無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
6
7
8
9
12
13
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WF 2011 冬

 光陰矢のごとし。

 二ヶ月くらい後のつもりだったワンフェスがもう来週開催だという(泣)

 我が戦闘同人ファイアーオレンジも例によってディーラー参加するのでありました。
 なんだか寒すぎてイマイチウキウキ感が湧かない。
 それに身体的に無理はよそう、ということで恒例のマシーネンオフも今回は辞退することに……ちょっち残念ナリ。


 それはともかくうちの卓番ですが

 3-17-12 とあいなりますた。

 今回はマシーネンアイテムは無し。すんません浮気しました。

 版権アイテムとしては、伝説のゲーム『ガングリフォン』の自機、ハイマックスを再版。
CIMG3402.jpgCIMG3401.jpg
CIMG3407.jpg

フル可動1/48でパーツ点数は超沢山。15,000円也。
 後日詳細お知らせいたします。

 それ以外ではいつもどおり迷彩士さんのガンプラ完成品販売

 メンバーの恥ずかしい中古アイテム放出等々。

 皆さまお気軽に来店くださいませ。

スポンサーサイト

いろいろとお礼

 ふとブログ拍手ページを確認するとときたまコメントなど頂いていることに気づき恐縮する次第です。
 拍手機能にはお礼コメントなる機能もあるにはあるとはいえ、どうやって先方に反映されるのかイマイチ分からないので、大変遅くなりましたが、コメントいただいた皆様にはこの場でお礼させていただきます。どうもです。


 それ以外にもうちのブログが40000ヒットを超えたということで、再び感謝。
 なかなかイメージ通りのブログが展開できずお目よごしネタが大半ですが、よくぞ覗いてくださいまして、毎日増えてゆくカウンターの数字だけが原動力ですよ。もうすぐまる三年を迎えようとしています。最近中断を余儀なくされたものの、我ながら最初の目論見どおり模型と映画ネタでよう続いてるなぁ……これも発信するお相手がいてこそです。


 アンドロメダもほぼ完成と相成りました。
CIMG4378.jpgCIMG4393.jpg

 ツートンやーめた!!というわけでアンドロメダ級アポロンがどうたらこうたらという俺設定は消滅、あっさりアンドロメダに戻ったナリ。
 あれから濃い色を軍艦色2で塗ってコントラストを強くしてみたが、軍艦色って少し緑がかったグレーなのでさらに地味なぞっとしない色に……まるでアメリカの田舎のパトカーみたいなアンドロメダが出現した時は悲観のあまりあやうく投げ出すところであった。使ったことのないラッカーは塗ってみないと分からないのが辛いところじゃよ(涙)経験て大事よね。

 結局、いつものRLMグレーバイオレットでオーバーコートした時点で力尽きましたがな。
 それにしても、もう本体塗装も剥げチョロもこの色に頼りっぱなしで飽きたけど……でもやっぱり戦艦とドイツ戦車は紫っぽいグレーが一番素敵ね、お姉様!
 別カラーのアンドロメダは新キットでリベンジつうこって。

 唯一の悔恨は黒い縁取り(艦船らしく斜めシャドウのやつね)の艦番号デカールを探し出せなかったことナリ。それももっとデカデカとナンバーを張ってやりとうござんしたな。デカールあさりしてたとき見つけた『UN』のロゴも貼ろうかどうか悩むこと小一時間……けどやっぱりやめた。どう考えても国連は消滅したっぽいから。
CIMG4397.jpgCIMG4402.jpgCIMG4384.jpgCIMG4398_20110121232423.jpg


 あとはしっかりしたところで写真撮ってやりたいナリねキテレツ。
CIMG4419.jpgCIMG4421.jpg

今週の脳内設定

 アンドロメダは順調に建造中です。

 もうすぐ進水

 のはず。

 今年1作目が一月なかばに出来上がってしまうなんて調子よすぎて恐い。しかもヤマトこさえてる最中に浮気したのに。

 だが2201年式の地球防衛軍制式カラーは塗ってみると地味で困った。
 いろいろワンポイント付けてみたけどな~んか足りない。

 そんなわけでツートンにしてみたのだが……う~む。うむぅ~?
CIMG4336.jpgCIMG4321.jpg
 
 オレジナルカラーにしてしまったのでもはやアンドロメダそのものでさえなく「アンドロメダ級」BBとなってしまったではないか。
 えー、それじゃどうしよっか名前。
 銀河つながりでイスカンダル星に敬意を払った記念ネームってことでマゼランなんてどうかな?

 いやそんなガンダムなネーミングはダメだろ。。
CIMG4308.jpgCIMG4334.jpg

 銀河ってろくな名前ないんだよね……じゃあギリシャ神話のほうに振ってみようと思ったけど女の名前だと強そうなのが見当たらぬ。
 まいっか野郎の名前でも。じゃペルセウスとかハーキュリーズとか?あ~でもブラピ嫌いだからハーキュリーズはやだなぁ。それともAから始まる名前ってことでアポロンとか。アポロン。いいんじゃねBBアポロン。

 こちらは色が地味でパニック状態になっていた勢い余ってこさえたデスバデーター。
CIMG4345.jpgCIMG4340.jpg

 主力戦艦のプラモにセットされてるオマケだが、アンドロメダ本体よりごつい改造施してます(笑)オマケとはいえ、大きさは7㎝あまりとメガハウスの箱フィギュアヤマト並。デスバデーターは全長47メートルという巨大艦載攻撃機なので(そうすると高速中型空母との兼ね合いが明らかにおかしいのだが)これでアンドロメダとほとんど同スケール。でかッ!

ヤマト 新たなる旅立ち

 気がついたらバンダイノンスケール(実質1/700)旧アンドロメダの胴体をゴリゴリ擦り合わせていたのだった!

 いまはアンドロメダかっこよすぎて生きるのが辛い。
CIMG4283.jpgCIMG4303.jpg

 齢32歳、われわれの宇宙にガンプラが降臨する以前、人々が文房具屋に売っていたアオシマ合体シリーズや一個80円のロボダッチを楽しんでいた平和だった頃のキットではあるが、基本的に良キット。しかし組み立て時に生じる段差には当時小学生はお手上げである(気にした記憶もないけど)。
 厨房になったらなったで、模型誌で仕入れたよけいな知識に邪魔されてまたまた完成に至らず。
 ダラダラしてるうちに30年モデリングでした。
CIMG4304.jpgCIMG4294.jpg

 いまや1800円じゃHGガンプラしか買えねえ世の中……事実一昨日買うたノーベルガンダムと200円しか違わないぜ!! (いい歳こいてそんなもの買うなだとぅ!?)
 そんな殺伐とした世の中!安くてお腹一杯になるキットありがたや。組み立て始めたとたん波動砲付近の段差で挫折するというキットだが、そこさえ乗り切ればあとはサクサク……とはいかないの、だって大人だから。
 ロートルとはいえポテンシャルの高いプラモだから噛めば噛むほどうま味が増すですよ。
 とりあえず1/500新アンドロメダが発売される前に完成させたい。船体後部を1㎝延長してメインエンジンの高さを二㎜ほど上にずらしたり主砲の間隔を開けたりとか魔改造したいのは山々だが……プロポーションはいぢらない方向で。各部をチマっといじり倒すに留めた。キットが安いから下手にディティールアップパーツ奢るとあっという間にキット代越えちゃうからイヤだし。
CIMG4305.jpgCIMG4292.jpg

 ところで1/500新アンドロメダ発売という説にはいっさい根拠がないので念のため。勝手にそう信じ切ってるだけですから。でも今度こそ出るよね!?
 

リンク追加させていただきました。

 土曜日。
 模型同好の志がアキバに集まりわいのわいの。主催されたKOARAさんによると〈暗黒会〉というタイトルなのだそうで……じゃ、皆さん手練なのでぼくはパダワン扱いでよろしく。
CIMG4276.jpg

 暗黒と言えば暗黒物質だが天文学では正体不明の事象にはすべて「暗黒◎◎」と命名するのだそうです。これ2ちゃんで仕入れた豆知識だから鵜呑みすると危険。
CIMG4251.jpg

 会の趣旨、というか展望としては、諸君、スクラッチをしてゆこうじゃないか!なのだとか。わたくしめもそーいうのは大好物ですよ。なかなか手動かさないけど(笑)
CIMG4270.jpg

  
 そういうわけで当日わいのわいのさせていただいたKOARAさんとこの『プラモな日々を書く』と宮城(!)のephemerisさんのブログ『きままし~ねん』をリンクに追加させていただきます。ど~ぞよろしく。

 『プラモな日々を書く』

 『きままし~ねん』

ヤマト2011

 皆さま明けましておめでとうございます。
 今日から仕事なのでブログも再始動しましょうか。

 ということでさっそく。越後屋さんとことネタが被っちゃうんだけど、ウチにも来たのさ実物が。
 さすがに三隻そろうと邪……壮観だよね~。
CIMG4239.jpgCIMG4240.jpg

 ディックディアスさんは切り刻んで波動砲を拡大してしまった模様。ていうかもう二隻目?
その画像は完成の暁までお楽しみとして、超目立たない煙突ミサイルの仕切りまでいじってやがるじゃん!?
CIMG4232.jpg

よーやるわ!てゆうかそこまでやんならそろそろ見ようよキムタク版と思った2011年春。


 ああそうそう、わたくしも二度目のヤマト詣でを済ましてまいりました。それでさんざん悩んだけどやっぱ☆☆★★★だな。流行らない宇宙SFにまっこう挑戦したことと、わりとゴリゴリした内容で今どきの草食系ナヨナヨストーリーに日和らなかった点を買って★ふたつ追加ていうこって。
 事前の予想に反してまわりじゅうキムタクヤマトはわりと評判がよく(というかみんな大人なので無益な批評に走らなくなったためか)わたしも流されて、まあエエのではないかと慣れ始めてしまったが、やはり【ギャラクティカ】の完成度を知っているだけに、最後の一線は譲るわけにいかなかった次第。
 そうそう、知らない人のために言っておくとガミラス戦のヤマト大気圏ワープは【ギャラクティカ】第三シーズンの丸パクリですからね!ただし【ギャラクティカ 序章】でヤマト第四話の山本を帰還させるシーンをパくられているので意趣返しとも言えるけど。

 とはいえ大勢で見ると楽しい映画ですよ。必ずしも傑作イコール愛すべき映画ではないということでんな。ソフト発売の期にはおこた囲んでワイワイ鑑賞会したいですな。

 ディック版がグレー系で塗装されていたので、有難く待望の二番艦のイメージが掴めますた。グレーもいいなあ。
CIMG4245.jpg

 ウチはブルーを濃くして【永遠に】以降の「後期」風味。クレオスのミディアムブルーがまんま成形色と同じであった。赤はガンダムレッド使用。あとは仕上げだが、筆で表面をズリズリ荒そうかどうか思案中。ノズルも船体色にするかメタリックにするか考え中。


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。