無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天翔る少女』

 ハインライン先生の番組がとても良かったので『天翔る少女』を読み直すことにしますた。
天翔る少女 (創元SF文庫)天翔る少女 (創元SF文庫)
(1971/05)
R・A・ハインライン

商品詳細を見る

 『天翔る少女』またの名を『ボディの宇宙旅行』 原題は『火星のポドケイン』
 わたしがハインライン先生の二大駄作として『自由未来』とともに推薦している作品である。最初に読んだのは二十年前。古本屋で定価120円というボロボロの奴をワゴンの中に見つけ、30円で買ったと思う。読んだのはそのとき一度だけ。

 あのひどい結末、そしてラストで一人称が入れ替わってしまうという技術的な難点によりハインライン先生のジュブナイルの中でいちばんひでえ出来と評価してしまったわけだが、にもかかわらず二度も装填を変えいまも重版中である。しかも表紙詐欺ではないかといういかすイラストの最新版は翻訳も一新されてます。
天翔る少女【新訳版】 (創元SF文庫)天翔る少女【新訳版】 (創元SF文庫)
(2011/04/28)
R・A・ハインライン

商品詳細を見る

旧訳と比べてみると、ですます調など思ったほど変化していないようだが、でもキュートな女の子調文章になっていると思う。

 書かれたのは1958年。
 つまり毎年クリスマスシーズンに出版されていたというジュブナイルシリーズ最期の作品である……厳密にいうと最後は1959年の『宇宙の戦士』なのだが、さいわい編集者によってジュブナイル扱いを却下されてしまった。この年代がミソ。
 このシリーズは若者向けというより、若い読者に社会の汚さ大人の悪賢さを教え、人生は時にみじめで不条理に満ちあふれ筋が通らないことも多いと思うけどそれはきみが未熟なだけなんだよ、だから真面目にがんばろうよ!という、あまり元気にならないメッセージを叩き込む。デュボア中佐マジパネェす。
 この傾向の作品としては『ルナゲートの彼方』がとくに苦い。主人公そっちのけで政府のくたびれた役人ばかりが活躍する『ラモックス・ザ・スタービースト』(ジャケ買いに注意せよ)など、「これホントにジュブナイルか?」というのもある。
 結局、作品を通して若者を啓蒙するなんてもう無理、時間のムダ、最近のガキどもは手の施しようないし。と思っちゃったのかどうか……。あきらかにキレた『宇宙の戦士』直前に書かれただけあって躊躇や迷いがあったのかも知れぬ。それで珍しく主人公を女の子にしちゃったり、バッドエンドにしちゃったのか。
 
 そういうわたしの私的「天翔る少女駄作説」に対するひとつの答が、新訳版あとがきで語られていた。これは嬉しい発見で、わざわざ新訳版を買って読み直した甲斐があった。じつは別の結末があったとかなんとか。だからといって日本で読める結末は変わらないんだけどね。でもわたしもハインライン先生のメッセージはとくと叩き込まれてますので、じゅうぶん楽しめます。

スポンサーサイト

テーマ : SF小説    ジャンル : 小説・文学

SF界の巨匠たち

 ここんとこディスカバリーチャンネルで【SF界の巨匠たち】という番組が放送してるんですが、これが原題はProphets Of Sci Fictionという。このチャンネルって元タイトル確認しないと番組の本質が分からないんだよね……。
 つまりSF作家の予言がいかに現実化しているかという検証番組である。だけど各話はまいどひとりのSF作家に絞られていて、H・G・ウェルズやジュール・ベルヌに混じってアーサー・C・クラークや、なんとハインライン先生までもラインナップされていたのであった。

 スカパー!に加入して10年以上経つけれど、ヒストリーチャンネルやディスカバリーチャンネルとかでロバート・A・ハインライン御大の名を聞いたことはいちどもなかったと思う。
 ハインライン先生がメディアに露出しない理由は、おそらく本人の映像や、写真さえろくに残っていないせいもあるだろう。自分の看板番組を持っていたクラーク先生とは違い、そういう目立ちたがりなところは皆無だったらしい。読者を大切にしていたから軽蔑こそしないだろうとは言え、いわゆるギーク、おたく的ノリは嫌っていた。二昔まえの堅苦しい清教徒植民地大地主そのままという人だったみたい。

 ここ二十年間でハインライン先生の名が輝いた事例と言えば、むろんバーホーベンの【スターシップ・トゥルーパー】である。
 【SF界の巨匠たち】は、プレゼンターをリドリー・スコット監督が担当している。つまり積極的に映画ネタを絡めた番組なわけで、当然現代の視聴者はそういう作りでなければ観てくれないだろう。アシモフなら【アイ、ロボット】。ベルヌなら【海底二万里】。クラークなら【2001年宇宙の旅】という具合。当然ハインライン先生は……と危惧すべきところだ。フィリップ・K・ディックの回ではコメンタリーでバーホーベンがバンバン登場してたから尚更心配だ。

 だが結論から申せば、心配は無用であった。【宇宙の戦士】はたしかに問題作として扱われていたが、映画のネタはちょっとだけで、現在では本物のパワードスーツが開発されてます、というところに時間を取っていて、前半で終わってしまったのだ!しかも【宇宙の戦士】のわずか二年後にヒッピーの聖典【異星の客】を書き、「ひとりの作家がこんな対極的な作品を書いたのは驚きだ」とちゃんとコメントしている。これは期待できる。
 で、【月は無慈悲な夜の女王】や【異星の客】【夏への扉】に同じくらい時間を割いていて、ファンとしてはウッヒョー!\(^o^)/という至福の番組だったナリよキテレツ。
 とどめはわたしがハインライン名作選ベスト3に選んでいる【フライデイ(1982)】も取り上げられていたことで、アメリカの日系科学者カク・ミチオ先生が、クレジットカード社会の怖さや、インターネットの発達とその問題点まで描ききっていることをちゃんと指摘していたのだ。本当に、主人公のマージョリー・フライデイがネットサーフィンに耽溺するシーンがあるんですよ。31年前の作品なのに。ちなみに同作品には携帯電話も登場してます。
 それだけではなく、番組にはアポロ11号の時にハインライン先生がクラーク先生とともにテレビに登場したシーンも納められている。初めて先生の肉声を聞いたぜ!!
 コメンタリーもジェリィ・パーネルやディビット・ブリン、ハーラン・エリスンなど多彩。圧倒されたのは「スター・ウォーズ計画」について。ハインライン先生が大統領に提出する草案を書いて、レーガンが演説に引用したんだって。マジでたまげたね!
 
 ひとつ不満があるとすれば本人が直接製作に関わったジョージ・パルの【月世界征服】に言及がなかったことだが、ハインライン先生と冷戦期のアメリカをなぞった文脈だったから致し方なしというところだ。オープニングからして共産主義パラノイアが炸裂した【人形つかい】だったから。

FridayFriday
(1983/07/12)
Robert A. Heinlein

商品詳細を見る

テーマ : SF    ジャンル : 小説・文学

暑くてバテたし

 なんとスカパー!スターチャンネルで早くも【スカイフォール】放送。DVD発売から二ヶ月しか経ってないのに。そんで観ながらなんとなくぼんやり思ったのだが。

 ハビエルとジャージャーは似てる。

SKYFALL3.jpg jar-jar_binks3-600x300.jpg

 ついでに言うと。

 ゲイリー・シニーズと佐伯日菜子の笑顔は似てると思う。

People_Gary_Sinise_02529.jpg photo.jpg

 くだらないこと書いてごめんなさい。

今年は史上最高気温の夏だという。

 今回の【ヤマト2199】は二回見たけど、結局ドメルがなんで負けたのか分かりませんでした。
 やっぱり七色星団の戦いなのに「死闘」という感じがなく、さらっと負けちゃった印象。敵味方双方に感情移入できるように作った弊害が、ここに来て心配してた通り噴出したのであった。第三艦橋まわりがごっそりえぐられて死傷者多数、というのは最近は直ちに「鬱展開」とカテゴライズされてしまい、視聴者に眼を背けられてしまうとはいえ……緊迫感をもうちょっとナントカできなかったものか。

 とはいえ肝心なところを外してしまうのは最初の「ヤマト発進」以来ずっとなので、とくに腹を立てることもなく、いまは幸せな気分でシュルツ艦を組んでいます。形だけなら一時間で組めてしまう良キットでした。サイズ的にもレジンキットなら二万円コースなので、正味四千円でおまけ付きなのは嬉しい。いずれバリエーションも発売するであろうし、三段空母がラインナップされればあのカッチョイイ艦載機もプラモ化されるであろう。
 白色彗星帝国編に行くまでは微妙かな?と危惧していたが、思ったより楽しめるヤマト2199シリーズである。

 でも今月いちばん「欲しい!」と思ってしまったブツはソド子のくろがね四起なんだけどね。
pitpd-10_0.jpg

 アーマーモデリング先月号のトピックに「オブィエクト279模型化、しかもバッティング」という、想像を絶する不毛な記事が掲載されてひとつきあまり。
250px-279-7.jpg
 そしてこんどはイタレリがルノーFTを模型化との一報。
 イタレリだからバッティングはあるまいと安心したのも束の間、一週間も経たずMENG(モンモデルと発音するらしいよ)がラインナップに……。しかもどこぞのニューメーカーから1/16がラインナップに上がったばかりだってのに。
FT-17.jpg6512.jpg
 このネタをなぜ気にするかというと、いずれタミヤが「戦車百年」を記念してルノーFTを発売する可能性が高いからだ。なぜかおフランス戦車がここ数年充実してるから大いにあり得るでっしゃろ。外して菱形とか出してくれるなら良いけどね。

テーマ : 宇宙戦艦ヤマト2199    ジャンル : アニメ・コミック


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。