無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02


ワンフェスに行けなかった話

 なんで車で行けると思ったのか、魔が差したと言うべきだろう。
 あの雪である。
 千葉の太平洋沿岸が特にしつこく降り続いていたのはニュースでわかってたのに。

 それにしても異常気象ナリよキテレツ。
 イギリスは245年ぶりの降雨量で水没してしまったらしいが、いったい地球はどうなるんでっしゃろか。
 あの雪だって45年ぶりの豪雪とか言ってたのに、一週間後にまた降るなんて……。
 しかも木曜日あたりにまた降るらしい。
 やばい……やばいよスレッガーさん!

 とはいえ、レポートで見るワンフェス出展物はかつてない萠キャラ攻勢。ヤマト2199は相変わらずメカも女の子も皆無に近く、艦これの女の子に興味がなくフミカネ絵にも基本興味がわかない身としては、べつに行かなくてもダメージ無いじゃんと……
 負け惜しみじゃない!負け惜しみじゃないぞ~。

 とりあえず入場料と高くてまずい飯のぶん浮いたお金で一年我慢していたMGνガンダムVer.Ka買うてしまったよ!一年間ヘビーウエポンシステム付きの発売待ち続けてたけどもうどうでもええわ!

 嬉しい情報としては西条未来ついにフィギュア化と、フジミが三段空母加賀をリリースするということくらい。特に加賀は今井邦孝先生のレジンキットの作例を見て一目惚れ以来何年待ったことか!これで我が家のハセガワ製三段空母赤城と並べたら勢い余ってガイデロール級も並べちゃうかな~。なんだか最近立体化が叶うまで何年待ったという話しかしてない気がしてちょっと悲しいねバナージ。

 すきま産業的アイテムの製品化は基本業界の衰退と連動しているのだと思うが、ドラゴンが新生「ブラックラベル」というブランドでニッチな戦車を次々模型化していたり、マニアには嬉しい限り。この調子なら戦車に関しては待望のJS-7,チーフテン、コンカラーの製品化も間近であろう。そんでまあ、最終的には英国陸軍工兵隊のCETを模型化してくれるとマンモスうれPな。
img_687823_62107795_0.jpgcet.jpg
  
 サンダーバードの国しか作れないゲロ吐きそうなくらいカッチョエエ車両である。なぜか既存車両を利用せず工兵隊のために専用シャーシから設計してしまったという……変態紳士すなあ。

テーマ : ホビー・おもちゃ    ジャンル : 趣味・実用

【マイティーソー ダークワールド】

 我が家のパソコンがやっと復旧した。マザボが逝ってたので直すより買い換えた方が早いって言われちった。
 わたしのパソコン遍歴はWindowsVista、その前がMeパソコンとババ抜き状態が続いていたので、悪い流れを断ち切るためになんとしても8.1は避け7パソコンを買う必要があった……それも消費税アップ前に。
 セブンは快適ナリよキテレツ。

 五年前に買った一太郎もちゃんと動くし、日本語入力可になったのでブログも再開だよ。なにがダークワールドなのか全然わからなかったけど【マイティーソー】第二弾。相変わらず軽妙ギャグ連発。やっぱアメコミにシリアス要素はいらない。【スタートレック2009】のカークはベン・アフレックがミソをつけたジャック・ライアン物に起用されいまいちパッとしないけど、お父ちゃんのほうは同時公開の【RUSH】でジェームズ・ハントを演じたり多忙である。もはやアメコミヒーローとしての文脈も放棄してサブ登場人物キャラ萠映画に成り下がったので、ダーシーファンの俺歓喜
Kat-Dennings-demolitionvenom-30270961-500-605.png
 日本語版声優さんのとぼけた演技も磨きがかかっていますた。
 ソーのママであるレネ・ルッソ、パパのレクター博士、浅野忠信さえ3カットにセリフ一個の出番しかないのに続投。このへんハリウッドマネーの本気度が伺える。ひとむかしまえなら浅野の役柄など簡単に名もなき中国系役者に交代しているところだが、それってファンにとっては結構ダメージなんだよね。声優を変えただけで発狂するオタクをみれば明白だが、いまだにスタートレックのサーヴィク中尉と言えばカースティ・アレイだろ!?というわたしもまたしかり。細部にこだわるのは大事だよねマンガ映画でも。

 そんなこんなでサブキャラの描写が増えていたのが嬉しかったので前作より印象はよい。【アベンジャーズ】でもかなり出番があったセルウィグ博士もさらにネタ化し、今回はついにフルチンで踊らされていた。【レッドオクトーバーを追え!】で自分が放った魚雷に当たって死ぬとんまなアルファ級艦長を演じて以来、この人も不遇なのかなんなのか。まあヨーロッパ映画界におけるフルチン演技は【フル・モンティ】のロバート・カーライルをはじめ、【トロピック・サンダー】のロバート・ダウニージュニアなど名優の登竜門なのである……コリン・ファースでさえ【聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦】などというくだらない女子校映画で脱がされていた。ほんとに登竜門かどうかは知らん。
 
 ヒロインのナタリー・ポートマンもようやく艶っぽくなってきたかもしれないね……ぼくにはダーシーがいるから別にどうでもいいんだけど。今回もちゃんと(?)ムジョルニアをムニョムニョって言ってたよ。

 前作のケネス・ブラナー監督起用はおそらくソーの物語にシェイクスピア的威厳を加味させるつもりだったためだろうが、交代してもあまり変わらず、相変わらずスタートレックとアメコミにおけるシェイクスピア要素はギャグスレスレである。そんなことよりも世界がぐんと広がったアスガルドを満喫するが吉。どんな細部にも手抜かりがない美術スタッフの仕事が本当にすばらしく、背景を見ているだけで楽しいです。肝心のストーリーのほうはというと、アメコミヒーローって基本的に死なないし、ひどい戦いでも簡単にダメージ回復しちゃうから、緊迫感はどうしてもわかないよね……それでも主要登場人物がひとりお亡くなりになってますけど、ネタバレすると弟じゃないです。それでも脳みそ空っぽにするには良い映画なので★★★★くらい。第三弾もこさえるつもりらしいよ。

テーマ : 映画★★★★★レビュー    ジャンル : 映画


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム