無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
21
22
23
25
26
27
28
30
31
12


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アバター】観てきた【ただし2D版】

 ※以下ネタバレ注意。

 このブログを開始するとき禁則ワードを三つ設けたのである。ひとつは「氏ね」
 これをふくめ卑語猥語の類は文脈的に面白い場合を除き、極力使わない。
 ふたつめは「リハビリ」
 これは趣味用語としてはもっとも脱力する言葉であろう。腐っても模型趣味を題材にしている以上、避けるべき。コメントに書き込みしていただくときはいくらでも使って構わないですが、ブログ主的には禁止。

 最後のひとつが「深い」
 まあ、これは使わないよう気をつけるというより、映画であれマンガであれ批評する際、誰だって使うのは避けるでしょう。「あの映画深い」なんて書いたらいかにもアホっぽいもんね。実際使ってるのほとんど見たこと無いし。

 そんなわけで、普段はもっと具体性のある言葉を苦労してひねり出すわけなんですが…時には巨大なる「深い」が向こうから押し寄せてくることもあったりする。【アバター】である。
 なんか深いのやりたかったんだよねきっと。
 いわゆるスピリチァルとかなんとかいうの?

 常々アイデアを日本から頂いてきたジェームズ・キャメロンのことである。【タイタニック】とほぼ同時期に大ヒットしていた【もののけ姫】のことは、意識の隅っこに引っかかっていたのではないだろうか。そのほか、『死者の代弁者』『デューン/砂の惑星』など、【アバター】で達成しようとした(らしい)SF的な方向性はじつに分かりやすい。
 分かりやすい…分かりやすいのだが、分かりやすいのが玉に瑕。
 欧米の、特に映画屋さんのそっち方面の試みは、我々日本人からするとたいがい「ん?あれ?」と薄味に感じられてしまうのは、SF小説や映画にある程度スキルのある人なら経験あることと思う。情緒的な深みがイマイチ足りない…つまり「深くない」のである。

 ネコフェイスのブルーマン、異星人ナヴィのみなさんの物語はつまり、キャメロン版【もののけ姫】であり、『死者の代弁者』等で描かれた異星独特の生態系をベースにしている…したかったんだろうけど、なんか足んない。【アビス】の時もそうだったんだけど、今さらこんなベタなSFネタを…っていう。
 これが【ターミネーター】や【エイリアン2】だと、思わずニヤリとするようなディティール満載の良質SFBムービーになるんだけどねえ…どうしても越えられない壁みたいなのを久々に感じる映画でした。
 ディズニー/ピクサーがジャパニメーションのコピーに早々と見切りを付けて、アメリカ映画のいいところを発展させたのと対照的です。キャメロンさんにはどんどん追求して欲しいところですが。

 その【ターミネーター】や【エイリアン2】の成功の鍵は、登場人物がみんな頭が良い…いいものもわるものも殺人ロボットも「ちゃんと頭で考えている」なぁ…という人物描写の秀逸さによるものだったと思うのだが、今回に限って敵も味方も異様に紋切り型だったのも残念な点。結果的に【もののけ姫】的なドラマを結実させるのに必要な、登場人物に対する感情移入がし辛い。

 ナヴィ族のみなさんも、スパイとして送り込まれたパチもんナヴィの主人公をあっさり仲間に迎えちゃったり、謎めいた異星の賢族というにはあまりにもお粗末。あれでは無邪気な未開人というだけで、哀れは催しても生態系を守る戦いを必死に応援するほどにはならないでっしゃろ。

 以上が【アバター】のマイナス点であった。それも2D版に限る。

 これからご覧になるみなさんはどうか、迷わず立体メガネを選んでくださいませ。

 わたしはゲットしたタダ券の劇場が3Dに対応していなかったため泣く泣く2Dでしたが、それでは全然楽しくない。これは【プライベート・ライアン】以来の一流ライド映画なのである!たぶん!!
 だんだんMMORPGにハマって廃人と化してゆくニートそのものな主人公と同様、【アバター】は「考えるな、感じるんだ!!そして色彩豊かな異世界にずっぽし」という映画なのである。
 予告ですでに結末以外ほとんど筋書きがネタバレ状態な映画であるからして、深く考えたり些末事にツッコミを入れたりするのは野暮である。プレステ3のイベントCGでも到底追いつけそうにない緻密な世界やカッチョいいメカ描写に漬ってひたすら恍惚とするのが吉。
 というわけで、年始は3D版に行ってきます。
 立体映画は慣れるまでどこに焦点を合わせたらいいのか分からないので、字幕版は避けたほうがよろしいかも。


 今年の更新はこれにて終了でございます。一年間お世話になりました。
 
 それでは皆様良いお年を。

スポンサーサイト

2010

 まるで一般人のような言いようであるが、今年もあと四日を残すのみですね。
 それどころか今年で00年代十年紀の終わりなのであった…!

 映画秘宝読んでてはじめて気付いた(笑

 やはり、あの1999年がもう十年前!?という感覚が抜けないためであろうか、イマイチ盛り上がらない。
 70年代~80年代、80~90年代に比べて変化がなさ過ぎるのも原因かね。

 79年と89年ではあらゆるものが全部一新された印象であったが、九〇年以降は明らかに停滞し続けてる感じが何とも…。その頃デビューのアーチストとか軒並み第一線で現役中だし、95年開始の【エヴァンゲリオン】が未だに新作やってるし、つい最近【宇宙戦艦ヤマト】と【マクロス】の新作劇場版見た気がするし、来年も相変わらずガンダムが発売される(しかも1/48って…)
CALUAK4B.jpg

 ネットと携帯の普及は大きな変化だったろうけど、ゲーム機は格段にパワーアップしても相変わらず【ドラクエ】と【ファイナルファンタジー】が発売されているという。
 ああ、もう一点「チェンジ」とか米国大統領の猿真似で政権交代した党があったっけか。
 首相が異星人、で副首相が「国家戦略局」なんて部署を授けて悦に入ってる元学生運動上がりの厨二病患者。
 でもって幹事長が中国人なんでしたっけ?
 グローバルですなぁ。それになんか近未来っぽいっつうかマンガっぽいつうか。

 誰が呼んだかネオ・ジミンは相変わらず小泉息子がホスト路線を継承してたり、なんつうか、何も変わってなさそう…わたくしのような鈍い人でも、いくら選挙しても「変化なし/もしくは悪くなるばかり」というのはひしひし感じられますので、明るい見通しなど持てるわけもなく…

 ていうか、いちばん腹立たしいのは、趣味のブログにチラ裏政治トークを持ちこまざるを得ないことなのだが。
 2ちゃんの速報ネタでも、あの人たちのいちばん大好物だった韓国人の悪口を追い抜いて、友愛政治ネタが上回る勢いだもんね。
 ハインライン先生信奉者にしてJ.P.ホーガンの政治観(進んで人の上に立ちたがる奴は変質者)賛同のわたくしとしては、政治が目障りなくらい身の回りにまとわりついてくる今の状況は、いまいましい限りでございます。
CA3M43YT.jpg
  それにしてもラーメン屋で何してるのかわたしらは… 

 なんの話だっけ?
 あ、そうそう、2010年が到来するんですよ。2010というと周りの人はトランスフォーマーのことばかり言うのだが、たまには映画【2010年】のことも思い出してください(涙
 大晦日にテレ東の夜中あたりが日本語吹き替え版放送してくれるのじゃないか、と期待していたのだが、今のところ予定なし…。【ハノーバーストリート】を放送していたが、監督は同じピーター・ハイアムズだけどソレちゃうねん!!
  

【カールじいさんの空飛ぶ家(3D版)】観てきた

 最初にことわっておきますが、イオンシネマは20日がサービスデーなのである。てっきり1000円+300円で立体映画が観れるでのかと思って出掛けたら、料金案内に小さく会員さまって書いてあるじゃん…小さく書くなっての(笑)
 なので結局きっかり2,100円の当日料金取られました。
 ウソ言ってごめんなさい。出掛ける際は劇場サイトでよく確認してね。

 でもピクサー作品だからまあいいか!と思ってしまう自分が恐い。

 なんだかんだ言って11月にWOWOWで放送されて以来、録画した【WALL.E】を10回も観てるし。

 この前なんか(ピクサーじゃないけどネズミ-映画ということで)【魔法にかけられて】まで楽しく観てる自分に気付いて戦慄したし。

 
 それはさておき、立体メガネデビューしてきました。長年の疑問が色々と氷解したでござるよ。

 例えば

 あの色セロハンを通して見たら彩度が落ちないか? →落ちます

 メガネの枠とか気にならないの? →なります。

 2時間もかけてるの辛くないか? →辛い。

 等々。

 昔と違ってセンサー仕込みなのでごついんだよねあのメガネ…今後あれがスタンダードになるならマイメガネとか売って欲しいとこだ。

 とはいえ、メガネ愛用者のみなさんはずっとあんな感じなので、文句たらたらもどうかと思ったり、と途中で気付いたのだ。だってカールじいさんもごつい眼鏡掛けてるんだもん!
カールじいさんの空飛ぶ家 カールじいさん ビニールフィギュアカールじいさんの空飛ぶ家 カールじいさん ビニールフィギュア
(2009/12/04)
ホットトイズ

商品詳細を見る
 

 それに劇場の良い子たちも静かに観てたし…笑っちゃうシーンではちゃんとゲラゲラ楽しそうに笑って。

 スタジオジブリ作品が保証付きから転落しつつある昨今、ピクサー印は手堅く安心である(【レミーの美味しいレストラン】はちょっとアレだったけどな…)。
 特に去年の【WALL.E】、でもって【カールじいさん】ときたら、冒頭10~20分程ほぼセリフ無し、絵の面白さだけで引っ張っている(←考えてみるとアニメの基本中の基本)。タレントや芸人に声を当てさせるようなキャラクターさえ出てこない。もちろん萌えキャラなんていない
 いま、主人公が飯塚昭三演ずるおじいさんで萌えキャラ抜き、という条件で日本のアニメ会社が作品作れるかいな?
 その辺危機感を持ってそうなのは【マイマイ新子】と【よなよなペンギン】作ったマッドハウスだけみたいなのはちょっと心細いね。

 
 肝心の立体映画についてですが、そういえば【アバター】の立体予告編が流れました。奥行きのある絵は確かにちょっと面白かった。
 幸い、まだ立体映画観て楽しいのは劇場だけという状況が続きそうなので、唯一無二の体験と開き直るのはアリだと思う。というか「劇場で映画を観る」という、テレビとビデオが誕生して以来押され気味だった状況を、何十年ぶりかで復権できるかも知れない…というのが立体映画の売りなのだが。で、気に入った映画はDVDで見直すと…あ~なんか、ますます映画会社の思惑に絡め取られているよ~な…。アメリカは恐いところだねぇ。
 

そろそろ3D映画観るべきか…

 米帝の要望に従ったのかどうか知らぬが、3D立体映画料金が軒並み値下げ。レイトショーなら1,200円+300円、映画の日やシネコンサービスデーなら1,000円+300円で鑑賞できる。

 この値下げの動きは突然であった。
 それもあるタイトルを公開目前にした動きと思えた。【アバター】ですがな。
The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)
(2009/11/28)
ピーター・ジャクソン(序文)ジョン・ランドー(前書)

商品詳細を見る

 ここ二年あまり洋物の立体映画は確実に数を増していたのだが、いま思えば、各映画会社のこの傾向は、すべて「あのジェームズ・キャメロンが3D映画制作中」という情報に引きずられたものだったのではないか、と推測できる。
 超弩級ヒット作【タイタニック】監督の動向とは、それ程の影響力を業界に及ぼすのかもしれぬ…トレンドに追従することでは日本の週刊少年漫画誌よりずっとなりふり構わずなハリウッドのこと、じゅうぶん有り得ると思うのだが。

 となると【アバター】ってそんなにスゲーのか、と気になってくるぢゃないか。

 予告編を見た限りでは、ディズニー映画やカートゥーンでありがちな、なんかどっかで見たような?的異星人の造形とか、雄大なわりに、やや独創性に欠けるジャングル惑星の景観とか、【エイリアン2】から全く進歩していないガジェットとか、イマイチ食いつけない要素ばかりなんですが…

 いっぽう、今までの3D映画というと、【ジョーズ3D】以来、画面の奥からビヨヨ~ンと何かが飛んでくる、というストーリーの筋そのものとは関係なさそうな子供騙し的演出に終始していた感があるのだが、【アバター】の予告を見る限り、それらとはちょっと違うのかな…と思わせる。

 ただしジェームズ・キャメロンというお人の映画って、新しすぎる技術一本で映画を作っちゃって、2~3年すると恐ろしい勢いで陳腐化していた、なんてことが多いんだよね…パートⅡお手本映画【ランボー2(次作【エイリアン2】で昇華した)】とかモーフィング黎明映画【アビス(同じく【ターミネーター2】で昇華)】とか…。
 その故事に倣うと、アタリは【アバター】の次に制作される映画ということになるのだが…(笑) 

 立体映画なんてメガネ無しで観れるようになるまでイラネ~よ!という方針であったが、ちょっと考え直してる今日この頃です。とりあえずあのメガネ、風船おじさんカールじいさんの空飛ぶ家】で練習してみようかな?

 

【宇宙戦艦ヤマト 復活編】観てきた【ネタ激バレ】

 「やめるんだ小林!!」 by徳川太助

 いや劇中ずっと名前呼ばれ続けるんだな小林。小林というのはヤマトの新航海長である。副監督様のことではけっしてないのだがしかし。「小林!!」ってずーっとみんなに連呼され続けるのである。おまえはぷにぷにぽえみぃか!!
 それがツボッちゃって笑いを堪えること2時間あまり。

 その航海長と艦医が、最初の戦いが始まった途端戦闘配置を放り出して艦載機で出撃してしまったじゃないか(!!)。

 新戦闘班長は敵を目視した途端、激昂して波動砲を勝手に発射しようとするし(さすがに古代クンにぶん殴られた)。

 機関担当の双子は詰め所にしけ込んで駄弁ってるだけ。仕事してない。「新型波動エンジンはオレらがばっちり面倒見てるぜ!」と豪語していたのに結局、真田さんが「こんなこともあろうかと」的に忍ばせていた仕掛けに気付いてなかったじゃん。実際に手を汚して整備してるのは徳川太助機関長だし…。
 
 艦医のお姉さんはコスモパルサーで出撃してばかりなのだが、人一倍勇んで出掛けるわりには敵機にケツを取られてばかりで、いろいろな意味で役立たず。あれなら真田さんあたりが、厭がる佐渡先生を無理やりヤマトに引っ張ってきたほうが良かったのでは…。

 TMRの歌にあるように「♪結果を無視する~今ど~き~の強さく~だ~さ~い」とばかりに口だけ達者な脳足りんなクルーに囲まれ、タメ口&不遜な態度のオンパレードである。
 古代クンたいへんだ。幼稚園の引率ではないか。
 だがある意味21世紀スタンダードにじゅうぶん追いついていると言えなくもない…かい?

 以上、【宇宙戦艦ヤマト復活編】におけるじつに些細なツッコミ所を列記してみた。


 どっちかというと【仏陀再誕】に期待していた類の薄気味悪いバイアスが全編にわたりかかってたのは残念なことだが、想定内と言えば想定内であった。
 つまり【新たなる旅立ち】のラスト、真空中で語り合う古代クンとデスラーを見て以来、【完結編】までずっとたゆたい続けていた「アッレ~?」な感じ再びである。26年経って美しい思い出に昇華させていた古傷を、ハンダゴテでえぐられた感じとも言えるけどさ(笑)


 それでも中盤までは思ったよりまともな出来だったのだが、全住民と女王が宇宙戦艦ヤマトファンという惑星アマールに到着してから、いよいよ話が斜め上に展開してゆく。
 敵勢力SUSのキャラクターを際立たせるためとはいえ、ペルシャ式のアマール都市に空爆&市街戦を仕掛けてきたり。これがまたご丁寧に、暗黒星団帝国の地球占領部隊より200年ほど退化した歩兵と戦車である。
 石原慎太郎総統閣下原案とはいえずいぶん昔の話なので誰の趣味なのか分からんが、アメリカ合衆国をモデルに悪の権化を描いたおかげで我が党の覚えも宜しかったのか、岡田の実家であるイオングループで大々的キャンペーンを勝ち取ったのだから、何が幸いするか世の中分からない。
 
 スーパーグッドタイミングなことに、オバマ大統領がノーベル平和賞受賞式典でよりにもよって「戦争?ずっと続けるよ、だって必要だもん」とスピーチしたばかりでもあり、まるっきり的外れでもなかでしょう(笑)

 
 現代でもあり得ない落雷で墜落する飛行機とか、長生き過ぎるミーくんとか、ほっとけば地球消滅なのにわざわざブラックホールのネタバレしに来る敵とか、常識的に考えるとガミラス戦役時に鯨やホッキョクグマや鶴は絶滅したんじゃない?とか、ブラックホールにカスッて大破する第三艦橋とか、なぜ古代雪おばさんの服はビリビリ破けたのか?等々…あまり知性を感じられない映画であったが、こまかいツッコミしだしたらキリが無い。
 でもだいじょぶ…邦画の半分がそんな感じだから。
 マンガ原作でさえまともに筋の通った脚本書けない奴ばっかだし。
 第二弾はきっと気負いが取れてもっとまともな映画になるかも知れないし、続けるのが大事だと思うの。
 
 それに少なくとも【ヤマトよ永遠に】よりはまともな映画だったよ?


 ※ググったら、けっこう大型機でも落雷で墜落してました。すんません(^^;)ノご指摘いただきましたので改訂します。

ば か の セ カ イ

 小林ゆう画伯(声優 代表作『銀魂』のさっちゃん)の男前な楽曲「FIGHT OR FLIGHT」より歌詞抜粋。

 吐き捨てた言葉の意味さえ
 深く考えたりはしない
 今をただ逃げ切るだけ

 また何も無かったように
 同じことを繰り返してる
 無意味なのよ またそんな逃げ

 結局幼稚で 子供のまんまだね
 独り善がり 過去の自分はもう捨てな

 
FIGHT OR FLIGHTFIGHT OR FLIGHT
(2008/01/23)
小林ゆう

商品詳細を見る


 初めて聴いたときは、アニメ制作会社GONZOの脚本を揶揄しているような歌詞内容にコーヒー噴いたものだったが(当曲はゴンゾの珍作夜中アニメ「ドラゴノーツ ザ レゾナンス」のセカンドEDタイトル)、現政権のトップに対してもじつに親和性があるではないか…。



 【TO】を観た。

 概ね予想通りの出来でした。

 まず第一夜「楕円軌道」
 冒頭、お話の舞台、マスドライバー衛星「ミッドナイトバズーカ」に横付けされる宇宙船。
 舷側に停泊するまでずっと推進方向にロケット付けっぱなし。70年代アニメ並みのセンス…「プラネテス」が放送されて5年以上経ってるというのに…。

 そしてコンテナ射出。
 だが。
 なんと射出と同時にバックブラストがドカンと後方に!!
 
 えーっ!? ガスかなんか使ってんのか!? つか電磁カタパルトのほうがよくね?でもって射出速度ユルくね!?

 監督ご自慢のメカもダッサ!!

 物語開始5分でこの有様…。な…なんか、視聴するにつれて脳細胞が減ってゆくようなこのだるさはいったい…。がんばれ俺…まだもう一本残ってる。
  
 
 というわけで第二夜【共生惑星】。

 開始早々バイオハザードで役立たずになる主人公もすごいが、ほかの誰も研究して助けようとかせずに、監禁したまま放っておくのも大概というか。

 そしてナゼかよく分からないけど突然基地中が感染域に。

 この感染をもたらした異星の生態がまったく描写されていないので、サスペンスも中途半端のまま。せまーい基地内だけでお話が展開するため、世界観の広がりが皆無。
 だいたい人類のコロニーって、対立する二つの基地だけなんかいな。
 百歩譲って原作基準だとしても、何かちょっとひねったりする気無いのかね?

 最後は対立していた皆さん、全身カビまみれで酸素過多でハッピー状態って何じゃそりゃ?

 しかもこの二つの勢力の対立の構図ってのがまた…この脚本書いた奴にはSF考証スタッフとか「冷戦て20年前に終わってますよ」とか助言してくれる友達とかいないのかな?


 【宇宙戦艦ヤマト 復活編】観に行く前に大駄作を見させていただいた。有難いことだ。
 シネコンは【劇場版ワンピース】を観る客で長蛇の列だという。ゲゲッ! 

となりのレトロ

 最近レトロフューチャーな気分に苛まれてます。
RbsRfuhAYoifpv92ynfgkos1o1_500.jpg
 来年は木星が太陽化するというのに。(2140年説の話はまたあとで…)

 越後屋さんに貸していただいたDVD「黄金模型店 未来科学 昭和の模型」みて、この傾向にさらに拍車がかかってしまうま(セルDVD使用目的に関するetcについてはツッコミ無しの方向で・汗)。

 このソフトは旧ミドリ商会など、黎明期のリモコンモーター駆動ギミック付きプラモデルを紹介するモノ。チープな特撮付きで勇ましいBGMと共に懐メカたちを紹介してるだけだが、愛がある。
 モグラスシリーズなど、最近再販されたアイテムも登場する。個人的にジュニアモグラスがいちばん洗練されたフォルムで好き。ビッグモグラスのリアも【フラッシュゴードン】ぽくてイイ!
地中戦車 ジュニアモグラス地中戦車 ジュニアモグラス
()
不明

商品詳細を見る

 さすがにいい年こいて、昨今の「男」ではなく「漢」と表記する『ドリルは漢のロマン』ノリにはついて行けませんが…。
 …っても我が家にはしっかり「海底軍艦」「ジェットモグラ」「マグマライザー(わざわざアンヌ隊員付き)」が配備されており、まずは抜かりない状態(笑)


 残念ながらドリルは我が国限定レトロフューチャーアイテムであり、世界共通認識ではない(英仏トンネルを穿ったあの削岩機は欧米全体に感銘を与えたのか【劇場版サンダーバード】版「モール」のイメージソースになってたり、いろいろなところでお目にかかれるが…)。

 だがそれ以外、普段小林誠センセや村田蓮爾センセのイラストでしかお目にかかれない乗物などは、ググると色々画像などゲットでける。
 最近のお気に入りはタトラ603
tatra_603.jpgTatra-603-advert.jpg

 こんな形なのにリアエンジン。フロントバンパー下の扉にスペアタイヤを収納してたり、キュートです。そのあたりまで再現した1/18ミニカー欲しかです。
 
 ググるには固有名詞が必要ナリ。しかも英語表記じゃないと引っかからない。
 こいつは呼称不明でググれてない奴。誰か知りませんか?
bucky4.jpg

 ほかにはエアロトレインなど。ウィリアム・ギブスンの『ガーンズバック連続体』が実写化したようなグーなカタチナリよ。
EMD エアロトレインGometz_2005_26.jpg

 絶妙な野暮ったさとシュールレアリズムが同居したデザインが味ですな。1950~1960年代のフランスやロシア製軍用機なんぞ、まさしくマストなんですが。シュペーアの未来都市ゲルマニアなんかもエエですねぇ。


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。