無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
03


小話

 日曜に大洗で祭りがありガルパン好きのみなさんで賑わったという。74式中戦車チワが展示されるというのでちょっと恐いもの見たさで行ってみようと乗り換え案内で検索したら片道3500円……これはちょっとキツイので断念したナリよ。

 そんなガルパン祭りで撮られた痛車の写真が「やぶれかぶれすぎる」とネット上……ツイッターかなにかでで話題になっていた。

 これがその一葉。
8693f872.jpg

 気のせいかもしれないが、同じ車を先週ホビーショップアンディの店先で見たような気がする……。

 オーナーは先月紹介した38t生徒会仕様改造パーツをこしらえた方だが、本人いわく「二万円で買った車」だそうで。

 
 でも最近疲れてるから、やっぱ気のせいかもしんない。


 というわけで

 38t改造パーツはアンディ店内で追加生産分を絶賛発売中です!!

テーマ : ガールズ&パンツァー    ジャンル : アニメ・コミック

クレしんとらき☆すたでは足らぬ!

埼玉県、ジオン公国と姉妹都市に

 県議って暇なんスかね。

 だいたいジオン公国ってもう消滅していまはジオン共和国じゃん。
 せっかくなら共産党に牛耳られてる蕨市をジオンて呼べばいいのに気が効かないってゆうか、やっぱり官が乗り出してくるとオタクネタも腐臭を放つよね……

 じゃなかった。そんなこと言いたいんじゃない。

 ガンダムもついにパチ屋と提携してしまったというのに、なんとバッドなタイミングか。ジオンて国が解体したあとは国民の大勢がテロリストに転身しちゃった国なんだけどホントにいいんですかね?ていうかそのために予算を割くとか、いったいなにに金がかかるというのか?東武動物公園に等身大ザク製作しますとでも言うなら話は別だけど(そうか?)。


 突然話は変わる。
 そのむかし『傭兵マウザー』というSF連作中編があってですね、翻訳はたぶん講談社の『SF戦争10の方法』というアンソロジーに一篇だけなのだけど、それが未来の企業が、19世紀までの技術を使った戦争で利権争いをするって話だった。『スカイクロラ』よりずっと古い作品でござる。

 ガルパン11話見てたら突然思い出したった。

 余談ですが

 鉄十字大書きしたケーニヒスティーガーかっこいいス。 

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ    ジャンル : アニメ・コミック

【機動戦士ガンダムUC 宇宙と地球と】観てきた。

 原作読んだけどいい具合に忘れてた部分。
 というか来年の本格劇場版に向けてややゆとりができたのか、結局フルアーマーユニコーン出撃までで終わってしまった。だがまとめ方は手堅く、マリーダの「お父さん……」のところでは若干ウルルンしちゃいました。評価は★★★★だ。
 エピソードⅤは前作がアレだったから初見はやや地味な印象で、それからしばらくしてジワジワと来たのだが、今回のほうが来たるべき結末に向けての登場人物整理回としてメリハリがあるだろう。

 ただ全体的に出来が良いだけに余計な心配もちらほら……。
 ひとつはそのエピソードⅤだ。
 前作はアクシズショックの再来という中盤最大の見せ場であったはずなのだが、エピソードⅣがあまりにアレだった反動か、今ひとつ地味な印象になってしまった。これはすこし残念。
 演出のさじ加減がエピソードごとに向けられるいっぽうで、物語全体を俯瞰する総指揮者が不在という印象なんだよね……。全6話の予定が伸びてしまった点にもその様子がうかがえる。正直言うと、サンライズのアニメ制作者のみなさんてエピソードⅢ作ってた頃は原作を全部読み切ってなかったんじゃね?という印象ナリよキテレツ。

 もうひとつの懸念はサンライズという会社がいまだかつていちども劇場オリジナル作品をヒットさせたことがない……という点なのだが(笑)……だってさ、【スチームボーイ】に【いばらの王】でしょ。去年末にひっそり公開されてた【狙われた学園】とか。【コードギアス】とか【タイバニ】とか知名度はそこそこだけど観客動員で話題になったというのははちょっと聞かないし。
 劇場版【銀魂】の番宣で銀さんが言っていたようにテレビの再編集で劇場版こさえるのが得意、という評判をそろそろ払拭してくれても良い頃。『ガンダムUC』はそのまま映像化してしまえば自動的に名作認定されるほどの作品ですし……。ただ、原作の要素を切り捨てたり改変した部分が最終的にどんなかたちで結末に影響するかちょっと心配だったりする。ガエルが話に絡んでこないところとか、ロニ・ガーベイを撃ったのがバナージじゃなくてリディだったりするところとか……。
 
 とにかく、結末がいきなり劇場版というと【機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー】も思い出しちゃうじゃん。アレも結末がちょっとスッキリしなかったからなあ……。といっても【0083】が最終的にダメになったのは劇場版にしたせいじゃなかったけどな。

 最後の懸念はだんだんネェル・アーガマのレイアム・ボーリンネア副長が可愛く見えてきたことなのだが、まあそれはどうでもいいか……。


 つくづく感じるのは、強化人間の振る舞いとかジオンと地球連邦軍兵士が罵りあうシーンとか観ると、やっぱ壊れてる人(富野監督)とちがってフクイ軍曹は心根が優しいというか、理不尽の積み重ねで物語が窒息してゆく感じがないですね。現代的にはそういう優しいガンダムのほうが受けるでしょうから、欠点とは言えませんが。
 まあそれよりもわたしにとって富野印ガンダムと福井版の最大の違いは、榊原良子さんの声で喋るちょっとくたびれたアラサー女が登場しないことなんですが。そういうわたしの歴代ガンダムでいちばん好きな女性キャラはナナイ・ミゲルとカティ・マネキン大佐です。

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ    ジャンル : アニメ・コミック

1/72コスモゼロα

 コスモゼロ完成。……パイロットがまだだけどもう完成でいいよ。
CIMG5860.jpg

 機体色で悩むこと約7分。素組した姿を眺めるとなんだかずいぶんと白い。説明書の完成品を見るとなにやらやはり銀塗装風味。ていうか彩色指示を見るとほんとうに一部銀だった(笑)
CIMG5866.jpgCIMG5865.jpg

 だがそこはコスモゼロ。またの名を宇宙零戦(と森雪が劇中で呼んでたんだ昔は)。常識を働かせれば(?)明灰白色一択であろう。つまり成形色はそれなりに理に適っているのだ。適っているのであるのだが……。
 やっぱちょっと薄い。
 そんなわけで艦艇色にミディアムブルーを足してすこし青みを付けたグレーで塗ることにした。ガンシップグレー直前でおフランス海軍機にもならないようにいちおう気をつけた(つもり)。
 インテークと日の丸のデカールはフジミの1/72F―35から。最近日の丸メカばかりこさえてややネトウヨ気味である。
CIMG5863.jpgCIMG5864.jpg

 とにかく。
 かれこれ40年前のデザインがベースだというのに、大幅なラインの変更も野暮なリファインもなく長持ちしてますな。むしろコスモファルコンのような、アニメメカにステルステクノロジーとか現用機のデザインをむやみに盛り込んだりするのってわたしゃあまり好きじゃないのよね。バルキリーもそうだけど現代のデザインを未来のメカに代入するのってなんか夢がないというか、理屈上のリアルっぽさと引き替えに格好良さを殺しているような……。だいたい現用最新の米空軍機はあまりカッコ良くなかろう。それに宇宙戦艦ヤマトは200年近く未来の話だもん。テクノロジーだって二周三周してるはず。

 宇宙戦艦ヤマト2199プラモ新作はポルメリア級強襲母艦。
 マヂキチ。
 ヤマトは全アイテムやるぜ!という意気込みか、それともたんに空気が読めてないのか判断しかねるところだ。前者であれば頼もしいけど、妙にアレな可変バルキリーのラピッド試作とか「ちきゅう」のようなアイテム選択の(?)ぶりを見るとちょっち心配。

 とりあえずアルカディア号の隣に置いて「マゾーンの戦艦」と言い張っても違和感ないかも(笑)
1/1000 ボルメリア級強襲航宙母艦 (宇宙戦艦ヤマト2199)1/1000 ボルメリア級強襲航宙母艦 (宇宙戦艦ヤマト2199)
(2013/05/31)
バンダイ

商品詳細を見る
 
 

女体化の嵐

 某エロゲ発祥でアーサー王が女体化していましたけども、そういうのは夏目雅子が三蔵法師を演じたときから我が国ではわりと普遍的で、受け取り側も「はあそうですか」という程度、本質的な違和感を憶えないんんだよねなぜか。
 ほかにも三国志とか織田信長とか山本とかなんでもありですが、なんと米国はディズニーチャンネルのTVムービーでもアーサー王が女子高生!?というのが製作されている。
アヴァロン―恋の「伝説学園」へようこそ!アヴァロン―恋の「伝説学園」へようこそ!
(2007/02)
メグ キャボット

商品詳細を見る

AvalonHighAd_low.jpg

 タイトルは【アヴァロン 千年の恋】という。ソフト化されてないようで、現在ではスカパー!でしか観ることは叶わず。検索したら原作は翻訳発売されてました。他愛のない学園ものなので読んだり観たりするほどではないけども。だいたい原典のアーサー王伝説なんぞ日本人はろくに知らんだろうし『燃えろアーサー』だって憶えてないでしょ。


 『ハヤカワミステリーマガジン』今月号が再び【Sherlock】特集、ということで買ってみた。日本でも主演のベネディクト・カンバーバッチを気に入った女性を中心にメキメキ注目度が上がりはじめて何よりですが、ここでもなぜかホームズが女体化。
ミステリマガジン 2013年 04月号 [雑誌]ミステリマガジン 2013年 04月号 [雑誌]
(2013/02/25)
不明

商品詳細を見る


 小特集禁断の百合ホームズ    ……なんじゃそら!

 最初は犬で次は萌えキャラ、長い工程を経てようやくまっとうな(?)女体化が叶ったらしい。ホモ成分過多なロバート・ダウニーJr.版や腐女子人気のカンバーバッチ版に対するバランサーとしてはけっこうですねと納得したわけだがなにかが間違っている気がする。

テーマ : ★海外ドラマ★    ジャンル : テレビ・ラジオ


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム