無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
9
10
12
13
14
15
17
18
19
21
22
23
25
26
27
29
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【借りぐらしのアリエッティ】観てきた

 夏休み映画作戦第一弾。
 天下のジブリ作品だが、宮崎御大直々総指揮ではないということはつまり【海が聞こえる】とかぽんぽことか山田くんのDNAに近いということである。誰も言わないけどマイナーリーグであることはアニオタでなくても明白だ。
 今回はピクサーの超名作の続編とガチンコ公開となったが、鈴木プロデューサーも【スターウォーズEp1】のときと違ってなりをひそめている(スターウォーズのときは【山田くん】と【ギブリーズ】で勝つと吠えていたから、たんに老いぼれただけかもしれないが……)。
 金曜ロードショーで四週間もジブリ作品観たんだから、あえてお金払ってもう一本観る必要もないような……とはいえ微妙に酷評されているのを観ると、ホントに駄作なのかこの目で確かめたくもなろう。

 ということで直接確かめてきたが結果は☆☆☆★★じゃ!!
 ホントに地味であった。完成度は昔テレビでタダで放送したスペシャルアニメ(【坊ちゃん】とか【白い牙】とか……)と同等か少し下でした。ただ、批評によっては【ゲド戦記】と同クラスという意見もありましたけど、そこまで酷くはないですよ。単に地味なだけ。

 とはいえ音楽は押しつけがましくて耳障りな久石ではないし声優も違和感なく、スッキリしているとも言える。テレビで放送するなら腹も立たない出来なのだが。
 
 けどなんだか変な……
 やけにアリエッティのスカートの裾のはためきが気になる……(笑)
 その原因の30%はおじさんの脳味噌が腐っているからだとしても、残り7割の原因はなんだろうと邪推してみたのだ……一休さんのように座禅くんで考えてみた。
 それで閃いた。ひょっとして宮崎先生、ジブリの若い連中に美少女アニメを作らせてガス抜きさせたのでは無かろうか!!!
 天下のジブリでもスタッフは人の子だもんね。女の子の絵描くのも外注の下請けだけじゃつまらなかろう。だからジブリの枠内で女の子主人公の萌えアニメをこさえさせたのである。
 それでヒットすれば新しきジブリの道、失敗作なら宮崎先生の睨みは強化されるという案配ではないか。嫌がらせのように自筆の脚本を押しつけたのも若手がどれだけ逸脱してエゴを剥きだすか試したからだとか。そこまで行くと考えすぎだけど。

 その試みはちょっと成功しそうでした。しかしやはり若さゆえ、全体のバランスが見えていなかった。ネタバレになるから多くは言わないけどひとことだけ、樹木希林に家政婦なんか演じさせたらみんな食っちゃうだろが!!
 いっそ市原悦子を連れてきたら映画の神が降りたかもしれんけど(笑)

 【千と千尋の神隠し】を初めて観たときは戦慄しました。巧みな演出により、幼児の不細工さを強調したようなデザインの主人公が徐々に可愛く見えてくるではないか!
 これはあまりに皮肉で笑うしかない。他のアニメ屋さんは認められないだろうが、あの映画は『美少女アニメ』の教科書なのである。
 そんな罪深い御大にとって、ジブリ若手はまだちょっと免許皆伝というわけにはいかないようです。

スポンサーサイト

ワンドァーフェスティバゥッ 2 0 1 0 夏

 クソ暑い日が続いてます。ワンフェス当日ももちろん快晴。ファイアーオレンジに足を運んでいただいた皆様、ありがとうございました。お疲れ様です。
 あんまネタは仕入れてないので手短に。
 
 というかゲリオンのような「これ作っておけば問題なし」コンテンツが生まれなくなって久しきワンフェス。古参参加者は我が道を突き進みマイナーキャラの少数生産アイテムに活路を見出し、あるいはオリジナル創作造形の獣道に進んでいる。
CIMG3949.jpgCIMG3952.jpg
CIMG3982.jpgCIMG4025.jpg

 こう書くと先細っているようだが、考えようによっては黎明期のワンフェスに先祖返りしたようなもので、わたしは嫌いじゃないです。出来ればオリジナルで参加したいものだがさて、こればっかりはシコシコ手動かさねばどうにもならぬ。
 
 上記のような小さい商売に活路を見出す勇者がいる一方で、ワンフェスもやはりライトオタと子供の流入、というオタク産業全般に起こりつつあるいや~ンなグローバル化の洗礼を受けつつある……が、最近のコミケのように遠足ノリの小中学生の姿をたくさん見かけないのは、やはり敷居が高いせいか。
 敷居は高いままでよいですね(笑)
 
 ハセガワ様の新作マシーネンアイテム1/35ナッツロッカーにグスタフとメルジーネが付属するぞ!!という噂は聞いたが現物が展示されてるのか確認するのをうっかり忘れ……当日は全般的にそんな調子だったがいつものことである。やっぱ新作を持ち込まないとモチベーションが上がらないですねぇ。いかんなあ。

 それにしてもコールドスリープしてるドクターマチュア欲しかったなぁ……ちょっと若杉というかファ・ユイリイ似なのがアレだったけどそういえばあの当時は28歳という年齢設定が途方もなくオバンに感じたものだ、が話が逸れた。

 あ、ゼネラル・プロダクツだー(棒)
CIMG3951.jpg
 ということでいつのまにかイベント系アニオタのすくつとなりつつある企業ブース。ここに並んでいるモノの固有名詞が頭に入らなくなったらオタク卒業ですが、その点わたしはすでに積んでいる。
CIMG3984.jpgCIMG3994.jpg
 それにしてもブキヤの集客ハンパねーな。
CIMG3956.jpgCIMG3972.jpg
 痛車というか粗大ゴミオブシェと化したランボルギーニ。関係ないけどATOKっていまだに『いたしゃ』で一発変換できないのなんとかしてよ。
CIMG3995.jpgCIMG3996.jpg

 うちのブースの隣は台湾からはるばる参加したらしいサークル、もう片側では1/1ロシア製対戦車ライフルを売っていた
 さっそく森田さんに入隊してもらいました。
CIMG4042.jpgCIMG4045.jpg
CIMG4047.jpg
 彼はその後「ぴあ」の取材を受けていた。ガンダム本のインタビューだそうな(笑)
CIMG4035.jpgCIMG4048.jpg


 ワンフェス終了。マシーネンオフのため東京へゴー!
CIMG4068.jpg
 久しぶりにジャンケン大会の景品を提供させていただきますたが、思ったより好評でびびったです。キャメルじゃないのが残念でしたけど(笑)
 先生がその場でパッケージイラストを描かれておりました。しまった!!(なにが!?)
CIMG4069.jpgCIMG4066.jpg
 2010年版シュトルムケーファーとエッグイーターですよ!
 こうしたイラストがうちの次回作に取り入れられたりすることもあるのだが、わりと冗談ではなかったりするのが困る。  

ガンプラ30歳の日だそうな

 なんだか盛り上がってるのか盛り上がってないのか、よく分からないガンプラ30周年
 さすがに昨年、1/1をこさえたガンダム30周年のあとだけにメリハリがないのか。あるいはたいていの人にとってどうでもいい事だからか。
 
 自分自身ガンダム30周年であるならいろいろと考えるところもあるけど、ガンプラ30周年なんて、へぇそうなんだと少し感心しておしまい、程度で済ませばいいのだ。
 だいたいガキの頃は天の邪鬼だったので、いわゆるガンプラブームの最中にはすっかり飽きてて、朝から模型屋に並んだり抱き合わせガンプラに手を出した経験もじつはなかったりして。その頃はイデオンのほうが好きだったし
 その後、「ファイブスター物語」後の五年間ほどは、実際に大多数のオタクがガンダムなど見向きもしなかったのである。みんなパトレイバーやモーターヘッドや鉄巨人やサーバインのガレキに走ってた頃です。覚えてますよね?ガンダムは「ポケ戦」とBクラブの片隅、そして「ガンダムセンチネル」で細々命脈を繋いでいただけでした。今となっては信じがたいことですが。わたしは断然ボトムズ派でした。
 それが妙にブランド化して、ガンダムガレキとかが急にありがたいものに化学変化したのは「JAF-CON」の始まりと同時に版権が厳しく制限/独占されてからでしたねえ……。
 「0083」がブレイクしたのも同時期。でもその時でさえバンダイ(ホビー事業部)は「ガンダムのメーカー」ではなかったと思う。そうなったのは1995年のマスターグレードシリーズ開始からしばらくして静岡工場までガンダム一色になった時。
 ようするにバンダイが、うちはガンダムと一蓮托生。と覚悟を決めたのはここ10年ほどだと思う。

 その覚悟のためなのかどうか知らんけど、この〈ガンプラ30周年〉て、妙な方向に向かってないかい?というのが正直な印象なのだ。
 バージョン2.0以来のRX-78ばかり連発の時点でうっすら違和感だったんだけど、『模型戦士ガンプラビルダーズG』なるアニメが発表されるに及んでいよいよ確信したというか……「ガンプラ初めて買ってから30年経ったよ」という素朴な記念のはずが、「バンダイをたたえよ!ガンプラ作ってるバンダイ様は偉大なり!」というヘンテコなリスペクトに置き換えられてしまったという印象が……。
 どうもユーザーの意識とずれている。
 米国でのパワーレンジャーのヒット。その後の知名度向上によりマイクロソフト(!!)と組んで開発した「ピピンアットマーク」の大失敗。遅ればせながらゲーム機のプラットホームメーカーを目指した「ワンダースワン」の中途半端なビジネスセンス……結局いつまでたってもソフト開発力が身につかず、すでにヒットしてるキャラクターにおんぶするだけでいつまでたっても垢抜けない永遠の二流メーカー、というのがわたしのバンダイ観。
 最近の売り上げ落ち込みのせいか、せっかくのアニバーサリーイヤーもなんだかイマイチだな……と。
 今日発売したリアルグレードガンダム。すごい技術です。
RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)
(2010/07/24)
バンダイ

商品詳細を見る

 この技術力をほかのキャラクターにも向けてくれれば……。

WF2010

 気がつけばワンダーフェスティバルウィークを迎えヒャッハー!!\(^o^)/状態ですが皆さまいかがお過ごしでしょか。

 遅くなりましたが戦闘同人ファイアーオレンジの卓番でございます。

 3-01-15

 またまたイベントスペースは遙か遠い彼方です。
 この陽気が続いたら溶けちゃうかもしれませんな……。予報では32度曇り/晴れだそうで(涙)。

 持ち込むブツは 1/35月面ケーニヒスクレーテ 20個/15,000円 
        そしていつも通り中古キット持ち込み
        および迷彩士さんのガンプラ完成品販売の布陣。

 お越しの際は気軽にお声などかけてくださいませ。
 ちなみに画像↓↓は前のイベントに参加してたひと。また会えるかな~。
CIMG3795.jpg
  

1/32F-14Aトムキャットを組むぞ

 トランペッターモデルズの役員さんはきっと、1/16キングタイガー発売で世界の称賛を浴びるだろうと思っていたはず。
 ところがそんな声は期待したほど上がらず、いまでは首をひねっているに違いない。なぜなのか、我々ユーザーには明らかなのだが、しらぬは当事者ばかりか。
 もとより金型技術者中心の会社で、アイテム選考はビジネス視点のみ、実際に調べたわけじゃないのでなんの根拠もない話だが、テキトーそうな資料あさりによるお手軽設計、ツボが分かってないむやみな部品分割、無茶振りでちぐはぐなスケール選定(32でミグ23フロッガーとか)、モチベーションを上げる役にも立たないチープな箱絵等々……物的証拠を並べるだけでもいろいろと透けて見えるものだ。

 大学で教育を受けた金型のエキスパートとは言え、その技術力も中の上といったところで落ち着いたまま向上した様子もなく……タミヤやドラゴンの品質には及ぶべくもない。

 だから、そういうメーカーがなぜか元気いっぱい新製品をリリースし続けてると、ときどき迷惑なんだよね、大切なちょうど欲しかったもんを出してくれちゃったりするから。

 特にここ一年ほどあの会社のヤル気は低下しているようで、ときどき信じられないほど雑なことをする。例えばだい大だぁーい好きなF-8クルセイダー。トラペは1/32で発売してくれた。一生実現しないだろうと思われたアイテムである。
 この商品にセットされている武装パーツは、先に発売されていたA-7コルセアⅡと共通ランナーなのであった。
 ふつうありえねーんだよ馬鹿たれがクルセイダーがスマート爆弾装備するかっての(←激怒のあまり素に)。

 
 前置きが長くなったが、今回もまたトラペは大好物をモデル化してしまったのである。
 1/32トムキャット。
 エアモデル屈指の人気アイテムだが、それ故に発売されたアイテムは設計年次が古いものばかり。比較的近年発売されたのはハセガワとアカデミーの1/72とヨンパチ、フジミの1/72、レベルの1/32だけである。それらもすでに成人式を越えている。古さ以外にもいろいろと問題が多く、いまだベストキット出現は叶わず……。

 だからトラペが発売するって聞いた時は唯々ガッカリしたものだ。
 とはいえトラペはトラペで決定的に駄目出しされたのは1/24大戦機シリーズくらいで、あとはまあ、ワガママばかり言っても仕方ない……と納得する程度の出来ではあるのだが。
 運ぶのも面倒なので三割近く値引きしていたアマゾンポッチでゲット。それ以上は払いたくない。
 トラペはやる気を無くしていると言ったが、それはこのF-14Aにも如実に表れているのであった。ハッキリと、組み立て上の細部への気配りが前より雑になっている。定価二万円強。タミヤの最新型ボムキャットが12,800円だが、その値段差ぶんのアドバンテージがあるのか、ハッキリ言って微妙。
CIMG3938.jpgCIMG3945.jpg


 胴体関係をかたちになるまで組み上げるのがとにかく苦痛であった。だるい勘合のパーツを「たぶんこんな感じだろう」と見当を付けて、とにかく組み立てる。エアインテークからエンジンにいたるラインは段差が生じます。なるべくパテのお世話にならないように調整しながら接着なのだが、大サイズなので気が疲れる。
 写真の状態になってようやく、組んでいる実感が湧いてくるのであった。

 コクピットは可もなく不可もなく。でっかいヨンパチという印象。メーターがくり抜かれててフィルムをサンド、という大スケールならではのフォーマットはやめたらしい。ガンベイ内部にはM61バルカンが収まるが、ややあっさりしている。
CIMG3943.jpgCIMG3940.jpg

 だがマイナス要素ばかりではない。
 まずプロポーションは良好である。何を参考にしたかは知らない。考証的に正確かどうかも分からないけど、側面形の、機首がモッサリ下向きにうなだれている感に、トムキャットらしさがよく出ている。このラインはハセガワの48キットより断然カッコイイ。
CIMG3944.jpg

 大判のハイビジデカールが三飛行隊ぶん奢られ、パッケージからはよく分からないのだが、VF-84のデカールも(ちゃんと)セットされている。
 首脚柱は長短二種用意されている。等々……。
CIMG3942.jpg
 とくに胴体を一通り組んでから主翼を取り付ける構造になっているのはありがたい。ただ、見て分かるように可変翼の左右連動機構は豪快に切り捨てられているぞ(笑)

 現在はラインチゼルでモールドをしごき倒しているところです。三笠はどうしたんとか聞かれても知らんがな。

プラモ探偵

 例によって偶然見つけた一枚の写真によってメカに一目惚れしてしまい、ネットを駆使ししてちょっとしたキーワードから探り当てたり、メカに詳しい人に尋ねて教えてもらったりした。
 正体が判ったら次に行うべき事はそのプラモデルが発売しているか調べることである。
 ちなみに今回はこの写真二葉であった。
CACSXFZE.jpgup4012_050525_1.jpg

 1枚目の艦船。このバカっぽい艦尾の砲塔配置にしびれる憧れる。
 その正体は、おフランス製リシュリュー級戦艦二番艦ジャン・バールであった。艦船に詳しいミリオタでショート好きの先輩に尋ねてすぐ判りました。感謝!!
 模型は古しきエレール製1/400(たぶん絶版)、そして二年程前にピットロードから1/700「ジャン・バール1955」が発売されてますた。が、品薄入手困難。ネームシップのリシュリューはトラペから1/350も発売されているものの、それは戦中型で艤装が簡素。わたしをシビレさせた砲塔配置が再現されてるのは、戦後型であるジャン・バールだけ。

 2枚目は米国の超巨大機関車「ビック・ボーイ」であった。
 ひょっとして『銀河鉄道物語』のアレ?
 写真の状態で全長40メートルというモンスターです。
 とにかく見所はその下半分。
up4023-ow1.jpg04444.jpg
 有機的にうねうねしてる配管がなんともマシーネン的、ちょっとプルートゥ的というか。なんだかエッチでしょう?
 これはレベルの1/87キットが見覚えがあったのでさっそく店を回ってみたが、在庫が残ってるようで無いのですこれが。

 そんなわけで模型界の女かけ込み寺(?)武里のキーストーンに泣きながら行ってきた。
 ほとんど1年半ぶり……社長、ご無沙汰です。
 「さっそくなんですけどビッグボーイあります?」
 「おぅ、あるよ」
 「マジッスか!?ください」
 「うーぃ、お買い上げ。あとね~、ホームページ始めたから、見てくださいよ」
 「えっ?さっそく見てみます!」

 だいたいそんな会話が交わされたのだ。
 というわけで、さっそくHP訪問。

 KEYSTONE

 相変わらず品揃えのバラエティーがすごくて店内移動に苦労しますが、それでも艦船は減らしたという(常連さんが細かいパーツ組むの無理だからだそうで)。
 通販にも対応してるようです。

感無量……!!

 ネタがないどころではなかったのであった。

 昨日の放送で【ギャラクティカ】が完結したんですってばよ!!
GALACTICA/ギャラクティカ【結:season 4】DVD-BOX 1GALACTICA/ギャラクティカ【結:season 4】DVD-BOX 1
(2010/05/28)
エドワード・ジェームズ・オルモスメアリー・マクドネル

商品詳細を見る
バトルスター・ギャラクティカ (1/4105)バトルスター・ギャラクティカ (1/4105)
(2010/08/20)
メビウスモデル

商品詳細を見る


 いやたまげた。
 展開からしてあと二話くらい残ってると思ってたから。途中で話の展開がアレだったんで慌てて電子番組表見て気付いた(笑)正直心の準備できてなかったです!

 ネタバレは避けますが結論だけ申しますと、ガッツリ〈完結〉しておりました。続編とか続きは映画で的スケベ根性が滲み出たキレの悪さとかもなくじつに最終回最終回してました。事前に4.5も製作してるって聞いてたからちょっと心配してたんだけど。

 考えてみると、だ。
 アメリカ製TVドラマで綺麗な完結編にお目にかかる機会って非常に稀なこってっせ。
 いくら思い返しても【マイアミ☆バイス】からこのかた、うやむやに終わってた、とか打ち切り(泣)という終わりかた以外の完結したドラマってTNG以降の【スタートレック】関係しか思いつかないんですけど、どうでしょう?【24】も【ER】も完結してないし(【ER】は本国では16シーズンでついに完結しますが日本ではまだずっと先)。

 ホントネタバレできないけどギャラクティカの☆☆☆☆☆☆☆☆とか、カー☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆とかまるでアニメの最終回じゃん?おかげで泣いちったよ!

 スターウォーズEP3の出来に消化不良気味だった2004年初め、WOWOWでたまたま放送されたパイロット版【バトルスターギャラクティカ】のあまりなマニアックさに狂喜乱舞して6年。待ちに待った本編がCSで放送開始して2年半、入れ込んで見続けた甲斐があったなぁ。
 ホントに終わっちゃった。
 なんか、ぽかんと力が抜けたです。


 それにしても
 グレイス・パークはエエ女だった……!!!(←最後がそれか) 

選挙らしい

 このところなぜ更新が滞っていたかというと、暑くてぐったししてたからでつ。
 
 小惑星探査機ハヤブサの帰還とワールドカップ日本代表の思いがけない活躍とか出来の良い邦画を観て気持ちの良かった6月。
 一転して7月は国勢を占う大事な選挙……面倒くさい。しかし私のようなめんどくさがりでも危機感を覚えるほど愚駄愚駄な民主党政治が10ヶ月続いたあとだからして、一般の皆様の【このままではヤバイ】感も大いにあおられていることででしょう。
 一時は消費税爆上げ肯定派が大勢を占めていたようですが、ここに来てやや冷静になってきたようでなにより。わたくしもとうぜん消費税値上げ反対をうたってるトコに投票しますが、ネオ・ジミンとアホの子ミンスに入れないのは決まっているとして、立ち上がれるか日本のくたばりそうなおじいさん+使いッパたいぞう君党もアレだし、選択肢はたいして無いのね……。みんなの党は児童ポルノ法案推進派だし……ロリコンをみんな犯罪者扱いするのは構わないけど、あんな論理性もへったくれもない規制が通っちゃったら次はどこに矛先が向くかわかりませんからね。プラモデルは身体に悪いからモデラー全員犯罪者扱いする法案とか。

 そういえば日曜日のクソ暑いアキバで生舛添見ますたねえ。
 
 ニュースは相撲のネタばっかりであまり参考にならないし、どうしたもんか。いまこさえてるデカブツがカメラにうまく収まってくれないので、ほかにネタもないことだし、ちょっとチラ裏的にぐちってみました。


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。