無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
7
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大画面でマタンキノック

 ワーナーマイカルシネマの007新作【慰めの報酬】キャンペーンの一環として催された【カジノロワイヤル】無料上映のチケットが当たってしまったナリ!!

 そんなわけで見てきました。DVD持ってるのに。スカパー!で一年中放送してたのに。
 とはいえ実は劇場に観に行っていない作品だったので、DVDでみる→劇場という順番も、なかなかやろうと思ってできる事ではないし、何度も見た作品でも、大画面大音量だといろいろ再発見できるんですよ。出かけてみるっぺ。


 「慰めの報酬」が早くも低評価みたいだけど、予告観ただけで薄々見当がつくように、ひとえに「ジェイソン・ボーン」シリーズの二番煎じだから、というのが理由でありましょうか。
 確かにケータイ片手に秘密兵器なしで体ひとつで戦うボンドって、そりゃボンド映画ぢゃないよと言われても無理ないが。この傾向は【カジノロワイヤル】からすでに定まっていたのであるが・・・
 しかしそんな欠点裸のおねえちゃんが乱舞しないオープニングに比べればたいした損失じゃないだろって!!

 【カジノロワイヤル】はそこそこ出来が良かったんだけど、最大の見せ場のはずのポーカー勝負が「カイジ」の足元にも及ばないのと、後半の失速がいまいちすっきりしない映画なんだよね・・・
 敵役のル・シッフルと、開始一時間後にやっと登場するヒロインのヴェスパー・リンド(どーも「ボンドガール」という呼称が似合わないんだよね文脈的に・・・)はキャラが立ってるというのに、ル・シッフルの背後で暗躍する組織が漠然と「テロリスト」で片付けられちゃって、それが物語全体を薄くして後半の失速の原因にもつながっている。
 ル・シッフルがボンドのタマタマをノックしてる最中に殺されちゃった後の展開は「ハテ、いまボンドは誰と戦っているのだろう?」って思いますよね?

 おお、そういえば大画面で見るボンド拷問シーンですが「ウワーッ!!痒い!!そこじゃないもっと右!!」って絶叫して泣き笑いするボンドに思わずプッと笑ってしまいますたがな。

 それはともかく、散々ボカシてた敵の組織の全貌が、やっと【慰めの報酬】で明らかになるのでしょう。いやたぶん明らかになるんじゃないかな。スペクターだといいのにね。

 前作の裏切り者マティス(【ハンニバル】でレクター博士に吊るされ内蔵ぶちまけたイタリア警察の人)再登場に加え、新しい敵役は【ミュンヘン】ダニエル・クレイグにテロリストの情報売ってた人らしい。このヘンテコな配役どうにかしてくれよ(笑)!!
 
 

スポンサーサイト

痛車ふたたび

 火曜日。
 ファイアーオレンジメンバー某(仮名・森田くん)より入電。

 「やっと見つけました!四個残ってますって。
いまからハルヒ痛車買いに、小山まで行ってきます!!」

 そう、今月5日に再販された、アオシマの痛車第一弾「涼宮ハルヒ」号デカールリニューアルバージョン。例によって小売店出荷分はショート。森田くん(仮)も近所のオーバーテークに予約までしたのに手に入らなかった。近隣の模型屋も全滅。アキバも10日土曜には店頭から姿を消していたのであった。
1/24スケール痛車シリーズNo.1 涼宮ハルヒの憂鬱1/24スケール痛車シリーズNo.1 涼宮ハルヒの憂鬱
(2008/02/03)
不明

商品詳細を見る

 よほど悔しかったらしく、その後森田くん(仮)が埼玉じゅうの模型屋とか山形まで探してまわったのをわたしは知っている。
 その努力の甲斐あり、ようやく小山の模型屋で見つけたのである。
 ようやった、GJ!!  


 にしても、畏れるべきは痛車。
 初版から一年余り経過してですよ、まあちょっとデカールが高品質になったっぽいとはいえ、再生産分(ちなみに今回2度目の再販)が一週間もかからず完売ですゼ…!?
 そんな売れかたする模型、過去二十年振り返っても思い付きませんがな…。

 当ブログもハルヒ痛車ネタより始まり一年近く経ってしまったが、ブームなんてもう終わるだろ、と思ってたのに終わらない。それどころか痛米とかますますヒートしている。近所の鷲宮神社も盛況だったみたいだし。
 フジミも痛車デカール参入だそうで。やれやれですね。
 
 森田くん、俺の分も買ってきてくれてアリガトねー(爆)!!

『ライドバック』がわりとパネェ件

 「マリ見て」新OPみてて思ったんだけど校内かけっこ禁止では…

 じゃなくて「ライドバック」である!

RIDEBACK 1 (1) (IKKI COMICS)RIDEBACK 1 (1) (IKKI COMICS)
(2004/05/28)
カサハラ テツロー

商品詳細を見る

 マッドハウス製作ということでまったく期待していなかったのであるが。
 なんせ原作付作品を異常にソツなく作ることで定評のある会社ですから。

 いやあ、原作無視されると腹を立てる方が一般的なファンの反応だとはいえ、「うちはこう料理しました」みたいなのも欲しいわけですよ。原作は「素材」としてね。とくに完結してない作品ほど、原作を理解した上で再構成する力量が求められるワケで。
 「プララグ」とか「シグルイ」とか原作に忠実すぎで「マンガだけ読めばいいんじゃ…」と思ってしまったし、「デスノ」なんて結末だけ綺麗にしちゃって、いかにもアニメ会社的凡庸な思考を露呈してしまっていたし…。

 そんな大人しすぎるマッドハウスではあるが、前シーズンの「魍魎の筺」でちょっとだけ…「トライガン」とか「X(エックス)」の頃程度の切れ味が戻ってきたような…。
 アニメ会社も昨今の不況と無縁じゃないでしょうからね。売るためにキアイはいり始めたんじゃないでしょか…。

 それで、「ライドバック」の作画が豪華なこと!
 新海誠っぽいシャープな色彩設計とハイライトである。メカはCGだけど質感はなかなかのモノ。テレビ作品にありがちな手抜きデバイスではない。
 原作の素朴な絵柄はさすがに100%トレスできないみたいですが。まあアニメ向けに補正されているということで。
 まあその補正をもってしても、いわゆる萌え絵ではないので、原作ファン以外、未読の、とくにオタクの琴線にどこまで触れるのか未知数ですが。
 一話にして原作をそのままなぞるのではないのだぞ、という意思表示みたいなのが垣間見え、ちょっと期待できるかもしれんね。

 個人的には、スカートでライドバックを運転する主人公を散々あざといカットで見せながら、京アニ並みに、パンツを見せないよ、この作品はそういう路線だよ~というフリをしつつ、最後にいちどだけパンチラするところが面白いと思いますた(笑)なんか作り手のこだわり感じるじゃんよ!

【ダークナイト】再映決定!

 米国でアカデミー賞アピールのため今月【ダークナイト】を再上映する、という話はずいぶん前から聞いていたのだが、ひょっとしたら、と思っていたら、やはり日本でもやるって。

 今月24日より丸の内ピカデリーにて再映決定!!
 
 八百席の大スクリーンで見れまっせ!!

どのくらいの期間上映するかはまだ発表されていないようだけど、二月一日(日曜日!)は映画の日…ぜひ一週間以上がんばって欲しいものだ。

宇宙空母ギャラクティカが始まりますわよ、お姉さま!

 チャオ、ソレッラ!!

 あけおめことよろであります。
 新年早々パソコンクラッシュで幕を開けてしまいますた。未だ復活叶わず。バックアップ用のサブにて失礼します。


 で。
 とうとう、明日夜中より民放で「バトルスター ギャラクティカ」オンエア開始ですわね!!ただし関東ローカル(涙)
 
 「宇宙空母ギャラクチカ」から30年余り経って、再び日テレで放送というのが感慨深いですわ。

 本国では絶大な人気の新シリーズで、すでに最終第4シーズンが放送済みですから(つい最近シリーズ4.5が発表された気もするけど気のせいですわね…)キリもなくダラダラ続かないから、安心して見れますわね、お姉さま!

 てゆうかまた序章から見直しですわ!
 一年前スーパードラマTVで始まってやっと第2シーズンまで見終わりそうなのに…(泣)日テレちゃんはがんばって最後まで放送して欲しいですわね。ざっと二年かかりますけど。

 それではみなさま、ごきげんよう。


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。