリオットゲーム」とか…
青春時代の思い出は博打、女、バイト・・・ディアスです

見てないモノ、ワンサカあるよ。ガンダム、そこからのいわゆるリアルロボットすべて、ゴジラシリーズすべて、タロウ以外のウルトラマンシリーズ、などなどキリなし。
スターウォーズは4ってーの?最初のやつ。デススターの爆発シーンで冷めた。打ち上げ花火の3尺玉か?あれを「いや一瞬の核反応による爆発はああゆうふうにねぇ」とか「いやいや宇宙空間での爆発は」とかノウガキ聞いたけど、映画の見せ方としてどーよ?とディアス的に思うわけ。
なのでスターウォーズ、スタートレック、ロボコップ、マッドマックスなどなど。

ある意味幸せ者だよね、これからそれらを新鮮に楽しめるんだから
 おっかしいな~どこで人生間違えたんだろね…

 アメリカの宇宙SFってみんな爆発シーン淡泊なんだよね…何度か同じガッカリ経験すると、あれはあれでお国柄なんだとあきらめるようになる。
 でもテレビで真空中での衛星爆破シーン見たけど、破片がパーンと飛び散るだけでほんと呆気なかったな…。

Leave a Comment


Body

プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。