無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
06


マイコーについてなんか書いてみる

 この前もデビッド・キャラダインについてなんか追悼に書こうとあれこれ考えているうちに、死因が明らかになり…あまりにも男前な死亡原因に、下手なこと書かなくて良かったと胸を撫で下ろしたばかりなのであるが…。
 
 そのデビッド・キャラダインやファラ・フォーセットに比べてさして思い入れのないマイコーについては、何故か書いてしまうのであった。いや一応「SAYSAYSAY」「ビートイット」は好きだけど、どちらかというとアル・ヤンコビックの楽曲が脳内再生されてしまうほうなんで。
 
 先週【ルパンVS複製人間】について書いたが、マモーを地で行っていた御方がマイケル・ジャクソンであった。なんというか、実在の人間で最もSF性を感じさせる男であった。
 あと二十年ぐらい長生きしていたら、人類初のサイボーグになっていたのじゃないかと思われたのに…。

 それにしてもアメリカのお金持ち(最期は四百億の借金だけど)って不幸のまま変死するのだなと思ってみたり。
 幼児期虐待に金持ち過ぎる家族のいざこざに訴訟に美容整形とカウンターナレッジの犠牲者と…絵に描いたようにアメリカンな駄目な部分を背負ったからな~。デイズニーランドやビックカメラ貸し切りに出来ても、あんまり幸せそうには思えませなんだ。ルパン的に言うと「やっと死ねたんだ…」というところ?


 つい数日前に【チャプター27】っていうジョン・レノン暗殺犯の映画を見たばかりだったから、なんだかむだに胸に響くようなそうでもないような…。
 とにかくマイコーで映画ネタに無理矢理引っ張るとその程度しかこじつけられない。
 あとは、そういえばジョン・ランディスって最近なんか映画作ってたっけ?とか。
 【ムーンウォーカー】の思い出なんか書けと言われても無理だし(一回だけ見たけど)。

 
 ということでフジテレビが速攻でマイコー追悼番組放送するそうですが、どうかデビッド・キャラダインとファラ・フォーセットも追悼してあげて!
 【キル・ビル】はともかく、夜中でいいから【デスレース2000年】と【宇宙の7人】それと【スペースサタン】放送してくだされ。あと【2300年未来への旅】。

【ルパンVS複製人間】

 いきなり以下無断引用の引用の引用ですがすいません。


 793 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/24(火) 09:57:20

 ↓ヤフーに出ていた中学生の恋空の批評。全てを物語る秀作。

 映画館の中が休日ということもあってか、すんげーうるさかった。
 僕も中学生だからまー周りからみたら同じなんだろうけど、
 恋空はつまんねー。しかし、しかし、それ以上に椅子の上やらコップをおく場所やら、
 ゴミはおきっぱなしで、ときどきコンビニの袋がそのまま椅子にのこってたり、
 お菓子の食べカスがそこらじゅうにばらまかれてて、そーゆー人が感動して泣いてる映画。
 感動する人間のレベルも最低。
(引用終わり)


 2ちゃんの面白ネタトピックでたまたま見つけたのであるが…なんだ、この簡潔にして要点を突いた文章、鋭い洞察!映画を通して人間まで見とるではないか…。
 最近の厨房は頭いいんだなー。
 なんだかわざわざブログ開設して言葉つらつら連ねて映画批評じみたことしてんのが馬鹿馬鹿しくなってきたよおじさんは。


 ということで、気を取り直しまして。
 アニメ『けいおん』第十一話、主人公の仲良し四人組女の子(+一名)のあいだに、些細なことから微妙な空気が生じてしまう。ていうかいきなり深夜萌えアニメの話でスンません。
 この十一話を見たオタクの反応があまりに鮮烈だったもので…ご覧になったかたもいるでしょうが、仲良し萌えキャラ同士がギクシャクする話、しかも一話内でちゃんと仲直りしているというのに、萌えオタどもときたら、顔真っ赤にして「あんな口当たりの悪いもん見せんなよ!!」って怒っているのである。しまいには脚本や制作会社の体制まで批判する始末。
 
 …その昔オタクという人種は、やや内向的でいろいろ欠点はあるにせよ、一種独特な世のすね方というか、美意識というものを持った連中だと思っていたのだが…。
 あの程度の些細なエピソードを、まるで人間関係の修羅場のように受け取ってしまう、最近のオタクの精神的打たれ弱さはなんなんだ?
 こいつらはアムロが醜態をさらす『機動戦士ガンダム』初期エピーソードとか耐えられるのだろうか。『伝説巨人イデオン』とか、矢吹ジョーが悔しくて涙ぐんじゃうシーンとか見れるのか!?


 その昔、七十年代には、子供の視聴者をまったく想定していないアニメが作られていたものだ。
 要は、おカネのかからないからアニメーションという手段で『映画(あるいはドラマ)』を作りました!という風格の作品があった。
 残念ながら、ガンダム以降「アニメは子供のコンテンツ」という共通認識が出来上がってしまい、もはや制作者サイドさえ、その先入観から逃れられない有様。

 今じゃ、深夜アニメにも規制が入る世の中ですよ。
 いい大人が「あんたたちアニメでエロいシーン見たらグレたり犯罪に走るでしょ!!」と言われているようなもんですよ。
 でも規制が入ると何かいけないことのような気がしてくるから不思議。
 みんなもうちょっと気を確かに持って、少し腹を立てた方がエエですね。


 そんなわけで大人のオタクの鑑賞に堪える猥雑アニメ【ルパン三世 マモーとの対決】別名【ルパンVS複製人間】、楽しく鑑賞しております。
 不二子ちゃんのおっぱいにもちゃんとB地区が描かれておる(←最重要ポイント)。
 【ファントムオブパラダイス】に本物のマモー(ポール・ウィリアムズ)が登場したときは驚いたわい。
 ていうか、あー良かったなんとなく話が繋がって。
ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]
(2003/10/24)
山田康雄増山江威子

商品詳細を見る
 

【千と千尋の神隠し】

 【攻殻機動隊】と【獣兵衛忍風帖】のソフトがアメリカで物凄く売れたあたりから、日本のアニメ業界は狂い始めた気がする。特にガイジンオタクが攻殻を完コピした【マトリックス】以降。

 その二本を制作したプロダクションIGマッドハウスがその後制作したアニメには、世界市場を狙った作品が多数見受けられる。

 ところが、【攻殻機動隊】と【獣兵衛忍風帖】がどうしてガイジンオタクに受けたのかは、とうとう最後までクールな分析が成されなかった。
 おかげでその後のセールスは芳しくない。大々的世界進出どころか、日本のアニメ業界は本数だけは増えたけど、内容的にはやせ細るいっぽうだ。
 クールな分析とはすなわち、ガイジンは内容を伴ったカートゥーンに、おっぱいが登場することにデカルチャーしたのだという分析だ。

 あるいはおっぱいは関係なくてひたすら内容が優れていたからだと、自らにずっとウソぶきたかったのかも知れぬ…。そのほうが有り得そう。


 で【千と千尋の神隠し】(以下、【センチ】)
 ジブリ制作で世界で大受けした【センチ】と【もののけ姫】は、じゃあなんで受けたのか。
 ここでもやはりひたすら内容が優れていたからという以上の分析は成されているのだろうか。その後発売されたムックなどを見ているとそうは思えないのだけれど…。

 偉そうにじゃあおまえ分かるのかよ?といわれれば、そう、俺は知っている。
 なんでウケたのか。
 それはこの二作品にアメリカ人が大好きなモノがすべて詰まっているからだ。

 すなわち首チョンパ(もののけ姫の侍)、 スライム(ダイダラボッチ)、ブタさん(イノシシ)、うんこ(センチの川の神) 


 考えてみてください。
 【センチ】の川の神を洗うシーン。あんなに愉快で下品なうんこ描写を、ハリウッドがPG-12かそれ以下に押さえることに成功したことはない。
 ディ◎ニーの重役があのシーンを見てどれほど悔しがったか…。想像すると痛快です。

 
 とにかく…

 この説をお友達に話すと精神異常者だと思われるからやめよう。 

千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]
(2002/07/19)
柊瑠美入野自由

商品詳細を見る

【スタートレック】

 公開最初の日曜日。川口の映画館は【ROOKIES -卒業-】を見るお客さんで賑わってますた。TSUTAYA調べの「泣ける映画ベスト」一位【恋空】三位【わたしの頭の中の消しゴム】を裏付けているようないないような…。


 初夏のパート2(一部パート4)映画合戦第一弾【スタートレック】観てきましたぞ(志村~【天使と悪魔】忘れてるぞ~)!


 とりあえず旧【スタートレック2~6】で大佐だったスポックがなんでもう中佐…

 最初からチェホフ登場って…

 ていうかカークが候補生なのに、カトーとチェホフはなんでもう任官しておる!?

 ていうか宇宙大作戦メンバー集まりすぎ。世界狭ッ!

 なんでアメリカンファミリー向けムービーのガキはみんな絞め殺してやりたいくらい可愛げがない腕白小僧なのか!?  

 ウィノナ・ライダーがスポックのママ役!しかもチョイ役(涙)

 エリック・バナ(【ミュンヘン】の主人公の人)スキンヘッドと顔の入れ墨だけでエイリアン顔…

  エリック・バナはん何故シズマドライブ作っていらっしゃる!?

 ひょっとして地上でエンタープライズを建造してたのは、カークたちが乗る船と絵的に被るのを防ぐただそれだけのためなんか…?

 ていうか船内…工場萌え映画か!!!

 
 以上ツッコミ&やってはいけないトレッカーなツッコミ(のほんの一部)でした。

 
 それでも映画は面白かったです。
 【スターウォーズ】の華々しい失敗(おカネは儲かったとはいえ…)から『エピソードゼロ』ネタ映画をこさえる上でのリスク回避を多く学んだようで、今回はうるさい旧ファンも納得の出来でした…というか、旧ファンのうるさい文句を封じる仕掛けが、この映画のキモな訳で…ネタバレなので書かないが『前田有一の超映画批評』でもう書いちゃってるけど。
 スタトレでは手垢にまみれてサルマタケが沸きそうな、時間遡行ネタをまたやりそうで…というところが二重に心憎い。
 【ネクストジェネレーション】以降のテレビシリーズは、やや人間ドラマ偏重で内向的、現代アメリカを映しすぎてて嫌いという人には、ベトナム敗戦前の明るくエッチなスタートレック再来となるか…。とにかくどしどしシリーズ化するみたいです。旧シリーズみたいに二本目(【カーンの逆襲】)がメガヒット、の流れを踏襲するといいですね。   


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム