無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンフェス情報追加。

 すっかり忘れてたけど、なんかもうひとつわたくしが3Dデータを担当した惑星大戦争 轟天号がワンフェスで発売されるそうで…じつは発売形態も二転三転している難産の子なのでありますが…。
 
 というわけでアルバトロスジャパン/チーム・ストライク様よりワンフェス会場限定商品として発売されるそうな。
 もう情報解禁してよろしいんですよね?
 情報つっても、わたくしもホビージャパンと電撃ホビーマガジンの新製品案内の記事参照してるだけなんですけどね(笑。
 …それにしても記事が実名プレイだったのでちょっとびびった(横山先生が帰ってきたHJに一緒に載れたのでちょっと嬉しい気もする17歳と279ヶ月の春)。
Goten01.jpg

 ということで
 東宝コレクション第8弾EX版 宇宙防衛艦 轟天 リボルバー式カタパルト展開バージョン製品名長ッ 価格12,600円(税込み) 限定30個俺のぶんは?
G001.jpg

 大きさ参考。
 「ちっせーな!!」とお思いでしょうが、いちおう全長20㎝以上あります。

 ノンスケールということになっております。
 が、大きな声では言えないのですけどフ◎ミの1/700海底★艦★天号と同スケールなので、並べて楽しめたりする。
 

スポンサーサイト

ワンダーフェスティバル2010 冬

 もうとっくにパンフが売ってるので既出ですが(汗)たいへん遅ればせながら告知です。

 戦闘同人ファイアーオレンジ ワンフェス情報

 卓番号 B01-12

 持ち込むもの/ 1/35ケーニヒスクレーテ 14,000円 20個予定
           1/35月面ケーニヒスクレーテ 15,000円 20個予定

 ★さらに迷彩士さん作のガンプラ塗装済み完成品 多数 リーズナブルな価格です。MG孫悟空も用意しているらしいので、模型が組めないけど息子にプレゼントしたいというかたはどぞ(笑!!

 ★そしてメンバーの恥ずかしい模型遍歴…もとい中古キット放出。今回はやや貴重なキットやマシーネン物も放出する予定ナリ。
 みなさま遊びにいらしてくださいませ!!


 販促ポップです。さとやんアリガトー! 
CIMG3315.jpg

注)製品では月面ケーニヒスクレーテの隠し腕は再現されていませんのであしからず。     

【ボークス 1/32震電】作ってます

 中身全部入りでお値段7,800円(税抜き)というリーズナブルな価格なので、比較的楽な気持ちで手がけられます。
一般流通に乗せて二割引で買えればなお良いが、本来一万円以上で売りたかった物を、無理して低価格に抑えているとかなんとかいう話も聞いた。…確かに、内容的にもその説で納得させられる。

 グレー、ブラック、シルバー成形色の使い分けがタミヤを彷彿とさせ、組み立て中のパーツコンビネーションも眼に楽しい。まずまず的確なお手本に沿って商品デザインが為されているようですね。
 次はTa-152だって?
 これはパシフィックコースト買うたかたは涙目ですね…。しかしほれ、そちらはハセガワ様のドーラと合体させてリアル152にするとか(笑)
 わたしは流星改を期待したいですな~。


 ※組み立ての注意点。

 まずほぼすべてのパーツの合わせ用ボスや位置決めリブが激渋い。というより挿入不能なので、リブの幅を調整して、カッターでダボ穴をグリグリしてあげないといかん。特にメインフレームと主翼下面パーツの取り付けは、ピッタリ合うまで根気よく擦り合わせてね。

 別紙の改訂記事も忘れずに、メインフレーム端っこのL字部分を忘れずに切り取ってね。

 取説通りエンジン構造物を端から端まで組み立てちゃうと、後々各エンジンカウルとの調整が難しそうです。
CIMG3289.jpgCIMG3313.jpg

 それに対処するためにはまず、エンジン本体とプロペラ延長軸は、あらかじめ接着しないほうが吉(その接合部で長さを調整するため)

 わたしはパーツなりに組み立てたら、中身のエンジンが外版より1㎜ほど長くなっちゃいました…。結果、エンジンカウル後端(パーツH-9)が隙間ありすぎてくっついてくれない。
CIMG3294.jpg
 
 よって、エンジンをフレームに固定するV字支持架(パーツB25~28)をあまりアテにしないほうが良いみたいです。支持架パーツの位置を1㎜ほど前にずらすというのも手だが、プロペラ軸がずれてしまう可能性があるので慎重に

 それじゃエンジン固定するにはどうすりゃええの?
 
 わたしは先に外版をすべて接着する方法を取りました。
 つまり
 取説に従って 機種外版→主翼外版をフレームにくっつけたあと、取説通りエンジンを載せる前に、エンジンカウル側面(パーツE4,10)を取り付けてしまいます。
 
 エンジンカウル後端も取り付けてしまい、そこからエンジンの位置を逆算する…エンジンカウルに隙間が生じるのは嫌だけどエンジンは見せたい、という人には、これが次善の策かも。この方法だと残りのエンジンカウル側面と上面も、比較的組み立てやすい…それでもエアインテーク断面あたりがなかなかピッタリ合わないのだが(涙)
CIMG3299.jpg

 このパーツE4,10がなかなか主翼断面とピッタリ合わない。
 主翼桁と干渉する部分を削り、無理やり押し込んでみたが…しかし結局エンジンカウル後端と断面が合わなくなり、若干段差が生じてしまうま(泣)
 中身を見せるつもりがないならば、エンジンカウル外版は、左右それぞれエアインテークまですべて接着して、モナカ状態にしてから主翼外板より先に取り付けたほうが綺麗に仕上がるかもしれない。

 
 四本の30㎜機関砲をすべて同じ方向に向けるのは、これまた骨の折れる作業でした。取説の絵と実際の取り付け角度はかなりかけ離れているので、フレームの位置合わせを慎重に。…しかも、その作業を始める前に機首外版上下をピッタリ合わせとかないと、機銃の位置出しもできない。
CIMG3306.jpgCIMG3290.jpg

 ガンノーズ(パーツE-2)は下半分とまるっきり合わなくてビビリますが、これもリブを削るとだんだん合うようになります。慌てず急いで正確にな!

 それと主脚柱をフレームに取り付ける四角い差し込み穴は超渋で、半端に削り込むだけだと二度と抜けなくなるので、仮組みは慎重に…。

CIMG3302.jpgCIMG3304.jpg

 それにしても日本機の着陸脚は貧弱でかっこわるい。
 伝統的に軽量化してるせいだな…特に震電は長すぎてちょっとアレだ。
 飛び状態で組むことも検討中なのだが、例によって飛行機プラモの鬼門、脚扉は今回もまったくピッタリ閉じてくれないようです。それどころかこの震電は綺麗に凸状態になるのですが…ひょっとして一段凸で正しいのか???

今週のモケー

 昨年最後の大ニュースは【マシーネンクリーガーが次号(1月25日売り)よりホビージャパン誌で連載開始】であった。
 これ自分的には、江川のジャイアンツ入りとか、シューマッハのフェラーリ移籍に匹敵する事件なのですが。
 いろいろ憶測やら邪推やらが脳味噌の中で駆け巡ってしまうのだが、落ち着け俺。考えてみれば古巣に凱旋するだけの話ではないか。
 なんというか、復活以来10年を越えたところで、良いアクセントになるような気もするし。
 とはいえ最初このニュースに接したときには、「ついにマシーネンも複数模型誌で取り上げられる日が訪れたか!!」と単純に喜んだのも事実。
 ミスターウェーブも電撃にカラー広告打ってたりすることだし、もうちょっと他誌も定期的に取り上げてくれてエエのに。せっかくスーパージェリーとかスネークアイとか好調に売れてるんだし。MGからHJに移るだけだとちょっともったいないですよね。


 年明け最初のトピックは【ハセガワ様とドラゴンモデルズが今年度で20年来の提携打ち切り】であった。昨日庵出井商店さまに聞きました。
 マジで!?
 というわけで、パッケージ側面にハセガワ様取り扱いシールの貼ってあるドラゴン製キットは超貴重だ!!山ほど在庫を抱えているという名前は言えないが近所の模型屋さんでちょっと買い占めてくるわ!!
 というのは冗談として〈いやほんの少しだけ本気かも…〉。

 もともと日本国内の流通はドラゴン/サイバーホビーハセガワ様/プラッツがそれぞれ取り扱い、という二足のわらじ状態で、わたしらにしてみれば、どちらも同じドラゴンモデルズじゃないの??なんですが。
 これからドラゴン製キットはどうやって国内に流通するのか気になるところ。
 庵出井さまとも話していたが、プラッツで一本化という可能性は低いそうな。
 すると残るはクレオス…?
 まさかのアオシマ/スカイネット?
 とりあえず、今後はホビーリンクジャパンで通販のみとかは、マジご勘弁。

 イタレリのAFVキットばりに、今後発売されるドラゴン製戦車のプラモは、すべてタミヤ箱の〈限定生産〉ていうのはちょっと見てみたい気がする〈笑〉
 なんといってもタミヤの完成品販売フィニッシュワークシリーズには、タミヤ製キットが存在していないはずのエレファントがラインナップされてることだし、可能性はなくはない…?
1/35 MM エレファント第653重戦車駆逐大隊 (完成品) 218031/35 MM エレファント第653重戦車駆逐大隊 (完成品) 21803
(2007/05/30)
タミヤ

商品詳細を見る
 

今週の宇宙。

 正月早々「COBRA The Animation」放送開始。
 箱庭萌えアニメが嫌いな人にはホッとする内容です。
 始まってすぐの「金星」という場面解説字幕が微笑ましい。たった二話で「惑星の進路変えないと地球に衝突して滅亡なのでなんとかしなきゃ」というエピソードをやるつもりなのが素晴らしいではないか。
 今回コブラは野沢那智から別の人に。イメージ的には軽すぎるものの、野沢版もあまり好きではなかったのでOKです。やっぱコブラは山田康夫!



 2月にはいよいよ第四シーズン放送開始の【バトルスターギャラクティカ】。メビウスモデル製1/32バイパーMk-Ⅱのプラモも今月発売。
 小林誠センセがワンフェスで攻略本出すそうで、そちらも楽しみでございます。


 3月にはいよいよ、同じメビウスモデルの「ムーンバス」も控えている。

MOE2001.jpg

 オーロラのオリジナルがヤフオクに出品されるたびに、買うたやめた音頭を踊り続けていたものだが…20万も出して競り落としたりしなくて良かった…!
 マキシムでレジン複製版買ったりしなくて良かった…!!

 一万円でおつりがくる値段が素晴らしいですのコトよ。久々に複数個買いかしら。

 
 年末には、小惑星アポフィスが地球に衝突するらしいよとロシアの科学者が発表。
 時期は2032年だか2036年。アポフィスの直径は360メートル。時速27,000㎞で衝突したときのエネルギーは、ヒロシマ型原子爆弾10万個ぶんに匹敵するという…
 NASAではその確率を1/250,000と見積もっているそうですが、アメリカ人て、自分たちがイニシアティブ取れない状況だと緊急事態でも素っ気ない態度取りそうなイメージだから困ったもんだ。


 そうやって宇宙ネタは細々と繋がって行くみたいです。
 今年は「ワープ」とか「何万光年」とか「人類滅亡」みたいな大風呂敷が乱舞する物語が増えると良いな。
 箱庭萌えアニメもそうだけど、ファンタジーRPGとかでありがちな「なんとなくこの世界を終焉させるのだー!」というちっちゃいボス敵にもいい加減飽きたし。 

新年2010

 あけましておめでとうございます。

 当ブログも二周年を目前に控え、我ながら良く保ったものだと感心しております。これも読んでいてくださるかたがたがいると確信できたからこそ。まこと感謝であります。

 ブログ開始の2008年3月から数えると、劇場鑑賞した映画は28本…だいたい月一本ちょっと。映画をネタとしたブログとしては少ないほうか。

 開始早々【ダークナイト】というスバラシー映画があったのは幸運でした。おかげでブログを続けていく上で大いなる牽引力となった。
 鬼気迫る脚本とジョーカーさんの神演技…二つの要素に監督以下スタッフ全員が魂を乗っ取られ、前作の伏線をチャラにしてまでこさえざるを得なかった…映画制作が高度にシステム化して、ダメージ・コントロールが上手くなりすぎ、すべてが理科学的なバランス調整で成り立っているハリウッドで、そういう霊感に導かれた映画が完成しちゃうのって凄いことだと思います。
 …そんなにシステマティックでも駄作が生まれ続けるのも凄いが(笑)
 業界に体力があるからワンアイデアでも試してみようってなるんだろうけど。だから【スターウォーズ】一作目や【クローバーフィールド】みたいな映画にも予算が付くと。

 とはいえ去年は【ダークナイト】に匹敵する映画は見あたらず…。今年のアカデミー作品賞有力映画はなんだ?と聞かれれば「エー…なんだっけ?」と応えるしかない。【グラン・トリノ】?それもちょっと違う気がする。
 個人的に【2012】は良い映画だったと思いますが…
 最後にあの中国製のノアの箱船(デザインはシド・ミード)が実は宇宙船で、ドカーンと宇宙に飛び立ったら神映画であったのだが。
 いや隔壁を閉めることにやたらこだわってるシーンで、てっきりそうだと思ったのだが…そうだったら椅子から転がり落ちるくらい笑えたのに。惜しい!

 そういえば【2012】と綺麗な対称を成す邦画がありました。【宇宙戦艦ヤマト 復活編】。同じ箱船隊の話でかたや日本(?)、かたやSUSUSA(その他西崎センセが嫌ってる国連合)製と、なにか悪い冗談のような。
 偶然とはいえ、我が国の今後の行く末を暗示しているような対称性ではなかとですか?

 ほかにも【トランスフォーマーリベンジ】が全世界のボックスオフィスチャート一位を獲得している最中、ただ一国【劇場版ヱヴァンゲリヲン 破】が興行収入一位だったり。
 良くいえば独自性、悪くいえばガラパゴス化であるが、グローバル化の波に逆らっているようなこの姿勢、わたしは嫌いじゃないですよ。
 その昔【スターウォーズ】に【宇宙からのメッセージ】で対抗(しようと)した精神にも通ずる(ような気がする)じゃないですか(同時期の【惑星大戦争】は【宇宙戦艦ヤマト】に対抗した企画なので別)。そんなことしたのたぶん日本とイギリスだけだし。

 ちなみに【宇宙戦艦ヤマト復活編】をふくめ、劇場鑑賞した映画中、邦画はすべてアニメでした。
 この傾向、今年はどうにかなるかな?。

  
 海外営業かけるために横文字タイトルとはいえ、【STAR BLAZERS 宇宙戦艦ヤマト】じゃないとアメリカ人に通じないような気しませんか…?。  


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。