無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エンジェルウォーズ】観てきた。

 ヒロインのベイビードール役は劣化版キャメロン・ディアスのようで、ちょっとアレだ。
 冒頭にユーリズミックスの「スイートドリームズ(本作の主人公ベイビードールことエミリー・ブラウニングが歌うカバー版)」が掛かる映画は良作、というのが我が信念なので今回も「良いぞ!」と期待が湧く。
 しかし上映開始30分はヒロインがずっと辛気くさい面してて観るのも辛い。
 だがその頃ビョークの「アーミーオブミ―」が流れ、ようやく作品の勢いもエンジンがかかる。

 ていうか……
 やっぱり日本のオタクコンテンツがアメリカ人(オタク)の脳味噌内で変換されると、こうなるのだろうか……
 アメリカ人が『セーラームーン』を翻訳するとああなるのか。
 たしかにヘソ出しセーラールックの金髪美少女(?)が生身で日本刀と銃持って武者ロボやドラゴンと戦う……こう書くと、まんま日本のアニメ会社がいまも作り続けてるオタアニメの内容そのものですが……はずなんだけどなんか……ん~???。

 日本もエヴァ以来オタが一般化してオタク語がどこでも通じるようになって久しいですが、太平洋の彼方でも事情は同じなのか。この前の【キックアス】同様、大ハリウッドの次代を担う連中もやはりオタばかりなのである。その結果が【キックアス】とかマイナー所に留まらず、ディズニーでさえオタクが喜びそうな細部が充実した【ミスター・インクレディブル】や【WALL・E】、【魔法にかけられて】みたいな企画が通ってしまう。

 あいつらはオタクでも学歴高いし営業力もあるから、いざオタクの文脈が通用すれば企画もどんどん実現してしまう。そのへん、いまだに「たまたまヒット」におんぶするだけで【エヴァ】やアメリカでも受けた「攻殻」以上のものを生み出してない我が国より勢いがあって良いですね。                       
 
 で【サッカーパンチ】じゃなかった【エンジェルウォーズ】だった。
 ザック・スナイダー監督初のオリジナル脚本だそうで、たまにはマンガ原作から離れるのも一興でしょう。
 宮崎駿の雑想ノートを大塚康夫先生は『宮崎駿のうんこ』と評したそうだが、【エンジェルウォーズ】もまさしくその線であろう。大学ノートに書き綴った【設定】からスタートしたようなイカ臭さは嫌いじゃありませんよ。

 関係ないけど永野護センセの【ゴチック・メード】にも大いに期待してます。

 そんなふうにシンパシーを感じるので、たとえ結末が事前の予想どおりでちょっとガッカリしても、なるべく客観的に評価すると☆☆☆★★であったとしても、まあいいんじゃない?


 この路線の次は早くも五月なかば【スコット・ピルグリムと邪悪な元カレ軍団】が控えてますが、わたしゃスーファミネタがまったく分からないのでちょっと心配。                       

スポンサーサイト

出崎監督逝く

 日本のアニメーション第1世代真の大御所がお亡くなりに。まだ67歳……ブイブイ言わせていた70年代は若かったんですね!! 合掌。

 その、「70年代の人」というのも、最近携わった仕事がアレだったからさらにネガティブにイメージが強化されてしまった感だが、この件はやや同情の余地あり……萌えアニメの仕事しかなくなっちゃったからといって劇場版【AIR】とかやらせんなよ新東京ムービーだか東映さんよ(ほかにもりんたろうに『ガンスリンガーガール』のOP絵コンテ切らせたり大塚康夫先生に『無敵看板娘』のED作監させたり 泣)

 とにかく、ずっと現役だったのはたしか。近年も『源氏物語』とか『ウルトラバイオレット』とかとか精力的に色々やってましたね。ハーモニー止め絵や引き絵三回など、独特の演出は今どき真似できる人いないよね~。ちなみに劇場版【AIR】でもしっかり炸裂してました。


 それにしても、代表作が実写化されると死亡というフラグが形成されつつあるような……

 いやすいません不謹慎でした(汗)。


 近年はあまりよい作品に恵まれなかったとはいえ、90年代には名作と呼べるテレビアニメを残している。
 アングラ臭かったNHK-BS2黎明期(いまもヤバイ局だが)、みんなが『パトレイバー』や『ジャイアントロボ 地球が制止する日』とガンダム0083に喜んでた頃、ひっそりオンエアされていた『おにいさまへ…』である。
 〈マリ見てダークネス〉とでも表するしかない作品だ。

 オープニングタイトルの最初の一節が流れた瞬間異世界にぶっ飛ばされてしまう絶大なインパクトの作品であった。

 ハネケンのサントラもグーだったねえ。

 サンジュスト様(オスカル・フランソワ似の女子高生……なぜか黒スーツ着用でバラを一輪くわえている)がピアノに没頭する初登場シーンに至ってもう俺のサムライハートはメロメロに溶けたです……CV島本須美さんの狂った演技も最高だった。

 もっかい見たいですねえ。

回帰してみた

 いま捜索中なのが、1970~80年前後に流行しかけていた電子音楽全般のアルバムなのである。

 これがまた、自分があまり好きではない喜多郎や東海林修、あるいは比較的メジャーな富田勲、Pモデルやバンゲリスだったらいくらでも手に入るんだけど、肝心なところはやはり二十年くらい前にCDが出たきり廃盤とか、下手するとLP版が出てるだけというのもあったりする。ちょっとジャン・ミッシェル・ジャールの「磁界」が欲しいなーと思っても、けっこうたいへんだったり。  


 ググって見っけられたのはいまのところ、松武秀樹のロジックシステムだけ……。
 それもアルバムタイトルや曲名は分からないので、中1の時聞いて覚えていたメロディーを頼りに、YouTubeや試聴ファイルを漁りまくった結果である。
Venus(紙ジャケット仕様)Venus(紙ジャケット仕様)
(2008/06/20)
Logic System

商品詳細を見る


 昭和テクノ満開の曲、試しに聴いてくんな。



 体育会系のゴリゴリしたサウンドがイイよね~。最近のJ-POPは歌謡曲かメロウすぎるかでおじさん不満だよ。


 なぜ大好物なのにアルバム名も曲名も知らなかったというと、あの当時はFMのエアチェックしたテープを後生大事に聴いていただけだからなのだ。
 いまと違って曲紹介の声もかぶらなかったし、アルバムまるまる一枚オンエアしてしまうゴーカイな番組も多々あり、おカネのない中房にとってはまこと重宝であった。新聞の週間FM番組表を穴が空くほど眺め録音計画を練ったものだ。

 そんなわけで、まだまだ捜索はつづいてます。

 良いアルバムや曲知ってるぜ!というタレコミとか大歓迎です。

 

今日からプラモバトル!!

 マスコミのプロカパンダ(模型誌の記事ね)に負けタミヤのレクサスLFA購入……この俺様がトヨタ車のプラモなんかを買うなんて。
 しかもレクサス。
 エンブレムに【レ】って書いてあるカッチョ悪い車ですよ。だっせ……買っちゃう俺もだっせ。
1/24 スポーツカーシリーズ No.319 LEXUS LFA 243191/24 スポーツカーシリーズ No.319 LEXUS LFA 24319
(2011/02/26)
タミヤ

商品詳細を見る

 プアマンズフェラーリとバカにされたMR-2も、真面目な人間が無理して不良ぶった感じが痛々しいデザインの車であったが、今回はさらに輪をかけてアレなデザイン。
 ここ二十年間に出現したデザインが衝撃的だった車といえば、アルファロメオ155DTM、ポルシェ911-GT1、マクラーレンF-1にロータスエリーゼ、ダッジ・バイパーなどなど……そんな面々に比べてレクサスのスーパーカーとやらの、なんと大人しいことよ。そもそもマスクが日本のありとあらゆる大衆車と同じツリ目だしな~。グラマーにウネウネ張り出したオーバーフェンダーもないし。
 微妙な三次曲面の組み合わせで見るものを飽きさせないのもエエけど、やはりスーパーカーなら初対面1発目のインパクトが大事だと思うのだが。
 BBCの名物カー番組「トップギア」でバカにされてもやむなしであろう(もっとも、あの番組ではかたちにケチは付けてなかったけど)。

 そこまでケチつけてるクセに買っちゃうんだからおいらも度し難いというか。

 でもパーツ割りが楽しそうなプラモなんだもん。
 

 カープラモというはじつに儚いジャンルなのである。
 だって自分でそこそこうまくプラモこさえたとしても、1/18ミニカー完成品の出来にはたいてい及ばないのだ。しかもあちらはどんな車種でもほぼエンジン再現、シートベルトも付いてドアもボンネットも開いちゃうのだ。値段ぶんのアドバンテージはじゅうぶんあると判断した人も多いのだろう、じっさいに前世紀末からめきめきシェアを伸ばしている。

 だから、愛好家の注意をプラモに向けるにはたいへんな商品デザインを必要とするのだが、その点、今回のレクサスはとても成功してると思いませんか?

 
 思い入れのないメカはサクサク作れるはず……。よーし!!なんにも考えないで完成するまで全パーツ接着しちゃうぞ~。
 というわけで唐突に、しばらく我が家のプラモと向き合い、組み立てバトルすることにしたのであった。

 -つづく。


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。