無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
7
10
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


厄災ふたたび

 死んだふりしてやり過ごそうと思ったけどやっぱり書いとかねばなるまい。

 リボルテックで強化防護服が発売され、これで今年いっぱい『宇宙の戦士』ネタはないと思ってたらそうは問屋が卸さず……
 あの忌まわしいシリーズが最悪のかたちで戻ってきたのであった。



 来月公開だってさ……。 

 四度目の正直はあのぼんくらフルCGアニメ【アップルシード】の布陣。バンダイが映像化権取得交渉したらたった200万円で獲得できちゃったので仕方なく作った、というサンライズ制作のアニメ版から数えると25年にわたる原作破壊の歴史にまたまた新たな一ページが加わるのであった(泣)
CA078EWX.jpgCAQZANVV.jpg

 映画1本作る体力があるなら原作通り作ってくれよぉ!!

 だが監督荒巻伸志はかつて、ポール・バーホーベン版【スターシップトゥルーパーズ(略してスタシトパ)】にいたく感じ入り、おもっきり影響された深夜アニメ『ブルージェンダー』をこさえた人である。『ブルージェンダー』も桑島法子の歌以外は見るべきところがなかったが、この人の作品はなにか全体的に、観ててやるせなくなるグダグダ感がハンパない。【アップルシード】でも士朗正宗のクールな世界観から浮きまくった80年代SFアニメのテンプレートみたいな振る舞いの悪役が登場して失笑させてくれたり、デュナンもブレアリオスも、古しきアートミック作品を引きずったあり得ないほど根暗なキャラに豹変していたり、ヒネリのない作風は相変わらず。
CAPT72Z6.jpg

 まあ長くなったけどそんなかたなので、どのような運びでCG版スタシトパを制作することになったにせよ、大喜びで飛びついたはずだ。
 もうね、予告見ただけでだるくなってくるよ……。何度も言うけどおれ、日本製のCGアニメ大嫌いなんだ。このまえも【鉄拳】のJKとロボ子の百合アニメ観たばかりけど30分くらいで死にたくなってきた。断言するけど今度のも同じ出来に違いねえよ。

 で、もう一度言っとくけど

おねがいだからいっぺんくらい原作通り作ってよ!!

CAHWTVSB.jpgCA0U3FDB.jpg

 ※画像とネタ提供 蕨 中央様(←誰)


 ※画像の一部がネット上の第三者さまのものだったため差し替えさせていただきました。

テーマ : 映画情報    ジャンル : 映画

ハリポ全部見てみた。

 そうそう、スターチャンネルでついに【ハリー・ポッター】シリーズ最終章【死の秘宝パートⅡ】が放送され、10年8作におよぶシリーズが完結したのだよ。
 ハーマイオニー・グレンジャー可愛いね、と思ったのが10年前ですかい……。
E3838FE383AAE383BCE3839DE38383E382BFE383BC2.jpg

 結局劇場にはいちども行かず、レンタルもせず、ひたすらスターチャンネルかWOWOWで放送されたのを見たのだった。ハーマイオニーもすっかり美人というのはちと微妙な顔立ちに育ってしもうたが、それ以上にハリー、ダニエル・ラドクリフの成長……いや、成長しない程度がひどいのであった。間抜け役のネヴィル・ロングボトムがあんなに背高ノッポに育ってしまったというのに、主人公は相棒のロン・ウィーズリーどころかハーマイオニーよりチビなのだ。神さまって残酷……。

 成長してない度合いは肉体に限らず、肝心の演技にもおよぶ。主人公なのに長台詞も長回しもほとんど無く、アップも少ない。それすなわち演技力の無さを補う処置であろう。
 それでもラスト、父親となったハリーが息子に語りかける場面では父親らしい顔つきで、ホロリとさせられたのだが、後期のハリーは、やたらがっしりしたあごの剃り跡が濃くて親父くさい顔立ちだから少年役のほうに無理があったのだ。しかしそのシーンもパパにクリソツなロンの息子が面白すぎて半ば台無し。

 結局主人公に観客を引き込むほどの演技力がなかったため、見ててもなんだかモヤモヤとつかみどころが無く、エピソードごとの印象も薄く頭に残らない、おもろないという残念なシリーズとなった。スネイプ先生やヘレナ・ボナム・カーター、シリウス・ブラック役のゲイリー・オールドマンなど手堅い人で脇を固めても、しょせん緊急輸血処置程度……根本の解決にはならぬ。

 そんなだから10年間のシリーズが完結、という感無量な気持ちも湧かないのであった。
 10年もかけて、スネイプ先生は実は良い人なのに違いない、ロングボトムはドジだけど最後に活躍するはずだ、という予想を確認しただけでした。……それにしてもスネイプ先生がついに真実を語るところなんか、もうちょっと感動させてくれても良さそうなもんだが。

 ちなみにスネイプ先生ことアラン・リックマンのフィルモグラフィー
ダイハード
8678171_gal.jpg
ギャラクシークエスト
galaxyquest.jpg
ドグマ
Dogma-as-Metatron-alan-rickman-10839690-672-304.jpg
ハリポ
alan-rickman-6028.jpg

 むしろ長年の疑問のほうが多く残ってしまった。たとえばハリーのパパは典型的な英国パブリックスクール的いじめっ子だった、という描写しか無く、そのまま完結してしまった気がするのだが、アレでいいのか?
 それにハリー自身がヴォルデモートの分霊箱のひとつだった、という謎が解けた以上、ハリーが周囲からなんであれほど甘やかされたのか意味不明だし……。
 日本のアニメ文化に毒されたような不思議ちゃん(ルーナ・ラブグッド)もキャラが立ってたわりになんのために登場したのか分からんし。

 それでも英国的にひねた細かい描写やユーモアはいろいろ散りばめられておったのだが、せいぜい、まっすぐすぎるディズニーCGアニメ映画よりはちょいマシという程度。ダンブルドア校長を除きほぼオリジナルキャスト、しかも半分は成長期の子供で8本も映画を作ったのはたいした偉業なのだが、世界的にはいざ知らず日本ではとうとう大ブレイクしないままであった。俺もどっぷり浸かるのは無理だったな。




 などと無駄話をズラズラ書いたのは全部タミヤのせいなのだが!

 新製品がエレファントとシュトルモビクってなんだよ(今更そんなネタ……)!?
 先発のドラゴン版は文句ない出来だし。せいぜいドラゴン版ではちと合わせずらかった機関室天面パネルが組みやすくなる程度か?プロポーションもドラゴンよりややシャコタンぽい(ような気がする)けど……ツィンメリットコーティングがシールってのはネ~よ。なんでも、ツィンメリット済みボディパーツはドラゴンの登録商標なので、真似したくてもできないんだとか……。でもシール?(涙)

 シュトルモビクだってアキュレイト版があるし……。まあ作りやすさはダンチだろうし、具がいっぱい詰まってておいしそうには見えるんだけど、でもシュトルモビク(涙涙)

 アー思い付くまま書いたらスッキリした。

 
 もういっこ、タミヤは現用戦車を用意してるらしい。念のためチーフテンにしてくださいアレイスター・クロウリー様と呪いをかけたが、噂によるとメルカ……おや、こんな時間にお客さん

テーマ : ハリウッド映画    ジャンル : 映画

ふたつでじゅうぶんですよ!!

 HGUCクシャトリアをこさえ始めて早一年……。こさえてもこさえてもわが模型ライフ楽にならず、じっと手を見る……。
HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ (機動戦士ガンダムUC)HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ (機動戦士ガンダムUC)
(2009/10/17)
バンダイ

商品詳細を見る

 悩みの種は四枚羽根である。
 どうやっても重心が高すぎて据わりが悪いパーツである。でもって重すぎて支えらんないよ(泣)自在関節を装備しているわりに劇中のアクションポーズなんかぜんぜん取れねえし!!

 というわけで
 
 ずーっと悩んでたけどやっぱり四枚はイラネえや!

 二枚でじゅうぶんだろ。
CIMG5268.jpgCIMG5279.jpg

 アームの関節だって間引いちゃうぞ。そのほうが本体とバランス良くかねあうし。
CIMG5272.jpgCIMG5270.jpg


 とゆーわけでマリーダさんがクシャトリアを受領したばかりの頃バージョンですよ。
 トライアルテスト中なのでバインダーフル装備はまだやめとくね、という設定ということで勘弁してくれろ。
 このほうがイクサーロボことクインマンサっぽいしな。
CIMG5269.jpgCIMG5280.jpg


 それにしてもクシャトリアってカッチョええんだけどなぜ肩にデスクトップパソコンが乗っかってるんだ?曲線構成の機体がここだけ台無しじゃん。と当初は納得いかなかったのだが、しっかりクインマンサの意匠を汲んでるのな……。
ガンダムコレクション 1/400 NZ-000 クィン・マンサ (機動戦士ガンダムZZ)ガンダムコレクション 1/400 NZ-000 クィン・マンサ (機動戦士ガンダムZZ)
()
バンダイ

商品詳細を見る

さすがにここまで徹底してると、やっぱカトキセンセすごいねと関心。あのデタラメデザインだったゼータ時代のメカをよくも系統立てて取り入れてるじゃまいか。なんだか涙ぐましいね。

 でもってUCもういっぽうのお気に入り、シナンジュ。
CIMG5258.jpgCIMG5256.jpg

さすがにマスターグレードは組む体力ないのでこちらもHGUC。カッコイイのだけど、なんだかビラビラが派手過ぎてスパロボ気味なデザイン。カッチリ完成に持ち込みたいね~。RGガンダムMk-Ⅱといっしょに並ぶと赤青緑キレイだな~(棒)
CIMG5261.jpgCIMG5282.jpg
         

 ガンダムUCの続きが来年に持ち越され、そうするってえと、涙なくしては見られない(はずの)原作八巻の展開は次作第六話巻末なのか、あるいは第七巻Aパートか……。
 いちばんの見せ場だからゆとりある尺でじっくり作ってほしいですね。まーわれわれ外野なんぞが言うまでもなく再構成のために時間取ってるのでしょうが。

テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

【裏切りのサーカス】観てきた

 【裏切りのサーカス】より原題通り『ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ』のほうが馴染みがあろう。だってハヤカワ海外文庫の巻末の『既刊本』ページに必ず出てた名前だもん。秋田書店コミック巻末の『手っちゃん』みたいに。 
ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)
(2012/03/31)
ジョン ル・カレ

商品詳細を見る

 映画観てて途中で置いてけぼりになりそうなことなど最近はめっきり減ったが、ひさびさにちょっとやばかった……。タルコフスキーの【サリファイス】以来の危機だったが、でもなんとか最後までついたったよ(笑)欧州のほうの映画はときどき油断ならないです。ハリウッドみたいに親切じゃないもんね。でもそこがイイ。このへん、かつてアメリカの監督フィリップ・カウフマンが「ヨーロッパ映画」を撮りたくて作った【存在の耐えられない軽さ】なんか、やっぱりヨーロッパ映画になりきれてないんだよね……。劇場で観た当時はけっこう難しい映画だ、背伸びしすぎた。と思ったものだが。ジュード・ロウ版の【スターリングラード】なんかもちょっとちゃうねん。

 でも【存在の~】は当時のボンクラアニオタに、ヨーロッパの奥の方にも第二次世界大戦後の近代社会が存在してるんだ、という妙な認識を与えた映画であった。その後アリステア・マクリーンのエージェント物小説を片っ端から読んでハンガリーとかあの辺のことをちょっぴり学び(笑)ピアーズ・ブロズナン版【007】を観て、古いヨーロッパのロケーションてやっぱなんだか好き、あと英国(はぁと)とさらに認識を新たにし……、
 ところがいっぽうで映画【ロシア・ハウス】はちっとも面白さが理解できず、ジョン・ル・カレの小説も一冊だけ読んだがご同様。題名は忘れたが結末はベルリンの壁で主人公が射殺されるやつだったような……。

 だから【裏切りのサーカス】もちょっと心配だったんだけど、幸い、今回は勢揃いしてるこわもての役者を観るだけでも楽しめるのだ。みんなハリウッド映画で仇役を演じたあげく主人公にぶっ殺される人ばかり。マーク・ストロング(【サンシャイン2057】【キック・アス】【シャーロック・ホームズ】【ジョン・カーター】の仇役)が最後まで生きてる、というだけでも観る価値はあろう。しかも小学校の先生。
 英国系の癖のある俳優はハリウッドでも人気だが、やっぱり起用のされかたが画一的というか、おもろないのだ。だが今回はのっけからジョン・ハート登場である。【エイリアン】でフェイスハガーにガバッとやられたりエレファントマンを演じさせられたりした苦労人である。最近は【ハリー・ポッター】にまで出演。
 そしていよいよゲイリー・オールドマン。スネイプ先生ことアラン・リックマンともどもハリウッドの『なんでも厭がらずやっちゃう人』ビッグ・ツーである。そういえばこの人たちもハリポで共演してるのだ。

 そんなゲイリー・オールドマンの勇姿
 レオン
gary_oldman.jpg
 フィフスエレメント
The-Fifth-Element-gary-oldman-22009604-458-320.jpg
 バットマンビギンズ
Gary-Oldman-TDKR-wide-560x280.jpg
 ハリポ
165166__Sirius_Black.jpg

 大英帝国は第二次大戦では張り切っていたが、その後はしば~らく弛緩していたようだ(やたらと強い戦車と珍兵器だけはせっせと作り続けたけど)。五月にドイツに勝ったばかりのチャーチルが七月の選挙に敗れたり、ロールスロイス・ニーンエンジンをソヴィエトにプレゼントしちゃったり、そのたるみ具合はハンパなかった。もとより社会主義シンパが大勢いる土地柄(王様や貴族がいた国はみんなそうだろうけど……)、貧乏な労働者が社会に台頭した時代であった。D・フランシスの60年代の小説読んでも主人公がミニ・クーパーを友達とシェアしてたり、当時の庶民のじつに慎ましやかな生活ぶりがうかがえる。
 WWⅡの借金しか残らなかったイギリスはソヴィエトスパイの良いお客様であったようだ。ジェームズ・ボンドがヒーローになったのは、スパイ天国であった英国ではそれがスカッとする映画であったからだと思う。アリステア・マクリーンの小説がデビュー作以外すべて「エージェント物」だったのも無理ないことなのね。荒唐無稽なスパイヒーローからもうちょい文芸的に上等な作品まで、国民がすべからく「スパイ物」に傾倒していたとは考えてみるとすごいことでっせ。

 で、その「もうちょい上等」なスパイ小説の映画化が【裏切りのサーカス】なのだが、地味な展開と絵造り、爆発アクションカーチェイス無しなのは、ハリウッド映画に飽きた人にとってはむしろ新鮮なので良しとして、時制の切り替えがトリッキーな演出と言うより単に不親切のようで、まっとうな映画批評でもそのせいでストーリー展開が分かりずらいと指摘されている(俺があたま悪いせいではなかったようだ)。

 要するに
 今どき珍しく原作に眼を通すことでより理解が深まる映画であろう。それ無しでは★★★くらいの映画なので、いずれ映画専門チャンネルで吹き替え版放送するまでに原作読んどかないとね。
【映画パンフレット】 『裏切りのサーカス』 監督:トーマス・アルフレッドソン キャスト:ゲイリー・オールドマン、キャシー・バーク【映画パンフレット】 『裏切りのサーカス』 監督:トーマス・アルフレッドソン キャスト:ゲイリー・オールドマン、キャシー・バーク
()
不明

商品詳細を見る

テーマ : 映画レビュー    ジャンル : 映画

二〇一二年も半分経過……

 このまえ【ダイハード4.0】観ててジョン・マクレーンの娘ちょっと可愛いな、だけどどっかで見た顔だ……と思って35秒くらい考えた……
diehard4_0-11.jpg

……そうだ!【スコット・ピルグリムVSザ・ワールド】の「ムカつく女」役の子だ!
110810_scottpilgrim_obs01_v2--article_image.jpg

と思ってググってみたら、なんとヒロイン、ラモーナ・フラワー役の女優、メアリ・エリザベス・ウィンステッドのほうだっただよ。びっくり~。
 まぁ、少なくとも推測はある程度近かったのね(笑)
mary_elizabeth_winstead.jpg
 それにしてもたしかにルーシー・マクレーン演じてたときに比べるとややムッチリ気味になっちゃって、中華炒めの子にに白ブタ呼ばわりされても致し方なしのような(まあメイクもひどいけど)……。ちなみに夏休み公開の【遊星からの物体X ファーストコンタクト】のヒロインらしいよ。


 それは
    ともかく


 マラサイが発売したのだよ。 
MG 1/100 RMS-108 マラサイ (機動戦士Zガンダム)MG 1/100 RMS-108 マラサイ (機動戦士Zガンダム)
(2012/05/26)
バンダイ

商品詳細を見る

 
 以上(え?)


 ……いや、ねたになるほどかたちになってないのだよ(汗。そろそろ五月病も脱却せねばならんのだがしかし。
立て続けにいろいろ発売するものだから、どこから手を付ければ良いやら……という贅沢な悩みを抱えてます。

 で、とりあえずメルカバ-Ⅲダレッドをサッとかたちにしてみたり。
CIMG5245.jpgCIMG5244.jpg


 モチベーション維持のため先日「戦闘メカザブングル30周年オフ」なんぞにも参加してみたり。

CIMG5219.jpgCIMG5225.jpg

 なぜか飲み会のあいだじゅうアイマスがどうたらおれ妹がどうとか喋っていた気がするが(笑)ガシャさんまたなんか声かけてね。

CIMG5235.jpgCIMG5240.jpg
 

テーマ : アニメ    ジャンル : アニメ・コミック


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム