無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
29
04


五月四日はトレジャーフェスタ

 世の中、妙な偶然が重なることがあるが、先週の「ムーンバス」発売に続いて今週はファインモールドの1/144ミレニアム・ファルコン発売である。
スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン (1/144 プラスチックモデル組み立てキット SW11)スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン (1/144 プラスチックモデル組み立てキット SW11)
(2010/04/28)
ファインモールド

商品詳細を見る

 洋画のメカが立て続けに発売なんてのは、滅多にないことですよね?

 しかしほんの少し前の三月には、日本有数のテレビマンガの主役メカ、ガンダムとバルキリーが、偶然にも1/48で、やはり相次いで発売してたり。

 だがいざ発売されると天の邪鬼な性格が頭をもたげてきたりして。

 すなわちやっぱピザはSじゃなくてLサイズだろ!?……っていう。
 
 1/144と1/72だと寸法は倍だけど値段は四倍。だがしかし体積は八倍であるからして、1/72のほうがお得じゃね?(←典型的ダメ思考)

 そんなだから1/144ファルコンはもうちょっち様子見るであるよ。そうじゃなくてもお財布に痛い買い物が続いてるし。


 それはともかく、ゴールデンウィーク。
 我らが戦闘同人ファイアーオレンジは五月四日開催のトレジャーフェスタに出店いたします。

 トレジャーフェスタ開催場所は東京ビッグサイト東3ホール 卓番はツ-08

 版権アイテムはありません。マシーネンアイテムの持ち込みもありませんのであしからず。
 中古プラモデルの大放出市となりますので、トレフェス来場の際はぜひお立ち寄りくださいませ!!

 

久しぶりにアオシマじゃよ!!!

 開設から2年と2ヶ月。アオシマの痛車第一弾「涼宮ハルヒRX-7」で始まった当ブログだが、三万ヒットの節目を迎えようとするこの時期にたまたま購入したキットもやはり痛車であった。

1/24 痛車シリーズ ラブプラス FD3S RX-7 (プラモデル No.14)1/24 痛車シリーズ ラブプラス FD3S RX-7 (プラモデル No.14)
(2010/04/30)
青島文化教材社

商品詳細を見る


 しかも同じRX-7。しかも「ラブプラス」。
 最近はとんとアオシマにお布施する機会もなくなったが、五月以降は久しぶりにその波が訪れようとしている。一部繰り返しになるがつまり、

 1/32探査機ハヤブサ
 1/24オートザムAZ-1

 でもって1/24ランボルギーニ・カウンタック!
スーパーカー ランボルギーニカウンタックLP400 (1/24 NO.01)スーパーカー ランボルギーニカウンタックLP400 (1/24 NO.01)
(2010/07/20)
青島文化教材社

商品詳細を見る
 
 アオシマのカウンタック、というと旧1/20以来我々の世代にとっては腐れ縁である。伝説のアオシマコミック小冊子版で自ら「模型屋さんの目玉商品」と自画自賛してたっけ。
 でもって 合 体 カ ウ ン タ ッ ク なる超ファニーアイテムも発売した。当時はなんの疑問もなく買い揃えて合体させましたとも、ええ。
 なんじゃソレというおひとはワード検索なりなんなりしてくだされ。
 今見るとライトのアレンジがケーニッヒっぽくてちょっと格好いいような……。
 いやいや。

 
 1/24スケールのカウンタックというと、いかにもキットが沢山発売されていそうで、現代の水準にかなったプラモは実は皆無に近い。大半のキットはスーパーカーブーム華やかなりし時代の産物。代表選手のタミヤにしてからがかなり辛い出来。
 一番新しいのはフジミのエンスージアストシリーズだが、ソレでさえ20年以上前のキット。しかも設計年次は新しいくせに、組むにはとてつもない経験値とママの愛情が必要という、素組派にはとても組み立てるの無理!なプラモである。

 アオシマの新作は跳ね上げ式ドアの支点位置が正確だそうで、あとは組み立てやすさがクリアされていればお値段に見合ったキットとなるやもしれぬ。
 だが我々スーパーカー世代の本命はあくまでカウンタックLP500S
 分かってるんだろうね?
 実写同様エンジンと後輪サスペンションまで変更しているスケールモデルは、高価な1/18京商ミニカーを含めてもまだ出現していない。そこまでこだわれば本物なのだけど……。

 つってもその前に痛車化ですかまた。あのボンネットはデカール張り易そうだよね(泣)

祝!!1/55ムーンバス発売

 オーロラの『ムーンバス』……伝説のプラモがメビウスモデルにより復刻された。

 記念演奏。


 我々の世代だと1983年頃のホビージャパン誌、小田雅弘の舶来キット紹介の連載かなにかでその存在を知ったのではなかったか。
 中房だったわたしはお年玉と小遣いをかき集め、VHSソフトを買うてしまったりした。
 ちょうどクラークが続編を発表した頃で、日本でも宇宙科学ものが盛り上がっていた頃であった。日本版『オムニ』が創刊されたり。
 当時はビスタサイズ。エントランスBGMもなく、インターミッションも無し、フィルムの傷隠しのためスペースポッドが旋回中にピタッと制止してしまう。
しかしエンドクレジットの『美しく青きドナウ』は、単なる『退席用BGM』でしかないオリジナルよりきれいに終わるので、あれはあれで捨てがたいものがある。
 あのバージョンで、いまや幻の『日曜洋画劇場吹き替え版』をもう一度観れたらな、と思う今日この頃。

 
 してムーンバス。
 ぶっちゃけると【2001年宇宙の旅】登場メカの中では一番野暮ったいデザインであると思う(笑)
 ITCメカよりギリギリセーフというレベル。名前の通りまるっきり「バス」なのがね……他のメカより生活密着型の乗物なので、かえってリアリティ創出が難しかったのかな?
 さらに、紛らわしい絵作りや技術的に拙い特撮表現を避ける、というキューブリック先生の方針ゆえか「バスでひとっ飛び」なるシーンになってしまったのだろう。本来なら距離によって遠ければロケットで、近場なら月面車で移動というのが妥当なシーンである。だがしかし前者ではエリアス号のシーンと混同され、後者は説得力のあるシーンを撮るための技術的困難さがあきらか……まだ本物の月面ローバーが走ってない頃だもんね。つーかアポロも飛んでないけど。
 本来ならあんな断崖すれすれの超低空を飛び続ける乗り物なんて危険でしょうが、予算の都合による妥協のしわ寄せが一番集まったのがムーンバスなのであろう。それでもモノトーンの月面風景の質感は、本物と比べてもたいしたもんですが。
 妥協はともかく、ムーンバスの場面は本編で再三描かれる「食事」シーンのひとつでもあるため、印象は強く残っている。乾燥したコーヤ豆腐みたいなサンドウィッチをぱくつきながらTMA-1のブリーフィングに耳を傾けるフロイド博士一行を再現できるよう、フィギュアも大勢セットされている。ティコクレーターの採掘現場でモノリスをバックに記念撮影、のシーンも作れそうです。

 製作途中画像はおいおいアップします。

【第9地区】観てきた

 通称ディストラクト星人……本名【エビ】。大好物は猫缶とゴム。どちらかというとシャコとゴキブリのあいのこのようなキュートな異星人ですが、こさえる重火器やエビローダーは格好いいぞ!
 映画【第9地区】は、そんなエビの父ちゃんがんばれ物語であった。
第9地区 [DVD]第9地区 [DVD]
()
不明

商品詳細を見る

 人類側の主役であるヴィカスはステレオタイプの小役人。冒頭から「あまり頭はよくない」と評され、その言葉の通り人種隔離地区でエビを小突きまわる姿は終始はしゃぎ気味で、酷薄かつ想像力欠如な、公務員(実際には政府に委託された私企業社員だけど)かくあるべしというお姿。
 こんな主人公に感情移入などできないが、その後の境遇を考えると、それでちょうど良い案配、安心して主人公の不幸を楽しめるようになっている。だいたい不幸な境遇になってからも、したことと言えば泥棒と食い逃げと住居不法侵入&暴行だし。

 しかし終始大声で己の境遇(不注意から降りかかった自業自得なのだが)を嘆き、宇宙人の子供に甘言を弄し呼吸するようにウソを吐き自分の都合でコロコロ態度を変える主人公を見ていると、なんとなくジャック・バウアーの意地悪なパロディのようにも思えてきちゃうのだな。
 人類側の他の登場人物といえば、主人公以上に酷薄かつ、手前勝手な利益優先のあまり、異星人との第三種接近遭遇にもさしてロマンを感じない強面の傭兵とか自称クールな官僚ばかり……だから、上映時間の大半はスワットみたいなのが小銃を構えて弱者を虐待するシーンで埋め尽くされている。
 おかげで映画全体を通したギスギス感が余計に【24】のパロディぽいというか、某唯一の超大国が世界各地で施行している「警察行動」のパロディと化しているというか。米軍自画自賛映画【ハートロッカー】や南アワールドカップ盛り上げ映画【インビクタス】と綺麗な対称を成しているよ~な(笑)
 人によっては、特に、むやみに心優しいお話を追求する傾向が強い日本人観客には、「こんなもんどうやって楽しめばいいんじゃ!!」と受け取る人もいるかもしれない。
 「ディストラクト星人」の名付け元である『映画秘宝』によると同列作品に【シティ・オブ・ゴッド】を上げているらしいですが、なるほど登場人物がろくでなしばかりなんだけど、妙に痛快お気楽ハイテンションなところが似ているような。

 場面変化がビル街とドヤ街のみと乏しいのは低予算ゆえか。そんなわけで☆★★★★でした。

 【未知との遭遇】から33年。基本設定が同じ【エイリアン・ネイション】から20年。よそ者(エイリアン)に対する人類の受け止め方はかくも変化したのか……それと【エイリアン・ネイション】も【第9地区】も低予算Bムービーなんだけど、ずいぶん豪華な絵が作れるようになったんだな~、という対比も面白いですね。
 

 ※追記 今宵の【ギャラクティカ シーズン2】は『ペガサス』!ついに女艦長登場です。名エピソード開始編なので要チェキ☆

バッティングの嵐

 タミヤが突如1/20ロータス79リリースを発表……
 ……って、ハセガワ様もリリース情報出してたよね?
【MINICHAMPS/ミニチャンプス】1/18 ロータス フォード 79 No.5/1978 F1 ワールドチャンピオン ・M.アンドレッティ【MINICHAMPS/ミニチャンプス】1/18 ロータス フォード 79 No.5/1978 F1 ワールドチャンピオン ・M.アンドレッティ
()
ミニチャンプス

商品詳細を見る
 
 二社のバッティングに関する確執は7年前の三笠以来なのだという。
 今はF-1が人気。ハセガワ様フジミがガンガン新製品を発売してるけどネタは限られている。フジミ製品は弾数は多いけど玉石混ぜこぜで品質が不安定。
 今回は値段も近しく……となると、やっぱり、確実な完成を約束するタミヤ製に早くも軍配が上がりそうな予感。でもフェラーリと違って5,000円は超えないのでふたつとも買っとけ!とフォローしてみる。

 70年代ぶっといタイヤ時代のタミヤ製F-1新製品は、意外にも今回初か。
 新金型のフォードDFVエンジンが手に入るってだけで、いろいろ妄想が広がりますよねぇ。ジョンプレーヤースペシャルの別売りデカールもしこたま売れそうですね。

 ※追記 タミヤのDFVは既製品流用という噂……そりゃ、現在でも遜色のない出来のエンジンかもしんないけど。ついでにタイヤを新造したのはグッドイヤーのロゴ使用料を払いたくないためなのだとか……マジっすか?あ~あ書いちゃった。王様の耳はロバの耳ーっ!!


 それ以外にバッティングしてる(しそうになってた)アイテムは以下の通り。

 1/700赤城 ハセガワ×フジミ
 1/700ひゅうが ピットロード×アオシマ
 1/20ウイリアムズFW14 フジミ×アオシマ
(アオシマは断念か?)
 ※FW16の間違いでした。ご指摘ど~もでつ。
 いやーもはや血で血を洗うアイテム争奪戦ですね。

 
 ちなみに、タミヤのホビーショー向けびっくりアイテムAFV編はロシアのBT(べーテー)-7だそうな。
 去年のマチルダより地味だな……。
Bt7_3.jpg

 1/48傑作機シリーズ新作は変化球零戦22型
 1/32スピットは早くもバリエーション展開のMk-Ⅷ……Mk-Ⅷ!? またまた端っこな。徹底して本物が取材できる機体を選んでいるのか分かりませんが、このチョイスってマニア的にどうなんでっしゃろ?
 とはいえ同スケールの零戦52型→21型発売までに5年くらいかかったことを考えると、素早いバリエーション展開は歓迎ですけど。Mk-ⅠⅣ期待してますよ。でもバリエ織り込み済みならもうちょっと単価下げてくれよと言いたいけど。


 ホビショアイテムで個人的に楽しみなのはアオシマの1/24オートザムAZ-1と1/32探査機ハヤブサ(笑)かな。

 フジミの痛空母1/700けいおん!キティーホークはもう勝手にやってくださいということで……対抗してドラゴンの代理店になったアオシマが痛戦車発売したりしないことを祈ってますが、あの会社はやりそうだから恐い。

スイス人迎撃

 わたしがスイスについて知っていることといえばヨーデルとハイジと【サウンドオブミュージック】だけだが、つい最近【サウンドオブミュージック】の舞台はオーストリアだよ?と改正されたばかりである。ショボーン。

 それなのにはるばるスイスから渡来したアドリアーノさん一行を迎える役目を仰せつかってしまった!どうしよう。
 とはいえ、わたしは一行の東京見物になんとなく付き合ったに過ぎず……段取りはすべてマシーネンおじさんに任せきりでありました。
 いやはやたいへんお世話になりました!

 そんなわけでマシーネン外交にほんの僅かでも寄与できはしないかと一路池袋へ。日本に来る外国人用の宿泊施設に泊まっているアディさん一行四名と合流。
CIMG367501.jpg
 真ん中にいるのがマシーネンスイス傭兵アドリアーノ。

 しかしいざ調べてみると都内観光なんてピンと来ないであるな。困ったね。自分がイマジネーション不足なだけなのかホントにろくな観光資源が無いのか、どっちなんよ石原さんよ?
 
 朝10時観光開始、なのでまだ秋葉原は眠っている、ということで上野でさくら見物。築地に行きたいと言われなくて良かった。
 しかし桜見物なんて風流なこと普段からしてないのだが(笑)……。けっこう観光してる方多いんですね。半分くらい中国人でした。
CIMG3677.jpg

 でもってアキバ。
CIMG3680.jpg

 今回はマニアのアドリアーノプラスそうでもない三人(しかもそのうちふたりは彼女……)なので、あまり面白くはないだろうけど、ま、仕方ないであろ。
 ヨドバシの上階で蕎麦と丼物のお昼ご飯の後電気街に繰り出す。
 アディさんはスイスにはろくな模型店がないと嘆いてましたが、レオナルド→リバティ→ラジ館コースはご満足いただけたであろうか……リバティで海洋堂のガチャポン金田バイク買ってたようですが。
 と思ったらメルジーネが売ってない!とアディ。ほんとに無いんだなこれが。イエサブによると異常にたくさん売れたとかで、急遽コンテスト開催も決定されたとか。だ、誰がそんなに買うたんんだろ?

 マシーネンおじさんが『NUTS』に問い合わせたところ在庫ありとのことなので、急遽水道橋へ。
 『NUTS』といえば、ただいまあの1/1鉄板強化防護服が降臨している店である。
 窓からローマ……もといスーツが見える。
CIMG3683.jpg

 歩き疲れた我々一行のおかげでご休息所状態になってしまいましたが、店長様ごめんなさい。
 スイス人がでかいバックパックからおもむろに取り出したるはスクラッチの1/40ケルベロス。
CIMG3696.jpgCIMG370001.jpg

 スイス人と一緒にSF3Dプロパ●ンダビデオを鑑賞するという希有な経験ののち、無事メルジゲット。
 記念写真もパチリ。
CIMG371301.jpg

 嬉しそうなスイス人。
CIMG371801.jpg

 最後は渋谷で天ぷらコースで〆でした。
 アドリアーノ以外皆喫煙家ということで最後の一服後解散。
CIMG372301.jpg

 スイス人が吸ってたパリジャン。一箱600円ですって。しかもパッケージにグロ画像。
CIMG3682.jpgCIMG3681.jpg

 お土産までいただいてしまいなんだか恐縮。なんとなく半分くらいは会話も通じていたし、楽しい日でした。
 

ディック2010

 ディックディアスさんからメールが来ましたので晒し刑にしてみます。
 以下メール引用(一部かってに段落変更してます)。

***************************

VF1J仮組みした
CA0YY1IR.jpg

ヒケすごい。
パーツのフチの薄さはすごいけどメクレたりヨレたりしてる。
デカールは硬くてディティールになじまない。腕は上腕・下腕の接着位置があいまいで仮組みしながら接着しないと泣きみる(俺はみた)。
脚内部構造再現はいいけど外装パーツハメるとモコっとしてなんかヤダ。

総評として、この価格でうれしいボリューム、パーツ数も気持ちいいし飛行機組み慣れた人ならサクサク作れるハセガワスタンダードなキット。

85点かな。みんなも買って作るでし


*****************************

 ……わたくしはついに我慢しきって、ストライクバルキリーまで座して待つことに決め込みましたが。
 決めたんでしが。

 なんか……

 いやガマン我慢。

 というかディックさん先週はアオシマの1/700蒼龍作ってたんじゃネエですか?

 さっそく返事がありますた。

*****************************
 組立完了塗装待ち。艦載機のエッチングペラ欲しい
蒼龍Image002
*****************************
 なんか着々こさえてるんね。

 むかぁしディック英さんというかたがいて、マスターグレードを50体だか60体だか完成(プラス1/16RCレオパルド2A5とかいろいろ)という伝説を残してどこかに消えてしまいましたが(笑)
 ひょっとして復活のイデオンか!?
 頑張ってねお姉さんも応援してるから。

 というわけでこんな歌でエールを送りたいと思います。



 ちなみに、先日某ホビーショップから強制退去させていただいたディックディアスさんの完成品ですが、空いたスペースはわたくしの完成品で埋めました(^_^)V


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム