無料ゲーム:艦隊これくしょん

モケーとエーガ 戦闘同人ブログ

模型と映画ネタ中心にアレしたりいろいろとゴニョゴニョ

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
31
07


WF 2008 夏

 そうだ忘れてた!今週末ってもうワンフェスじゃん!?

 そういや最終案内届いてたっけな。…ど~れ、うちの卓番はっと。
 D21-03か…って、おおっ!壁際!?すごい、出世してる(←いや関係ないだろw)

 というわけで今回もうちの売り物は迷彩士さんの

 1/20 SGプラウラー改造セット ¥2500 再販 だけなのであった。 

 あとは凄まじい物量の中古プラモディスカウント販売となる。寂し~ねえ。

 
 売り物が無くて暇なので他の情報をアレコレ。

 今回ある意味注目はタミヤ 痛ミニ四駆 では。
 いやミニ四駆なぞ興味はないのだが、ミニ四駆ブームが再び到来してタミヤが潤うことによって、巡り巡ってわれわれスケールモデラーにたいへんな恩恵がもたらされるので、要注意なのであった。
 が、モモーイって何…?

 アオシマ会場限定の痛車 をひっさげてワンフェス参入!1/24レビン「ゼロ魔」のルイーズ号…のデカール付きというがちょっとセコくないか?値段的にタンポだろjk……
 
 それにしても。

 ホビー業界よ何処へ往く(涙)


 エルフェンナイツさんは ブラスター 無可動版 を発売。
 値段見たら血ィ吐きそうな知り合いが約3名…

夏休みの宿題ン十年ぶん


 むかし昔銀河の遙か彼方
 ならぬ小学校の近所の駄菓子屋のプラモ棚の片隅で…
 その棚の上の方で、タミヤMMドイツ8輪重装甲車sdkfz232は鎮座ましましておりました。
 

 初期のタミヤMMというと、主役級のティーガーⅠやキングタイガーはえらくぞんざいな出来、パンターはなぜかD型だけ、シャーマンはまともなモノさえ無くⅣ号は車体寸法が…という著しくバランスを欠いたラインナップが特徴なのであるが、お金がない子供でも楽しめる異常に出来の良い小物も多数ラインナップされていて、MPのハーレーとかSASジープとか、ちょっとカネがある時はケッテンクラートやM3スチュアート戦車を買って、せっせとツィメリットコーティングとかしていたっけ(笑)

 で、88ミリ砲とともに妙に偉そうなオーラを放ちつつ、その8輪重装甲車はいつまでも売れ残っていたのであった。
CIMG0891.jpg

 当時知識なぞ皆無であったから不思議にも思わなかったが、今となっては、なんでこんな戦場の脇役車両を「もの凄く敷居が高くて手が出ないアイテム」と認識しておったのか…。

 まあ、なんでゲパルドが1/16RCになるほど人気だったんね!?とか、70年代独特の一種不思議ちゃんな空気があったのだ。
 ていうか実物の知識より見た目インパクト重視のおおらかな時代だったのよね。だからこそランチア・ストラトスじゃなくてストラトス・ターボGr5が模型化されちゃったわけで(笑)


 ダラダラ前置きしたけどそのドイツ8輪重装甲車を組んでみますた。
CIMG0893.jpg
 だいたいマシーネンのパーツ取りで購入したやつじゃんけ。
 お役ご免なので成仏ナリ。
 30年前のキットとはいえ、たいへんよう出来ております。
 しかしチンチン電車的愛くるしさとゆーか、ジャガーノート的荘厳さというか、祭りの山車というか…へんちくりんなカタチが妙に味わい深いような…
 
 弟ぶんのsdkfz234も作ったのでチラ見せ。
CIMG0896.jpg
 思えばこいつもタミヤイタレリ版をいつかどうにかしようと思いながら20年。全面的にリニュされて倍も格好良くなってしまったドラゴン製キットでようやく決着。我ながら気が長いというかずーっと放置してた宿題がやっと片付いた心境。
 

MGガンダム2.0を買うてみたが、やっぱカッチョry…

 「何この塩ビフィギュアw」
CIMG0902.jpg

 というのがファーストインプレッションなのであった。
 JAF-コン一回目あたりにマックスファクトリーが売った安彦ガンダムを思い出してしまった。

 とはいえ動くとすごいんです。
 
 なんか
 初代HGガンダム以来、綿々と続けてきた「ガンダムをリアルロボとしてアレンジしました」作業がONE YEAR WAR版で頭打ちになったので、今回は全部うっちゃってネタに走りましたー! というカンジであるが、その辺はモデルグラフィックスにもっと頭の良い文章で綴られておったようなキモする。

 個人的には、スーパーナパーム付属に喜ぶなんて断固拒否したいのであった(笑)
 「作画版」的な顔とかも、もうね、これで喜ぶの齢三十代以上の中学生だけだろ!的なネタばかり詰め込まれているのが何ともいたたまれないというか…
CIMG0890.jpg
 ともあれ、こうやってONE YEAR WAR版と並べることによって、ガンダム大好きさんたちのオレ脳内ガンダムが、端から端まで(カッコ良く美化されたのから作画版まで)補完されるので、めでたしめでたし。
 
 最初にも言いますたがポーズの自由度は凄いっす。
 こういうの手にした時は、つくづくリボルテックなんてウソ可動メカに走らなくて良かったと思ったり。
CIMG0903.jpg
 というわけで14話メモリアルポーズ!

 …おまえやっぱスーパーナパームに喜んでるガノタだろ!とかツッコミはいらないぜ。


 ・しっかしマスターグレードRX-78ってどれも徹底的にパーツの互換性無いね…
 手足組み替えたらビミョーなバランスが崩れるだけかもしれないけど、作り直すたびに武器の形まで変わるのって…?

 ・フンドシ後ろのバズーカ架台が省略されてるのはなんか新鮮だった(笑) ←改正 勘違いだった!ONE YEAR WAR版も無いね…

 ・ランナー構成見るとジムとかフルアーマーガンダムはイケそうな。

 ・ていうかもう買わん。 

『緊☆急』業務連絡

 ケータイ落っことしますた。

 現在は新機種に買い換えなんとか番号そのまま再通話可能となりましたが、電話帳がパーです。

 ファイアーオレンジ他関係者の皆様、これ見てたら電話してくださいませ。
 !!特に迷彩士さん緊急で連絡事項があります。誰か電話よこすよう伝えてくれりょ!!

CIMG0874.jpg
追記  なんか殺風景なので制作中のブツを張ってもた。

【攻殻機動隊2.0】を観に行ってきたのだ。

 このブログ始めてからやっと一本映画観れたのだ。といってもバリバリの新作にあらずというところがチト悲しい。

 もう公開から十三年経っちゃってる【GHOST IN THE SHELL】を、デジタルにアップデートした【攻殻機動隊2.0】観て参りました。
 その印象は【劇場版Ζガンダム】と思いがけず似通っていたというか、つまり前作と新作カットの落差が思ったより激しい。全体的に作画が雑だったTV版ゼータはともかく、【GHOST IN THE SHELL】は手抜きしてるわけじゃないので、これは意外ナリね。
 おかげでやや中途半端なアップデートに感じてしまうのだが、言うなれば2.0まで行かず1.4程度。
 デジタル処理と聞いて脳みそに【イノセンス】の補正がかかってるみたい。
 どーせならTV版のキャラに直してしまう、くらいやれば、今どきのオタクも「あの少佐のおっぱいが見れる!」と喜んでくれるだろうに(笑)

 と、ここまでは絵的な印象。

 今回最大の売りは「音」。特に公式でも喧伝されてる人形使いのC.V=家弓家正から榊原良子に変更された点なのである。

 百 合 か

 押井守監督は榊原良子の使い方がアニメ屋さんの中で一番へたというのが、長年に渡り我が信念(宮崎(クシャナ殿下)富野監督(ナナイ・ミゲル)はもとよりAIC(シリア・スティングレー)にも劣る)であったのであるが、今回は汚名をそそいだ感があるね!
 つまり今までは…
つーか南雲隊長ってストイック過ぎて色気がないんだもん!劇場版パト2でさえ!!

 が、今回はひと味違っていた。良子さんの演技に艶がある!
 
 押井守という監督はしっかりした大人の女キャラ好き(古くはガッチャマン2の女博士からサクラさんなど)という点は買っているのだが、ちょいとばかり崇拝し過ぎなところが不満であった。
 このまま良子さんにオンナを感じさせる役付けをしてくれればナイスだが、さっそく【スカイ・クロラ】予告にいつもの調子の良子さんの声が…(涙)


 P・S バトー他キャストも新アテレコでセリフのニュアンスを変えた箇所もちらほら。なかでもラストのロリ少佐の声、坂本真綾はなかなかサプライズ…いや旧作も真綾坂本だけど、前回は「坂本真綾???」だったのに対して今回は「あ、坂本真綾だ…」となっていた(?)


 P・S2 サントラいじったのは余計だったかな…

B1チェンタウロキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

 全国一千万大河原メカ好きとガングリフォンマニアが毎年七夕の夜デロイア星に祈った結果がついに通じたようだ!

 イタリアが生んだ現用AFV屈指の中二病兵器1/35 B1チェンタウロ、トラペより発売ケテイである。
tr_centauro.jpg


 ありがとう神様!
 大久保さんよかったね!
 うちのモデルヴィクトリア製ガレージキットもこれでお役ご免さ、泣けるゼ!ていうか同じことを三ヶ月くらい前にも書いた気がするにょ(泣)

「ゲド」観てる?

 生命力希薄な主人公。
 コミュニケーション障害気味のヤンデレDQNヒロイン。
 登場人物の行動原理が支離滅裂で説明不足なストーリー…

 天下のスタジオジブリ様が、深夜アニメやコードギアスのレベルまで降りてきてくださった有り難い作品である。みんなもっと観てあげてもエエのではないか?w

 とはいえ

 主人公(?)アレンがテルーに親父殺しの心情を吐露するシーンなど、監督ゴロちゃんから偉大なパパに対するメッセージなのでは?とちょっと勘ぐってしまうところもあり。なんせ親父殺しシーン、原作には無いそうですから。


 こういう現代ジャパニメーションの病巣のような作品を見て時間を無駄にしたあとは、先日アマゾンから届いた「ダーティーハリー・アルティメット・コレクターズエディション」で口直し口直し。
 しかし初めてアマゾンで購入したブツが「ダーティーハリー」と「宇宙の戦士」の原書ペーパーバックって…おれは社会に不満なファシスト地下活動員か(笑)よーし次は日本語入りの「タクシードライバー」買うぞ。←それますます危ない人だから。  


プロフィール

 ながと

Author: ながと
今年こそ無慈悲に……いやそれだと狼少年みたいだからやめよう。

月別アーカイブ
FC2カウンター
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム