無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士ガンダム UC』小説続き

 たぶん日本初のガンダムが主人公なガンダム作品……読み始めるとすぐ気付くかと思う。一年戦争から入った世代は、この点にやや違和感を覚えるかも。短絡的に「ガンダムがエヴァっぽく描かれててイヤーン」という人もいるかも知れない。だが原作者フクイ軍曹はガンダムスキーというよりイデオンのほうに感銘を受けたのだというから、なんとなく納得。

 物語導入部は主人公の元へ女の子が空から降ってくる……ラピュタを彷彿とさせるオープニングが、殺伐とした戦争群像劇の始まりを予期している読者を裏切り、ちょっとしたファンタジーを添加してくれる。悪くないッス。古くより良き冒険活劇の導入部とは、女が厄介事を持ち込んでくるものと相場は決まっておる。【カリオストロの城】も『イデオン』も『ヤマト』も『999』もそうでっしゃろ?
 何よりもそれによって物語の方向性も示唆されるわけで。
 そしてその通り、謎を孕んだ巨大ロボ(笑)とともに宝探しが始まるという……明らかに、これまでのガンダムと違って物語の目的がはっきりしている。おかげでスポンサーのために、物語を回す必要最低限の便宜として付け足されたロボットが、ついに主役の座を勝ち取ったのであった。
 ガンダムはあくまで主人公がたまたま扱ってる道具じゃなきゃいやだ!というモデラー系ガノタのみなさんも大勢いることだろうから、この点は不満かもしれない。
 だが一個の作品として描くならこのほうが描きやすい、とフクイ軍曹が思ったのかどうか。そうでなきゃ『MSイグルー』みたいな、中心核のない宇宙二等兵ブルースふう群像劇をダラダラ続けるしかないもんね……。そのへん作家的野心を感じます。

 まず最初に感心したのがモビルスーツの操縦&戦闘描写。これって活字だけで描くのってめんどくさいと思うんだ。SF作家でも省略簡素化しがちなところを正面切って描いてる。しかもけっこうページを費やしてるのに読者が「これは変だぞ?」と思ってしまう破綻もない。読んでると自然にゼータガンダムあたりの絵が浮かんでくるのがすご~いね。
 しかもチョコチョコ科学考証的小ネタを差し挟んで、未来ロボット戦記にSF的な厚みを持たせることにまで成功している。科学考証はガンダムにとっては諸刃の剣なのである……厳密にやり過ぎれば「モビルスーツなんて成立しません」という結論になってしまうからだ。その点『UC』は絶妙なバランスで、「リアルっぽい」感じを出す薬味としてだけ機能しています。そりゃたしかにガンダムって後出しジャンケンな辻褄合わせ考証の塊なんだけど、その莫大なデータベースを取捨選択するだけでも、途方もない労力であったはず。
 これだけで、いままでのガンダム小説とはレベルが違うって思いますね。


 そんな感じで、劇場に【エピソード4】観に行ったら面白すぎて原作めくるページが止まらなくなっちゃいました。ガンダムにはまったのなんて『0083』以来です。いい歳こいて(笑)
 ぶっちゃけもう最終刊まで読了しちゃったんだけど、読書感想文は思い付いたらまたなんか書きます。それにしてもあと二話で終わるのか……心配だ。
ユニコーンの日(上)  機動戦士ガンダムUC(1) (角川文庫)ユニコーンの日(上) 機動戦士ガンダムUC(1) (角川文庫)
(2010/01/23)
福井 晴敏

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想    ジャンル : 小説・文学

マシーネンショーケース Vol.7 2011

11月20日。前日のヒデー天気と打って変わって小春日和。場所は江戸下町。東京スカイツリーに睥睨される隅田川のほとりで、第七回を迎えるMa.K Modelers Showcaseに潜入してきたでスネーク。

00_20111120202913.jpg

 見てのとおり 大 盛 況。参加モデラー総数170名あまり、参加作品点数200点という大所帯だそうな。さすがメーカー二社から買い切れないくらい新製品が発売されてるだけあるわねえ。

 知らないひとのために、マシーネンとはこんな世界である……。

001_20111120202913.jpg22.jpg
16.jpg18.jpg
 
 ギャルにスイーツ、女体化にロケンロー。ね?日本一模型をうまくこさえる人が大勢集まってるのにぜんぜん恐くないでしょう?……だが、ティクバ、父ちゃんいい加減怒るぞ。とギルボアさんの声がしたので真面目にレポート開始だ。

 とにかく点数がハンパねえのですべてはフォローしきれませぬ。詳細は公式レポートおよび来月号のHJかMGを待つべし。

01.jpg04.jpg

 わたしはマイオリジナル派なのでそちらを中心に。一発目は親ばかっぷりが微笑ましき八九式風味と、どうやって透明パーツをひねり出したのか分からなかった零戦風味。

03.jpg05.jpg

 そしてバッタ風味のカッチョええ強化外骨格っぽいの。……と、ちょうどそのあたりで遭遇した横山先生。

06.jpg07.jpg

 今回お気に入りは断然これだったです。B-4500に準じたメカか。素敵なライン。

11.jpg10.jpg

 このオリジナルもカッコよか~!マイオリジナル率がいつになく多い気もするねえ。
 ロッグマック以来マシーネンとイデオンの親和性は高い(?)けどしかし、この御顔様は思い切ってますな……ザルドスな感じだが知性化したAIが人格を発露すると、いずれこうなるかも知れぬ……もしくはイデ。

14.jpg17.jpg

 マイオリジナルではないようだが、なかば宇宙専門のあげだしさんも気ィ張ってますな。沢山残っていると言っていた『2001夜物語』の宇宙船のノズルが沢山使われてますた。

12.jpg13.jpg

 そういえば最近ディアゴスティーニから『さよならジュピター』DVDが発売されたから買っちゃったよ!ゴチャメカは正義。そういえば最近ラビアンローズのプラモを2,000円でゲットしたよ!何がしたいんだ俺。
 超重戦車T-95/28風味の象さん戦車。これもいかす!

25.jpg02_20111120230510.jpg

 ルナバナナ……いやバナナじゃないか。ひときわ存在感を放ってましたな。

20.jpg1.jpg

 越後より大挙押し寄せるAFS冬期軍団。そういえば今年は暖冬だそうですね。
 スフィンクスがまた……スクラッチだそうですが、デカイ。
19.jpg09.jpg

 フルディティールアップしたルナダイバーをニシキゴイにしてしまったのは、やっぱり迷彩士さんでした。
 もう一枚はおしりがクイッと上がってる様子がキュートだったのでなんか撮ってしまった……。

08_20111120232802.jpg
23.jpg

 参加作品ではないが、ファルケ用台座が展示されておりました。Aki Factory製。ワンフェスで売るかも、とのこと。
 
24.jpg

 最期は手前味噌ながら、こさえてくれてありがとう!な一葉で。というか8年前か……(遠い目)

15.jpg

テーマ : 模型・プラモデル    ジャンル : 趣味・実用

【機動戦士ガンダムUC 重力の井戸の底で】観てきた

 リンクしていただいてるコスオルモスさんのサイトで、『いちばん好きなガンダム作品は?』というエントリがあり、気軽にコメントを書こうとしたのに、あれこれ考え出すとどうしても書けない……。嫌いなベストはポケ戦と08と種、というふうにパッと出るのに不思議。いざとなると思い浮かばないもんだ。というより年々趣向が変化しているんだよね……。
 極端なとこでは、当時一年戦争編以来熱心にのめり込んでいた『0083』が自分の中でどんどん評価が下がり、逆に大嫌いだった『逆襲のシャア』の評価を大幅に改めてたり。


 そんな自分がこのところ熱中しているのが【ガンダムUC】でございます。アニマックスとバンビジュの策略にまんまと乗せられ「冒頭6分」のビームジャベリンとジュアッグ先生に魅了されたわたしは、上映初日に馳せ参じてしまったのであった。
機動戦士ガンダムUC [Mobile Suit Gundam UC] 4 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC [Mobile Suit Gundam UC] 4 [Blu-ray]
(2011/12/02)
内山昂輝、藤村歩 他

商品詳細を見る

 原作小説も半分まで進み、アニメ版のちょうど半分をこなしたんだな~、と確認できたところ。ということで現在最大の懸念は、「ほんまにあと半分でおわるんか……?」。だって展開からして物語がようやく動き出したって感じなんだもん。続きが気になるじゃないさ。

 驚いたのが、けっこうデカイスクリーンなのに初回と二回目が満席、昼過ぎには三回目の席も売り切れ、四回目にギリギリ間にあったということ。最初は劇場限定プラモとソフトの早売りのためとはいえ、みんな乗せられとるのだね(笑)

 作戦行動中に登場人物たちか戦争と人殺しについてのホームルームを始めてしまうのがこの原作者の悪いところだと思うのだが、WWⅡの潜水艦の中では時代の空気にそぐわなかったそれも、ガンダムならそんなに違和感がない。バナージの喋る事ったらそればかりなのだが、アニメキャラたちが「戦争と人殺し(は嫌だ)」論議を始めてしまう展開ほど胡散臭いものはない。
 この現象はガンダムSEEDルパンはいつの間に人を殺さないことになったの?スパイラルと呼ばれている……いま俺が考えた。フルメタはうまく回避できてたが、こと軍事に疎い我が国ではそういう作品のほうが珍しいくらいで、いったんこのスパイラルに陥ると、なぜか主人公はユーモア感覚皆無な閉じこもりか癇癪持ちになり、作品も停滞する。キラ・ヤマト見ろよ!すべて達観した老人みたいなたたずまいになっちゃって……。答のないディスカッションの連続に、見ててやるせなくなった覚えのある人も多かろう。もっともあの監督は『サイバーフォーミュラ―』の主人公も最期はじいさんか仙人みたいになっちゃってたから、想像力が足らないだけかも。

 ようするに、「戦争と人殺し」論議をさせて良い、あるいは避けるべき作品のポテンシャルがあるわけで。その采配を握っているのは当然原作者、監督、脚本家な人たちなわけで、その人の頭が悪いと作品はダメになる。
 【ガンダムUC】はどうか?
 そもそもあの議論が繰り返されることじたい、初代ガンダムから続く味(実際はゼータあたりからかも知れぬが)であるから、バナージのキャラ造形は基本オッケーなのだ。スパイラル化するのは脚本家の頭が悪くて自分の考えをキャラに喋らせ過ぎてしまうからで、作品の狙いとして着地点を設定した上なら問題ないのである。
 ……日本のアニメやマンガでいちばん悪いところって、結末を考えないまま作品を始めちゃうことだよね……。軍事知識のない人間が戦争論を玩ぶこととならんで、根の深い問題でしょう。その点、UCはすでに完結しているから安心だ。バナージの悩みもいずれ何らかの答えを得て完結するはずだし、作品の流れがしっかりしているため、バナージの悩みと挫折はまだしばらく続くのだろうと予見できる。

 大人に小突き回され続けてきたバナージだったが、中間の山場となる今回はついに、ジンネマン相手にガチの殴り合いを繰り広げ、ようやくちょっぴりスカッとするね(笑)あのシーンがいちばん微笑ましかった。今回は本当にどのキャラも喋ってばかりで、ガノタの良い子たちとしももだ先生はあまり面白くないと感じろうが、砂漠や、ダイナーのミネバ様の会話とか、印象的なシーンが多く楽しめた。

 そして後半の中古モビルスーツ武道会……。あんまりいろいろ登場しすぎてちょっと笑った。中でもゾゴッグ手裏剣とバイアラン無双はちょっとツボッたです。時間的に終盤なので、ユニコーンガンダムが発進したり大地に立ったりビームライフル構えたりするたびに「ここで終わりで次回に持ち越しか!?」といろんな意味でハラハラするのだが、ちゃんとケリがついて終わるから安心してね。いままでいちばんのボリュームを感じたので評価は★★★★★あげちゃおう。

 しかしまさかジュアッグがカッコ良く見える日を迎えようとはおもわなんだが、ゼータやΖΖ時の雑な演出と作画と違って、「ホントはこんな性能なんだぜ」と設定を反映させた作画次第で、バイアランもカッチョ良く見えるってことね。
 個人的にはマラサイがジオンカラーで登場したのが嬉しかった。使ってる人たちも「これジオンの機体だよな?」とデザインだけ見て信じ込んでるのかな(笑)これならガブスレイを袖付きにしてもオッケーだな!

テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。