無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
3
4
5
6
7
11
12
13
14
17
19
20
22
25
26
27
28
30
11


「内藤×亀田」いよいよ

 引っ張りすぎてボクシングファンにはやや背を向けられた感ありの「因縁の対決」であるが、あの馬鹿馬鹿しい亀田弟との戦いから二年…テレビ局の浅はかなシナリオによる茶番に終止符が打たれるのか!?
 とりあえず「坂の上の雲」は録画して後回しにした。
 ちゃんとリアルタイム中継で見るぞ(なんか最近TBSの番宣ばかりで気分悪ぃけど…)。

 いろいろ言われてるけど、勝て!勝つんだジョ…いや内藤大助!!




 おわた…!

 しかし試合内容はケチつけられんかった…仕方あるめえ。

 内藤、よく戦った!!

【 T O 】が放送されるよ。

 星野之宣原作『2001夜物語』をベースにしたOVA【TO】が放送される。回りくどい言いかたなのは『2001夜物語』は過去にもアニメ化されてるからなのだが。

 地上波では26日深夜から四週連続
 BSーTBSでは今夜10時より。
1280x960to.jpg

 個人的に2009年宇宙ネタキャンペーンの最後から2番目を飾る作品なので、テレビの前で正座して待ってます。 

 こさえたのは超問題作(笑)【ベクシル2077日本鎖国】の曽利文彦カントク。
 この【ベクシル】についてもいつかはなんか書きたいけど、ヘンテコすぎてとこからツッコミ入れたらいいやら。

 原作【2001夜物語】は、時には悲劇を描くとはいえ、基本は前向きな人間賛歌と七十年代センスオブワンダーを継承する正統派SFマンガであった。

 ところがどっこい【TO】では宣伝文句からして「人類は、宇宙に裁かれる。」などとホラー的脅し文句である。
 たったワンフレーズで「人類とかテクノロジーって悪ですよね~」という、作り手の厨二病的原罪デフォルト状態(しかも二十年ほど時代遅れ)が滲み出てきそうです。

 いちおう未見なのでこれ以上ネガティブ・キャンペーンは控えますけど。なんかの間違いで傑作だったら間が悪いし(笑


 本日はもう一点、問題作が発売されてますな。
艦船模型スペシャル別冊 HYPERWEAPON2009 2009年 12月号 [雑誌]艦船模型スペシャル別冊 HYPERWEAPON2009 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/26)
不明

商品詳細を見る


 …って絵がないよアマゾン様。
CIMG3279.jpgCIMG3280.jpg

 【宇宙戦艦ヤマト 復活編】のこゆ~い情報の他に【バトルスターギャラクティカ】ファンもニコニコする内容です。
CIMG3281.jpg

【劇場版マクロスF イツワリノウタヒメ】観てきた【ネタバレ有り】

 ※ネタバレ :B地区あり 


 【宇宙戦艦ヤマト 復活編】を見る前に、ヤマトより出来の悪そうな劇場アニメをみておこう…そうすればヤマトが駄作でも精神的ダメージ軽減されるから…。
 という理由で観に行った【仏陀再誕】だがしかし、その目論見は脆くも崩れ去ったのであった。
 
 それならばもういっぺんアタックするしかあるまい。ちょうどイイ感じに駄作っぽい香りのアニメ映画が公開されてるから。
 
 で【劇場版マクロスF】。
 テレビ版1話~7話あたりを再構成して別の話に仕立てたようです。一度2クールぶんもこさえた話ゆえにさぞかし整理されてるはずだ…と思ったけどそうでもない。

 アルトが歌舞伎一家の女形という、ストーリーに全く寄与しなかった設定もそのままだ。ああ、あれ残さないと『アルト姫』って言葉使えないからか…その代わり「こいつ誰!?」な兄弟子は消滅したらしいが、腐女子向けにミシェルとのフラグは立たせたらしい…ゲッ。

 そんな調子で21世紀版マクロスはギャルゲフォーマットで構成されているのだ御同輩。
 中盤にさしかかると「らき☆すた」あたりのファンが喜びそうなネタアニメと化している。
 …いや失敬、厳密にはネタのぶちかまし方に「キディ・ガーランド」と同じ痛々しさが見受けられるので、キャッキャウフフできるのは余程の信者だけかも…。
 あそこまで行くと絶大な権力の生徒会とか登場したりしないのがかえって違和感を感じるほどだよねぇ。あと畳みかけるようなょぅι゛ょ&百合ネタとか。
 そしてなにもかも詰め込んだ箱庭世界(サンフランシスコと渋谷と秋葉原が隣接してるとかワロチ)で戦闘、学園生活、デート、デート、デート、デート、戦闘くらいの割合でお話が構成されてるという…。監督、「ガンパレード・マーチ」とか恋愛エロゲとか大好きなんスね…。
 ドラマパートは三角関係を構成するふたりがたまたまいいムードになると、必ずもうひとりが偶然居合わせるという、月ドラ並にやっすい展開。
 しかし厨二病を患わせすぎて筋の通った理屈が通じない主人公と、劣化版ハルヒなヒロインと厄介なビョーキ持ちのヒロインの噛み合わない会話など、ギャグだと思えば楽しく見れまつよ?。おじさんそれよりも、テレビの話数毎に顔が変わってたシェリルが、劇場版では五分に一度顔とおっぱいのサイズが変わることのほうが気になったな。 


 肝心のバジュラとか永遠の17歳御一行の陰謀パートはテレビ版を受け継ぐ様子。グレイスさん途中で良い人になってたから「アレッ?」て思ったけど大丈夫、予告でパート2に続いたから
 
 ※ネタバレ 予告で真っ赤なVFー1バルキリーが登場してたけどアレ何?つーか誰?

【2012】観てきた。【ネタバレたぶん無し】

 というかネタバレとか関係ないか。だって人類☆滅亡ってそこら中で謳ってるし。内容そのまんまだから。

 世の中には綺麗なディザスタームービーそうではないディザスタームービーがあるが、例を挙げると

 綺麗な例→【日本沈没(1973)】   ダメな例→【日本沈没(2006)】

 で、よろしいかと思う。
 1973版は人物描写…特に頭空っぽで存在感無しのヒロインとかががダメダメという理由で、2006版を推す向きもあるようですが、いったいなにトンチンカンなことを言ってるのか(そもそも1973版でいちばん空気なのは主人公の本郷猛だし)。
 そんなことより日本が沈没しないオチのほうが全然ダメでしょう

 大災害映画の人物描写なんて、最小限外さないように手堅く、おさえるべきポインツをおさえときゃエエのではないかと思います。登場人物はみんなステレオタイプでいいし、お約束をすべておさえた上で引き際(死に場所)さえ趣向を凝らせばいいのです。
 そりゃ、人物描写に工夫を凝らせば一段とエレガントなA級大作になるでしょうが、アニメ屋さんやローランド・エメリッヒにそれを期待してもしょうがない。

 その点今回は抜かりなしでした。
 手堅い人物配置で上手く状況が説明され、小気味よい伏線もちりばめられており、群像劇としては【インディペンデンス・デイ】以来の上々の出来でした。

 一流映画の予算でBムービーをこさえるという才能の他に、地味な俳優が大好きというエメリッヒ監督なだけに、ブレイク前のウィル・スミスとクセのある蠅男にビル・プルマンまで揃えるという奇跡は起きませなんだが、それが起きてたらもっと受けてたかも…。…関係ないけどあの時の大統領夫人は【バトルスター・ギャラクティカ】で今度は大統領を演じてますね。

 代わりにめっさ地味なジョン・キューザックが主人公。地味すぎて同じ系統のエドワード・ノートンとたまにごっちゃになるという…(というのはひょっとして俺だけ?)
 【マルコピッチの穴】で、主人公なのにジョン・マルコピッチに負けてただけでなく、すっぴんでジーナ・デイビスと見分けが付かなくなったキャメロン・ディアスにさえに負けてたという(と思ってるの俺だけすか?)

 しかしその地味さのおかげで群像檄にはしんなり馴染んでますた。でもそのせいで(?)途中で登場したチャイナ兄弟の兄貴が「どこかで見た顔だな…」と気になって気が散ったりつまらないことに眼が行くのだが。
 これから観るかたのために書いておくと、あの人は【ダークナイト】で銀行家のラオさんを演じてた人だと思う。弟のラマ僧も美顔整形したさかなくんみたいな顔が面白くて気が散るので、気をつけてくださいね。


 先日『クローズアップ現代』で【2012】のCGを担当した日本人がクローズアップされていて、そのなかで、CGのリアルさが増して違和感が無くなってゆくほど、我々の苦労は目立たなくなってゆくとかなんとか仰ってましたが、たしかにライブパートと合成の境目はもはや全く分からない完成度です。「でもCGでしょ?」とか、【スタートレック(2009)】あたりからもう意識しなくなってきました。
 いやしかし、
 今回はむしろすべての地割れ、津波、火山爆発にビル崩壊を100倍にスケールアップした結果、何故かそこはかとない笑いが生まれるという、CG特撮が今後目指すべき方向性が見えたような気がします。
 要するに、かつてのアニメ…板野サーカスや金田作画、庵野爆発に大塚先生の作画のように、動きが面白かった頃のアニメーションみたいな視覚効果が生まれていると申しますか…。
 【インディペンデンス・デイ】に例えると、マザーシップの攻撃が始まって大統領一行が辛くも逃れるまでのいちばんにぎやかなシーンが、延々続く感じです。いっぺんあの驚きのバカ映像は見る価値あるかも。

亜細亜で卍ナチス卍大戦

 もうなんべんめなんだかこのガチンコ対決は?
 模型雑誌やお店で新製品情報に接するうちに「アレッ?」と思うことしばし…
 各々断片的なリリース情報だけではこの異常事態は把握しきれぬ。
 すなわち これとか↓
35043.jpg
 これとか↓

CB-35033.jpg

 これとか↓
hb82442.jpg

 上からトライスター、ブロンコ、ホビーボス、と。
 sdkfz221と222とわずかな違いはあるものの…全部アジアのプラモメーカー新製品ナリ。
 前からこのへんのメーカーはセキュリティチェックが甘いのか、ご無体なバッティングが後を絶ちませんねぇ。
 ドラゴン/サイバーホビーが参加してないのが不思議なくらいです。
 しかしこれらキットがだいたい一個単価3,400円~4,800円とすると、ドラゴンまで参加されたらたまったものじゃありませんが、小売り店とお客的に
 むしろ一強ドラゴンを出し抜こうとしつつ、各社でも出し抜き合戦やってるような構図も見えますな。
 たしかに、ドラゴンはコワいメーカーです。ちょっと気を抜けばこんな仕打ちである。↓↓↓
TRR35041.jpg CH6585.jpg

 さすが三国志の国

 ユーザー的には、業界上位のドラゴンとAFVクラブ抜きの競合って、切ないだけなんだけど。


 それにしてもタミヤのsdkfz222含めて、アジアのメーカーばかりが四社も模型化してるとは。
 欧米といえば、まともなティーガーⅠのキットさえ、全部ひっくるめてもイタレリ一社のみだというのに、この差はなんなの?

Ma.Kモデラーズショーケース Vol5

 有志による模型展示会などは、公式を差し置いて速攻ネタにしていいものかといつも悩むところだが、フッキーさんに許可をいただいたのでレポさせていだきまつ。
CIMG3181.jpg
 
 スターデイト1115-1304時
 ついに第五回マシーネン関東展示会開催でござる。

 CIMG3142.jpgCIMG3145.jpg

 盛況でござんす。なんせ今やマシーネンキットはタミヤの戦車より速いペースで新製品が発売されてることだし(あらゆるジャンルのキットがタミヤの戦車より速く製品化されてるのはともかく…)

 とにかくスゴイ出品数。大物は1/20ルナダイバーが三機もいたりして(泣。サイズで目立つのもなかなか難しくなってきた。グラジが一機もなかった…等々、毎年傾向が変わるもんですね。

 ガンダム無し(当たり前だ)。チョー当たり前だけどタミヤヨンパチ傑作機もないよ。スゴイね!
CIMG3146.jpgCIMG3147.jpgCIMG3162.jpg

 真面目なレポは公式を待つとして、当ブログでは物凄く偏った視点でお送りしたいと思います。
 例えばこんな作例。超絶ドットパターン迷彩の素晴らしい1/35ナッツですが…
CIMG3235.jpgCIMG3233.jpg
 痛車でした。

 マシーネンといえばフィギュアを絡めてやっと一人前でござる。
 ですが世の中にはメカ×おにゃのこの掛け合いが好きだ、という紳士の皆様が大勢いらっしゃいます。
 でもマシーネンクリーガーってリアルなおっさんフィギュアじゃないとダメなんでしょ?と思って敬遠してる人もいるかも知れぬ。そんなことはない!
 作例でやわらかマシーネンを段階的に見てみましょう。
CIMG3232.jpg
CIMG3230.jpg
CIMG3231.jpg
 上から、よい子わるい子ふつうの子の順番…ふつうの子…?

 いやむしろ世間一般的にふつうの子が基準だし。ピットロードの1/350艦船模型のオマケとかたまごヒコーキのパッケとかみんなアレだし。
 わたくしは断然わるい子支持ですけどね。
 
 そして一等賞↓↓↓

CIMG3203.jpg
 
 以上、マシーネンだってやわらか作例でいいのだ! という好例でした。別ジャンルの皆さんも来年の展示会にご参加してくださいな。おっかなくないから。

 そのほか、様々な作品。とても全部は紹介しきれませぬ。
CIMG3194.jpgCIMG3183.jpg
CIMG3159.jpgCIMG3219.jpg
CIMG3149.jpgCIMG3240.jpg
 つうかせどさん、あとちょっとでレストア中のヨタハチになっちゃいそうな作例なような…(笑

 ゾイドは1/76サイズでたしかユージンのガチャ改造だそうですがほぼスクラッチの労作。
CIMG3161.jpgCIMG3149.jpg

 機体全面にムンクの叫びを描いた1/20ルナダイバーは我等がファイアオ代表の迷彩士さん作。まさか完成に至るとは思わなかったランチキン製キット。死蔵していたわたしも和んだ瞬間です。
CIMG3168.jpgCIMG3189.jpg
 鉄人にデブ専マック。ここら辺はガンプラに真似できない広がりですよね(笑
CIMG3154.jpgCIMG3153.jpg

 というわけで、今年も楽しく過ごさせて頂きました!展示会スタッフの皆様、、大変お世話になりました。次回はちゃんと完成したの持ち込みたいねえ(爆死。
CIMG3169.jpg
 

Ma.kショーケース Q

 なんで金曜日に作業サボって寝ちゃったんだろうオレってバカバカッ! と悔やんでいる方もいるやも知れません。わたしもです。

 ある意味予定通り、順調です。
 
 だいたい余裕こいてブログ更新しているくらいです。

 まあ基本塗装始めて、色をのせてみたら捨てたくなってきたので、冷却期間を設けているとも言いますが。


 工作が終わり、マッイッカと開き直ったところで最終記念撮影。

 だがしかし。

CIMG3132.jpgCIMG3136.jpg

 …気がついたらどっかで見たようなルックスになっていますた。

 アンパンマンにこんなやつ出てなかったっけ?


 ……。

CIMG3133.jpgCIMG3134.jpg
 
 機体両端のバルジにずいぶんとアレなものがくっついているような気がするが、他にぴったりのストックパーツがなかったんだから仕方ない。

 …たまびヒコーキがぴったりなんじゃないか!?

 と思いついたときは後の祭りであった。

 というわけで明日は蒲田で会いましょう皆様。
titlemm.jpg

総理による宇宙戦艦ヤマト応援キャンペーン動画。

くそー面白すぎてなるべく大勢の皆さんと共有せざるをえないんだぜ。


 ていうかニコ動をブログに貼り付ける方法試したかっただけだけど。


 追伸 
 たぶん世界で初めて地球連邦大統領を演じた、森繁久弥さん死去。わずか数カットの出番ながら、現日本国首相に比べてなんと堂々とした物腰であったことか。合掌。

 森繁久弥さんが地球連邦大統領役を演じたその映画については、いずれブログになにか書くかも。

Ma.kショーケース 破

 たいへんだ一週間経ってしまったダバ!!

 おおっとあまりに取り乱したので語尾がフェナリナーサの王様になったズラよ(←殿馬)

 まあ平壌運転といえばそうだけど。
 焦りすぎて途中経過を撮影するのも忘れていたので、ろくな画像がないんですよ。
 …いや嘘。ホントは笑えるボケ画像が撮れなかっただけ。
 ということは作例が、見た人が思わず和んでしまうほど微笑ましい方向性に向かってないということなので…今さらジタバタしてももう笑いの神様は降りてこないので、まったり行くしかあるまい。なに狙ってるのか自分でももう分からなくなってきた。

 というわけで 途 中 経 過 。
CIMG3128.jpg

 スカパーで放送された【スタートレック】2009版の影響だろうか、なんかそれっぽいラインになってるような。
CIMG3130.jpgCIMG3123.jpg

 とりあえず基本形はほぼ完成したのである…したのだ、と言い聞かせ自分を抑えないと、まだまだいろいろ盛り込みたくて夜も眠れなくなっちゃう。
 エポパテで成形する前に隙間をなるべくプラパーツで埋め、重量過多にならないよう気をつけます。
 それにそろそろ台座に据え付けねえと。
CIMG3125.jpgCIMG3127.jpg

 しかしまあなんだ、いまんところマシーネンというよりはモビルアーマーに近いというか…。
 これがエポパテ成形と仕上げ、塗装でどうマイオリジナルに変身するのか、見物である。…などと他人事のように呑気な態度。
 つーかあとまるまる一週間あるもん。チョー余裕じゃね?(←それ死亡フラグだから)

JMC展示会に行ってきた

 帰投後、PCに画像を移そうとしてデジカメのフタを開けると、SDメモリが入ってなかった\(^o^)/

 …結局本体メモリにちゃんと保存されていることにさっき気付いたけど…本体メモリ、ちゃんと装備されてたんだね、うちのデジカメ…。知らんかったわ。


 いい天気に恵まれた都産貿。中二階フロアではモデラーズフリマも開催しておりました。
CIMG3055.jpg

 大量の完成品。コンテスト作品なので力作揃いです。
 ガンダム抜き。展示会にありがちな、締め切りに間にあわねーから組みやすいタミヤヨンパチ傑作機でとりあえず参加、という作例も当然見あたらない。
CIMG3052.jpgCIMG3053.jpg
CIMG3065.jpgCIMG3054.jpg
CIMG3063.jpgCIMG3068.jpg

 下は六歳から参加…完成に至った時点で高橋君(←誰!?)より偉い。またアイテムチョイスが渋い(笑
CIMG3070.jpg


 ファルケがたくさんありますた。
CIMG3061.jpgCIMG3058.jpgCIMG3059.jpgCIMG3057.jpg
CIMG3093.jpgCIMG3089.jpgCIMG3084.jpg




 世界中のマナを集めるガメラのごとくモチベーションをいただいたところで、ハセガワ様コーナーへ。
CIMG3105.jpg 
 この仮組みルナダイバーがえらくカッチョエかった!
 機体のラインを再現する必要上部品分割が増えるから、D3-WORKSのレジンキットのほうが組むの簡単だし…と思っていましたが、想像以上に組んで楽しき良キットになっている模様。
 下のSGはげんぞうさん作なり。会場でばったりご本人に遭遇しました。
CIMG3102.jpgCIMG3106.jpg

 最後はハセガワ社内作例と、その他個人的にカッコイイと思った作品ををずらずらッと。
CIMG3098.jpgCIMG3099.jpg
CIMG3100.jpg
 乗組員もタマゴww

CIMG3116.jpgCIMG3115.jpg
CIMG3077.jpgCIMG3121.jpg
 

いい歳こいて

 同人誌を買うてみました。

 しかもネット通販で。
 CIMG3032.jpg


 これというのも秋シーズンの新作アニメが軒並み◎ソだからに違いない。おかげで飢餓感が満たされず、うっかり【仏陀再誕】なんか観にいっちゃったり同人誌買っちゃったりするのだろう。

 『むらかわみちお党』。
 この名前もずいぶん昔からお目に掛かっている。はじめてこの人の同人誌を買ったのは二十年ほど前のコミケだったと思う。その同人誌が何年もあとになって、商業誌の単行本『還相(げんそう)』に再録されてて驚いた覚えが…。
 司淳の『ガンブルー』とか園やんの『メカオペブック』とか、いつまでたっても原典を後生大事に抱えてるアーチストって、なんか嫌いじゃないぜ。
 そういえば『メカオペブック』もゼネプロの通販で購入したんだっけか。あれはリアル厨房の時だった。たしか伝説の発禁本『よい子の卑歌集』と一緒に。


 今年春の「ヤマトパーティー」で初売り後、コミケでも販売したらしい。
 同人誌とはいえ長年の宇宙戦艦ヤマト愛が詰まった内容です。愛のかけらもなかった徳間ロマンアルバム【銀河英雄伝説コンプリートファイル】とは雲泥の差。
 執筆陣もゴーカ。
 ちなみに、エロ本ではありません。
CIMG3036.jpg



 そしてもう一冊買ってみた。
CIMG3049.jpg

 漫画家越智一裕先生による「超合体魔術ロボギンガイザー」「ブロッカー軍団マシーンブラスター」のヒロイン画集。
 ピギャー

 こちらは日本アニメーションにちゃんと許諾を取った由緒正しい同人誌です。なのでやはりエロ抜き。
 興味ある人、ギンガイザー第17話が幼き日のトラウマになってる人(笑)は、うちのリンク先の〈チームストライク〉にジャンプしてみてね。
 


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム