無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
19
20
21
22
24
25
27
28
29
30
31
08


【宇宙戦艦ヤマト2199 そして艦は行く】

 教育者や政治家が『はだしのゲン』の価値をあれこれ論じるばかさ加減にうんざりする今日この頃、みなさんお元気ですか?

 『はだしのゲン』に文学的価値があるのかわたしは知らないが、あれはのうたりんな子供たちにささやかなトラウマを植え付けるのにちょうどいい本なのだ。薄っぺらいばかな大人にしたくなくて少しでも奥行きのある人格を形成させるためには『はだしのゲン』や『デビルマン』が必須なのだ。あんな絵柄のマンガをいまの子たちが買うわけないから、ただで読める環境は必要だ。ついでに『なるたる』も置いとけ。
 おとなになって思うことは、ゲンたちと朴さんの関係は当時の日本人と在日韓国人の距離感をリアルに伝えるものだったと思われる……いまの韓国のひとたちが思い込みたがってる黒人以下の奴隷ではなくて。
 けど思ったことはそれだけ。

 問題となっている日本軍の暴虐描写に関して言えば、戦闘に参加してもいない第三者が自信満々否定したり肯定したり出来るものか。……そういう言いかたは人殺ししたことがない作家が殺人事件を描写してもリアルじゃないとか、不毛な議論のようなので言いたかないが、暴力と戦争について考えるときになんで兵隊さんの話を聞かないか?とはハインライン先生も『宇宙の戦士』でそれとなく言っている。もっとも右や左のひとたちはまず結論ありきで事実を検証することなんぞ興味はなく、自己満足のために喋ってるだけなのかもしれないが。

 あんなたかがマンガでさえ右左双方にとって「不都合な真実」認定されるとすれば、それこそ社会の白痴化が進行している証拠であろう。しかも今回は学校の図書室に置くべきか否かという、退屈なバカが考え出しそうなくだらない案件である。後々恥ずかしいからそういう考え方は叩き潰すべき。


 というわけで右も左もあんまり興味がない【ヤマト2199】です。

 これもありとあらゆる要素を無難に抑えた賜物であろう。

 しかしあの大和が復活して地球を救うはなしなのに、しかも敵の宇宙人はアノ人たちが大好きなナチスなのに。【終戦のエンペラー】や護衛艦「いずも」に怒り狂ってる場合じゃないでしょ?
だが世間では近ごろそういうのを「炎上ビジネス」と呼ぶ。そんな下品な手段を選ばなかったヤマトはやはり志が高いのかとかなんとか。
 つってもヤマトがコスモリバースを無事地球に持ち帰ったその頃、日本では福一原発が放射能に汚染された水を太平洋にダダ漏れさせているのであった。この、戦後が続いていた昭和47年当時といまの温度差、現実認識のねじれ具合が現代日本人を象徴しているかのよう。
 けどポエムはそれくらいにして反省会しようか。

 最大の敗因は(負けたのか!?)デスラーとスターシャのキャラクターがじゅうぶん練り込まれていなかったことであろう。
 デスラーは最後までなにがしたかったのか分からないし(ロードス島戦記のアシュラムみたいだったところがちょっと痛いッスね)。これはデスラーが感情移入の対象になった【さらば~】以降の印象を引きずり、当初は悪役だった、という原典の再評価作業がなされなかったせいだ。格好いいアンチヒーローを描写しようとしながらデスラーが単なる悪役だった時代を描いちゃったので、人物像が中途半端になっちゃったのである。

 スターシャと波動砲の関係も結局消化不良で、最後はなんだか分からないフタをされてしまった。オリジナルヤマトで描けなかった謎めいた神秘的なキャラクターにもなっておらず、ホントそういう人物を描写するにはクリエイターの器の大きさが足りなかったのだなと痛感。まあそれは日和って(放射能)の三文字を使わなかった時点で分かっていたことだけど。

 それでオリジナルより間延びした帰還編を3話も見せつけられたわけだ。しかもあれだけ改変しておいたわりにはオリジナルをなぞっただけの結末。ちょっとパンチが足りなかったね。でも欠点と言えばそのくらい。

 わたしは気付いていたのである。

 【2199】でいちばん面白かったのは【にちじょう回】であるということを! 

 つまり【2199】とはヤマト高校で楽しくやる乗組員たちの日常アニメだったのだ!!!!!

 というわけで
 今回も期待に違わず、イスカンダル星エピソードがまさかの水着回。そして加藤のできちゃった婚などなど。心和む日常エピソード満載であった。
 ガミラスのひとたちも母星に侵入するヤマトに敵愾心を抱く間もなく良い人になってしまい、みんなで立ち上がってデスラーを倒そう!という物語の構造上必要な通過儀礼も無くサラッと流し……。しかも真田さんの「こんなこともあろうかと……」はアンドロイド攻略法に取って代わり。―――アンドロイドポエム回が伏線だったとは!!!!わたしはあの交流でアナライザーに自我が芽生えユキちゃんにスカートめくりを仕掛けるようになるとばかり思っていたのに、なんとゲスな勘ぐりだったことか!!!

 そしてエルフ女の結末はピロテースのまんまでした(笑)

 守兄さんのエピソードもやはり迷いが感じられ、ちょいとウルッとはしたものの消化不良のような……。ヤマトはこのまま交代で守護精霊が常駐する空飛ぶ幽霊船となってしまうのか。
 そして潜宙艦の愉快な仲間たちはどうしたんだ?とか。
 ドメル嫁は投げっぱなしなのか?とか。
 結局ユリーシャの彼氏は誰だったん?とか。
 シュルツの娘はヤマトのマスコットキャラにならないの?とかなんとか(どちらかと言えば、もう二度と出てくんな!とは思うが……)。
 波動砲塞いじゃったけど続きはあるの?とか。疑問はいろいろあるけれど、べつにどうでもいいんだ西条未来の水着が見れたから。ガーレガミロン!! ガーレガミロン!!
ガ ー レ ガ ミ ロ ン !!
 
 001_20130826212421694.jpg

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199    ジャンル : アニメ・コミック

夏休みもおしまいだが

 今週から立て続けに公開されるタイトルが。

 【宇宙戦艦ヤマト2199】
 【スタートレック】
 【マンオブスティール(というかスーパーマン)】
 

 でもって【キャプテンハーロック】と。いったいどんな昭和54年のラインナップなんだか。ヤマトが終わったとたんハーロックが公開開始とかシュールすぎるだろ。

 ああそう、【ガッチャマン】もあったっけどーでもいいけど。
 
 【2199】は25話の製作が間に合わなかったそうで。おかげでちょっとカットされるという。つまり完全版はDVDか劇場公開直後に放送されてしまうテレビ版を待つしかないという、なんだか理不尽な話である。
 でもまあクオリティーを保ったままよくぞ最後まで走りきりました、ということでスタッフの皆さまには賛辞を送りたい。夜中アニメであれば総集編でお茶を濁すこともできるが、特殊な公開形態でその手も使えず、製作現場は修羅場だったそうな。
 一年半のお付き合いであったが、なんだかあっという間でしたねえ。しかし【2201】はテレビだけでお願いしたいような、2クールのアニメで一年以上引っ張れるなら劇場公開もまたオツのような(プラモがいっぱい発売されるならね……)。

 で、その【2199最終章】とどちらを先に観るべきか悩みの種なのが【スタートレック】なのであるが。
 仇役のベネディクト・カンバーバッチは日本語吹き替え版を【Sherlock】と同じ三上哲が担当するようなので、ひと安心。だがいまのところ楽しみはそれだけだけど。【パシフィックリム】と同じく二時間半近い上映時間もしんどい。

 【マンオブスティール】はたいして気にもしてなかったのだが、あのゾッド将軍が登場する話(旧スーパーマンⅡ相当)だと知ったとたんがぜん興味が湧く(笑)。
 でもカル・エルが童貞喪失する相手がちんちくりんのエイミー・アダムズじゃなあ……と、ラリイ・ニーブンの短編小説を思い出しつつ。……スーパーマンの精子がガトリング砲みたいにロイス・レインを粉砕しちゃうだろう、というやつですが、ど~もすんません下品なこと書いて。

 【キャプテン・ハーロック】は予告編の段階ですでに独創性の欠片もないことが伝わってきて、1㎜も期待はできず。でもたぶん観ると思う。そこいくと夏休みSF映画大会の最後を飾る【エリジウム】はいままであったようでなかったアイランド型スペースコロニーの実写初映像化(NHKの「オアシスを求めて」のほうが先だと主張するお方はいまいが)などセールスポイントは高い。
 
 ま、とにかく宇宙SFいっぱいなのは嬉しいねー!

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画    ジャンル : 映画

【パシフィックリム】

 ギレルモ・デル・トロ監督が趣味でこさえた映画。
 埼玉県の金井修さん(←誰?)いわく「ロボットと怪獣がプロレスするの撮りたいだけの映画」
 これですべて言い尽くしているので余白はなんか世間話でも……と思ったがそれは前回やった。

 予告編でハイライトシーンをすべて映しちゃってる映画というのがあるが、【パシフィックリム】もそれに近い。まあ一応最後の戦いは伏せているけれど。
 映画広報も売り出し作戦には苦労した様子で、その苦肉の策と言えるのが「声優作戦」。
 去年のプロメテウス剛力とスノーホワイト小雪の評判がアレだったため反省が生きているとも言えるが、【パシフィックリム】ではオタクの琴線に訴えることにしたらしい。おかげでコンボイ司令とシャアとアムロ、綾波、マーグ、リディ・マーセナスがキャスティングされた。そして主人公が銀さん。コンボイと綾波はガンダムにも出演しているので全体的にガンダムィ。悪ノリかと思いきや、みなさんやはりプロらしくそれぞれの役柄に馴染んでいて、違和感はなかった。
 ちなみに芦田 愛菜は本人声。泣いてるだけだけど。

 だが日本語吹き替え版だけだと意外な点に気付かないままなのである。
 たとえばコンボイと銀さんと綾波の会話が一部日本語で交わされること。それに菊地凛子の声が林原めぐみより可愛いこと。そして菊地凛子の日本語のイントネーションが変なこと。 
 などなど。

 日本の役者が洋画に出演するとだいたい画面から浮いて見えるものだが、菊地凛子はデヴォン鈴木よりずっと画面に馴染んでました。しかも顔の立体感を強調するハリウッドメイクなのに菊地凛子にしか見えないという強烈な個性。アップも多く堂々メインキャストを演じきっており、【バットマンビギンズ】の渡辺謙とは比べものにならない扱いでした。あと一回観たら菊地凛子が可愛く見えてくるかも知れないのでちょっとヤバイです。くれぐれも【バベル】とかうっかり観ないようにしないと……。

 あとはチョー適当な脚本がもっと練れてたらヨカッタのにね。
 ロシアの金髪ねーちゃんとかもっと見たかったのだが。脇役の扱いが本当にいい加減で、ロシアと中国チームはせめて香港市街戦で見せ場を作るなり生き残らせるなりしたほうが良かったろうに。フル・フロンタル&リディ親子も親子の葛藤があるんだかないんだか。菊地凛子のトラウマは意味が分からず(たぶん巨大ロボットからおっかない黒人が出てきたのがショックだったのだろう)、日本代表ロボ『コヨーテ・タンゴ』はじつは日本製でもなんでもなかったし伏線にもなっちゃいない!ぜったい博士コンビがラスト近くに乗って助けに来ると思ってたのに!
 ヘルボーイ(ロン・パールマン)友達出演させて余計なドラマ付け足してる場合ではなかろうに。

 そんなわけでストーリーは穴だらけでちょっと中だるみするのだが、この映画は監督がやりたかったVFXビジュアルがすべてである。ディズニーとジョエル・シルバーが工場的に量産するくだらないノンストップアクションに比べたらハートは込められてますので、★★★くらいあげます。わりとつまらなかったからと言って日本人は侮るべきではないでしょう。少なくとも、本来ゴジラやウルトラマンが21世紀に達成していなければならなかった絵づくりをすべて先にやられてしまってます。【パシフィックリム】なみの怪獣映画を連発されたら国産ゴジラの新作を撮る意義はもうありません。 

テーマ : 映画★★★★★レビュー    ジャンル : 映画

終戦の日

 最近ちょっとわくわくしています。

 お隣の某二国のおかげで、なにか我が国全体がブラックジョークにまきこまれたようです。藤子不二雄FかSFショートショートで描かれるようなIfもののディストピア世界のよう。しかもそういった状況はインターネットに書かれていることと日々のニュースで著しい温度差があり、どのニュースソースをピックアップするかで、われわれ受け手の世界観などいくらでも変わってしまう。

 たとえばオスプレイ。
 一部報道機関はオスプレイがいかに危険かしきりに訴える。のだが、わたしのようなミリタリー好きは「ただの新型ヘリじゃん……」となる。事実NHKが連日伝える「今日のオスプレイ」は逆に多くのひとに疑念を抱かせた。「今日オスプレイがエンジンを始動しました」とか、だからなんなんだよ!?ということ。いっぽうで報道ヘリのほうがうるさいという声もあるのにそれはテレビニュースにならない。一年間に交通事故で四千人亡くなっているほうがよほど深刻だと思うが、そんなことはオスプレイや先日墜落した米軍ヘリの凶悪さに比べれば問題にならないとニュースは伝えているのだ。

 ネットのおかげでニュースとは異なる側面が簡単に飛び出してくるようになり、そうしたことに対する疑念が積もり積もって澱となり、疑心暗鬼となる。結果としてメジャーニュースの信用が落ちる。じゃあネットの落書きは信用できるのか?となるが、しょうがないのだ。本来いろいろな側面も伝えるのが報道機関の役割だと思うが、不幸なことにそのプロのみなさんが早い段階でネットを敵視してしまったので、いまだに新しいニュースのかたちは発明されないのだ。まあテレビはともかく新聞は「一面以外にもっといろいろ書いてあるからちゃんと読めよ」という言い分もあろうから、一方的に責められないのだけど、でも一部の人間がニュースを信用しなくなってしまったのは事実なんで仕方ないよね。 

 そして去年の竹島の大統領不法入国、旭日旗問題、新大久保デモ。竹島も尖閣諸島も旭日旗も日本はなにひとつ落ち度はなく、問題ですらない(毅然とした態度を取らずなあなあで済ませてきた、というのは落ち度だと思うが……)、新大久保のちょっとした騒ぎはたんに不作法な人間は嫌いだと訴えているに過ぎず、どっかの国のように大暴動に発展することなどないのだが、韓国中国のみなさんはそれをもとに、いまでは「日本はナチスより非道な差別国家」「軍事国家」と騒いでいる。
 これがブラックジョークでなくてなんであろう?
 相手は地球上屈指のラジカルな人種差別男尊女卑国家と周辺国に迷惑をかけまくっているなんちゃって社会主義専制国家なのである。
 
 というわけで、わたしは楽しんでます。生きているあいだにこんなSF的状況に巻き込まれるなんて思いもしませんでしたからね。最近は旭日旗のみならず、国旗やはたまた新幹線まで右傾化の象徴と言われ、たぶん来年には富士山や相撲や和食まで悪の象徴扱いされそうな勢い。こうなってみると宇宙人とファーストコンタクトなんていかに困難なことか分かるでしょう。

 上記二国とも深刻な内憂を抱え、国民の気を逸らすため反日政策はやめたくてもやめられない。そのうち一方はたんに憂さ晴らしで日本と本気で戦争したがっているらしい。そう考えるとなんだか1930年代のどこかの国と同じ状況のような……。にしても韓国も中国も海上侵攻能力を備えた軍隊なんか持ってないんだけど、どうやって戦争するつもりなのかね?しかも歴史的に最弱軍隊で戦争に勝ったことなんかないのに。ギャグだよね~。
CIMG6145.jpg

テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学

WF2013夏 その二

 GuPのおかげでワールドタンクミュージアム以来8年ぶりくらいで戦車バブル到来。
CIMG6077_20130806210301103.jpg

ただし現在ブラウザゲーム「艦これ」が人気なうえ、秋から「蒼き鋼のアルペジオ」なるダークホースが控えている……。
 次はとうとう艦船ちゃん時代が来るやもしれぬ。
 浮気するなよ(俺)
CG担当は「サンジゲン」。「ストラトス4」を作った会社で、ヤマト2199のCGより格段にメカ描写はすぐれてたりする(もちろんクリエイターのセンス次第だけど……)。ていうか「アルペジオ」のヒロインて渕上 舞なのね……。もしヒットしちゃったら西住殿マジ軍神。

 というわけで戦車。
CIMG6074.jpgCIMG6076.jpg

 わたしは靖国で九七式中戦車を見ましたが、この九五式はあきらかにあれよりデカイ。おそらく画面に映った際の見栄えとガイジンが操縦するため、本物より大きく作ったと思われる。まあ寸法測ってないので具体的な根拠はないんですが。
 本物のカウンタックが同じ場内に展示されていたというのにそちらには気付かず、無念。

 というわけでガルパン。
CIMG6080.jpgCIMG5977_201308062102579ab.jpg

 いまどきガレキをこさえるおっさんとの親和性が高いコンテンツゆえ、ワンフェスでもすごいアイテム数。
CIMG6089.jpgCIMG6039.jpg
CIMG5981_201308062112307b6.jpgCIMG6040.jpg

思えばアキバでも、ブキヤとボークスの一階アニオタグッズフロアにはガルパンアイテムがない(ちなみにヤマトグッズも皆無・笑)のに、プラモコーナーにはある不思議。すっぱいねじれ現象であった。
CIMG6097.jpgCIMG6098.jpg

 というかなにを力説しているのか俺。
 とりあえずプラッツの1/35フィギュアが最初の印象ほど硬いプロポーションではなくなっていたのでひと安心。あとは価格よね……。
 
 けどグッスマのにぎやかなイベントを見てみると、なんでもかんでもガルパンというふうでもなく。声優か誰か知らないが微妙な歌唱力のねーちゃんの歌声に盛り上がるみなさん。こういうのって元ネタ知らないとさっぱりわからないのよね……。だからといって知る努力もしないのであるがおっさんだから。
CIMG6108.jpg

 残りは個人的に気になったアイテムをちらほら。
CIMG6125.jpgCIMG6126.jpg

 変態恥女天国アメコミヒロインはわたしの大好物。とくにワンダーウーマンはリンダ・カーター&由美かおるのテレビドラマ以来大好きっ子であるので、今年は忙しい。ブキヤのジャスティスリーグ版が発売されたばかりなのに、すぐにプレイアーツが控え、さらにブキヤのビショウジョスタチューのリニューアルがラインナップと、シアワセ回路が続く。
CIMG6124.jpgCIMG6104.jpg
  
 気がつけばスーパーガールとかDCヒロインばかり買っているのだが、マーヴルコミックならミス・マーヴル、あるいはサイロックであろう……ていうことでサイロックもリニュ。本国米帝のスタチューはくそ高い上に出来もイマイチだから国産は嬉しい。
 ボーダーブレイクのオペ子さんも山下しゅんや版。

 マシーネンもまだまだ。エッグイーターを1/20,1/35,1/76でラインナップしている猛者がいたのでノコノコ観に行ったら、当日売ってたのは1/76だけでした。
CIMG6041.jpgCIMG6024.jpg
CIMG6132.jpgCIMG6133.jpg

CIMG6121.jpg

 最後にひとことだけ言いたい。
 西条未来を出せ。

テーマ : ガールズ&パンツァー    ジャンル : アニメ・コミック

WF2013夏

 そこそこ暑かったけど、まあ耐えられる天気。
 参加人数もそれなりに活況を呈し、わたしも久しぶりにガイドブックを事前購入の上参加ナリ。仕方ないナリよガルパンの1/35フィギュアがなんとしても欲しかったんだもん。買えなかったけど。

というわけでひさびさにベクトルがはっきりしていたワンフェス。いまどきガレキこさえるおっさんたちと親和性の高いGuPに席巻されてます。
CIMG6018.jpg

 ヤマトよりずっと多いのが泣けるが、まあメカのほうはB社が気を吐いてるし。

 で、今回いちばんのお目当ては1/35強化防護服だ。入手できてヨカッタ。
 CIMG5996.jpgCIMG5999.jpg

 メカ関連はますますニッチの深淵にはまり込んで行く。ガレキであろうがメーカーであろうが仁義無きネタ争奪戦である。満点工房のガリアンを見て、ガリアンがダグラムより大きいと28年ぶりに知る……。
CIMG6026.jpgCIMG6003.jpg
CIMG5993.jpgCIMG5989.jpg

 グレゴリイ・ベンフォードの『夜の大海の中で』に登場する表紙の探査船。売り切れ(涙)次回もこの値段で売ってくれるかな。
CIMG6005.jpg

 1/24テスタロッサのプラモ……まさかブラッドサッカーより早く実現(涙)
CIMG6063_2013080417381063f.jpgCIMG6062.jpg
CIMG6064.jpg

 普段SDには興味ないけど、世の中は90年頃のSDやワタルに洗礼をうけた世代が台頭している。でもこのターボカスタムはキュートね(はぁと)
CIMG6127.jpgCIMG6128.jpg

 『終わりなき戦い』のスーツはイラストとして真映えを優先したデザイン(つまり一方行だけ見せるデザイン)なのではないかと思っていたけど、けっこう破綻無く立体化してらっしゃいますね。
CIMG6055.jpgCIMG6054.jpg

 そしてメーカーはガルビオンを立体化……。先に立体化すべきものをいくつかすっ飛ばしていまいか?オーガスとか……。
CIMG6116.jpgCIMG6105.jpg

 本命の1/16強化防護服……なのだが定価が……(泣)ウェーブのプラモ二個買えちゃいますよ?
CIMG6138.jpgCIMG6144.jpg
CIMG6135.jpgCIMG6140.jpg

 続く

テーマ : ガールズ&パンツァー    ジャンル : アニメ・コミック


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム