無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
3
5
6
9
11
13
14
16
17
19
20
25
26
28
29
30
08


C3×HOBBY  キャラホビ2008 その2

 メカいろいろ
CIMG1116.jpgCIMG1117.jpg
 オーガニックより【ブルーサンダー】完成品とな…モノグラムの同スケールプラモもイイ値段だから手頃といえば手頃。
 学園特捜ヒカルオン】の主人公のバイクファルコラステコ。大昔のモデルグラフィックスの作例がトラウマになっている人挙手!、ようやく手に入りますね!
CIMG1104.jpgCIMG1158.jpgCIMG1154.jpg
 バンダイ魂スペックの新作ファルゲンやまとのなついロボいろいろ。
 ネタ切れ時代の恩恵というべきか。10年前には想像すら出来なかったアイテムが次々立体化されちゃいます(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。
CIMG1121.jpgCIMG1072.jpg
 IG竹内メカオンパレード。甲殻機動隊SAC二話の思考戦車…これタチコマより好き。劇場版のも出してくれんかな~。
 バンダイEXモデルの【スカイ・クロラ】散華マークB。

 マクロス関連
CIMG1077.jpgCIMG1103.jpgCIMG1100.jpg
 バンダイ1/72プラモ、ROBOT魂、超合金魂…ファイアーバルキリーん時とはえらく気合いの入り方が違うやんけ(笑)
 しかし未だスーパーパーツのお姿は見えず…。
CIMG1159.jpgCIMG1160.jpg
 やまとのデストロイド。このままファランクスまで行っちゃうのか(汗)

 ガンダム関連
CIMG1081.jpgCIMG1084.jpg
 HGUCギラドーガ。
 ヤクトドーガとの整合性に引きずられているのか、中途半端にデブなよ~だが…とりあえずツィメレットコーティングの用意な(笑)MG機関銃はリボのプロテクトギアかどっかから調達せよ。
 ザクタンクも着々と…?1/100マゼラアタックゲットの日も近いのか(汗)
CIMG1085.jpgCIMG1088.jpg
 シン・マツナガ機も出ちゃうの?
 シンつながり(?)種死のヘタレー機。
 しかし固有名詞思い出せなくなったらオヤジだな…
CIMG1094.jpgCIMG1098.jpg
 背中にガンダムの顔を背負ったロボ。今度こそ合体か!?
 ROBOT魂の(いろんな方面にとって)手痛いラインナップ。ドモン・カッシュも発売。フロイラインROBOT魂も期待しています。

 手打ち実演ガンダム
CIMG1131.jpgCIMG1133.jpg
 会場に持ち込まれた射出成型器。
 その場で打って出来たてホヤホヤを来場者に配るという
 蕎麦屋ですか!?
CIMG1201.jpgCIMG0951.jpg
 美味しく頂いた出来たてガンプラ。そして蕎麦屋の全体図。

 さいごに オ マ ケ
CIMG1057_20080831100317.jpgCIMG1187.jpgCIMG1149.jpgCIMG1059.jpg
CIMG1151.jpgCIMG1194.jpgCIMG1175.jpg

C3×HOBBY  キャラホビ2008に行ってきたよ

 連日のゲリラ豪雨にも関わらず呑気に出掛けたのであった。
CIMG1033.jpg
 〇九四五時に並ぶも列はたいしたこと無かったようで、一〇一五時には入場。
 入り口に自衛隊が駐屯していた
CIMG1036.jpgCIMG1040.jpg

 野戦指揮所。
CIMG1046.jpgCIMG1039.jpg
 しばらくご無沙汰であったが、久方ぶりに訪れたキャラホビ。一日目はメーカーの展示と物販がメイン。
 いろいろと偏った視点でチョイスした画像を適当に並べてみましょう。

 CM,sコーポレーション 
CIMG1050.jpgCIMG1049.jpgCIMG1051.jpg
 【マグネロボ ガ・キーン】は結構好きだったりする。
 しっかし【マシーンブラスター】まで逝っちゃったらいよいよ先がないぞ…

 アルターとアトリエ彩のアーバレスト
CIMG1055.jpgCIMG1052.jpgCIMG1110.jpg
 懐具合に応じてチョイス可能なのが素晴らしい。
 
 メガハウス
CIMG1066.jpgCIMG1063.jpg
 あなたにリアルデブ【RD電脳調査室】のホロンさん
 あっち方面の趣向ではもう一方の雄である【クイーンズブレイド】に対抗なるか!?

 痛い車関係
CIMG1069.jpgCIMG1070.jpgCIMG1171.jpgCIMG1123.jpg
 みっくミクにされちゃったBMW…
 これひょっとしてGTカー選手権で走るのか…?
 マクロスF痛車(「痛車」はアオシマが登録商標しちゃったからタイトルにはない)はRC。
 GT-Rさんはトランスフォーマーにされてしまった。

 コトブキヤ 
CIMG1107.jpgCIMG1108.jpg
 HAL東京のCMに出てくるカッチョ良いメカではない。
 【アーマード・コア】のローゼンタール・オーギル。
CIMG1109.jpgCIMG1115.jpgCIMG1114.jpg
 デロイアとはなんの関係もないらしい車両セット。
 しかし赤いミサイルポッドさえ付ければ即地球連邦軍に編入可能である。
 本編に二十秒くらいしか登場してないのではないかという自衛隊レイバーも模型化…

 続く

エーガあれこれ

 某動画サイトのコメントにより【TRON】公開後26年にして知った真実。
 ライトセイルはネズミーの上を飛んでいた!(笑)
CIMG1011.jpg
 「【TRON】をパソコンで見る日が来ようとは」という感慨深いコメントも。ホントにそうだよな~。ダチがPC6001Mk-2やX-1Cを買うたのは【TRON】観たあとだもん。

 【TRON】DVDは日本語音声が収録されてないんだよね。ところが!UMDには収録されている。「ディズニーチャンネル」で放送される映画はすべて日本語版なので、その音源ではないかと思われる。
 しかしうちも「ディズニーチャンネル」は観れるけど【TRON】が放送された記憶はないな~。
 
 ディズニーの黒歴史【ブラックホール】も発売されんもんだろか。
 ショッキングシーンオンパレードゆえ、なかったことにされちゃったのも無理はない映画とは言え(アンソニー・パーキンスなんか出演させるから…)、政治的に大雑把すぎる【クールランニング】や【パールハーバー】のほうがよっぽど黒歴史と思いませんか(笑)
 ジョン・バリーの素敵なメインタイトルとか、ちゃんとデイズニーキャラになってるロボットとか、シグナス号の不気味なかっこよさとか、もったいないよね。
 
 
 ジュード・ロウの同名映画のおかげで(?)しばらく黒歴史化していた国産の元祖【スターリングラード】も、やっとDVDに!
スターリングラードスターリングラード
(2008/10/31)
トーマス・クレッシュマンドミニク・ホルヴィッツ

商品詳細を見る

 【最終兵器彼女】(もちろん映画のほうじゃないよ)に匹敵するラストの虚無感がステキな映画である。心のシュウェプス小隊隊員必見!


 それと今週はハインライン先生原案の映画【月世界征服】が発売されます。
月世界征服 DESTINATION MOON月世界征服 DESTINATION MOON
(2008/08/29)
ジョン・アーチャートム・パワーズ

商品詳細を見る

いままで知らんかったけどアカデミー賞特殊効果賞受賞してるんね。遠い昔に乱作されたBムービーの一本としか思ってなかったのだけど、ジョージ・パル制作だし、じつは初のトーキー&カラー月SF映画という、由緒正しきハリウッド大作映画だったのでした。
 そんな映画に関われる当時のハインライン先生の、アメリカSF業界での立ち位置も計り知れる。
 創元SF文庫の『地球が制止する日』に収録されたハインライン先生による「月世界征服」撮影始末記をあわせて読むと吉だ!

【崖の上のポニョ】たぶんネタバレ注意

 ブロンコモデル1/35ラントワッサーシュレッパー。

 またの名を【ポニョ】
CIMG1004.jpg
 なんとなく、そんな気分だ。

 …冒頭の船上のパパとのモールス通信は当然後半の伏線だろ…
 などという、つまらない一般人思考の遙か斜め上をゆく映画であった。

 内容はともかく前半、リサ(主人公宗介のママ)の○○を持て余す気味なフテかたがかわゆい。

 あ、そういう下衆なコト考えるから宮崎駿オタクがキライなんですね。
 わかります。
CIMG1008.jpg
 
 どうでもいいけどポニョ(本名ブリュンヒルデ)のママも昔の東映マンガ祭りふうの絵でよござんした。
 このママとフジモトのあいだに生まれたのがポニョである。
 ママは魚類(らしい)のでポニョにはたくさんの妹がいる。
 しかもこのフジモトは命の水とやらを集めて世界を壊滅させようとしているらしいよ。
 ていうかフジモトって誰?とか考えたら負けらしい。

 それにしても【ポニョ】でけーな!パンターよりデカイじゃん。
 CIMG1002.jpg

 中盤津波で街が壊滅してからは、正直、一発クスリをキメたようなお花畑展開で…。
 臨死体験だよねアレ。
 映画秘宝にも書いてあったけど、みんな死んだんだよね?
 最期に登場するトンネルってあれ黄泉の国の、神話のイザナミがなんたらとかでしょう。
 
 それにしてもポニョ第二形態がまじコワイッス。ローソンのぬいぐるみのせいだな。軽く「インスマスの影」入ってるよね…↓

 http://www.blogpet.net/viewer?url=http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fdqnplus%2Farchives%2F1150617.html

 全体的な印象は和製【ジェイコブズ・ラダー】か(笑)

 「宮さんはついにこの境地に入ったか」とか側近が妙なホメかたしてるみたいだけど、エンターティナーとしては死んだも同然の褒めかただからそれ。古典芸能じゃないんだから。

第二次ウォーターライン?

 フジミアオシマによる1/350「金剛」ガチンコ対決。

 金剛級戦艦は姉妹艦が4隻あるので、一万七千円商品4種×2社が模型店に並ぶ悲劇が!…という展開は、すんでのところで回避されたみたい。
 どうやらバリエーション展開は2社で分け合う紳士協定を結んだようですね。それって昔「ウォーターライン」シリーズでやったことの再来だな(笑)

 それでも金剛は既に2社とも発売しちゃってるから、最低でもいずれ五隻が並んでしまうのは模型屋さんにとってはじゅうぶん頭痛の種でしょうけど。
 いや飛ぶよーに売れんなら問題ないけど、それだけじゃないからなぁ。
 1/350はフジミ航空戦艦「伊勢」ハセガワ「赤城」それに空母がもう一隻控えてるっていうし、いつまで続くこのバブル!?

 その新製品ラッシュに1社だけ乗れてない我らがタミヤ様なのだが。
 巷では「タミヤが1/350「雪風」を出すらしいぜ…」という噂が。
 それハセガワがたった三年前に出したじゃん!?
 噂がホントだったらとんでもなくKYだよな。
 いや空気読めたら「いまこそうちが新金型で「大和」出さねば!!」という流れは理解できるはず…。
 シロートでもそのくらい思いつくから、当然タミヤ様はとっくに承知してるとは思うけど、それが出来ない台所事情は、毎月模型屋さんに貼られる新製品案内を見れば一目瞭然ではあるけどけど。
 
 いま「雪風」なんて上記の紳士協定の苦心台無しじゃんよ。
 流れぶった切ってどうするよ(泣)
 イ-400で4800円ではハセガワより安くなるとは思えないし。

 うわさはウソであってほしい今日この頃。 

軽装甲機動痛車 イラク行かなかった仕様

 無性にライトアーマードビークルの立体を愛でたくなったので、サッとこさえてみた。
CIMG0983.jpg
 かーっこい~。デロイアっぽ~。赤いミサイルポッド装備して~!
 また日の丸デカールの発色の良さが泣かせるジャマイカボルト。
CIMG0982.jpg
 「JAPAN」下のアラビア文字をカットしちゃったので、イラク派兵されなかった仕様である。
 護国の御楯たるを的確に表現した痛車マーキングが素敵。有明で警備活動してたのであろう。たまに日本国内で一番戦争状態に近い場所になるからちょうどいいよね。
 余談ながらスケビで横山先生が「ODは黒と黄色のペンキ混ぜたもの」と言ってたので、ちょうどオリーブドラブ切らしてたから作ってみたが、ホントにODになったので驚いた(笑)

 
 暑いのでウィリスMBジープのグリルも切ってみた。
CIMG0991.jpg
 タミヤのリニュ版ジープをSAS仕様に改造したいのであった。
 神(別名 大塚康生先生)の声に従い前輪を若干前方にリセットした。
 ついでに直径がちょっぴり大きくて太いSASジープのタイヤに換装。タイヤパターンのモールドはデフォルトに比べ劣るが、地に這いつくばる獣っぽい精悍さは増したんじゃね?
CIMG0975.jpg
 この後いろんなキットからかき集めたcal.50やらブロンコの新金型ブレン機関銃やらでチート兵器と化すのである。無数のジェリカンも最新の連合軍車両アクセサリーセットをおごるので…オリジナルのSASジープのパーツはほとんど残らねえじゃん(笑)


 それにしても高機動車のデカさったら。
 同じ役割の車両が50年でここまで進化したか、というか肥大化したというか。
CIMG0968.jpg
 機能と生産性を極限まで割り切ったジープに比べると、なんとバブリーなことよ。
 ダッシュボードのモールド見るとエアコンも装備されてるみたいだし。…その割にスペアタイヤが見当たらなかったりして。あ、最近のタイヤはパンクしないのか。もしくはタイヤでかすぎて野戦交換できなかったりしてな(笑)
 まあ兵隊のサバイバビリティーを追求するのは結構なことだと思いますが、いま想定されてる「仮想敵」って、たしか人海戦術が得意な人の命の値打ちがとても安い国だからなぁ…質より量の戦いしないとカネかかりすぎて長期戦は難しかろうな。戦争始まらないように外交で頑張ってもらわないと…ってなんの話だか。

【ダークナイト】はまじヤバス!!

 マスコミより伝わる評判通りパネェ出来でガンス。
 
 でも川口のシネコンで一回目の上映を観たのだが、チケット窓口で通常の三倍のスピードで席が埋まってゆく【崖の上のポニョ】に全俺が泣いた。おかげで【ダークナイト】はのびのび観れたけど…

 で、【ダークナイト】。
 娯楽映画という枠を超えて〈アメリカのモラル〉の話です。
 などと書くと、めんどくさい哲学的な話と勘違いされるかもしれないが、そんなことはない。
 ストーリーは極めてシンプル、仮に導入部を流し観しても、物語が転がり出す頃には自然に引き込まれるから心配ないぞ。そして気が付けば2時間半ずっと緊張しっぱなしであった。

 
 もったいないのでなるべくネタバレしないようにいくつか書いてみるけど、ジョーカーさんがテンパイすると、ずっとオフビートだったBGMが
♪ニュウウイイイイイイイイイイイ
 と、ボルテージアップする。
 これが再三繰り返され、最後はあの音が始まるだけでしっぽり虚脱感を覚える身体になってしもた…まじであの音もう一度聴くために劇場行きたいね(笑)!


 物語後半、ジョーカーさんの罠にはまったゴッサム市民の皆さんが、ある〈究極の選択〉を迫られる… 
 それまでの過程がブルーシーなだけに、この市民の皆さんの〈選択〉に、不覚にも目頭がちょっぴり潤んでしもうた…


 あまりにドシリアスなためかバートン版の作り込んだ「ゴッサムシティ」はすっかりナリを潜め(【ビギンズ】のパパのモノレールさえ、ファンタジックすぎてそぐわないためか消去)すっかりただのニューヨークと化していたが(といっても場所を特定できるような写し方でもないので、何らかのデジタル加工された街並みだと思うけど…)、もともと「ゴッサムシティ」=ニューヨークだっていうから、ある意味原点回帰なのか。
 ハードボイルドなラストに恍惚感を覚えつつ、米国映画業界の体力にほとほと感心するのであった。【X-メン】【スパイダーマン】【ダイハード4.0】の頃は「もう駄目だコレ」と思ってたけど、アメリカってすごいね…。

【スカイ クロラ】のモケー

 ホビー業界のネタ不足がますます深刻化しているような…

 夜中アニメ【ブラスレイター】はメガハウスがガチでスポンサーに。【スカイガールズ】もスポンサーコナミだっけ。グッスマウェーブやまとのCMも流れた。

 二昔前のゴールデンタイムには軒並み玩具メーカー提供のロボアニメがたくさん放送されてたけど、たしか当時のオタクの皆さん、そういうテレビアニメの宣伝臭さを嫌ってOVAを歓迎したのではなかったか(まあ、嫌ってたのは物語を壊してまで【新型機】を登場させるB社だけだった気もするがの…)。
 その当時オタクだった人がいまやホビー業界で開発に携わってるのかと思うと、ミイラ取りがミイラになったというか。
 なんせその人たちが現在、イス取りゲーム状態で奪い合ってるネタってのがズバリ80年代の『玩具メーカー提供のロボアニメ』ばかりという…

 墓掘りだけではやっていけないので、新コンテンツが立ち上がるとそれはもう凄まじい勢いでメーカーが参入する。秋から放送のロボアニメ【鉄のラインバレル】なんてえらいことになってまっせ。
 こうしてかつてB社の所業を憎んだかたがたが同じ轍を踏んでゆくか…。


 ここでやっとタイトルになるのだが、【スカイ クロラ】もそんなイス取り合戦のアオリなのか、あのヒコーキがなんと4社からリリースされてしまう。
1/72 スカイ・クロラ 散香マークB 函南優一機1/72 スカイ・クロラ 散香マークB 函南優一機
(2008/08/25)
不明

商品詳細を見る

 とくにバンダイEXモデル1/72「散香マークB」「スカイリィ」を、ファインモールドも同アイテムを1/48で発売するという…

 …ファインは「震電」出したほうがイイんじゃね?

 と、スケールモデラーなら思ってしまうトコロではあるが、なんか思惑があるんすかね?

 それにしても4社とは食いつき良すぎでしょ…おかげで「ひょっとして映画の続編がすでに決まってる?」とか勘ぐったり。でないと押井作品とはいえ、単発映画アイテムにこれほど食いついて良いものか。それとも単に慢性的ネタ不足ゆえか。皆さんどう思いますか?


 微妙に「震電」を野暮ったくした「散香マークB」といい独逸機っぽいのになぜか主翼がMIG-3な「スカイリィ」といい止まってる絵はダサいけど(とくにあの軽薄な逆ガル翼…)、映画本編を観るとなかなかカッチョイイですよ。
 ところでわたしは「デザインはイマイチだけど動くと格好いい」というフレーズを「ガンダムSEED」の時何度も聞かされ、いまじゃそのマジックワードを聞くだけで怒り狂うようになっている。
 長々と書いたけど要は【スカイ クロラ】のプラモは買わないってことで。

モケーさいぜんせん

 まだ八月だけど今年売れたプラモベスト1はこれでいいよ。俺がいま決めた。
CIMG0955.jpg
 「らき☆すた」に至っては、模型屋さんに以下のようなお達しがファックスされるようになった(某お店で盗撮)
080804_1702~01
 ネット通販に流れちゃってるのね…(涙)
 たしかに「あみあみ」など定価20%以上オフのサイトは軒並み発売前に全滅してたりする。
 ところが、ここが微妙なトコだが、売り切れてるのはネットと秋葉原だけで、地方のお店ではわりと残ってたりするという。
 もう売れかたが完全に模型じゃなくてキャラグッズです本当に。
 コレクターズアイテムなので白スケのしょぼいデカールも作らないなら無問題。ちなみにデカールは(おそらくは版権上の都合で)パーツ請求不可!
 メーカーも第二弾から、いろいろとトラブルを避けるためかシュリンクするようになった。客層の異質さを如実に表してるような…。真の勝ち組は、五月頃ひっそり再販してたハルヒの痛車シュリンク版をゲットした奴?

 せっかく新しい客層を開拓したことだし、アオシマ様には次の一手を是非…。
 痛車デカールを使った模型コンテストとかどうよ?
 購入者が泣きながらシュリンク破いてプラモ組み始めざるをえない状況にしたほうが模型業界振興になるし。参加賞は高品質カルトグラフ版痛車デカールで夜露死苦。
  

【ハムナプトラ 3 呪われた皇帝の秘宝】…激しくネタバレあり

 何を隠そう【ハムナプトラ】シリーズは大のお気に入りであった。【ハムナプトラ2】の段階でスティーブン・ソマーズ監督には絶大な信頼を寄せていたので【ヴァン・ヘルシング】も大喜びで出かけてしまったくらいである…。

 んなわけでコロッと忘れてたシリーズが北京五輪のおかげで(?)復活してしまった!【ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝】!ハムナプトラって地名もう関係ないけど。

 しかもソマーズ監督はプロデュースに退いて、あの ロブ【ステルス】コーエンが監督ですと!?-20点

 レイチェル・ワイズが降板!? -50点だ畜生め!
 
 
 とはいえ、シリーズのお約束さえ踏襲してれば、そんなにつまらなくなるワケが無いじゃないか…?不安に駆られすぎて思わず先行上映にはせ参じてみる。


 レイチェル・ワイズを失ったのはやはり大変な痛手であった。ヒロインのエヴリン役は【ヒストリーオブバイオレンス】でチアリーダーコスプレで頑張ったマリア・ベロさんに交代。ビジュアル的にそぐわないためか、眼鏡でドジっ子属性はナリを潜めてしまった(泣) 代わりに、冬の舞台ということもあり、始終首にスカーフを巻いてるかタートルネックと、熟女属性を備えていらっしゃる(号泣)一作目の23年後で大きな息子もいるんじゃ仕方ないが…
 プラスミシェル・ヨー(46)まで参戦であるからして。

 …なんで欧米人はミシェル・ヨーが美人ny

 が、しかし。
 今回その損失を補ってあまりあるのが、イザベラ・リョン扮するカンフー忍者リンちゃんだ。 
isonccgq7.jpg
 それと敵の将軍の参謀で、大槻ケンジメイクの和製アンジェリーナ・ジョリー姉さんが登場するのだが、パンフに顔も名前も出てなかったな…(泣)

 
 シリーズお約束、クリーチャーがカメラに寄って「ガーッ!」とかブレンダン・フレイザーの二丁拳銃とかエヴリンの兄貴のお調子ぶりは健在。ミイラ(っていうか兵馬俑だけど)のモブ戦闘も相変わらずバカっぽくて素敵。さすがに前二作の秘密組織マギの兄さんは登場しないが、代わりにオコーネル一家を助けてくれる可愛いクリーチャーが登場したり。

 今回のボスキャラリー・リンチェイ(ジェット・リーとも言うね)とミシェル・ヨーのガチンコバトルが見物である。さすがにアジア通(笑)ロブ・コーエンだけあって、生身の剣格闘をバッチリ用意してます。

 リー・リンチェイも前作のロック様同様、途中で怪獣に変身してしまうのだが、ロック様が後半やっと再登場したと思ったら、ずっとCGサソリのままで観客がちょっとガッカリしたのを製作者側も承知しているのか、オコーネルに「ずるいぞ!男なら生身で戦え!」と挑発されて、変身を解いてしまう(笑)
 おかげでデジタル頼り切りの映像だけでなく、添加物無しのカンフーアクションが大きく花を添える結果となった。
 デジタルといえども、このシリーズはCGで何でも出来るのを逆手に取った、アニメっぽいバカバカしい構図で笑いを誘っている。今回は雪崩のシーンとか。
 
 それから毎度脇役のキャラが立ってるのがこのシリーズの良いトコ。リンちゃんはじめ、ボーファイター改造の輸送機を操るあんちゃんとかミシェル・ヨーの元カレとか良い味出してます。なんだかんだで一作目を100点としたら85点くらいの出来にはなってるんじゃ。

 レーティングは低めに設定されてて残酷描写はマイルド。ベタな「家族の絆」描写がチョイ余計だけど、身を固めなかったインディアナ・ジョーンズに対して、早々家庭を持っちゃったオコーネルの悲哀が。二人とも息子の進路のことになると親バカになるし。まあ【ハムナプトラ】は日本版タイトルロゴもアレだから比較するといいよね。

 インディとの比較と言えば、ラストシーンは次回作の舞台が南米っていう伏線ということでおk?

【スカイ・クロラ】

 押井 守監督の映画はじわじわ効いてくるボディーブローみたいな感じで、初見の印象と、1年後にケーブルTVで何度も放送される頃では評価が変わる。

 「巨匠」と担ぎ上げられるほどの名作を作ってるか、というと、ちょっと?なような気もするのだが…ヒマな時にテレビに映しっぱなしにしておくのにちょうど良いというか…咀嚼してるうちに旨味が出てくるというか、波長が合い始めると居心地の良い映画が多い。

 だから上映時間2時間12分もある【スカイ・クロラ】はけっこうウェルカムだったりするはずなのだが…
 ストーリーが薄っぺらなので今後評価を変えるというほどではない。

 そのストーリーのペラさが今回の狙いなのかもしんないけど。でなきゃ押井監督がエヴァンゲリオン禍の二次創作物なんぞに手を出す意図が分からない。
 
 この登場人物達に共感できるとか、ストーリーに感動した、という人がいるとしたら遺憾というほかはない。そのくらいにリアリティーのかけらもない物語なので、観ているとかえってブラックな笑いがこみ上げてくる。
 なんせ感情の起伏に乏しく温厚、友達付き合いもセックスも無難にこなす、純愛エロゲ原作のテンプレートみたいな主人公である。
 そして唐突に脈絡もなくセカイ系のセリフをまくし立て始める登場人物のみなさん

 麦人、大塚芳忠などおなじみ過ぎるアニメ声優をチョイ役に出すことで、俳優ボイスで固められた主要登場人物の学芸会演技ぷり(下手じゃないんだけどリアリティーをわざとスポイルさせるという意味で)を際だたせているような気もする。これ【劇場版パト2】で素人を使ったのと逆の効果だよね…

 とにかく、最近深夜アニメとかよく見てるという人は、観ているあいだじゅう変なデジャビュにおそわれ続けること請け合い。そういう作品群と同じフォーマットだから。
 
 追記
 いま思い出したけど、この脳にゆんゆん来るデジャビュの源はむしろ【スチームボーイ】【メトロポリス】【ゲド戦記】それと【アリーテ姫】観た時感じたアレだな!
 深夜アニメさんバカにしてごめんなさい。


 ただし空戦シーンのセンスは素晴らしいですよ。
 CGでも面白い絵を作ることが出来れば観るに値する、という好例ナリ。


 個人的にはフーコたんがお気に入りであった(笑)


 あっと、それから  ポロリもあるよ。 

【インディージョーンズ4】がわりと良かった件

 観る前にさんざん酷評を読んでいたためか、けっこう楽しく観れてしまいますた。

 D-デイライド映画【プライベートライアン】後のスピルバーグ監督はどうにも切れ味が鈍り、あまりスカッとしない作品ばかり作ってますが、とくに【ET 二十周年版】で言語道断な改悪を行ってからは、わたしも「スピ公」と呼んではばからず…まあ今回も切れ味が戻ってきたわけじゃないんだけどさ。
 
 じゃなんで面白かったのかといえば、ドリフが久しぶりに再結成して昔ながらの芸を披露してくれるのと同じ感覚というか。今回はガキも出ないし食べ物で遊ばないし、【最後の聖戦】ほど浮ついた感じもなく、おじいちゃんたちがんばってんな、と和みながら細かいことは気にせず肩の力を抜いて鑑賞するのが吉。

 それにしてもなんで欧米人はエルフの女王ケイト・ブランシェットが美人に見えるん?

 脚本のディティールの荒さよりそっちの方が気になるよ(笑)というか、いろんなシーンで「ははぁ、これは伏線だな」なんて先読みしても無駄だから

 見どころは【宇宙戦争】【トランスフォーマー】に続く、実写と特撮のびっくりするほどシームレスな合成であろう。
 【宇宙戦争】のトム・クルーズ親子がハイウェイで車飛ばしながら口喧嘩するシーンなんて最新特撮技術の使い方がさりげなさ過ぎて泣けてくるが、今回もジャングルでカーチェイスしながらの乱闘シーンで遺憾なく発揮されていた。いくつかのシーンは背後のジャングルが合成だ、とかろうじて分かるんだけども、カットによっては、もはやカメラがどうやって設置されているのかさえ分からない(笑)
 よく「どうせCGだから…」という意見を耳にするけど、スピはその辺さすがにセンスが良いというか、デジタル臭さをにじませない絵作りはさすが。

 それとたんまりお金をかけた1950年代風俗が楽しいッス。原爆実験場の悪シュミなギャグともども、一回くらい劇場に観に行く価値はある映画でありました。


  P.S ジョン・ウィリアムスも「ジェダイの復讐」からずっとスランプですね…

     で、ジョージ・ルーカスって誰だっけ? 

【スターシップトゥルーパーズ3】逝ってきた

novelty.jpg
 好きな映画監督、嫌いな監督は数あれど、もし「映画ファンとして腐れ縁を感じる映画監督は?」と問われれば「ポール・ヴァーホーベン」と答えざるをえないのであった。

 つってもそんな人珍しくもないか?【ロボコップ】【トータル・リコール】【氷の微笑】までは劇場に行った人も多いだろし。 

 【ショーガール】からははっきりと下劣な映画ばかりこさえていたが、でもラジー賞授賞式に現れちゃった、とか、ちょっと憎めないお茶目な反骨エロ親父、というセンは貫き通してたのじゃが…

 が、しかし【宇宙の戦士】を映画のベースにしちゃった点は許し難い暴挙なのであった!
 ただでさえいっぺん恐ろしくぞんざいなアニメ化を経た後なだけに。
CIMG0800.jpg

 ヴァーホーベンの映画だから観る前から覚悟はしてたけど、【スターシップ・トゥルーパーズ】はフタを開けてみればそれはそれは酷いスプラッタお笑い映画と化していたのであった!
 原作と真逆、というよりおちょくるような内容。強化防護服なんぞ出やしない。そのくせ「フロレスは上昇の途中に死んだ。」の一文が忠実に再現されてやがったり(ちょっとワロタ)
 
 その直後に9.11が起こり、ハリウッドは薄気味悪い体制翼賛の場と化し、ナチアレルギーの反骨エロおじさんはアメリカに居場所が無くなってしまった。【インビジブル】を最後にアメリカに嫌気がさして母国オランダに帰ってしまった。
 清々した…!
 が、貴重な反体制派作家がいなくなってちょっと寂しいかな…

 …と思ってたのもつかの間、2008年、わざわざ【スターシップ・トゥルーパーズ】続編のプロデューサーやりにカムバックしてるじゃんか!きゃーっ!!
 同情して損した。


 そんなわけで【スターシップ・トゥルーパーズ3】を観にいってしまったのであった。予算が一作目の1/6でビデオスルーなので内容は推して知るべし。相変わらず原作ファンを「プッ」と笑わせてくれる細かいネタがちりばめられてはいるが、一作目の「中学生が考えた反ナチ精神」はちょっと失速気味でしたな。

ワンフェス顛末記

 例の事故によってお祭りにやや影が差したものの、参加した皆様方には寸分のブレもなく(笑)…お疲れさまでごんす。
CIMG0930.jpg

 戦闘同人ファイアーオレンジにご来店、お買い物くださいました皆様にはたいへん感謝しております!ありがとうございました!
 ゼリー飲料を差し入れしていただいたマシーネン支援者様、謝謝!たいへん美味しゅうございました。

 それにしても一階は灼熱地獄であったことよ…。
 今回は体調バッチシで臨んだものの早々に夏バテである。


 なんとか四階まで足を引きずり 横山先生 そして 世界の空山基 と並びわたしが最も敬愛するアーティスト矢作俊吾先生 のOBSSESIONをチェック…。
CIMG0932.jpg
 この段階で我がHPはゼロに。

 オフ会
 CIMG0943.jpg
 恒例の立体ブツ持ち込みパーティーである。
 毎度この集まりが一番モチベーション滋養回復に効きますな。やはり新作GKを持ち込まないと燃えませんな~。次回はアレとか作りたいですね。

 マシーネンオフに乱入したKYATさん暴れるの図。
CIMG0947.jpg

ややフライング

 ワンフェス凸撃にあたり無性になんかこさえる必要に駆られたのでとつぜん作り始めますた。
CIMG0933.jpg
 先月29日発売のファッティー
 三日でだーっと完成(?)最速か?オレ頭取ったか?一等か!?


 いや正確には、塗るだけ塗ったら途中で何すればよいか分からなくなったので放置しますた…。
 やっぱロボは間接のグレーがネックだな。途中の仕込み省略したら駄目っすな。経験てだいじ。マスターグレードをびっと塗れる人ってすごいですね(←素になってるし)


 ファッティーはまだパーツ少なめで助かったナリよ。
 シートなんかパーツ1個だしw
 今後いろんな人気ATを差し置いてファッティーのバリエーションが充実してゆくのかと思うと、戦慄というか悪寒を覚えるのだが(まあ出ないよりはずっと良いとはいえ…)このパーツ構成なら2個くらいイケそうでつ。


 続きはワンフェスでお披露目なのであるが、問題は図体デカ過ぎて会場に持参するのが…

八月だゼ!!!

 内藤選手3度目の防衛おめでとう~!!

 ということで水曜夜のボクシングの視聴率向上に一役買ってしまったのであった。
 今週良かったことはそれくらいか。
 亀にちょっとだけケチ付けられはしたものの。

 あとは北京五輪でオグシオとかいう新競技するらしいがどうやらスカートの短さが鍵らしい、とか、イチローがヒット打ったとか、ナイカクカイゾーとかなんとか…。こんどは改革はチャラ道路は作る増税する官僚天国断固維持するよ♪内閣ですか。王立宇宙軍のセリフに例えるならばみんな地獄行きだぁ

 そんななか昨日、ひとつのニュースがたいして話題にもならず、ひっそりと報じられていたのであった。
 ↓↓↓↓
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/08/01/13.html

 …舛田利雄監督(80)、西崎センセ(73)ですか…おもっきりお爺ちゃんじゃまいか(涙)


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム