無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02


007ベスト-Ⅲ-

 第一位 第19作【ワールドイズノットイナフ】 (と、ピアーズ版全部)
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ アルティメット・エディション [DVD]007 ワールド・イズ・ノット・イナフ アルティメット・エディション [DVD]
(2006/11/22)
ピアーズ・ブロスナンロバート・カーライル

商品詳細を見る

 シリーズを通じて初のアメリカ本土に一度も上陸しなかったボンドである。
 それだけでいかにもEUが総力を結集して製作に当たったような感じでしょ?
 特にボンドカーの選定にEU内企業のパワーバランスが如実に現れていたような。
 腕時計はセイコーからオメガに交代。
 IBMとねんごろだったためか、007といえばテレビモニターの枠に必ず写ってた S O N Y の文字も消滅。ちなみにダニエル・クレイグ版で V A I O となって復活してますた(笑)

 舞台は今まで日本人があまり馴染みの無いヨーロッパ版山陰地方みたいなところが多用されて、独特な趣なのである。
 これが時代にピッタリあったようで、90年代アメリカ(の他人種の台頭に押され閉塞していた白人層)のヨーロッパ再発見ブームの出発点となった、と言い切ってもそれほど的外れではないでしょう。
 【タイタニック】と【プライベートライアン】のメガヒットがそれを決定付け、そのあとの【ロード・オブ・ザリング】【ハリポ】【スターリングラード】【エリザベス】etcと続くのである。
 ・・・副作用で、時代を限定したり『原作つき』を免罪符に黒人とかがあんまり出ない映画がたくさん作られちゃいましたけどね。ハリウッドは適切な人種配分にキビシイ所ですけんの。わずか数年前には【ロビン・フッド】に無理やり黒人を登場させてたのによっぽど疲れたんですかね?
 ピアーズ版ボンドでも二作目から「タナー」役が白人から黒人に代わっていたような。そういえばあの時は【スターウォーズ・ファントムメナス】までがキリスト教文化に帰依してましたが、〈人種的ステレオタイプ〉ジャージャーを出して叩かれたのもいい思い出・・・。


 でもってもうひとつが、M女性化に象徴されるように、このピアーズ版に共通した裏テーマは【ボンド女難の巻】なのである。

 まず1作目【ゴールデンアイ】。
 しょっぱな、マネーペニーから「そういう態度ってセクハラって言われかねないのよ」と言われ、モテモテ王子様だったボンドがついに世の現実とぶつかり、現代映画の仲間入りを果たすのである。その直後のM(ジュディ・デンチ)登場までのくだりは何度見ても面白い。ちなみにMには『女性蔑視の古代人』『冷戦の遺物』と言われてしまう。
 モスクワではCIAに「いいかげん合言葉とかお遊びやめろよな」と馬鹿にされ、元KGBにも同様に馬鹿にされ、アンチボンドな映画ファンが長年抱いていたツッコミネタを劇中で受けまくる。挙句の果てになんとボンドガールは野暮ったい水色のカーディガンを着た地味なロシア女
 しかし時代の洗礼を受け続けても、ボンドはキャラクターを変えず、ああツッパリ人生を貫徹するのである。なんと頼もしいことよ。
 
 脇役キャラクターの奥行きを増してお話の緊密感に貢献させるのは、当時【ダイハード】で成功した方式ですね。
 それをボンド映画に代入した結果、ボンドガール(とその他)も記号ではなく、血の通った人間にならざるを得なかったというわけですね。これは大成功で、ティモシー・ダルトン版あたりであがいていた「なんとか007を21世紀に通用するようにしよう」という努力がようやく叶いました。
 が、当然因縁やらなんたらかんたらが生じます。当然ボンドなので女難に特化。ITロシア女には怒鳴られ尻に敷かれ、美人度でいうと本命ボンドガールの敵方ゼニア・オナトップ(凄い名前の役を演じるは今をときめくジーン・グレイことファムケ・ヤンセン)には殺されそうになるだけ
 続く第二作【トゥモローネバーダイ】でもボンドの過去を知る元カノが登場。嫌がるボンドだが、その関係を利用して敵に探りを入れるよう奨励されてしまう。

 そして【ワールドイズノットイナフ】。
 なんとラスボスがボンドガールですよ・・・! !
 しかもそのオチにいたるストーリー構成が、今までのボンド映画ではありえなかったほど錯綜している。
 ボンドは冒頭早々女暗殺者とのボートチェイスで肩を脱臼。女医をたらしこんで任務復帰するも、ここでもマネーペニーと女医がガン飛ばしあいである。ストーリーを暗示してますね(笑)

 敵役「アナーキストレナート」に【フル・モンティ】のクセアリまくりの名優ロバート・カーライルを据え、これがまた歴代ボンド悪役ベストなキャラクター&演技で、純愛で身を滅ぼす悪党の悲哀がヒシヒシと伝わってくるジャマイカ。ついでに英語圏ではなぜか常に冷遇され低評価のソフィー・マルソーをフォローしてお釣がくるのであった。
 そのソフィー・マルソーが、かつてMI-6に利用され鬼女と化したラスボス、エレクトラを演じている。最初から〈世界制覇とか〉を目論む謎の組織と対決するのではなく、敵役を過去の因縁から生み出してドラマ性を増すのは【ゴールデンアイ】で試され、今作で昇華した形。
 女難シリーズの集大成として、Мまでが確執の対象として大きく物語りに関わるのもシリーズ初。М役ジュディ・デンチがどんどん出世した影響であろうが、結果ソフィー・マルソーVSジュディ・デンチの女の戦いという構図がこの映画に異彩を添えたのであった。


 ついでながら、この映画でもう一人のボンドガール、デニース・リチャーズがラジー賞最低助演女優賞を獲得しております・・・半端なくていいね!!(笑)


 結果的にやるべきことをすべてやってしまい、傑作が生まれたので、第四作目【ダイアナザーデイ】が野暮な付け足しになってしまったのは仕方ないのであった。これ以上因縁増やせないしねぇ・・・。
 ボンドシリーズはパターンの繰り返しがいろいろと面白いのだが、たとえばカンフル剤的位置づけの作品には【ゴールド】というキーワードを使う。
 で、さらに気合を入れる場合【ゴールド】より偉いのは・・・そうだ、【ダイヤモンド】だ!!と、考えたのか知らんけど、ショーン・コネリー復帰作【ダイアモンドは永遠に】と【ダイアナザーデイ】(劇中でダイヤが物語の鍵)のおかげで、【ダイヤモンド】がキーワードのボンドはリキみ過ぎて滑るという法則誕生である。

007ベスト そのⅡ

 

 第二位 第11作【ムーンレイカー】
007 ムーンレイカー アルティメット・エディション [DVD]007 ムーンレイカー アルティメット・エディション [DVD]
(2006/11/22)
ロジャー・ムーアルイス・ギルバート

商品詳細を見る

 まじめな映画映画評論家に一番叩かれるボンド映画。しかし当時小学五年生にとってはこれぞ☆ボンドである。
 私は近所の映画館で二本立てを見ました。併映は、なんと【ルパン三世 カリオストロの城】。今後二度と実現しそうに無い至福の映画タイムであったことよ。
 ガイ・ハミルトン&ジョン・グレン監督&ロジャー・ムーア版007を一言で表すと、「テキトー」「乱造」。それなのにボンド映画最多の七本が作られている。なぜか?お話的にもゴールデン・ラズベリー賞すれすれなエピソードが多いのに。
 結論は、ロジャー・ムーアボンドの人気が高かったから、としか思えないのである。
 1979年ごろ日本国内でジェームズ・ボンドがどれほど人気だったかは、今となっては想像を絶するんですが、スーパーカーブームたけなわに海に突っ込んだロータス・エスプリが潜水艇に変形してからというもの、全国の小学生で知らない子は一人もいなかったはず。夜七時半に「木曜スペシャル」で007特番が放送されたりしたんですよ。信じられませんね。
 ロジャー・ムーア人気は全世界的現象だったようで、おかげで【死ぬのは奴らだ】から【美しき獲物たち】までこの有様だよ!!
 ショーン・コネリーより3 歳年上で背も低く、同国人のマイケル・ケインやピーター・オトゥール、オビ・ワンのように一世一代の演技なんてしたこともない志の低いおかたで、人気絶頂のさなかに本人のパロディ役で【キャノンボール】に出演しちゃう軽い人なんですが、なぜか支持されたんですねー。世の中皮肉ですねー。


 前作【私が愛したスパイ】のメガヒットで、【ムーンレイカー】はものすごい大予算が計上されたという。南米ムーンレイカー基地の途轍もなく無駄に豪華なセットとか、特撮カットの多さとか、異常にハイセンスな宇宙ステーションの外観と中身その他のプロダクションデザインなど、わかりやすいお金のかけかたです。240億円もかけた【マイアミ・バイス】は見習ってほしいね。
 スタッフもノリノリだったであろう。
 ロケもやりたい放題である。
 ヒューストンからヘリで飛ぶとフランスのお城なんて当たり前である。リオ・デ・ジャネイロに降り立つロジャー・ムーアは実際にコンコルドで飛来し、タラップでぶっつけ本番に撮影している。
 敵役ドラッグスとボンドガール、グッドヘッド博士もキャラクターが立っている。特にドラッグスは(剣道でボンドを暗殺しようとする変な東洋人に続いてジョーズを起用するおマヌにもかかわらず)背景が貴族の館ばかりなためか、堂々としたふてぶてしい悪役として、物語上必要十分な存在感。
 全体的にライトで荒唐無稽なのに、狩りの場面で犬に襲われる女性とか、妙に重厚な演出もところどころ。
 そんなこんなが化学変化して、中だるみしない不思議な映画が出来上がったとしか思えないねぇ。


 戦闘同人流名画の条件-その3-「時間感覚の消失」というのがあるのだが。
 上映中の実時間経過の麻痺というか、面白い映画なら気にならないのは当たり前だけど、どっぷり映画にはまっていたおかげで体内時間が麻痺しているのである。
 そういう映画は後日エピソードのタイムチャートを改めてみると驚いたりする。たとえば上映開始からルパン一行がカリオストロ城を脱出するまで、たったの一時間だったとか・・・とにかく実感した時間経過とずれているのである。
 そしていずれの映画も、最後には「あーあもう終わっちゃうのかー」とひどく切ない気分にさいなまれたのである。それほど没入したのは【さらば宇宙戦艦ヤマト】【スターウォーズ2】【ルパン三世 カリオストロの城】【ムーンレイカー】【ダイハード】だけであった。
 【ライトスタッフ】とか【レイダース】とか、編集に優れた映画はたくさんあるけど、詰め込めるだけ詰め込んだらそうなるとも限らない。逆に【さらば宇宙戦艦ヤマト】【ムーンレイカー】なんて、シーン移りぎわのメリハリの無さが凄まじかったりするし。ベルトコンベアー式に「ハイ次、ハイ次のシーン」という具合で、演出もへったくれも無い。
 【さらば】でデスラー総統が登場するのは上映時間150分の三分の二頃だと思うでしょう?違います。あの映画にデスラーが再登場する伏線は1mmも無いですが、登場したとき「それは変だ」って思いましたか?思わないですよね!
 つまり観客のシンクロ率の問題でしょうか。
 が、具体的に何が優れていたのかは不明。必要なシーンをあるべきところに配置したら出来ちゃった映画としか言えません。【ムーンレイカー】もそういう映画であった。過不足なし。完全無欠である。ま、ごく私的にですが。

007ベスト

 いい機会なので極私的ボンド映画ベストを選んでみます。

 第四位 第5作【007は二度死ぬ】
007は二度死ぬ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]007は二度死ぬ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
(2007/08/25)
ショーン・コネリードナルド・プレザンス

商品詳細を見る

 舞台が日本。しかも冒頭の香港を除いてずーっと日本なので、なかなか評価しがたいのである。欧米圏でも傑作と珍作という評価に二分されるとか。
 現役のスモーレスラーが政府の連絡員だとか、秘密工作員地下鉄だとか、姫路城のふもとで訓練する忍者部隊はそれ、訓練じゃなくて単なる演舞だろとか、あまりのバカバカしい筋書きにショーン・コネリーがこれを期にがボンド役を降りちゃったなど、ネガティブファクターはたんとあるにもかかわらず、この映画好きなんだよなぁ・・・。

 突っ込みどころは多いけど、後々の日本ネタ洋画に比べても、この日本は比較的ちゃんと描かれてると思いませんか。
 それはタイガー田中こと丹波哲郎先生に負うところ大らしいのである。英語を喋れたので、製作者にいろいろ入れ知恵できたのである。古しきセクシー邦画の象徴海女が登場するのもその影響に違いないのである。
 とはいえ本編の英語は吹き替えだそうですね・・・。ちょっと残念。しかしボンドガール浜美枝と若林映子ともども、ボンド役者陣を相手に対等の演技で渡り合っているのを観るだけで、なんかちょっと元気になれるというか。
 それと戦後の焼け野原から20年ちょっとなのに、日本の道路や建物やトヨタ2000GTの立派なこと。現在の停滞からは想像つきませんな。

 第三位 第3作【ゴールドフィンガー】
ゴールドフィンガー (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]ゴールドフィンガー (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
(2007/08/25)
ショーン・コネリーゲルト・フレーペ

商品詳細を見る

 古典的名作。評論家が必ずベストに挙げる映画。
 〈グランドスラム〉作戦で飛行機で睡眠薬をばら撒くシーンとかどーよ!?とか、現在の目で見るといろいろ突っ込みどころはあるにせよ、そんだけ褒められるからには、美点も多いのである。
 その筆頭はやっぱり敵役オーリック・ゴールドフィンガーの存在感か。
 金塊とおカネをかけた勝負に異常な執着をみせる悪党である。見た目は俗っぽい成金で金色のチョッキや帽子その他など悪趣味な太った親父である。

 そういう映画屋がいかにも考え出しそうな安っぽい悪人像なんだけど、裏切り者を殺して金粉を塗る変態性を皮切りに、脚本と何気ないシーンと、ゴールドフィンガー役ゲルト・フレーべの演技によってか、奥行きのあるキャラクターを作ることに成功している。
 たとえばスイスでドライブの休息中に露店の果物を買う場面とか、じつに悪の親玉らしくないのである。
 〈グランドスラム〉作戦をマフィアのボス連中に説明するシーンでは、典型的な007の悪役らしく応接間に手の込んだ仕掛けを繰り出すのだが、ゲルト・フレーべの嬉々とした熱弁演技によって、これら荒唐無稽で映画的なバカバカしい仕掛けも、ゴールドフィンガー自身の偏執狂的な性格、幼児性の現れなのではないかと思わせられる。
 そして最後の対決直前、「グランドスラム作戦・・・じっくり聞かせてもらったよ」と得意がるボンドに、小さくうなずき、「・・・それは結構」とひとこと言い残して去る際の、絶妙な間と、なんとも言いがたい表情などなど。

 宿敵スペクターが登場する回より、敵役がピンの回のほうが名作が多いのが、なんとも皮肉ですね。スペクターの首領プロフェルドが【オースティン・パワーズ】でパロられ、007における陳腐の代名詞として確固たる地位を得てしまったのに比べ(だいたい【ユアアイズオンリー】冒頭でさえギャグのネタにされてるし)、ほかの敵役は皆さんじつにサマになっているのである。【私が愛したスパイ】のストロンバーグなんてずーっと海底基地のテーブルの端に座ってるだけなのに、キャラが立っている。

 そのピン敵役の中でもゴールドフィンガーは、大きな組織を率いているにもかかわらず大事な仕掛けは常に自分でやる英国冒険小説悪党の伝統に従っているところが良い。犯罪者なんだから、一番楽しいところは率先して行うのが当然でしょう。 


 もう一点、【ゴールド・フィンガー】といえばボンドガールプッシー・ガロア(オナー・ブラックマン)。
  マネーペニーをはじめホリー・グッドヘッド、アニヤ・アマソバこと女スパイトリプルX(成人映画かよ!!)など、このシリーズは変な名前がたびたび登場する。
 この名前変だよねぇ・・・と思いつつ欧米圏では違和感かんじないのかな?とずっと疑問だったのだが、やっぱり英語人も変だと思うらしいですよ。007DVDアルティメットコレクションの映像特典に収録されているボンドガール特番で出演者の皆さんが語っておりました。
 同じ特番内の歴代ボンドガール対談で「私たち現代的にボンド・ウーマンって称するべき?」との問いに「とんでもない、私たちはボンドガールよ!」と笑って返すお姉さまたちが印象的。歴史あるシリーズも、こういう腕白小僧に対するママの寛容さでもって支えられているのかな・・・と実感する次第。



007新作【慰めの報酬】観た

 映画の日。公開されたばかりの【慰めの報酬】はけっこう客が入っていまつ。

 
 ピアーズ・ブロズナン版から、ボンドシリーズのオープニング製作者も二代目にバトンタッチ。
 しかしこの男、いかにも線の細いインテリ気味ハリウッド裏方風・・・ということは高確率でゲイである(笑)
 たしかに旧シリーズに比して遥かに洗練された絵作りは為されたものの、エロくないのである。
 女体の半分はCGだし。
 まあ男女同権の世の中いろいろ昔通りとは行かぬのであろうが(テレビ放送ではオープニングそのものがカットされちゃってるし・・・ガッ!!)、それにしてもここんとこ二作はマドンナのアホっぽい歌に乗ってボンドの拷問シーンを延々五分も見せられたり、アニメだったりおねえちゃん成分ほぼゼロ・・・

 が、しかし。
 今回のOPは久しぶりにエロい女体乱舞でしたぞ!!
 砂漠の起伏をお姉さんの曲線に被らせた秀逸な絵作りでありました。砂漠といえばその反語は・・・と簡単に物語の重要なキーワードが割れてしまうのだが異常にヘンテコな主題歌でわれわれ観客の気を逸らしてくださる。

 ダニエル・クレイグは前作で「オートマしか運転できないボンドwwだっせーww」と話題になっていたが、今回は冒頭のカーチェイスで、憂さを晴らすように執拗にシフトチェンジを写しまてますな。
 立て続けのイタリアでの屋根の上追跡シーンと、狭い部屋の中で手近なものを利用する格闘など、【ボーン・アルティメイタム】まんま過ぎるアクションが、やはり観てるとちと切ないですね。歴史あるシリーズなのだから、流行り物を意識しすぎるのは、もうちょっと何とかならないものか・・・
 あ、そういえば【スターウォーズ】が流行ったときは宇宙にも出かけてたっけ。【JAWS】がヒットしたときry・・
 ・・・・・・・・。

 じゃいっか。

 偉いのは、以上が物語冒頭に詰まっていること。しかもあれだけ番宣をしつこく流しているにもかかわらず、ハイライトシーンはまったく流していない。最近ありがちな「予告で流れてたこれ結末シーンじゃんか!!」も無い。
 
 マネーペニーと不評な二代目Qも前作に引き続き登場せず。これは物語が連続しているのでいたしかたなし。そのわりに【カジノロワイヤル】で裏切り者嫌疑をかけられたマティスが、速攻で謝罪され開放&&隠居していたり、CIAの人が速攻で別の作戦に就いてたりするんだけどね。

 で、ストーリーはボンドがたまたま暗殺する予定の者を殺しちゃったおかげで知り合った女カミーユを、なんとなく助けてしまったことから、前作から存在を示唆されていた謎の組織に迫ってゆくわけなんだけども。
 さすがに現代の「謎の組織」は簡単に世界征服を企むのは無理のようで、「○○を抑えてボリビアを支配しちゃうぞー」と地味なローラー作戦を展開している。

 中盤からラストにかけてのリゾート回りや「トスカ」のシーンなど、逆にジェイソン・ボーンでは似合わないボンドらしさが発揮されているのではないか。原点回帰の一環で武器がワルサーPPKに戻り、シリーズのセルフパロディもたくさんちりばめられ(【ゴールドフィンガー】の有名なシーンまで!)ちょっとだけどボンドのジョークも飛び出した。「脚本を推敲しない人」ポール・ハギスが関わっている割にはまあまあな出来なんではないでしょか。
 しかしひょっとすると、いやたぶん次も「続編」のような気が。
 次回はボンド50周年記念作となることでしょうが、果たして・・・


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム