無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
17
19
20
21
22
23
24
26
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日あったちょっといい話

 自宅に籠もりきりでパソコン相手に働くのに飽きたわたしは、いつものように夕方の散歩に出かけた。

 行く先は近所の模型屋さんである。
 模型屋さんのドアを開けると、奥のレジカウンターにお客さんがいる。わたしはさりげない態度を装いつつ、カウンターの上に積み上げられたスネークアイを目ざとく視認していた。
 (ウホッ!三個購入か…イカすぜ!)

 そう、今日はミスターウェーブのおニューキット、1/20スネークアイ入荷日だ。
 (光速ゲットするぜ…今夜のブログネタだ!)
 入荷日の夕方六時である。一個買うくらい余裕であろう。その店にはハセガワ様の1/20ファルケ初回版がまだ何個か残っているくらいなのだ…。
 月末の金曜、いろいろなメーカーの新製品が並んで賑やかだ。それをチェックしつつ店を一巡した。
 (俺はツンデレだからな…)まっすぐ目的のブツに向かうほど可愛らしい性格ではない。

 しかし店内にスネークアイの箱は一個も無かったのである。

 (まじッスか!?)
 最初の入荷は早々にはけてしまったそうな。先程も別のお客さんが二個買っていったという。
 (なにか、イイ話のような気がする)
 もとより残ってたら購入するつもりだったのだが(ちょっとツンデレ的ウソ)、売り切れちゃったなら何よりじゃないですか。自分のようなオフ会にまで参加する人間より、広く一般のお客さんに買って頂いたほうがいいはずだ…。
 (…でも二個、三個購入って、一般のお客さんか?)

 目標を失いはしたが、わたしは頭を切り換え、かねてより気を惹かれていた、同じく本日新入荷のハセガワ様1/72E-2Cホークアイ2000を物色した。
 (スネークアイにホークアイ…駄洒落にもならないぜ…)
 脳味噌はあくまでブログのネタ探しモードだ。
 (でも…なんだこのロートドームの真ん中の乳首!ダセッ!プロペラレドームもダサッ!だいたいよく考えたら8翔プロペラって面倒くさすぎだろ…) 
 箱を戻した。やっぱり自衛隊のホークアイにしよう。
 (これが完成したら初めてのターボプロップ機だな…)

 あれだけ騒いだワイバーンとガネットはきれいに忘れ去っていた。

マシーネンクリーガー S.A.F.S. Space type 2 スネークアイ (1/20スケールプラスチックモデル)マシーネンクリーガー S.A.F.S. Space type 2 スネークアイ (1/20スケールプラスチックモデル)
(2009/06/20)
不明

商品詳細を見る
 

 というわけでスネークアイ購入したら、もうちょっと真面目になんか書きます。

スポンサーサイト

シャーマン我慢

 一年に一度くらい、M4シャーマンが作りたいという狂った欲求に苛まれることがある。
 今回のは例によってまたドラゴンモデルズタスカモデリズモがシャーマン合戦をおっぱじめたせいである(タスカさんは一方的にケンカを売られているだけとはいえ…)。
6527.jpg35017.jpg
 
 しかも愛くるしい英国バージョンだぜ…。
  もっこりハイブリッドハルシャーマンを買わずに、なんとか乗り切ったばかりなんだから、勘弁してくだちい…。


 特にドラゴンはM2 105㎜留弾砲を先日発売したばかり。
 それにしても最近PMMSからネタパクってばかりだね。
6499.jpg

 ランナーは所々カットされているという。明らかに、車載部品を省略したのであろ?イタレリやアカデミーのM7プリーストに流用されたら困るから

 昔ホビーショーでタスカの中の人に「シャーマン飽きたからプリースト出してよ」と、とてつもなく乱暴に訴えたものだが、零細メーカーにはきつい要望だというのは承知である。旋回砲塔の付いてない戦車は売れない、という模型屋さんの法則である(オリオンモデルズのオーナーが言ってたので間違いなか)。
 
 そんなわけで国産プリーストゲットの夢はあえなく潰え、ドラゴンがプリースト発売しちゃうのかな…。

 そうなると旧ドラゴンシャシー+タスカ製足回り+アカデミー車体でフランケンシュタインの怪物状態な俺プリーストはゴミ屑になるわけだが…まあよくあることだよ(泣)世の中にはグムカの五式中戦車を買うた人も居るでな。
 
 
 トラペVSドラゴンのケンカも相変わらずですが、トラペ製Ⅳ号系列のラインナップはもはやギャグの領域
 砲弾運搬車やベルゲパンツァーや架橋戦車や対空戦車ばかり充実して…わざわざ砲塔まで作っといてドライジーネに載せただけ…何故Ⅳ号H型を出さんのだろう?出されてもいらないけど。

 でも…あ、畜生。オストヴィントにエンジン様が搭載されておるではないか…
 うっわむかつく!
tr01520_03.jpg

 ということで世に買うたやめたの種は尽きまじなのであった。

栗本 薫 死去

 実のところ中学時代にクラスの友達に勧められて『メデイア9』しか読んだこと無い(正直つまらなかった。同じく勧められた素子姫の『ひとめあなたに』はとても面白かったのに)ので、本来ブログで取り上げるべきではないのだが…一応、アニメ「グインサーガ」見てた最中なので。
グイン・サーガ I 【完全生産限定版】 [DVD]グイン・サーガ I 【完全生産限定版】 [DVD]
(2009/07/22)
堀内賢雄中原麻衣

商品詳細を見る

 「一応」というのはsimさんが勧めていた東京MXのウェイン町山の番組とかぶっているからで…

 17しか年が離れていなかったんですね。それがいちばんびっくりだ。グインサーガ200巻完結もあながち冗談でもなかったのね。
 小六時担任の先生(共産党支持)に勧められた『魔界水滸伝』(結局未読)書いてたとき何歳だったんだ…?
 中三の担任(現国の先生)に出された夏休みの宿題は『天声人語』を毎日書き写すことであった。いまブログに駄文を書き連ねてて、その先生の指導のありがたさを痛感しています。 も っ と 真 面 目 に や れ ば 良 か っ た って…(笑)
 そう思うと同時期に「読め」と言いわたされた本にも、やはり意味があるのかもと思ってしまう。

 が、脱線、脱線。


 日本を代表する伝奇(…耽美系、じゃないよね?)作家がこの時期に逝ってしまうというのが何とも象徴的じゃありませんか?
 『グインサーガ』アニメ版が放送されて、同時に『涼宮ハルヒ』新版が放送されてるこの時期というのが…
070707_1-3.jpg
  そういえば5000万広告から二年も経ってるんだよね。超無断転載でなんですが…
  差し支えあれば消します。



 なんだかな~。論理的に説明できぬが、この不安感はなんだ?
 やっぱ早川文庫は打撃を受けるよね…これを期に一気にラノベ出版社化とか。本読みにとっちゃ暗い話題だなあ。

 雑   談

 リドリー・スコットにより映画化という噂の『終わりなき戦い』。
 その映画化を前にして表紙が刷新されちゃってます
 このお馴染み加藤直之版は絶板となるようだ。残念ナリ!!
終りなき戦い (ハヤカワ文庫 SF (634))終りなき戦い (ハヤカワ文庫 SF (634))
(1985/10)
ジョー・ホールドマン

商品詳細を見る

 根拠はないけどやはり映画版プロットを聞き及んでのリニュであろうか…?
 まあ監督が監督なので原作はクラッシュされると思われ…エリート徴兵令と理不尽な訓練、最初の戦闘後の未来の地球あたりで終わりなんじゃない?【ブラックホーク・ダウン】の監督が、あんな陽気でセンチメンタルな話作るわけないって…。
 当然スーツは無し。
 とりあえずガッカリしないよう、その程度と思っておきましょう(笑)



 今年はシゾーカホビーショーに馳せ参じませなんだが、模型誌も出そろい、各誌がんばって最新情報載せてますね。
 で、やはり今年の目玉はファインモールド「五式中戦車」ということなのか…?

 大メーカー…どうした…元気ないぞ(笑)?

 英国の戦車模型瓦版PMMSでも紹介されてますが「九五式重戦車」って…
 大戦末期なのに副砲が付いてるからって舐めるな英国人のくせにぃ!
誤式戦車

 それと大日本絵画様、オスプレイの「日本の戦車1939-1945」発売していただくのは有り難いですが、このタイミングで「八十八粍砲なんて俗説ホントは無い」とか夢のない話勘弁してください。

 誰がなんといおうとファインの五式発売したら載せるから、88㎜。ステレオレンジファインダーもだ!!

ドラゴン Ⅳ号F2

 だんだんドラゴンモデルズマンセーブログ化してきたけど気にせず続けますよ。
 
 北アフリカ戦線でよわっちー歩兵戦車しか持ってない英軍に、『マーク4スペシャル』とあだ名され畏れられたⅣ号戦車F2。独逸陸軍のザク、WWⅡの苦労人(人?)Ⅳ号がいちばんキラキラしてたのが長砲身75㎜戦車砲装備のF型であろう。
CIMG2458.jpgCIMG2462.jpg


 H型? そりゃいちばん強そうだけど、あっという間に脆弱化しちゃった装甲をシュルツェンでドーピングした上に、いろいろ省略されちゃった戦車ですからね…ちょっと儚いんですよね。それはそれでシン・マツナガザクっぽくてイイのだが。

 G型? 確かにいちばん派手っぽいのだが、ドラゴン製はF2(G)という形でしか発売しておらず、その製品だとシュルツェンが装備されておらんのですよ。
 まあシュルツェン装備型Ⅳ号見てGかHか見分けるなんて普通は無理なので先週H型を買いましたけど(笑)
6300.jpg

 というわけで、やはりいちばんゴーカ絢爛なのはマークⅣスペシャルじゃないでしょか。レアものだし(爆) 
 といっても主砲はG、Hよりちょっと短い43口径、何故か前照灯も装備されていないのであるが。
CIMG2457.jpgCIMG2463.jpg
 述べるのが遅くなり申したが珍しく完成品だ(といってもすでに完成寸前の状態で、昨年Ⅰ~Ⅵ号を並べたとき映っていたんですけどね…笑)

  先日のファルケオフでネタがないので持ち込んだ代物。
 全面筆塗りでいい感じのツヤ有りだったんですが、デカール保護のため、つや消しトップコートを泣く泣く塗布…ちょっと台無しな感じに。
CIMG2461.jpgCIMG2459.jpg

 H型こさえた暁にはD型も欲しくなりそうで恐い。
 ドラゴンのDといえば、あのトライスターモデルズとチキンレースを展開したバラバラ粉々キットである…素組するだけで命吸い取られそうだ。

はたらくブーブー ヌルッとその2

 このキットを組み立てるうえで最大のキモ、エンジンフード周り。
CIMG2499.jpg
 ダッシュボードとフロントグリルの接着タイミングが離れているため、エンジンフードに隙間が生じないように組めたかどうか、なかなか判明しない。イッツラショータイッ!
CIMG2493.jpg

 だいたいうまくいったゼ…。あーハラハラした。
 フロントグリルの位置決めピンを切り飛ばしちゃえば世にも簡単だったことには全作業終了後気付いた。ハイホー。

 そんなわけでシャシーが見えなくなった8㌧ハーフ。
CIMG2496.jpg
 あ~あ。
 趣もへったくれも無いキャブに覆われちゃってもったいない…(泣)。だが死は美の母と申す。人はいずれ失うと分かっているものに美を見出すのであるたらなんたら。
 さいわいまた見たくなったら模型屋さんにいくらでも売ってるから安心だ!
 だけどドラゴンは飽きたから、次の8㌧ハーフはトラペの3.7㎝単装砲装備買うて造り比べしよう!…とか魔が差さないように気をしっかり持ってね。
TR01527.jpg


 2㎝FLAK…なんも考えず展開状態に組んでしまうま。
 なぜなら移動状態で組む方法は取説の次のページに載っていたからである。ちゃんと読もう取説。
CIMG2494.jpgCIMG2495.jpg

 とりあえず飽きたのでイタレリの1㌧ハーフと記念写真。
CIMG2487.jpg
 ミニチュアではピンとこないけど、1㌧ハーフが宅配トラック、8㌧ハーフは全長の短いバスと思えばその暑苦しいデカさが実感できるかな?
CIMG2504.jpg
 関係ないけどうちのイタレリ1㌧ハーフはAFVクラブの3㌧ハーフの履帯、ドラゴン製ハノマークのタイヤでインチアップした族車仕様です。デフォルトだと足回りが貧弱すぎてカッチョ悪いので…Sdkffz250系列と1㌧ハーフもドラゴンにリメイクしていただきたいところ。

はたらくブーブー

 仕事が一段落したのでゴールデンウィーク突入です。

 はたらくじどうしゃ(とくにさつりくへいき)好き少年(退役)としては、どーしても興味を引かれてしまうドラゴンの8㌧ハーフであった。
6525inside_story.jpg

 ただでさえ今月のアーマーには神(別名 大塚康夫先生)ご自身による、値段高すぎて買えなかったM1078中型トラックが掲載されており、はたらくブーブー好きの血がたぎるやんけ。

 さーてそんな新金型ホヤホヤ8トンハーフの中身は、っと♪
CIMG2465.jpg
 まるっとシャシーくみたててみますた。
 昨今のドラゴンスマートキット路線でも特に組み立てやすいです!部品も少なめ。
 他者とのガチンコが目に余るドラゴンではあるが、こと相手がトランペッターの場合、選択に悩む余地ははない。
CIMG2466.jpg
 やっぱトラック系キットはシャシー状態が愛くるしい。
 完成するとほとんど見えなくなっちゃうため(涙)手を休め眺めることしばし。
CIMG2467.jpgCIMG2468.jpg
 ここまで組んだ状態で履帯は着脱可能である。
 ハブアームと転輪も接着してませんが、千鳥足配置の悲しさ、外すのは骨である。
 転輪どうしの勘合はほぼゼロゼロなので、あらかじめ転輪を組んでからアームに取り付けるほうが好きだ、というヒトは気をつけて。
CIMG2469.jpgCIMG2464.jpg
 取説ではフロントフェンダーを組み立ててシャシーに取り付けた後エンジンを載せることになっているが、なんのことはない、フェンダーを上下エキパイで挟み込まなければならないからというだけの理由。なのでエンジンを先にシャシーに載せても無問題。

 てきとーにつづく。
 

【グラン・トリノ】

 【マディソン郡の橋】でイーストウッドと共演したメリル・ストリープが語るところによると

 「彼が動揺して泣く場面でカメラから背を背けてしまうの。
変わってると思うでしょ。そういうときは普通、誰だってアカデミー賞に向けて大演技するじゃない?

 あとで尋ねてみたら、「私が泣く姿なんか、皆、見たくないだろう」って…」

 
 大沢たかおに聞かせてやりたい名文句だとおもいませんか(笑)


 そんな渋いおっちゃんが役者人生引退宣言して臨んだ映画【グラン・トリノ】。目立ったおカネの使いどころも見あたらない低予算映画である。
 ズイム軍曹を主人公に据えた劇場版『宇宙の戦士』である【ハートブレイクリッジ 勝利の戦場】の後日談的内容ということで(は?【スターシップトゥルーパーズ】?ABBAの曲がどうかしたんですか?)、老兵ハイウェイ軍曹はその後どうなったのか…観に行かねばなるまい。

 映画の日。劇場はそこそこの入り。ラストでは鼻をすする音多数であったが、べつにパンデミックではありませんよ。

 思えば【許されざる者】で自身の西部劇総括を済ませ、ついでにアカデミー賞までかっさらったというのに、その後の勢いがむしろ凄すぎるイーストウッド。最近も【硫黄島からの手紙】という見事な邦画を作って、日本の映画マニアを絶望させたばかりでした。
 西暦2000年に宇宙SFまでこさえてるし。
 だいたいあのベタベタなメロドラマ【マディソン郡の橋】だって、企画に乗っかったわけじゃなくて、マルパソ・プロダクションで作ったガチ映画でした。
 9.11後には、ハリウッドが心にも思ってないブルーカラー称賛映画をこさえている最中に【ミスティック・リバー】【ミリオンダラーベイビー】という嫌がらせのような映画を作りますた。

 おっちゃんはやはりタダ者ではない。というか元気すぎる。

 そんなおっちゃんによるU.S.A版【おくりびと】なのである。
 クライスラー倒産の一報と前後してこの映画を見るのも、なにか感慨深いモノがあるのだが、あえて「古き良きアメリカ」がどうのこうの言うまい。いやメッセージはいろいろ込められていると思うけど、ハインライン先生同様、素朴な信念に心酔するかどうかでよろしいのではないか。
 

 低予算映画と書いたけど、恐るべしはこの映画の結末。クリント・イーストウッドのファンにとっては、ダーティハリー他イーストウッドのバイオレンス映画のすべてがある意味伏線として働いてます。予算ではどうにもならないプライスレス。泣けました。いろいろ語りたいけど我慢するから観てね。


※『スターシップトゥルーパー』はYESでABBAは『スーパートゥルーパー』だろって突っ込まないように


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。